為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スター☆トゥインクルプリキュア 第5話「ヒミツの変身☆お嬢さまはキュアセレーネ!」

starpre05_01.jpg
スター☆トゥインクルプリキュア #05「ヒミツの変身☆お嬢さまはキュアセレーネ!」

自分の意思で選び取ることで変わり始める香久矢まどかの歩む道。
starpre05_02.jpg
starpre05_03.jpg
starpre05_04.jpg

四人目のプリキュアは絵に描いたような完璧超人!良家の子女にして文武両道。皆から慕われる人望をも兼ね備えた香久矢まどかは、設定を盛るにしても盛り過ぎな出来る人でしたが、家庭環境や主に父親の教育方針から来るガチガチに凝り固まった人物像は、多様性や異文化交流が下地にある本作の世界観において一種のアンチテーゼ的な存在として機能するが故に面白く興味深い。

香久矢の家に秘密はない。宇宙人に味方をする者に容赦するな。異分子や自分が信ずるもの以外の他の要素を一切認めない。排他的とも言える香久矢家の家訓を体現したまどかだから、最初から寛容かつ奔放なひかるたちの中に混じることで対照性が際立つし、それに伴って起こる化学反応も引き立つ。まどかのような人も一定数いるという事実も、本作が持つ懐の深さを感じさせてくれる。

後ろめたさを感じながらも自分の意思でプリキュアになり、ララたちを始めとする宇宙人と交流する道を選んだまどかの世界は確かに今までより広いものになったが、今ままで排除していた物事や目を背け見ようとしなかったものを受け入れ始めたことで、視野が広がり分からない世界にいた人達の気持ちに触れたこと。そのことで家訓の一般の人の気持ちを知ることに近づいたのもまた面白い構図。

ひかるたち主要キャラの中に入る本当の意味での地球代表というか、地球人第一主義的な考えが根底にあるまどかの存在。そして、プリキュアの使命と父親への背信から生ずる後ろめたさや葛藤。その間で揺れ動く不安定な存在として。一見完全無欠でありながら変化の幅が広く、同時に更なる可能性を秘めているまどかの立ち位置は、物語上とても大きく魅力的だと感じた次第です。

ひかる達との交流を経て角が取れれば取れるほどに、多様性に富み見える世界が広がれば広がるほど、逆にまどかは大きな縛りを受けそうなキャラでもある。この二面性というか対称性というか。万能で何でも出来るようで様々な背景から雁字搦めになって動きが取れなくなり、悩むことも多そうなまどかって中々いそうでいない。面白い性質と立ち位置を併せ持つキャラだなぁと。

ともあれ家訓に背き自分の意思で選んで変わり始めたまどかの歩む道。他人行儀を取り払いフラットな関係性の中から彼女が見出す自分なりの答えは如何なものになるか。真面目で責任感が強いからこそ付いて回る気苦労も多いだろうが、その生き様や悩み抜いた末に生じる変化こそが何より眩しく美しいものになるだろうし、まどかが加わることで加速していく今後の展開がますます楽しみ。


starpre05_05.jpg
starpre05_06.jpg
starpre05_07.jpg

四人目のプリキュア・キュアセレーネ爆誕!月と弓というまどかを象徴する二つの要素を混ぜ込んだ変身シーンが目を引く。まどかのキャラ造形や変身時の手に息を吹きかけるような仕草から、スマプリの頭脳担当でもあった青木れいか、もといキュアビューティとの共通性も多く感じられる。道を追い求め彷徨うこともあるかもしれない。

スター、ミルキー、ソレイユら他の三人のデザインが割と特徴的かつ挑戦的な要素が見受けられる中、セレーネは王道というか歴代に通じるデザイン感で纏まっていて、こういうところでも地球代表というか地球サイドの色が強く出てるのかなぁと感じる。必殺技のセレーネアローも王道を征く三カメ描写で格好いい。その矢のように惑うこと無く自分だけの道。正道を貫くキャラになってほしい!


starpre05_08.jpg
starpre05_09.jpg
starpre05_10.jpg

先輩後輩の関係性。それに付随して生じる力関係の強さは、地球というより日本独特のものが色濃く反映されてるのかもと思うところですが、同い年のララに対しては割とフレンドリーだったひかるですら一歩引いた対応していたりして新鮮に映るところでもありました。これも一つの文化といえるのかも。

それだけに出身惑星のサマーンには敬語なんてないと観星中の月と太陽を気軽に呼び捨てにし、ひかるですら躊躇した枠組みを軽々飛び越え壊してくれるララの特異性が垣間見えた。違う価値観、異なる感性を持つから出来ることもある。まどかメインのエピソードで、彼女を彼女たらしめているものと対になる要素を、名前呼びの儀式に織り込んでいた何気に印象深いシーン。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スター☆トゥインクルプリキュア 第5話感想
 今話の名セリフ:「お父様。上に立つために、人々の気持ちを知るようにとおっしゃいました。知ったからこそ、私は、フワを、皆さんを、放ってはおけません!」(キュアセレーネ)  「スター☆トゥインクルプリキュア」第5話「ヒミツの変身☆お嬢さまはキュアセレーネ!」の感想です。
[2019/03/05 00:10] Msk-Mtnのブログ
スター☆トゥインクルプリキュア 第5話「ヒミツの変身☆お嬢様はキュアセレーネ!」
スター☆トゥインクルプリキュアの第5話を見ました。 第5話 ヒミツの変身☆お嬢様はキュアセレーネ! 観星中の月と呼ばれる香久矢まどかは生徒会長でお嬢様で頭も良くて、ピアノも弾けて、弓道も強いという憧れの先輩であった。 えれなと一緒にフワのお世話をしていたら、まどかがやってきてしまい、フワのことがバレてしまう。 宇宙人を調査する仕事をしているまどかのお父さんにフワ達のこ...
[2019/03/04 18:43] MAGI☆の日記
スター☆トゥインクルプリキュア テレ朝(3/03)#05
第5話 ヒミツの変身☆お嬢さまはキュアセレーネ! えれなにプリキュアの話をしながら登校すると人気者なので生徒が集まってくる。そしてもう一人の人気者は香久矢まどか、生徒会長で観星中の月と呼ばれている。 まどかをライバル視するのは姫ノ城桜子。 文武両道で母はピアノ演奏で有名、父親は内閣府の官僚。ピアノに弓道が得意だと説明してくれる。 ララを教室で見たことがある桜子、...
スター☆トゥインクルプリキュア 第5話「ヒミツの変身☆お嬢さまはキュアセレーネ!」
香久矢まどかパイセンも完璧超人! 太陽のえれなはホットで動、月のまどかはクールで静。 プリキュア5こまかれ以来の中3で上級生コンビ。 スタプリは2人とも完璧超人タイプにしてきましたね。 フワの秘密がバレそうであわてるひかるちゃん&えれなパイセン。 そしてあっさりバレるww フワちゃん自分から姿晒してくタイプ^^; まどかパイセンがキュアセレーネに変身、スタプリ...
[2019/03/03 16:36] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m