QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

たまゆら~hitotose~ 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 感想

tamayura06.jpg
口笛に乗せて伝えられる思い
いつかの日のことでは幼い頃に出会っていた4人の高台で起きた出来事のお話。
ある日のことでは中学生になった麻音とのりえが夢について語り友達になるお話。
意外としっかり者であった幼い麻音が可愛くもあり格好良くもあった麻音回でした。
「それはいつかの日のこと、なので」
1999年の秋、高台で自作の絵本を音読する小さい麻音。
観光客がやってくる度に本を閉じて恥ずかしがるのは変わらないですね(笑)
口笛に興味を持ったのはこの頃からのようで。

高台の頂上まで行き音読を再開した麻音はいつの間にか来ていた楓に聞かれてしまい。
恥ずかしがって顔を隠す麻音が可愛いですなぁ。
途中までしか出来てない絵本の続きを楓に聞かれて即席で話を作る麻音。
でも砂漠に船で駆けつけるのは難しいと思う(^^;

困っている麻音達の近くへやって来たかおるとのりえの二人。
麻音の家の旅館にお客として泊まりに来ていたんですね。
麻音は恥ずかしがって旅館では会わずに隠れてしまいましたが。
かおたんとのりえの関係も今と全然変わらないですね(笑)

4話で麻音の実家に遊びに来た時に二人が来たことある気がすると言ってましたが。
本当に幼い時に遊びに来ていてこういうところでも繋がりを感じさせてくれますね。

転んで泣き出してしまったのりえにつられてかおると楓の二人も泣き出し。
自分も泣きそうになるのを堪えて口笛を吹こうとする麻音。
最初は吹けなかったけど音が出るようになって口笛を吹き続けて。
海を見渡せる高台に響き渡った口笛の音を聞いてみんな泣き止み笑顔になりました♪

かおるとのりえは仲直りして帰って行き楓も迎えに来た父の元に向かって。
絵本の続きが良い具合に仕上がって良かったですね麻音も♪

「そしてある日のこと、なので」
2009年の春、中学2年生になった麻音。
ももねこ様を触ろうと追いかけて和んでいる麻音が良いですね。
追いかけている内に麻音は心が折れて落ち込んでいるのりえと遭遇。
この時点で二人はクラスメイトになってたんですね。

いつもは元気で甘いものが好きなのりえだが今はスイーツにも拒否反応を示し。
自分がのりえに抱いていた印象と違うという麻音にそういう日もあると語るのりえ。
憧れてた人にスイーツを作ったのに甘いもの苦手だからいらないと言われ怒髪天ののりえ。
きついことを言ってしまったのをのりえなりに反省して後悔していたんですね(笑)

互いの夢について話をする麻音とのりえ。
のりえはパティシエに、麻音は音楽家になりたいと漠然と考え。
人に気持ちを伝えることは難しいと考える二人。
でもスイーツや音楽で今自分が思ってる気持ちや感動を伝えられたら。
人に対して気持ちを伝えたいという夢の共通点が二人にはありますね。

海が見渡せる港までやって来た二人。
麻音が口ずさんだあの日のメロディをのりえも朧気ながら覚えていて。
口笛を通してのりえに伝わる麻音の気持ち。
偶然ではなく何度も伝わる気持ちにのりえも麻音の口笛が最高の楽器と言い。

本当に伝わるなら、本当に伝えたいのはあなたと友達になりたいという気持ち。
麻音の友達になりたいという気持ちは口笛を通してのりえにしっかり伝わって。
二人が素敵な友達同士になれて良かったですよね♪

そして現在の4人の関係。
麻音の口笛はのりえにはしっかり伝わるようですが。
かおたんと楓がそれを読み解けるようになるのはもう少し先のことになりそうです(笑)

次回 第7話「竹灯りの約束、なので」

今回は短編2つの構成となりいつかとある日の出来事が描かれました。
麻音視点での過去の振り返りも良かったですね。

Aパートでは幼稚園時代の麻音達の様子が描かれました。
幼い頃に全員この一度は出会っていたんですね。
どこか天然の楓、いつも全力ののりえ、ぼやきつつも付き合ってくれるかおる。
そして恥ずかしがり屋で口べたな麻音。
本質的に今と変わらない4人の姿が印象的でしたね。

Bパートでその話を受けて中学生となった麻音とのりえの様子が描かれて。
変わったように見えるけどやっぱり変わらないものがある。
そしていつかの日のことはしっかり受け継がれて地続きなんですよね。
バラバラの日を描いているけど二つの話はきちんと繋がっている。

その象徴となるのが麻音の口笛ですよね。
幼い日に泣いてしまった他の三人を何とかしたいと口笛を吹いた麻音。
その気持ちは少なからず伝わって三人に笑顔を取り戻させて。

そしてそれは中学生になっても変わらなかった。
いつかの日の口笛のメロディをのりえも僅かながらも覚えていて。

いらない一言で死を招いているのりえと口下手で上手く話せない麻音。
一見違うけど人に上手く気持ちを伝えられないという点で二人の悩みは同じ。
そしてスイーツや音楽という自分たちの夢で気持ちを伝えられたらという思いも同じ。

そんなのりえと麻音だからこそより一層わかり合うことが出来たのかなぁと。
楓やかおると違いのりえが麻音の口笛の意図を完全に理解できるのは、
二人が同じ悩みを持ちながらも何とか気持ちを伝えたいという同じ夢を持っているから。
今回の話を見てそんな風に感じることができました。

これからも立場や周りの環境が変わっても麻音達の本質は変わらない。
夢を通して自分の気持ちを相手に伝えることが出来ていければ良いですよね。
楓は写真、かおるは香り、のりえはスイーツ、そして麻音は口笛という楽器で。
それぞれの夢で相手に感動や気持ちを伝えられるなら言うことはないですね。
今回も彼女たちの「夢」を通して考えさせられた良いお話でありました。

関連商品

おかえりなさい(初回限定盤)
坂本真綾
flying DOG (2011-10-26)
売り上げランキング: 129


関連エントリー
第9話「ももねこさまの憂鬱、なので/失恋カメラ、なので」
第8話「かわらない人かわりゆく時、なので」
第7話「竹灯りの約束、なので」
第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
第5話「ちひろちゃんがきてくれたよ!なので」
第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」
第3話「出現!たたかう女の子、なので」
第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」
第1話「わたしのはじまりの町、なので」
関連記事
ようちゃん
リンク張っていただいてありがとうございました。
第6話は麻音ちゃん好きにはたまらない回でしたw
たまゆらは毎回見終わった後優しい気持ちになれるのが素敵ですよね!
来週で折り返しですが、最後までこの四人を見届けたいですw
[ 2011/11/07 22:43 ] [ 編集 ]
Re: ようちゃんさん
ようちゃんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> リンク張っていただいてありがとうございました。

こちらこそリンクを貼って頂いて本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

> 第6話は麻音ちゃん好きにはたまらない回でしたw

麻音ちゃん好きなようちゃんさんは今回絶対喜ぶだろうなぁと思っていましたw
本当に最高の回でしたよね麻音ちゃん好きには。

> たまゆらは毎回見終わった後優しい気持ちになれるのが素敵ですよね!
> 来週で折り返しですが、最後までこの四人を見届けたいですw

月曜日にこの作品がやっていることが本当に嬉しいです。
ここまで優しい気持ちにさせてくれる作品は本当に素敵ですね。
早くも折り返しに差し掛かっているんですよね。
終わって欲しくないですねぇたまゆらは(笑)

また何かありましたらお気軽にコメント頂けると幸いです。
ではでは~。
[ 2011/11/07 22:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

たまゆら~hitotose~ 第6話「それはいつかの日のこと、なので|そしてある日のこと、なので」
○「お好み焼き、食べたぁ〜い」 ×「そこそこ、おったまげた〜?」 ×「ドンドコ、ズンドコショ〜?」 ・・・「まだまだだな、おぬしら」 ・・・・・・って、そんなのわかるわけねー
たまゆら~hitotose~ 第6話
今回は二本立て。麻音ちゃん♪
[2011/11/11 21:44] LUNE BLOG
エロゲ原作のB級深夜アニメはこれぐらいで良い(真剣で私に恋しなさい!!とか、たまゆらとか)
【WORKING'!! 第6話】佐藤さんとぽぷらさんが病欠につき杏子さんの後輩が助っ人が登場するお話と、小鳥遊くんが伊波さん担当を解任されるお話。後半は久しぶりに本格的な小鳥遊くん ...
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので」「そしてある日のこと、なので」感想!
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので」「そしてある日のこと、なので」 今週のたまゆらは二本立て! 素晴らしい構成だった! とくに後半むっちゃ感動した
[2011/11/10 13:12] くろくろDictionary
たまゆら〜hitotose〜6話感想〜
「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 自作の絵本を読む麻音 しかし、人がやってくる度に、本を閉じる。 場所を移動して絵本を読むことを再開...
■たまゆら~hitotose~【第6話】それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので
たまゆら~hitotose~ #06の視聴感想です。 二本立てのようなきっとひとつのお話、なので(ぇ 絵本。 好奇心。 口笛。 再会。 記憶。 ……海がステージになったみたい♪ ↑さぁポチッ...
たまゆら 〜hitotose〜 6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
大切な口笛。 たまゆら〜hitotose〜第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray](2011/12/21)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品...
[2011/11/09 23:13] 新しい世界へ・・・
たまゆら~hitotose~第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
たまゆら~hitotose~第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日
たまゆら~hitotose~ 第6話
「それはいつかの日のこと、なので」 口笛と四人の出会い そんな時お姫様は口笛を吹くの! 友達になる必然的な出会いなんでしょうね^^ 自分が作ったお話を音読している麻...
たまゆら~hitotose~ 第6話「それはいつかの日のこと、なので」「そしてある日のこと、なので」
今回は過去話の二本立てでしたね。第4話でかおたんとのりえちゃんが麻音ちゃんの旅館に来たことがあるような気がすると言っていた理由が、ようやくこの回でわかりました。 自分の
[2011/11/09 17:07] 夕焼けの放課後
本当に口笛は最高の楽器なのかも・・・ 「たまゆら〜hitotose〜」 第6話の感想。
「だってこの口笛が私に友達を作ってくれたんだから」
[2011/11/09 15:18] あるアッタカサの日常
アニメ感想 たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので・そしてある日のこと、なので」
アニメ感想 たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので・そしてある日のこと、なので」
[2011/11/09 12:29] 往く先は風に訊け
たまゆら~hitotose~ 第6話
 たまゆら~hitotose~も第6話。折り返し点なのかな。過去話。Aパートが口笛キャラ、Bパートが井口キャラの話かな。どっちもぽってたんも出てくるけど。
[2011/11/09 10:22] ブログリブログ
たまゆら ~hitotose~ 第6話迄 感想
「友達作るのって・・・難しいなぁ・・・・・」 友達作りが苦手な女の子が二人いました。 一人は...
たまゆら ~hitotose~ 第6話  「それはいつかの日のこと、なので」 「そしてある日のこと、なので」
たまゆら~hitotose~第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券(抽選)付き】 [Blu-ray](2011/12/21)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る ...
[2011/11/09 05:56] 北十字星
『たまゆら-hitotose-』 第6話 観ました
もう6話目なんですね。 早いって気がしちゃうのです。 で、今回は1999年春のお話と、2009年春のお話のツーセットで麻音ちゃんサイドのお話でした。これ、2011年の段階が今ってことだと...
たまゆら -hitotose- 第06話 「それはいつかの日のこと、なので」「そしてある日のこと、なので」
二部構成で麻音ちゃんの過去話。「たまゆら -hitotose-」の第6話。 「それはいつかの日のこと、なので」 1999年・秋。まだ幼稚園の麻音ちゃん。 人気のない展望台で自分で創作
[2011/11/09 03:11] ゆる本 blog
【たまゆら】6話 やっぱあの麻音は包茎を連想するよなw
たまゆら〜hitotose〜 #06 それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので 461 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/07(月) 21:27:59.35 ID:Oxs8XKbpO...
[2011/11/09 01:51] にわか屋
たまゆら ~hitotose~ 第6話 「それはいつかの日のこと、なので / そしてある日のこと、なので」感想
海がステージになったみたい・・! 場の空気が非常に悪くなった中で、麻音が勇気を振り絞って吹けた口笛の音色。 それはそこに居る子達全員の心に響いたようですね。 というか幼
たまゆら ~hitotose~ 第6話 「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
今週は二本立て麻音回!
[2011/11/08 23:21] カザミドリ〆
たまゆら~hitotose~ 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 レビュー・感想
GIRL MEETS GIRLS-ほんの少しの勇気とー 公園で自分が創った絵本を朗読する幼い日の麻音ちゃん、でも人が通りかかると朗読をやめてしまう、引っ込み思案なのはこの頃からなんですね。 ...
[2011/11/08 22:56] ヲタブロ
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」感想
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」感想 口笛に思いを込めて
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 感想
口笛は人に気持ちを伝える最高の楽器 小さい頃に会っていた4人、そして中学生のときに麻音とのりえの再会。 これが4人を親友とした切欠の1つでもあり麻音が口笛を吹く切欠になった...
[2011/11/08 19:39] 時は零から
たまゆら 〜hitotose〜 6話
あまり喋らない麻音と、よく喋るのりえと。
[2011/11/08 14:01] 10+1次元の世界
たまゆら〜hitotose〜  第6話  感想
時は1999年秋 突然そんな年号が出ましたが、リアルに言わせてもらうと、この時期ってノストラダムスの大予言から冷めていた時期でしたねw たまゆら〜hitotose〜第1巻 【Amazon初回
たまゆら〜hitotose〜 第6話 感想「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
たまゆら〜hitotose〜ですが、沢渡楓たちの子供の頃をやります。「いやよいやよもいいのうち」は随分早い段階で覚える言葉になっていますが、口笛で何かと癒されます。(以下に続きま
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 感想
今週は2部構成で前半は1999年秋の頃の話でした、幼い麻音が高台で自作の絵本を音読するけど時々来る観光客が来ると読むのをやめる気持ちはなんとなくわかる気がします、多分み...
[2011/11/08 08:43] 萌えアニメで楽天生活
たまゆら TV版 第06話 感想
 たまゆら 〜hitotose〜  第06話  『それはいつかの日のこと、なので』  『そしてある日のこと、なので』 感想  次のページへ
[2011/11/08 05:13] 荒野の出来事
たまゆら~hitotose~ 第6話 「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 感想
今回は2本立てなんですね! 彼女たちが子供だったころ、そしてちょっと前の彼女たち。 出会いってわからないものですねぇ。そしてきっかけは本当に些細で素敵なものです。 たまゆ...
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
二本立て&麻音回、なので♪ 提供も口笛ですごい! 口笛は口ほどにものを言うね〜(ぉ) ★ 「それはいつかの日のこと、なので」 幼稚園のころ 実はみんな出会っていたのでし...
[2011/11/08 01:40] SERA@らくblog
たまゆら 〜hitotose〜 第6話 「それはいつかの日のこと、なので」 / 「そしてある日のこと、なので」 感想
今回は、麻音回。 麻音と口笛、そしてのりえとの出会いのお話。 いい話でしたね。 口笛に対する印象が、変わりましたよ。 写真が大好きな高校1年生、沢渡楓。あだ名は「ぽ
[2011/11/08 00:56] ひえんきゃく
たまゆら 〜hitotose〜 第6話 「A それはいつかの日のこと、なので B そしてある日のこと、なので」
 なんという口笛回。麻音押しなのでしょうか?
[2011/11/07 23:13] つれづれ
たまゆら ~hitotose~ 6話視聴感想 きました麻音回!口笛の知られざる歴史(笑)和みだね♪
たまゆら ~hitotose~の第6話である。今回は二本立て♪ 「それはいつかの日のこと、なので」 1999年、大崎下島。 自作の絵本を作った麻音は、誰もいないところで朗読。 恥ず...
[アニメ]たまゆら 〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので / そしてある日のこと、なので」
それは幾年か前の麻音たんの小さな成長物語、なので。
たまゆら〜hitotose〜 第6話
第6話『それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので』たまゆら〜hitotose〜第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購 ...
[2011/11/07 22:42] ニコパクブログ7号館
たまゆら〜hitotose〜 第6話 「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
第6話 「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 麻音視点の出会いのお話。 ・それはいつかの日のこと、なので 子供の頃にニアミスしてた4人。 自
[2011/11/07 22:37] いま、お茶いれますね
たまゆら〜hitotose〜 6話
まったく、口笛は最高の楽器だぜ。 というわけで、 「たまゆら〜hitotose〜」6話 以心伝心の巻。 おとなしい子に、友達ができる。 たったそれだけのことで、こんなにも感動して
[2011/11/07 22:18] アニメ徒然草
たまゆら〜hitotose〜 #6
【それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので】 たまゆら〜hitotose〜第1巻 【Amazon初回限定全巻購入特典 「たまゆら~hitotose~」イベント(仮)チケット優先購入券 ...
[2011/11/07 22:05] 桜詩〜SAKURAUTA〜
たまゆら〜hitotose〜 第6話 それはいつかの日のこと、なので そしてある日のこと、なので
第6話はOVAを彷彿とさせる2話構成。 「それはいつかの日のこと、なので」は、1998年の秋、麻音の故郷である大崎下島の御手洗での出来事。 楓の祖父の家はここにあるので、出会ってい ...
[2011/11/07 21:50] ゲーム漬け
2011年11月第二週のアニメ(たまゆら〜hitotose〜)
・たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 今週は番組初の2本立ての放送。 …どちらかと言えば、A・B両パートともに麻音
[2011/11/07 21:43] 日記・・・かも
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」の感想
 今回は楓の友達の一人の麻音にスポットを当てたお話です。前半は麻音の幼稚園時代、後半は麻音の中学生時代、となっています。麻音が口笛を吹くようになったきっかけ、麻音がはじ...
【たまゆら〜hitotose〜 第6話 それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので 感想】
先週も温かいお話だったけれど、今回もとても温かいお話でしたね! たまゆらにおけるマイエンジェルの麻音ちゃんとのりえちゃんの友情エピソード。 しかも幼き頃の四人がまさか
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
かわいすぎてどうしましょのぽってたちミニ時代。 どっかのファミレスバイトが見たらお持ち帰りしそうだw サトジュンさん、こういうお話はでっかい反則です〜 麻音ちゃん、口笛
[2011/11/07 21:02] のらりんすけっち
たまゆら 〜hitotose〜 #6「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
口笛は最高の楽器なのかも。〜♪ 口笛馬鹿にしてすまんかった   たまゆら第六話のぶっきら感想!
[2011/11/07 20:39] ぶっきら感想文庫
たまゆら 第6話 感想「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」
今回は麻音主役の過去編2本立て♪ ◆それはいつかの日のこと、なので 1999年秋のお話。 まだ幼稚園児だった麻音は、人見知りを直すべく、自分で書いた物語を景色のいい高
たまゆら第6話感想「それはいつかの日のこ...
今回は麻音主役の過去編2本立て♪◆それはいつかの日のこと、なので1999年秋のお話。まだ幼稚園児だった麻音は、人見知りを直すべく、自分で書いた物語を景色のいい高台で読み...
たまゆら 〜hitotose〜 第6話 「それはいつかの日のこと、なので/そしてある日のこと、なので」 感想
魔法の口笛―
[2011/11/07 19:19] wendyの旅路
たまゆら〜hitotose〜 第6話「それはいつかの日のころ、なので」「そしてある日のこと、なので」
まおたん回 ☆それはいつかの日のころ、なので☆ 1999年・秋 まおたん(幼)はぽって(幼)、かおたん(幼)、のりえ(幼)と出会った。 まおたんが口笛を吹ける様になったのもこの時。 ...
たまゆら〜hitotose〜 第六話 感想
こんなときお姫様は口笛を吹くの 「たまゆら〜hitotose〜」第六話感想です。 オリジナルビデオアニメーション たまゆら オリジナルサウンドトラック(2010/12/22)中島ノブユキ、中島愛 他
[2011/11/07 18:51] 知ったかアニメ
たまゆら〜hitotose〜 第1話  〜第6話 それはいつかの日のこと、なので / そしてある日のこと、なので
たまゆら〜hitotose〜  〜 第6話 それはいつかの日のこと、なので / そしてある日のこと、なので 写真が大好きな高校1年生、沢渡楓。あだ名は「ぽって」 この春、海と山に囲まれた
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m