為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スター☆トゥインクルプリキュア 第12話「さよならララ!?映画監督は宇宙人☆」

starpre12_01.jpg
スター☆トゥインクルプリキュア #12「さよならララ!?映画監督は宇宙人☆」

星を越えた四人の友情が決まりごとや固定観念の覆す力となる。
starpre12_02.jpg
starpre12_03.jpg
starpre12_04.jpg

嘘から出た真というかアブラハム監督の介入にひかるの咄嗟の機転が加わったことで前回終盤からのシリアスムードから一変。面白おかしい劇中劇が展開された今回のスタプリ。ひかるとララの大根役者っぷりに完璧を履き違えポンコツ具合が加速するまどかが面白く、頼れる人がえれなしかいないという状況でしたが、ネタ要素に溢れる話の中でも本作のテーマはしっかりと描かれていた。

異星間交流による価値観の変遷は本作の肝でもあると思うのだけど、当初は決まり事に倣い地球人から身を隠し過剰な介入を良しとはしなかったララが、宇宙法に抵触することを承知で地球残留を望み今後もより広義な意味で積極的に交流の意思と姿勢を示したこと。これも一つの決まり事や固定観念を覆したことだと思うし、定められた台本の筋から意図的に外れたこともその一つと言えるだろう。

その意味ではガチガチに固められた台本に完璧に倣うまどかの姿も、定められたことに従うだけが絶対ではなく正しいとは限らないことを示す一助となっていたように感じる。ノットリガーに拘束された状態から脱する描写にしても、固定されたものからの脱却を思わせるし、今回の映画撮影を通して固定観念に捕らわれない柔軟な発想。良い意味での自由さの重要性を改めて示された気がした。

人の価値観や物事の見方を揺さぶるのは人の本気の思いに触れたとき。ひかるたち四人の友情が監督やプルンス達の琴線に触れ心を揺さぶったように。様々な物に触れ自分たちなりに考え正しいと思えることを成す選択。ひかララのお別れシーンを筆頭に今回の顛末に込められたものは、全体の指針を示すのと同時に今後まどかが父親と相対するときに求められることを示唆していたように映った。

ともあれ無事に星空宇宙連合とまどか父の追求を躱し当面の危機を脱することができて何より。半ば公然に地球滞在が認められたララちゃん改め羽衣ララが、更に深く広く交流の輪を広げていくことで周りにどんな化学変化をもたらすか。まずは恒例の転校生イベントで何をやらかし見せてくれるのか楽しみにしたい!


starpre12_05.jpg
starpre12_06.jpg

みんながいっぱいっぱいだった状況下で演者としてもプリキュアとしても華麗な立ち居振る舞いを見せてくれたえれなお姉ちゃんの存在感が光る!まどかさんとララちゃんが基本ポンコツでひかるちゃんが天然になっちゃうとどうしたってえれなお姉ちゃんに頼らざるを得ないし掛かる負担は大きくなる。太陽あっての生命や月と考えると観星中の太陽が頼りになるのも必然なのかもしれない。


starpre12_07.jpg
starpre12_08.jpg
starpre12_09.jpg

ひかララコンビもプロポーズが成立し晴れて公認の仲として今後の生活を共にすることが認められて何より!ただ二人のお別れシーンの顛末は最終回付近でやってもおかしくない内容でもあるだけに、この話が後々効いてくるってこともあるのかもですね。

ララが地球で本格的に生活していく上で必要な彼女の名字。それをひかるが自らの思いを込めて贈るというところに無限の尊さを感じつつ。まぁいずれはどちらかが羽衣ひかるか星奈ララになるのでしょうが、当面は羽衣ララさんの地球での楽しくも騒がしい生活を温かく見守っていけたら良いなと思う。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スター☆トゥインクルプリキュア テレ朝(4/21)#12
第12話 さよならララ!?映画監督は宇宙人☆ 宇宙船の発着をまどかのパパに見られた。言い訳に苦しむ時、映画監督のアブラハムが登場。 全ては映画撮影の特撮だと説明する。外務省から総理大臣までが関わって撮影を許可される。 ひかるの不用意な一言で映画を撮影する必要ができてしまう。実は星空連合の宇宙人だったアブラハム、ピンチを助けてくれた。 地球を監視する役目が記録を撮...
スター☆トゥインクルプリキュア 第12話感想
 今話の名セリフ:「さよならなんて、絶対嫌だよ・・・。私は、ララと・・・、ララとずっと一緒にいたい!」(星奈ひかる)  「スター☆トゥインクルプリキュア」第12話「さよならララ!? 映画監督は宇宙人☆」の感想です。
[2019/04/23 00:24] Msk-Mtnのブログ
スター☆トゥインクルプリキュア 第12話「さよならララ!?映画監督は宇宙人☆」
スター☆トゥインクルプリキュアの第12話を見ました。 第12話 さよならララ!?映画監督は宇宙人☆ 冬貴を特撮だと誤魔化してくれた映画監督アブラハムは星空連合調査員で、宇宙法違反で故郷の星に戻れとララやプルンスは言われてしまう。 映画の撮影でお芝居を気に入ってくれたら、考えを変えてくれるかもしれないということで映画撮影を頑張ることとなる。 撮影中、プリンセススターカラ...
[2019/04/21 22:01] MAGI☆の日記
スター☆トゥインクルプリキュア 第12話「さよならララ!?映画監督は宇宙人☆」
捨てる神あれば拾う神あり、まどかパパンにバレちゃうってところで。 現れたのは世界的に有名な映画監督のアブラハム氏。 なぜかひかるちゃんたちをかばってくれて超ラッキー! …と思いきや、単にごまかすつもりだったらしい監督さん。 映画監督アブラハムは世を忍ぶ仮の姿。 宇宙星空連合調査員の宇宙人でした^^; 予想の斜め上行くギミックワラタwww 地球人に正体バレした...
[2019/04/21 20:00] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。