QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

異国迷路のクロワーゼ 第01話「入口 - Entree」 感想

ikoku01_001.jpg
湯音が最高に可愛かったヽ(*´∀`)ノ
19世紀後半パリへと渡った日本の少女湯音とアンセーニュ・ド・ロアの店主クロードとの出会いの話。
文化的にも最高峰のフランスパリの描写や世界観が凄い好きです。
ikoku01_002.jpg
ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)
周囲から物珍しげな眼で見られている湯音。
時代設定が19世紀だと確かに着物を着た日本人というのはまだまだ珍しいものなのですね。
逆に日本にはないものばかりで湯音は目に見えるもの全てが新鮮なのでしょう。
フランスではこういう商店街のことをギャルリというそうです。
背景描写も綺麗で素晴らしい。

ikoku01_003.jpg
OPテーマ
曲名:世界は踊るよ、君と。
作詞・作曲:千葉はな
編曲:市川和則
歌:羊毛とおはな

世界観にマッチしたのんびりした曲調が良い感じです。

ikoku01_004.jpg
突然の奉公人の登場にびっくりのクロード
ギャルリ・ド・ロアの一角にあるアンセーニュ・ド・ロアに連れてこられた湯音。
祖父オスカーが日本で買い付けてきた品を見せられているクロード。
一緒にいる湯音も戦利品の一部かと勘違い。
ジャポネーゼって言い方は何か久しぶりに聞いたwキャプ翼の葵くん以来かも。

湯音は家の決まりで奉公に出なければならないそうな。
この時代は家の決まりやしきたりは絶対に守らなければならない時代ですもんね。

ikoku01_005.jpg
異なる文化、伝わらない言葉
看板屋の自分の所に奉公人はいらないと言うクロード。
それに対し湯音の胃袋は雀の涙みたいなものと言うオスカー。
自己紹介を促された湯音が取った行動は土下座。
フランスではお辞儀や土下座と言った習慣はないためかなり困惑気味のクロード。

「土下座は感謝も謝罪も全て表せる便利なポーズ」

会話の中クロードは湯音が挨拶程度の言葉しか理解できないことを知る。
意味も分からず返事をしている湯音に対し怒りを覚える。
「言葉も分からず、相手の言いなりとなって自分の意思も伝えられない」
自分には耐えられないと反発するクロード。
「ますます信じられない、湯音も湯音の国もだ」
オスカーはたしなめようとするが「何を言っても湯音には分からないだろう」とその場を去る。

しかし湯音自身は何を言っているのか理解している感じで少し寂しげに微笑む。

ikoku01_006.jpg
真面目に掃除に取り組む湯音
工房は守るべき大事な仕事場だから邪魔だけはするなと言うが湯音が入ることは問題ないらしい。
掃除に精を出す湯音を温かい眼差しで見守るクロード。
湯音自身を嫌っているわけではないし心根は優しい少年ですね。
それにしても掃除している湯音が可愛い。

ikoku01_007.jpg
語られるギャルリと看板店の歴史
経営難のギャルリ。
祖父、父、そして自分と3代に渡って続いている店を守ることへの並々ならぬ決意。
クロードの真面目でひたむきなところが伝わってきます。

外から着物を着た湯音を見て人形だと思い入ってきた客に対し、
クロードは「この子は人形じゃない」と一喝。
湯音へのいたわりが見えるシーンですね。

湯音は外から自分を見ていた子供を追いかけようとする。
しかし修理が終わりテーブルに置いてあった看板を着物に引っかけ落として割ってしまう。
それはクロードの父が生前製作した最後の看板で・・・。

ikoku01_008.jpg
アイキャッチ~♪

ikoku01_009.jpg
やりきれない想いの交錯
怒ることもなく触ると怪我をすると湯音をたしなめるクロード。
謝るしかない湯音にアンタが悪い訳じゃないとクロードは言う。
「自分は湯音のことを何も知らない。だが湯音もここのことを何も知らない」
クロードは君はここの看板にはなれないと帰国を勧める。

ikoku01_010.jpg
修理が終わり湯音の部屋を訪ねるクロード。
なおも誤り続ける湯音に対し何でも謝ればいいって訳じゃない。
ガラスなんていつか割れるものだからもう気にしなくいていいと言葉をかける。

収まりのつかない湯音は大事な着物をクロードに渡す。
そんなことしなくてもと言いかけるクロードに対し譲らない湯音。
お前がそうしたいならと着物を受け取るクロード。

ikoku01_011.jpg
伝わりきらない気持ち
看板を取り付け帰る途中クロードは湯音に幼児向けの本を買ってあげる。
言葉を覚えるならこのくらいがいいと。
湯音の嬉しそうな顔がたまらなくいいですなー。

翌日オスカーは湯音の着物が売却されていることに気づく。
クロードに詰め寄りあの着物は湯音の母親の形見だと教える。
何も知らなかったクロードは呆然としてしまう。

ikoku01_012.jpg
本音をぶつけ合い初めて通じ合う心
何も言わなかった湯音に問いただすクロード。
着物を取り戻そうとするクロードに対し湯音は初めて強い口調で告げる。

「日本で看板は信用のことです。着物返して貰うことあなたもそのギャルリの人も信用を失う」

ここに至ってクロードは湯音が言葉を理解していることに気がつく。
「私はこのギャルリの家族になりたい」

お前は話すことができたんだなと言うクロードに対しまた謝ろうとする湯音。
しかしクロードはそのポーズをするのは俺の方だと遮る。
互いに向き合いいつか着物は何倍の金額で取り戻すこと、
自分が湯音の信頼に足る人物か見極めて欲しいことを約束し告げる。
湯音に対しても二度と勝手に自分の大切なものを捨てるなと約束させる。

自分がよく知らない国や文化に少しでも歩み寄ろうとするクロード、
初めて主に意見した湯音の心が通じ合った瞬間ではないでしょうか。
クロードいい人、湯音も本当に良い子ですな。

ikoku01_013.jpg
EDテーマ
曲名:ここから始まる物語
作詞:山口みなこ
作曲:松浦みつを
編曲:保刈久明
歌:湯音(東山奈央)

湯音役の東山さんの透き通った声がいいです。
EDで癒されます。

ikoku01_014.jpg
Cパート 湯音は意外と手強い娘
クロードから貰った絵本を読んでいる湯音。
クロードは言葉が話せるならその本はもういらないだろうと言う。
しかし湯音は「大切なものは捨てない。クロード様と約束しました」とピシャリ。
一本とられる形になったクロード。
最後の絵本を抱きしめる湯音は本当に幸せそうです。

ikoku01_015.jpg
次回 第02話「チーズ - Fromage」

自分の価値観とは異なる文化、伝わらない言葉に戸惑うこともある。
しかし言葉は通じなくても伝わるものはある。
まだ1話ですが個人的に凄く気に入った作品。
綺麗な背景描写、物語の世界観に合わせた優しいBGM。
これから湯音とクロードの信頼関係がどのように発展していくのか。
湯音はどのようにしてパリの街に溶け込んでいくのか。
今後の展開が楽しみです。
湯音役の東山奈央さんも素敵です~。
何度も言っていますが湯音は最高に可愛い子でした。

関連商品
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2011-09-21)
売り上げランキング: 427


関連エントリー
第12話「屋根の上の猫 - Chats sur un toit」
第11話「祈り - Priere」
第10話「魔術幻燈 - Fantasmagorie」
第09話「秘密 - Jardin secret」
第08話「子供部屋 - Chambre denfant」
第07話「天窓 - Lucarne」
第06話「鳥籠 - Crinoline」
第05話「迷子 - Perdus」
第04.5話「音楽会 - Recital」
第04話「水明かり - Eau et lumieres」
第03話「日本迷宮 - Labyrinthe du japon」
第02話「チーズ - Fromage」
第01話「入口 - Entree」
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

天地開闢以来、日本にk奴隷なんて存在しません!「異国迷路のクロワーゼ」
奴隷という制度は日本以外の貨幣経済と家畜市場の発達した社会では必須のシステムです。 ほんの数十年前まで北米大陸では奴隷制に基づいた差別が厳然として存在していました。そん
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話、「入口」。 原作未読です。 19世紀後半、パリの小さな商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア」にある「ロアの看板店(アンセーニュ・ド
異国迷路のクロワーゼ 第1話 感想「入口」 
異国迷路のクロワーゼですが、19世紀のパリで長崎からやってきた少女・湯音が鉄工芸品店、ロアの看板店に奉公します。サンタクロース髭のオスカーは優しいですが、店のクロードは日
異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」
19世紀のパリ『ロアの歩廊』、小さなジャポネーゼの湯音がやって着ました♪ 「ロアの看板店」のオスカーさんが日本土産とともに連れてきて。 店主のクロードはびっくりですねw  ...
[2011/07/07 22:11] SERA@らくblog
異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想
小さな大和撫子―
[2011/07/07 19:26] wendyの旅路
異国迷路のクロワーゼ #01 『Entr'ee -入り口-』 感想
  文化の違う異国の地で育む人と人との絆と成長の物語。 この溢れ出る癒しの雰囲気感が堪らなく素敵です。
[2011/07/07 19:10] 隠れオタん家
異国迷路のクロワーゼ 1話 入口
2011年夏アニメ第2弾は? 中川かのん主演・・いえゆおんです。
[2011/07/07 18:22] しるばにあの日誌
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 「入口」 【感想】
「わたしは…このギャルリの家族になりたい」 ―― クロードの優しさを示す一枚の写真大らかで、飾り気のないその笑顔を知っている…。太陽のように温かくて、居心地の良いあの笑
[2011/07/07 16:48] 蒼のセレナーデ
異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」
ARIA+びんちょうタンって印象でした。 湯音ちゃんちっちゃ〜い かわええо(ж>▽<)y ☆ サトジュンさんに井上さんとARIAスタッフが参加してるのが1発でわかりました。 井上さんが
[2011/07/07 11:20] のらりんすけっち
『異国迷路のクロワーゼ』#1「入口」
「私ハ…このギャロリの家族ニナリタイ」 原作未読。 舞台は、19世紀末のパリ。 日本に買い付けに来ていたオスカーが奉公先を探していた湯音と知り合い、 我が家である鉄工芸品店...
異国迷路のクロワーゼ #1
【入口】 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)著者:武田 日向富士見書房(2007-12-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る それは優しくて小さな出逢いの物語〜♪っ ...
[2011/07/07 09:22] 桜詩〜SAKURAUTA〜
異国迷路のクロワーゼ 第1話
夏新番3つ目!!サトジュンのお名前が♪
[2011/07/07 06:53] LUNE BLOG
異国迷路のクロワーゼ 第1話(新) 「入口」 感想
待望の作品がついにやってきましたね・・・ 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロア...
[2011/07/07 06:42] KAZUの暮らし
異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 「入口」
 洋風の町並みに着物は目を惹きますね。
[2011/07/07 06:11] つれづれ
新アニメ「異国迷路のクロワーゼ」第1話
パリにやって来ました 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107040001/ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.30 メ...
[2011/07/07 05:10] 日々“是”精進! ver.A
異国迷路のクロワーゼ 第01話 『入口』
何かまたGOSICKみたいなのが始まった・・・。と思ったらOPが世界名作劇場っぽい。日本人の女の子が、遠く仏蘭西に渡って来る話みたいです。赤い靴、履~いてた~、女の子~。異~人さ
■異国迷路のクロワーゼ 【第01話】入口
■異国迷路のクロワーゼ 【第01話】入口 異国迷路のクロワーゼ Partie01:“ Entree ” 第01話:「 入口 」の視聴感想です。 奉公人。 興味津々。 異文化。 若店主。 家族。 二度と勝手
『異国迷路のクロワーゼ 』 第1話 感想
さて始まりましたね。『GOSICK』第1話…というネタは多くのブロガーさんが書くでしょうから自粛。 え?自粛できてないって?ははは。…。すみません。
[2011/07/07 00:58] シュミとニチジョウ
異国迷路のクロワーゼ 第1話 「一人の人の献身がすべての者に力と勇気とを与える」
"LES PETITES ABEILLES" とは、プティット・アベイユという女の子を主人公にしたフランスの絵本。1969年の第1話 「プティット・アベイユ退屈する」 から始まり、20数冊の絵本が出版されてい
[2011/07/07 00:36] スキマの美学
異国迷路のクロワーゼ 1話
日本流にて、つかまつる。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」1話 振袖看板娘の巻。 かっぽかっぽ。 ジャポネーゼ湯音ちゃん、海を渡ってご奉公。 When in Rome, do as the Roman...
[2011/07/07 00:23] アニメ徒然草
異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入り口」
第1話 「入り口」 【あらすじ】 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(
[2011/07/07 00:05] いま、お茶いれますね
異国迷路のクロワーゼ 第1話 入口
原作は「GOSICK -ゴシック-」の挿絵も担当されていた武田日向さんの漫画で、物語の舞台は19世紀末のパリ。 主人公は小柄でおかっぱの黒髪美少女の日本人・湯音。 湯音の家では余所へ ...
[2011/07/06 23:52] ゲーム漬け
異国迷路のクロワーゼ 1話「入り口」
文化の違い―。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
[2011/07/06 23:50] 新しい世界へ・・・
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m