QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

Another 第3話「Born work -骨組-」 感想

another03.jpg
見えてるのは榊原君。貴方だけ・・・だとしたら?
始まりの年、居ない人。断片的に事実を知らされながらも恒一は未だに全容を掴めない。
そんな中で遂に最初の犠牲者が・・・。
いやー今回の終盤は本当にドキドキさせられました。
鳴の意味深な発言と共に徐々に拡大されていくBGMと恒一の呼吸の音。
そして教室から飛び出してきた桜木さんの転落と喉元への傘の突き刺さり。
夜中にリアルタイムで見ていたのもあってうわーって声に出してしまった(笑)

まぁそれはどうでもいいから置いておくとして(^^;
今回まず気になったのは見崎鳴という人物の存在性についてです。
彼女は果たして超常的な存在なのかそれともやはりそこに実在する人間なのか。

今までの不気味な雰囲気や儚い存在感でも印象づけられているんですが。
今回だけでも鳴が霊的な存在のように思わせるシーンがいくつかありましたよね。
義眼を見せたとき恒一に対しての意味深な発言や電話という機械を嫌がる素振り。
26年前の話の中で出てきた「みさき」という人物が写真に霊のように写っていた事実。
更にクラスメイトとは関係ないはずの人形工房の老婆や怜子も鳴の存在に触れない。

そして他ならぬ鳴自身が見えているのは君だけだったらと冗談めかした発言をする。
これでもかってくらい超常的な存在を印象づけるシーンが多かったかと思います。
恒一がもしかしたらと考えるのも仕方ないし視聴者でもそう思うかもしれない。
でも個人的には見崎鳴という人物は生きてそこに実在する人間という考えでいきたい。

恒一に限らず彼に警告するクラスメイトの反応はやっぱり彼女を知覚した上でのこと。
居るのを認識しつつ全員で居ない者にすることで鳴の姿を消し見えなくしている。
屋上に向かう恒一の後を追って視線を屋上に向けた風見君の反応。
そして桜木さんが見せた反応はやはり見えていたからこその反応に思えます。

で今回その最後に桜木さんが見せた反応から一つ思うことがありました。
テスト中に緊急で教師が呼びに来る用件ってなんだろうと考えたときにです。
肉親に何か大事があったというのがやっぱり一番に思い浮かびます。

その呼び出しを受けて飛び出してきた桜木さんが鳴を見て見せた驚愕の表情。
この反応から鳴がどうこうというより「みさき」という名を持つ人間。
これが不吉・不幸の象徴として見られているのではないかという考えが浮かびました。
前回の感想で工房の老婆の反応から鳴に対する決めごとは街全体のことではないか。
そう書いたと思うんですがこれならOGである怜子の反応にも納得がいくというか。

26年前の始まりの年だけを見ると「みさき」の話は確かに良い話で終わっている。
その後何かあったらしいことは示唆されているけど今の段階では明かされていません。
この話から何年か後に良い話が不幸な話に転機する象徴的な出来事があったのでは?
それ故に街全体で「みさき」の名を持つ者を忌み嫌い排斥するようになったとか。

そうなるとクラスメイトが鳴の話題を避け居ない者として扱うのも納得は出来る。
更に恒一に対して彼女に近づくなと言う忠告も理解できる気がするんですよね。
クラスメイトの発言は親切心からで泉美の対策係もこの考えに基づき不幸の発生を防ぐ。
鳴に触れれば周りに不幸が及ぶ危険があると考えているから本気で激怒しているのでは。

呪われた3年3組という言い方も現実的ではない超常的な何かを恐れるからこそだと思う。
このクラスでは全員で卒業することが大事だと1話で強調されているシーンがありました。
仮に過去に全員で卒業出来なかったときに3組だった生徒に何か災いがあったとしたら。
在学時にでなくても卒業後に確実に死に至るものが出ていたとしたら。
それが何度もあったとしたら「みさき」の話と含めて超常的な何かを恐れるのも分かる。

だとすると今回進路の話で泉美が言ったその手があったかという台詞も分かる気がする。
街全体で何かの決めごとがあって普通の場合はそこから出ることは許されない。
しかし卒業後も何か起こる可能性があって恒一が東京に戻るということになるなら。
例えば恒一の監視という名目なら街から出て東京に行くことも許されるのでは?

そんな益体もないことばかり考えてしまったんだけどどうでしょうかね(^^;
完全に妄想の可能性の方が高いんですけど(笑)
でもこうして妄想に近い考えでも色々と可能性を思い巡らせるのは楽しいですね。
物語も面白いしAnotherはやっぱり見ていて楽しいし次回が気になる作品です。

次回 第4話「Put flesh -輪郭-」

またまた纏まりのない妄想長文で大変失礼いたしました。
毎回短くするとか言っておいて逆にどんどん長くなってるのはいかんですね(^^;

今回は桜木さんの死に方が生々しすぎて怖いの苦手な私はもう大変でした。
傘が突き刺さるときの音やその後に手がピクピク動いたり血がぬめーっと広がったり。
あまり耐性のない私にはこれでもかなり衝撃的映像だった!

上で書いた以外にも気になる点が多すぎて正直全部に触れられていないです。
来月になったら話の続きを教えると言っていた勅使河原君の発言の真意とか。
鳴の従姉妹で水野さんが教えてくれた藤岡未咲という人物はどんな人だったのかとか。

物語は桜木さんの死で一気に動き始めそうな気もするけどどうでしょうか。
今回桜木さんを意識している風見君や泉美を意識する中尾君の様子も描かれました。
桜木さんの死がクラスに波紋を広げるのは間違いないと思います。

上で書いた妄想通りなら忠告を聞かず鳴に近づいた恒一を恨む人間も出てきそう。
桜木さんに思いを寄せていた感じの風見君は当然として不幸を恐れている人間も。
でも彼らにとって全員で卒業を迎えることは何よりも大事なことでもあるみたいだし。
となると26年前の話みたく今度は桜木さんを居る人として何事もないよう振る舞うのか。
何にしても彼女の死によって変化せざるを得ないクラスがどうなっていくか楽しみ。

後は今週も水野さんが電話してるシーンは怖かったです。
何故彼女が電話するときにはエレベーターが動く描写がなされるのか。
今回も誰か上がってきて水野さんピンチ!?とか思ってしまいました(笑)
相変わらず死亡フラグを立てている気もするけど彼女がどうなるかも気になる(^^;

関連商品
Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
角川書店 (2012-03-30)
売り上げランキング: 755

anamnesis
anamnesis
posted with amazlet at 12.01.26
Annabel
ランティス (2012-02-08)
売り上げランキング: 5397

凶夢伝染(初回限定盤)(DVD付)
ALI PROJECT
ランティス (2012-01-25)
売り上げランキング: 100

関連エントリー
第12話「Stand by oneself -死者-」
第11話「Makeup -惨劇-」
第10話「Glass eye -漆黒-」
第9話「Body paint -連鎖-」
第8話「Hair stand -紺碧-」
第7話「Sphere joint -変調-」
第6話「Face to face -二人-」
第5話「Build limbs -拡散-」
第4話「Put flesh -輪郭-」
第3話「Born work -骨組-」
第2話「Blueprint -思惑-」
第1話「Rough sketch -素描-」
関連記事
問題のシーン。想像以上の凄惨さに思わず目と耳を塞ぎたくなりました…
元々綾辻さんの小説は死者の描写に容赦がないですが(←他の綾辻作品を読まれている雪光さんなら頷いて頂けるかと)、映像と音が加わって鮮烈さに拍車が…

鳴ちゃんの「いないものだから…」以降の緊迫感の高め方は本当に絶妙でした。
そこに至るまでの描写の中で繰り返し“階段”と“傘”を映していたのも、原作既読組(&後で見直す人)の心拍数を否応なしに上げる効果的な演出だったと思います(^^;)

水野さんのシーンのエレベーターも怖かったですね…
得も言われぬ不安でハラハラしてしまいました(^^;)

(ところで、記事のタイトルが2話と同じになってますが…)
[ 2012/01/27 19:51 ] [ 編集 ]
Re: taraさん
taraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 問題のシーン。想像以上の凄惨さに思わず目と耳を塞ぎたくなりました…
> 元々綾辻さんの小説は死者の描写に容赦がないですが(←他の綾辻作品を読まれている雪光さんなら頷いて頂けるかと)、映像と音が加わって鮮烈さに拍車が…

原作を読んでいるtaraさんでもそう感じたんですね。
文章だけだと案外平気なことも多いんですが映像と音が加わると凄いですよね。
特にAnotherは映像や音に力が入ってるし生々しさもあるので尚更でした。

丁寧な描写はアニメを見る上で凄く嬉しいですし良いことなんですけど。
ただこのシーンに関しては個人的に完全に裏目に出た形でした(^^;

> 鳴ちゃんの「いないものだから…」以降の緊迫感の高め方は本当に絶妙でした。
> そこに至るまでの描写の中で繰り返し“階段”と“傘”を映していたのも、原作既読組(&後で見直す人)の心拍数を否応なしに上げる効果的な演出だったと思います(^^;)

見直すと確かに合間で階段と傘をさり気なく自然な形で入れてきてるんですね。
そういう前振りのようなものをしっかりやっているからこそ衝撃も大きかったです(笑)

> 水野さんのシーンのエレベーターも怖かったですね…
> 得も言われぬ不安でハラハラしてしまいました(^^;)

もう今作においてはエレベーター出てきただけでちょっと怖いです(笑)
少なくともAnotherを見た日の夜は絶対にエレベーター乗りたくないですね(^^;

> (ところで、記事のタイトルが2話と同じになってますが…)

いや本当にご指摘頂いてありがとうございます。
お恥ずかしながら指摘されるまで全く気づいておりませんでした(^^;
多分指摘されなかったら最後まで間違ったままいっていたと思います。

新規で記事を投稿する際に自分の記事の前話のタイトル。
これをコピペしてサブタイだけ変更してるんですよね。
だから時々この手のミスをやらかしては気づかないことが実はかなりあります(^^;
また間違い等あったらサラッと指摘して貰えるとありがたいです。
このミスは流石に恥ずかしすぎるので修正しておきますね!

また何かありましたらお気軽にコメント頂けると幸いです。
ではでは~。
[ 2012/01/27 20:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Another 第3話 感想 第一の贄
恒一「…義眼?」 鳴「私の左目は"人形の目"なの」 恒一(なんだ、てっきり写輪眼かと思ってたのに) 鳴「…今変な想像したでしょ?」 恒一「し、してない!」 鳴「ふ~ん…でね、見
[2012/01/31 17:44] アニメとゲームな日常
Another #03 Bone work -骨組- レビュー
見せてあげようか?  この眼帯の…下 (;゚д゚)ゴクリ… 鳴の眼帯の下は緑色の義眼だった。 義眼で見えなくていいものが見えてしまうので普段は眼帯をして 見ないようにしてい
[2012/01/31 08:18] ゴマーズ GOMARZ
Another 第03話 「Bone work -骨組-」
最近自分の趣味というか好みが変な方向に特化というか開花してきたヨペチコです。 まぁそんな話は別の記事で書くとして。 今回も謎がいっぱい(?)アナザー第三回です。 当た...
[2012/01/30 11:13] バカとヲタクと妄想獣
Another #03「Bone work -骨組-」
う、うそやろぉ……なんなんや、この終わり方…(何
[2012/01/28 08:09] 惑星観測所の記録
Another 第3話 「Bone work ―骨組―」」
「“いないもの”の相手をするのはよせ。ヤバいんだよ、それ」 都会に行きたい欲望。それすなわち、死亡フラグなのか(含み ある意味ここが起承転結の「起」となる「Another」第3
[2012/01/27 05:00] attendre et espérer
『Another』第3話
ヤングエースの表紙でオッドアイということは知っていたが鳴ちゃんの眼帯の下は人形の目をそのままはめ込んだというなかなかにクレイジーなものだ。なぜわざわざ違う色の義眼を埋め...
[2012/01/27 00:53] とある猟奇の上段蹴撃
Another~第3話「Bonework」
 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきたクラスには恐ろしい秘密があるらしい。第3話。 見崎鳴は眼帯にかくされた眼を恒一にみせた。緑色をした義眼。人形の...
[2012/01/27 00:40] ピンポイントplus
Another 第3話「Bone work−骨組−」
『古びた人形だらけの工房で、鳴と出会った恒一。鳴は恒一に26年前の3年3組に起きた、ある出来事を語る。それは、一人の生徒の死にまつわる不思議な話だった。恒一は勅使河原や桜木
[2012/01/26 23:03] Spare Time
Another 第3話 Bone work -骨組-
あれだけ勿体ぶった鳴の眼帯の下は義眼。 右目と違う色をしているからオッドアイのようで目立つだけで、グロくも何ともなかったですね。 26年前の3年3組の話を鳴に教えられる恒一 ...
[2012/01/26 23:00] ゲーム漬け
Another 第2話
「Bone work -骨組-」 いない者の相手をするのはよせッ!!! 一週間ずっと気になっていた見崎の左眼… 自称、エメラルドグリーンの人形の目 そして、見えなくてよいものが見えて
(アニメ感想) Another-アナザー- 第3話 「Bone work -骨組-」 
Another 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/04/27)高森奈津美、阿部 敦 他商品詳細を見る 古びた人形だらけの工房で、鳴と出会った恒一。鳴は恒一に26年前の3年3組に起きた、ある出来事を語る。そ
Another 第3話 「Bone work -骨組-」 感想
エンディング映像の明るい雰囲気に少し救われたと思いました。
[2012/01/26 21:08] Little Colors
Another 3話 「Bone work -骨組-」 感想
やべぇ、思ったより展開が早い。出遅れないうちにガチ推理しておかないと。
Another -アナザー- #03「Bone work -骨組-」
Another -アナザー- #03「Bone work -骨組-」です。 さて
Another第3話感想
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/01/post-1902.html
[2012/01/26 20:49] うたかたの日々別館
2012年01クール 新作アニメ Another 第03話 雑感
[Another] ブログ村キーワード Another 第03話 「Bone work -骨組-」 感想 #Another2012#ep03 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会する。...
Another 【第03話】 感想
3年3組
[2012/01/26 17:05] Loving You
Another 3話
ぎゃああああああああああ!!!!!!!!!! というわけで、 「Another」3話 うわああああああああああ!!!!!!!!!!の巻。 いやまあ、そろそろ話が動くとは思ってま
[2012/01/26 12:51] アニメ徒然草
Another アナザー 第3話 「Bone work -骨組-」 
いなくなったミサキと卒業式を行った26年前の3年3組の話。 それは最初の年の話で まだ話には続きが…。 鳴の眼帯の下は義眼。 鳴はそれを人形の目だと言う。 26年前の話の...
[2012/01/26 11:00] SERA@らくblog
Another 3話
そして物語が動き始める…!
[2012/01/26 10:33] 10+1次元の世界
Another 第3話
Another 第3話 『Bone work -骨組-』  ≪あらすじ≫ 人形館で出逢った鳴にその眼帯の下を見せてもらった恒一。そこには、鳴にそっくりな人形と同じ碧色に輝く義眼があった。彼女は「
[2012/01/26 09:52] 刹那的虹色世界
Another アナザー 第3話「Bone work -骨組-」
奇面館の殺人 (講談社ノベルス)(2012/01/06)綾辻 行人商品詳細を見る  これは、実に痛そうな事故だ。階段から転んで頭を打って重症かなと読んでいましたが、傘の先端が突き刺さるとは…...
[2012/01/26 09:11] 破滅の闇日記
Another 第3話 感想「Bone work -骨組-」
Anotherですが、尋常でなく怖かったです。とうとう眼帯が取れますが、野田総理の眼帯とか言っている場合でもありません。26年前の始まりの年が全てのようですが、榊原恒一は見崎鳴から...
Another #3「Bone work<骨組>」
三組で言っては駄目なんです!! あばばばばばばばば    Another第三話のぶっきら感想あばばば
[2012/01/26 07:35] ぶっきら感想文庫
「Another」第3話
26年前の3年3組の話… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201240002/ Another 限定版 第1巻 [Blu-ray] 角川書店 2012-03-30 売り上げランキング : 1071...
[2012/01/26 06:14] 日々“是”精進! ver.A
Another 第3話 「Bone work -骨組み-」 感想
とうとう第一の犠牲者が。 偶然の事故が、悲劇の幕開けとなっていくんでしょうね。 古びた人形だらけの工房で、鳴と出会った恒一。 鳴は恒一に26年前の3年3組に起きた、ある出
[2012/01/26 06:08] ひえんきゃく
Another  〜   第3話 Bone work -骨組-
Another (アナザー)  〜   第3話 Bone work -骨組- 1998年、春。夜見山北中学校に転入してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感
Another 3
いよいよきましたね、本領発揮って感じです。 てか、26年前に死んだ未咲が眼帯少女だとおもってたが、いとこだったとは。 最後には野中キャラがいきなり死亡、もう出番ないの? 水...
[2012/01/26 03:40] MEGASSA!!
Another アナザー 第3話 「Bone work -骨組-」 感想
壊れ始めるその時。 Another アナザー 第3話 感想です。
[2012/01/26 03:39] crystal cage
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m