為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

キラッとプリ☆チャン 第53話「まりあちゃんがやって来た!かわいい向上委員会だもん!」

prichan53_01.jpg
キラッとプリ☆チャン #53「まりあちゃんがやって来た!かわいい向上委員会だもん!」

かわいいは皆平等!全人類をかわいいで染め上げる!
prichan53_02.jpg
prichan53_03.jpg
prichan53_04.jpg

かわいいをこよなく愛する金森まりあの本格参戦によって揺れるプリチャン世界。久しぶりに狂気を孕んだ内容に別の意味での懐かしさを感じつつ。ただ、基本かわいいものに溢れているプリチャンの世界観において、なおそのかわいさを強調し追い求めている金森まりあの特異性。彼女の根幹にあるものと見えているものの違い。ひいてはまりあの強みや個性がよく出ていたとも言えるか。

かわいいものに目がなく、かわいいを重視しているまりあの姿は印象的だったが、その中でまりあにとって黒川すずは、他のかわいいとは一線を画する特別な存在であること。皆がまりあに呑まれ流れる中で、己の個というか信念を貫くすずの姿も描かれており、可愛いに溢れる半ば狂気じみた内容にありながらも、新キャラ二人の中にある「特別」が垣間見える回でもあった。

また、かわいいとかわいいが衝突したときに、折衝役として新たな可能性を示して見せたみらいの感性の鋭さも健在で、コーデの声を聞いた一年目と同様に周囲に影響を受けても大事な部分は左右されず、独自の視点を持ち貫く主人公みらいの芯の部分というかブレない軸の強さみたいなものを感じることも出来た。互いにないものがぶつかり合い新たな可能性に触れる。

新たなライバルとの出会いが今までにない刺激をもたらしてくれているのも事実であり、インパクトのある新要素で魅せながらも物語を通じて目指す方向性はブレていないことを感じさせてくれた。かわいい異端者の来訪で変わり始めたプリチャン世界。その変遷を楽しみにしながらも、これまりあちゃんとめるめるが出会ったらどうなるのだろうという思いも溢れ出る。そうなったらきっともう誰にも止められない(笑)


prichan53_05.jpg
prichan53_06.jpg

まりあちゃんの初ライブ!ピンクを基調としたコーデにステージ演出も相まって、とにかくかわいいを押し出したまりあちゃんならではの要素が凝縮されている。かわいい。新曲『シアワ星かわいい賛歌』も独特かつ奇抜なフレーズが並んでいて何が飛び出してくるか分からないワクワク感を生み出す。

「全人類みなシアワ星人!かわいい向上委員会」は、レインボーライブのおとはちゃんを彷彿とさせる演出になっていて、ここでもかわいいを全面に押し出していることが伺える。めるへんかわいい。


prichan53_07.jpg
prichan53_08.jpg

ユメ目に匹敵するヤバかわいい目に、かわいいシールを貼りまくるまりあちゃん。プリパラにおいて風紀を取り締まる南委員長に違反チケットを貼られまくっていたらぁらさん改めまりあちゃんが、今こうしてかわいいシールをあちこちに貼りまくっているかと思うと感慨深いものが…。

かわいい憲法とかもどこかパプリカ学園校則を彷彿とさせるし、雰囲気的に夢川ゆいを思わせるような言動もあるしで、やはりプリパラを見ていた人にとっては茜屋さんが声を当てていることを抜きにしても、普通以上に感じ入るものがあるキャラだと改めて思う。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m