QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

キラッとプリ☆チャン 第8話「りんかも参戦!女の子の内面もキラッと引き出すメイクの力!」

prichan08_01.jpg
キラッとプリ☆チャン #08「ヘア&メイクでおしゃれしてみた!」

外見だけでなく内面性をも引き出すヘア&メイクの力。
メイクの力がりんかの才能を引き出す一助となる。
prichan08_02.jpg
prichan08_03.jpg
prichan08_04.jpg
prichan08_05.jpg

子供の自分を大人へと誘うメイクの力は、女の子にとっては永遠の憧れ。アニメの中学生キャラに化粧は逆効果なことも多く、ましてみらい達のように元の素材が良いならば天然素材のままの方が画的にも映えるからして、やはり過剰な厚化粧は元の素材の良さを殺してしまうが故に、化粧をするなら適度なものに留め元の素材の良さを引き立てるよう配慮する方が可愛さも引き立つ。

ただ、化粧はただ自らを綺麗に着飾るというものだけではなく、いつもとはちょっぴり違う自分を演出してくれるものでもある。化けるという文字が入るところからしてもあれなのだけど、いつもの自分では持ち得ない自信をくれる。そして見ている周りにも勇気や可能性を魅せてくれる。そんな一時の夢のような気分や感覚を自他に与えてくれる魔法のスパイスのようなものでもある。

その化粧を過去に何かがあって心情的にプリチャン出演に後ろ向きな気持ちを持っているりんかの心に訴えかける。彼女を変える契機の一つとして扱っていたのが印象深い。ただ可愛さ美しさを追求するものとしてではなく、自分を後押しして自信をくれる一種のおまじない的な要素として。外見ではなく内面性にに作用するものとして描いていたのが好印象でした。

子供から大人になる。様々な物事に影響され絶えず移り変わる多感な時期の少女たち。その心の部分に作用する化粧という観点。描き方は興味深く秀逸なものでした。メイクに関する自分の知識やスキルが、自分だけでなく周囲を喜ばせたり勇気を与える力があることを実感する。形はどうあれりんかがプリチャンの出演者側として、その喜びを肌で感じたのも大きな回だったのではないかと。

まだ、本来の自分の姿ではプリチャンに立てないりんか。今はリン・カーとして外側を彩り出演側に回った彼女だが、いつか胸に抱える何らかのしがらみを乗り越え、内面性が外面に追いつき本来の姿で自信を持って表舞台に立てる日が来たら良いよね!


prichan08_06.jpg
prichan08_07.jpg

ある意味で化粧に不慣れな少女たちが化粧したときのお約束。デスメタ風味の化け粧顔を披露するのも世の摂理か。でも、普段とはちょっぴり異なる自分の演出と言うことで、いつもと違うみらいやえもの姿を見られたことは純粋に嬉しい。先代主人公らぁらさんへのリスペクトを感じるみらいの髪型や、いつもより大人びて見えるえもちゃんの髪型も好き。流石りんかちゃん、もといリン・カーさん。二人の魅力の引き出し方を心得ておられるのだ。


prichan08_08.jpg
prichan08_09.jpg
prichan08_10.jpg

今回もエンターテイナーに徹してくれた我らのあんなちゃん。実力もカリスマ性も十分なのにどこかズレている。だけど何事にも全力。やっぱりそこが一番の魅力であると改めて思わされる。そんなあんなちゃんに只者じゃないと言わしめたリン・カーさん改めりんかの過去の経緯も気になるところではあるが…。ともあれ次回のあんなちゃんさら様メイン回が楽しみである。今までとはまた違う彼女たちの顔が見られると良いな。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

キラッとプリ☆チャン 第8話感想
 今話の名セリフ:「友達や女の子達の笑顔のため、まずは、あなたが勇気を出してみて。」(白鳥アンジュ)  「キラッとプリ☆チャン」第8話「ヘア&メイクでおしゃれしてみた!」の感想です。
[2018/05/27 16:51] Msk-Mtnのブログ
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m