QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

UN-GO 第7話「ハクチュウム」 感想

ungo07.jpg
謎は解かれる。真実は暴かれなければならない
小説家と面会した後に奇妙な感覚に捕らわれることになった新十郎。
気がついた時には三人の女優の映画を撮影する自分がいて。
誰もが戦争をないものと否定する世界で謎を解けという声を聞くことになる新十郎だが…。
現実と虚構が入り交じった不可思議な世界で新十郎は真実を暴くことが出来るでしょうか。
自称小説家と面会した直後に不可思議な現象に巻き込まれた新十郎。
サブタイトルのハクチュウムという名の通り非常に不安定でふわふわした話でした。
これは小説家の後ろにいた別天王の力なのでしょうか。
予告を見たときは新十郎の過去回かと思っていたんですけど。
まさかこういう形で小説家を絡ませてくるとは思ってなかった(^^;

新十郎が迷い込んだ虚構の世界。
この世界の住人の戦争に対する考え方は現実とは異なっていました。
女優や監督、スタッフもそうですが他ならぬ新十郎自身も戦争なんて起こるはずがない。
そんなものは現実的ではない虚構、空想の産物だというのがあの世界の住人の共通認識。

戦争というものについての考え方は三人の女優を通しても語られましたよね。
紗代は戦争が終われば日常が戻ってきて良かったなと思えると考えていて。
素子は日常は無意味なもので戦争の中で生を実感しその中で大切な人と愛し合うと考え。
寿美恵は戦争によって善人も悪人も誰もが裁かれると考えている。

三者三様の考えでそれぞれ戦争というものに対する別の答えを提示してるんですよね。
ではこの世界にいる新十郎に語りかけてくる謎を解けという言葉。

事件が起こったわけではないのに解けというその「謎」はそもそも何なのか。
この「謎」が戦争というものに対する解を求めているのか。
それとも今回映画監督を殺した犯人を特定しろという解を求めているのか。
今の段階ではまだ何とも言えないのではないかとも思います。

仮に戦争そのものに対する答えを新十郎に求めているのだとしたら。
結末が描かれていない「映画という謎」を通して新十郎に問うているわけですよね。
戦争というものは現実世界の今の新十郎を形作る上ではずせない要素だと思います。
それに対する解を出すと言うことは戦争というものに真っ正面から向き合うことになる。

戦争というものに対して複雑な感情を抱く新十郎。
これは今までの事件を通して色々な場面で描かれてきたと思います。
個人的にはこっちの答えを出すことが謎を解けの謎に当たるかなぁと。

ただ監督を殺した犯人を特定し事件を解決しろという謎とも当然とれますよね。
その場合監督を殺した人物は一体誰になるでしょうか。
一番怪しいのはこの世界において監督に辛く当たられて最後に会ったという新十郎。
動機にしろ状況証拠的にも怪しいのは言うまでもないですよね。

もう一人容疑にかかるのは監督と何やら密会していた女性。
状況的には三人の女優の内の誰かというのは間違いないと思いますが。
犯行には三人全員が関わっているという可能性もありそう。

監督の殺され方も異常で体が綺麗に寸断された状態で発見されましたよね。
市電がセットであるならあの密会現場のシャッターを使ったと考えるのが妥当。
そして監督が開閉するのに小型端末のようなものを使っていました。
下の方で触れてますがこれは看守である監督にしか基本開閉は不可能なもののはず。
となるとやっぱり怪しいのは上で書いた人物達に限られてくると。

今回の話が虚構ではなく現実である可能性に私は中盤で気づくことが出来ました。
一番最初に書いたように最初は新十郎の過去の話だと思い込んでいたので(^^;
そのシーンが中盤パソコンを見ていた新十郎のシーン。
麟六を見て前回の光景を思い出しかけ風守からのメッセージと思えるものも出てきました。

そして最後に柄の悪い梨江お嬢様と泉ちゃんが出てきてようやく確信できました。
この世界は現実に存在する人物にそれぞれ役割を与えて構成されている世界なんだと。
小説家の言っていた原稿用紙ではなくこの現実に小説を書くとはこういうことですよね。

戦争を誰もが現実的に起こる訳がないという考えを持つ者ばかりの世界。
新十郎以外の人間は虚構の存在かと思っていましたが現実に存在する人間でした。
ただそうなると新十郎、梨江、泉はともかくとして他の登場人物はどこに実在するのか?
今回を見終わった直後に当然この疑問が浮かびましたが次回予告を見て納得です。
っていうか次回予告と人物相関図とんでもないネタバレ含んでるよ!(笑)

最後に新十郎の首筋に浮かんでいたバーコードのようなものにも納得です。
そういう状況に陥っていたのなら刻印を押されても当然なんでしょうか。
前回の矢島と小説家の会話のシーンで写ってた気がしますが。
犯罪を犯して収監された人物に押される刻印のようですので。

つまり新十郎以外のキャラはみんな普通に看守や囚人として動いているわけですよね。
新十郎だけがある意味幻覚を見せられている状態ということなんだと思います。
監督が女と話すなと言ったのは現実では看守である監督が囚人と話すなと言う注意。
囚人になってる新十郎が看守に話しかけたって基本無視されたり、
殴られたりするのはある意味当然のことなんですよね。

新十郎が女優と握手できなかったり途中のシーンで度々変なところに寄りかかっているのは、
そこに牢屋を仕切る壁があるからなんだと思います。
一度虚構の世界の仕組みを理解した上で見直すと色々発見がありますね。
まだまだ見逃している点も多いかと思いますが。

次回 第8話「楽園の王」

凄い長々と意味不明のことを書いてしまいましたが。
正直に言うと今までの話の中でも一番感想が書きづらくて難しい話でした(^^;
多分劇場版の因果論を見た人からすると失笑ものの感想書いてる気がする(笑)
やっぱり見ないと駄目でしょうか因果論、個人的にはBD買おうかと思ってましたけど。

何にしても次回の新十郎救出劇、そして解決編は素直に楽しみです。
盛大に外していたら全然違うじゃないかと笑ってやって下さいw
それにしても最後に出てきた柄の悪い梨江お嬢様はあれはあれで良いキャラかもですね。
しかしあの小説家の考えることは凡人の私程度では到底理解しきれないですね(笑)

関連商品
UN-GO 第1巻 初回限定生産版Blu-ray
東宝 (2012-01-27)
売り上げランキング: 399

How to go(アニメ盤)(期間生産限定盤)(DVD付)
School Food Punishment
ERJ (2011-12-07)
売り上げランキング: 334

Fantasy/Cupid(期間生産限定盤)(アニメ盤)
LAMA
KRE (2011-10-26)
売り上げランキング: 736

関連エントリー
第8話「楽園の王」
第7話「ハクチュウム」
第6話「あまりにも簡単な暗号」
第5話「幻の像」
第4話「素顔の家」
第3話「覆面屋敷」
第2話「無情のうた」
第1話「舞踏会の殺人」
関連記事
録画失敗しました
先週、今週と録画を失敗しました。
時間延長機能は有効になっているのに…
そちらは問題なく録画できたでしょうか?
(先週からヒジョウに面白くなってきているのに!!)
[ 2011/11/27 07:41 ] [ 編集 ]
Re: ダムダム人さん
ダムダム人さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 先週、今週と録画を失敗しました。
> 時間延長機能は有効になっているのに…
> そちらは問題なく録画できたでしょうか?
> (先週からヒジョウに面白くなってきているのに!!)

いやー分かる、分かりますその気持ち!
延長機能有効になってるはずなのに録画失敗って結構あります。
あとは一度設定して同じ曜日の同じ時間を録画するように設定したときとかもですね。
複数局で映る作品ならともかくそうでないと失敗したらBD待ちになりますからね~。

得に今回は前回から続いていて次回に持ち越しなので録画ミスは痛いですよね。
当方は今回は大丈夫でしたよー。

また何かありましたらお気軽にコメント頂けると幸いです。
ではでは~。
[ 2011/11/27 16:21 ] [ 編集 ]
ありがとうございました
デジタル放送になったら「追っかけ機能」が働くので、
「アナログ時代のニガイ経験」は無くなるとおもっていたのですが…。
(アナログ時代は野球の延長に「対抗」するため、タイマーの時間を
異常に余裕を持たせた記憶があります)
今回はバレーボールの延長が原因らしいです。

ところで作品に登場する「パンダのぬいぐるみ」モドキは
最初あまりかわいいと思わなかったのですが、
最近、ちょっとかわいいと思うようになりました。
(私は男ですがヌイグルミが大好きで、以前の職場でも
「アブナイやつ」とからかわれていました。)
そのうち、商品化されるのかしら??
[ 2011/11/29 18:19 ] [ 編集 ]
Re: ダムダム人さん
ダムダム人さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> デジタル放送になったら「追っかけ機能」が働くので、
> 「アナログ時代のニガイ経験」は無くなるとおもっていたのですが…。
> (アナログ時代は野球の延長に「対抗」するため、タイマーの時間を
> 異常に余裕を持たせた記憶があります)
> 今回はバレーボールの延長が原因らしいです。

今は地上波での野球放送は延長しないことが多くなりましたが昔は延長がザラでしたもんね~。
私は先週のバレー普通にテレビで見ていたので今回は失敗せずにすみました(笑)

> ところで作品に登場する「パンダのぬいぐるみ」モドキは
> 最初あまりかわいいと思わなかったのですが、
> 最近、ちょっとかわいいと思うようになりました。
> (私は男ですがヌイグルミが大好きで、以前の職場でも
> 「アブナイやつ」とからかわれていました。)
> そのうち、商品化されるのかしら??

風守の登場以降はUN-GOも違う形で評価上がった感じがします(笑)
あのパンダのぬいぐるみと因果のぬいぐるみセットとかはありかもしれません(^^;
男だろうと女だろうと好きなものは好きで良いと思います!

また何かありましたらお気軽にコメント頂けると幸いです。
ではでは~。
[ 2011/11/29 22:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

UN-GO 7話
これは夢か現実か…。 えーと、つまりアナザー因果の特殊能力ってことだろうか。 あいなま因果が真実を引き出すのに対して、 こいつは幻想を生み出す、的な。 小説家はそれによっ
[2011/12/01 10:15] アニメ徒然草
UN-GO 7話
劇場版を見れば話がわかる!と思っていたら大間違いですね~w 今のところ、劇場版みてわかることってかなり少ないようなw 正直今回の話をみて理解できたことはほとんどありません
UN‐GO第7話感想
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/11/ungo-a1fe.html
[2011/11/26 21:53] うたかたの日々別館
UN-GO 第7話 「ハクチユウム」
スフィアそろい踏みの巻w う〜ん、面白かった。 まぁ、因果がいる時点でファンタジーなんで、よりファンタジー色が濃くなりましたが。 今回の話は、映像の違和感=謎という感じ ...
UN-GO 第7話 「ハクチユウム」 感想
これは、面白い。 色々と考えさせられますね。 結城新十郎、職業・映画カメラマン。 現在彼が撮影している『白痴たち』は、監督の三高吉太郎にやる気がなく、 新十郎は自主
[2011/11/26 00:54] ひえんきゃく
UN-GO 第7話の感想
何かがおかしい。 UN-GO 第7話 「ハクチユウム」 の感想です。 UN-GO 第1巻 初回限定生産版Blu-ray新品価格¥4,389から(2011/11/25 23:17時点)
アニメ感想 UN-GO 第7話「ハクチュウム」
アニメ感想 UN-GO 第7話「ハクチュウム」
[2011/11/25 22:34] 往く先は風に訊け
UN-GO 7話 「ハクチユウム」 感想
梨江ちゃん顔文字使い過ぎだろ(笑)
UN-GO 第7話「ハクチユウム」
今回の原案は“愚妖”と“白痴”。サブタイトルのフォントが“ハクチ”がゴシック体、“ュウム”が明朝体になっています。 映画は見ていないので別天王の能力についてはわからない
[2011/11/25 19:31] 夕焼けの放課後
UN-GO 第七話 感想
君は私だけの名探偵なんだ 「UN-GO」第七話感想です。 Fantasy/Cupid(期間生産限定盤)(アニメ盤)(2011/10/26)LAMA商品詳細を見る
[2011/11/25 15:40] 知ったかアニメ
UN-GO 第7話 「ハクチュウム」 感想
まさしく白昼夢のようなふわふわとした掴み所のないお話に感じましたね。
UN-GO 第7話「ハクチュウム」 感想
UN-GO 第7話「ハクチュウム」 感想
[2011/11/25 12:12] 雨男は今日も雨に
UN-GO#07
第7話 『ハクチュウム』 ――チョイ拾い!!
UN-GO 第7話「ハクチユウム」
『結城新十郎、職業・映画カメラマン。現在彼が撮影している『白痴たち』は、監督の三高吉太郎にやる気がなく、新十郎は自主的にカメラを回し続けている。カメラの先には主演の3人...
[2011/11/25 11:21] Spare Time
【UN-GO】7話 てっきり戦争じゃなく精巣に絡みつくかと思ったw
UN-GO #07 ハクチユウム 136 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/25(金) 02:13:40.04 ID:jJ7vwK+PO やべぇwww今週まちがいなく荒れるわww 144 名前:風の谷の...
[2011/11/25 10:57] にわか屋
「UN-GO(アンゴ) 」第7話【ハクチユウム】
映画?  結城新十郎、職業・映画カメラマン。現在彼が撮影している『白痴たち』は、監督の三高吉太郎にやる気がなく、新十郎は自主的にカメラを回し続けている。カメラの先には
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m