QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

Another 第9話「Body paint -連鎖-」 感想

another09.jpg
三人でどこを探検するの?
現象を止める手掛かりを求め旧校舎にあるかつての3年3組の教室を捜索する恒一達。
しかし肝心な情報を聞くことは叶わず有用な対策も未だに全容が見えてきませんね。
夜見山市の外で中尾君が死亡した事件が周囲に良からぬ波紋を広げ始めましたね。
彼が出発前に頭部を強打しそのままの状態で夜見山の外に出たため死が確定したと。
しかしその事実が判明する前に夜見山の外に出ても無駄と噂が広まってしまいました。
クラスメイトが死亡しその数が減れば次に自分に回ってくる確率も次第に高くなる。
悪化する状況を前に恒一が引き金を引いたと考えて恨んでいる者もいるようですね。

恒一自身も少なからず責任を感じているのか今までの犠牲者達を夢に見る始末。
前回の予告を見て桜木さん等の犠牲者をどう絡ませるかと思ってたけどやっぱこうか。
夢とは言えリアリティがありすぎて怖かったしこれぞ正に悪夢というに相応しい(笑)
ただ責任を感じ夢にまで見てしまい未だ災厄が止まらない以上対処する必要がある。

松永の発言から"現象"を止める手掛かりが旧校舎の教室にあることを突き止めた恒一。
余計な犠牲者を増やさないように勅使河原と望月の三名だけで捜索に当たることに。
少数精鋭で行くはずだったのにあっさり鳴ちゃんにバレちゃったのは笑った(^^;
全然関係ないけど三人を言いくるめてニンマリする鳴ちゃんとか堪らんものがあります。

四人で教室を捜索しても中々手掛かりは発見出来ず雑談を交えて探していましたが。
この時に話題に出ていた学校七不思議の一つである第二図書室の話も関係あるのかな。
災厄とは直接関係はないのかもしれないけど千曳司書と関わりが深い場所ですしね。
何か深い意味があるのかもしれないけど今の段階だとこれ以上は分からないのかな。

やっとのことで発見した手掛かりは当時の松永がヒントを吹き込んだカセットテープ。
15年前の合宿の詳細や神社への参拝が無効であったことなど色々と判明しましたね。
しかし肝心の部分を聞く前に見回りの先生がやって来て皆で隠れた際にテープが破損。
勅使河原がワカメにしたテープを望月君が復元することになったが果たしてどうなるか。

一方で恒一達が手掛かりを探している頃にも続々と次なる犠牲者が出てしまいました。
家の中に多くの段ボールが残っていた綾野家は慌てて夜見山市外へ逃れようとしたのか。
しかしそんな逃亡も虚しく終わり落石で窓が割れ車ごと崖下へ転落してしまいましたね。
綾野と別れた小椋さんが家に帰って目撃したのは自宅に突っ込んでいるクレーン車の姿。
引きこもりであると見られる彼女の兄が押しつぶされて死亡し今回も犠牲者続出でした。

次回 第10話「Glass eye -漆黒-」

手掛かりとなるカセットテープは見つけたけど簡単には行かないというか甘くなかった。
肝心要の"現象"を止める方法については未だ判明せず15年前の経緯が分かっただけで。
でも再生したテープの部分からいくつか分かったことと推測出来ることもあったかな。

7話の感想でも触れましたが現象を止めたのに何かに罪悪感を覚えていた松永さんの様子。
今回テープでの彼の独白によりそれが決定的となりましたが果たして彼は何をしたのか。
罪悪感を感じる行為が災厄を止めることに直結しているであろうことは間違いないはず。
では何かと考えると誰かを意図的に犠牲にしたか殺害したというのが真っ先に思い浮かぶ。

その犠牲となった人物として一番対象になる可能性が高いのは増えた一人である死者。
基本的に"現象"発生中は特定不可能な死者を15年前は何らかの方法で特定できたのでは?
仮に死者を特定するに至ったとすれば例年にない強攻策に出た可能性もあり得そうです。
松永さんの残した手掛かりとは死者を特定する手段とかこの行程ではないかと妄想した。

相変わらず今回もBGMやシーンの繋ぎが上手くて恐怖を存分に味わうことが出来ました。
個人的に一番ビクッとしたのは落雷に打たれた浜口君と綾野が乗った車への落石シーン。
綾野のシーンは前回同様トラックが突っ込んでくると思ってやり過ごした直後でしたし。
どっちも突然大きな音がなる不意打ちだったけどこういうの本当駄目ですね自分(笑)

そして今回は茶目っ気たっぷりな一面を見せてくれた鳴ちゃんがまたまた可愛かった。
怪談を語って冗談と言ったり窓ガラスの件でも大丈夫と両手を挙げてアピールしたりね。
手掛かり捜索中も頭に飾り載っけたり床を踏み抜きロッカー倒して平然としていたりね。
もうヒロインとしてどれだけ魅力を兼ね備えているのかと思わずにはいられなかったよ。

あと全くの余談というか脱線になるけど風見君って今後見せ場とかあるんでしょうか。
いや序盤あれだけ登場して桜木さんとの関係や進学の話とか絡んできていたのにですね。
中盤以降は姿形も殆どなく台詞もないのでずっと気に掛かっていたけどどうなんだろう。
EDにだって主要メンバーと一緒に出演してる訳だし最後にきっと活躍すると期待しよう。
何かもう真相とかよりも風見君に出番があるかどうかの方が気になってきました(笑)

関連商品
Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]
角川書店 (2012-03-30)
売り上げランキング: 308

Another(上) (角川スニーカー文庫)
綾辻 行人
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-02-29)
売り上げランキング: 337

Another(下) (角川スニーカー文庫)
綾辻 行人
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-02-29)
売り上げランキング: 298

関連エントリー
第12話「Stand by oneself -死者-」
第11話「Makeup -惨劇-」
第10話「Glass eye -漆黒-」
第9話「Body paint -連鎖-」
第8話「Hair stand -紺碧-」
第7話「Sphere joint -変調-」
第6話「Face to face -二人-」
第5話「Build limbs -拡散-」
第4話「Put flesh -輪郭-」
第3話「Born work -骨組-」
第2話「Blueprint -思惑-」
第1話「Rough sketch -素描-」
関連記事
前回の車酔いが伏線だったとは…
ひねりが効いていて唸らされました(^^;)

今回も、原作にあった小椋さんのお兄さんの事故死に綾野さん一家の転落死(オリジナル)をかぶせることで「引きこもっても危険」「脱出も危険」と絶望感を高める演出が…
とても効果的な改変だったと思います。
(男子三人の旧校舎探検に鳴ちゃんが加わったのもナイスな改変^^)

>個人的に一番ビクッとしたのは落雷に打たれた浜口君と綾野が乗った車への落石シーン。

落雷は原作にもあるシーンなので身構えてましたが、落石の時は完全に意識が対向車線に行ってました…(^^;)

>風見君って今後見せ場とかあるんでしょうか。

原作では勅使河原・望月の次くらいに目立ってる生徒なんですが…
EDやCMでの扱いを見るとスタッフにハブられてるわけでもないようですし、桜木さん関係の追加要素まであることを考えると、これだけ影が薄いのは逆に不自然な気がしてなりません。
なので、風見君絡みで今後何かしら用意されてるのでは…と密かに思ってます(例えばですが、恒一のことを誰よりも恨んでいるのが実は彼で…とか)
[ 2012/03/09 22:28 ] [ 編集 ]
Re: taraさん
taraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 前回の車酔いが伏線だったとは…
> ひねりが効いていて唸らされました(^^;)

単純な私は中尾くん車酔いカワイソスくらいにしか考えていませんでした(笑)
うーん何気ない仕草などにもきちんと意味を持たせて作品が作られてるんですね。
千曳司書の説明を聞いて私も思わずなるほどと唸ってしまいました。

> 今回も、原作にあった小椋さんのお兄さんの事故死に綾野さん一家の転落死(オリジナル)をかぶせることで「引きこもっても危険」「脱出も危険」と絶望感を高める演出が…
> とても効果的な改変だったと思います。
> (男子三人の旧校舎探検に鳴ちゃんが加わったのもナイスな改変^^)

綾野さんの死亡はアニメオリジナル展開だったんですか!
確かに隠れようと逃げようと何をしても無駄という演出は素晴らしかったですね。
原作だと旧校舎捜索隊に鳴ちゃん加わらなかったんですね(^^;

> >個人的に一番ビクッとしたのは落雷に打たれた浜口君と綾野が乗った車への落石シーン。
>
> 落雷は原作にもあるシーンなので身構えてましたが、落石の時は完全に意識が対向車線に行ってました…(^^;)

前回同様に対向車が大型車で嫌でもそっちに目がいっちゃいますよね。
峠みたいな場所でしたし落石も予想出来たかもですが今回は完全に不意打ちでした。

> >風見君って今後見せ場とかあるんでしょうか。
>
> 原作では勅使河原・望月の次くらいに目立ってる生徒なんですが…
> EDやCMでの扱いを見るとスタッフにハブられてるわけでもないようですし、桜木さん関係の追加要素まであることを考えると、これだけ影が薄いのは逆に不自然な気がしてなりません。
> なので、風見君絡みで今後何かしら用意されてるのでは…と密かに思ってます(例えばですが、恒一のことを誰よりも恨んでいるのが実は彼で…とか)

3話の感想でtaraさんのご意見と似たような感想を書いていました。
あの時点で桜木さんを意識する風見君の描写があった回で桜木さんが死亡して。
彼のやりきれない感情が恒一に向くのではと予想してましたがその後音沙汰無しなので。
仰るように逆にここまで登場しないと影で暗躍とかしてそうで怖くなってきましたw

うーん風見君の再登場が楽しみでもあり怖くもあり何とも複雑な状況ですねぇ。
一番恐ろしいのは今後も全く姿を現さずに本編が終了することなんでしょうけど(^^;

また何かありましたらお気軽にコメント頂けると幸いです。
ではでは~。
[ 2012/03/09 23:58 ] [ 編集 ]
 中尾君については第8話視聴中「あれ、ボートが突っ込んで来る前に死んでたっぽくね?」と思っていましたが、更にさかのぼって夜見山ですでにその「死」が確定していたとは…あくまで「ルール」からは逸脱していないという事で、よく考えられていますよね。
 「死者が夜見山を出るのはアリなん?」というのは置いといて…

 綾野さんといい小椋さんといい「逃しはしない」という感じで、今後ますますクラスの空気は重くなるでしょうし、恒一や鳴ちゃんへの風当たりも強くなりそうですね。
 赤沢さんは何やら鳴ちゃんに対して思うところがあるようですし…最初に鳴ちゃんを「いない者」に指名したのも彼女でしょうしね。
 ただ、鳴ちゃん自身は自分が人にどう思われようとどう扱われようと気にしない感じですし、恒一も結構なタフガイと言いますか…ルールを知らなかった自分の行動に関して自責の念はあるものの、その事で他人に何か言われてもそれで怯むようには見えませんしね。

 差し当たっての心配は、テープの修復を受け持った望月君ですね。これ、かなりの死亡フラグだと思うんですが。
 第8話においても、釣り対決の場面でしばらく彼の姿が映らなかった時、「おいおい、まさか」と一瞬不安になりました(苦笑)

 松永さんの残したメッセージというのは、おっしゃる通り「死者を見抜く方法」、あるいは「判明した死者への対処法」あたりが妥当でしょうね。
 彼の怯えぶりから考えるに、単に「死者を見つけてソレを消せばよい」では済まないのかも知れません。他にも何か犠牲が必要だとか。

 前回のコメント後つらつらと考えていて、次回のタイトル「Glass eye」というのを見て「あぁ」と思ったのですが。
 鳴ちゃんには死者が見える、判別できるのかも知れません。
 「自分は死者ではない」と言い、恒一に「大丈夫、貴方は死者じゃない」とも言った。「臨死体験を経て自分は『死』に近い存在になった」というのは抽象的・観念的な話ではなく、もっと具体的な事なのかなと。
 「死者の存在、そのイメージはソレを認識する者の主観の影響が大きい」という旨を前回コメントしました。
 そこで、鳴ちゃんの左眼。
 それは人形の義眼であり、人間のものではない。つまり、思考や感情・感覚といったものの影響を受けないという事。
 彼女の左眼を通して見れば、死者であればそれが判明するのかも知れません。

 「それならもっと早く死者を特定し、有効な対策も考えられたのでは?」という疑問もありますが、そう簡単にもいかないかな、とも。
 だって例えば怜子さん(=三神先生)が死者だというのが事実だったとして。
 殺せるか? 消えて下さいと言えるか?
 少なくとも恒一や望月君は受け入れないでしょう。逆に、身近に「現象」の犠牲者がいる人にとっては許しがたい存在であるわけで。
 最悪、死者を巡って、葬ろうとする側と守ろうとする側、二手に分かれて争うなんて本末転倒な事態となる可能性もある。
 もし本当に鳴ちゃんには死者を見分ける事ができるのだとして、どのタイミングではっきりさせるかが難しいところだという気がします。

 …こんな風に正論ぶった言い方してると、大ハズレのフラグが立ってる気しかしませんけどね!

 あとまぁ、なんと言いますか、最終的に鳴ちゃんは死ぬ事になりそうな気がしてしょうがない。本人は死者じゃなくても、死者を退場させるための犠牲みたいになりそうで…
 コミック限定DVD第0話のあらすじ、「語られる事のなかった『見崎鳴のこれまで』」って本編の放送終了後に発売される事と合わせると、どう考えても本編中で死亡したキャラクターの扱いですよね(苦笑)

 個人的に余談と言うと、アニメ公式サイト。
 第8話の場面カット、怜子さんだけかと思いきや、全部動きやがる(笑)
 藻を掴み取って見せる鳴ちゃん、あざとい!(誉め言葉)
 そして映像ソフト全巻購入の店舗別特典、赤沢さんが性的すぎる(笑)
[ 2012/03/10 01:44 ] [ 編集 ]
3話の感想記事を読み返しました。
この段階では杞憂に終わるかもと思っていましたが、これだけ沈黙が続くと不穏な空気が漂いますね(^^;)
(公式のあらすじを見ると、次回久々に登場があるようですが…)
[ 2012/03/10 15:34 ] [ 編集 ]
Re: ミサヲさん
ミサヲさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>  中尾君については第8話視聴中「あれ、ボートが突っ込んで来る前に死んでたっぽくね?」と思っていましたが、更にさかのぼって夜見山ですでにその「死」が確定していたとは…あくまで「ルール」からは逸脱していないという事で、よく考えられていますよね。
>  「死者が夜見山を出るのはアリなん?」というのは置いといて…

死の運命が確定してしまった人間はその後に夜見山を出ても無駄だと示されましたねぇ。
今回一家で夜見山を出た綾野さんもあの時点で既に死の運命が確定していたと思うと・・・。

>  綾野さんといい小椋さんといい「逃しはしない」という感じで、今後ますますクラスの空気は重くなるでしょうし、恒一や鳴ちゃんへの風当たりも強くなりそうですね。
>  赤沢さんは何やら鳴ちゃんに対して思うところがあるようですし…最初に鳴ちゃんを「いない者」に指名したのも彼女でしょうしね。
>  ただ、鳴ちゃん自身は自分が人にどう思われようとどう扱われようと気にしない感じですし、恒一も結構なタフガイと言いますか…ルールを知らなかった自分の行動に関して自責の念はあるものの、その事で他人に何か言われてもそれで怯むようには見えませんしね。

赤沢さんの鳴ちゃんに対する厳しい視線は災厄意外にも何か理由があるのかもですね。
一番の理由はいない者としての責務を全うせずに結果的にある年となってしまったことなんでしょうけど。
犠牲者が増える一方の現状で二人に対する風当たりはどんどんきつくなっていくのかもしれませんね。

>  差し当たっての心配は、テープの修復を受け持った望月君ですね。これ、かなりの死亡フラグだと思うんですが。
>  第8話においても、釣り対決の場面でしばらく彼の姿が映らなかった時、「おいおい、まさか」と一瞬不安になりました(苦笑)

本作に限らず秘密に迫ろうとする人間は高確率で次の犠牲者になったりしますよね(笑)
修復作業を自ら請け負うって本当死亡フラグ以外の何物でもないような気がしますが(^^;

>  松永さんの残したメッセージというのは、おっしゃる通り「死者を見抜く方法」、あるいは「判明した死者への対処法」あたりが妥当でしょうね。
>  彼の怯えぶりから考えるに、単に「死者を見つけてソレを消せばよい」では済まないのかも知れません。他にも何か犠牲が必要だとか。

望月君のテープ復元待ちですがこれに関しては他に必要なことがあるのかもしれませんね。
早くテープに残された手掛かりを全部を聞きたい!(笑)

>  前回のコメント後つらつらと考えていて、次回のタイトル「Glass eye」というのを見て「あぁ」と思ったのですが。
>  鳴ちゃんには死者が見える、判別できるのかも知れません。
>  「自分は死者ではない」と言い、恒一に「大丈夫、貴方は死者じゃない」とも言った。「臨死体験を経て自分は『死』に近い存在になった」というのは抽象的・観念的な話ではなく、もっと具体的な事なのかなと。
>  「死者の存在、そのイメージはソレを認識する者の主観の影響が大きい」という旨を前回コメントしました。
>  そこで、鳴ちゃんの左眼。
>  それは人形の義眼であり、人間のものではない。つまり、思考や感情・感覚といったものの影響を受けないという事。
>  彼女の左眼を通して見れば、死者であればそれが判明するのかも知れません。
>
>  「それならもっと早く死者を特定し、有効な対策も考えられたのでは?」という疑問もありますが、そう簡単にもいかないかな、とも。
>  だって例えば怜子さん(=三神先生)が死者だというのが事実だったとして。
>  殺せるか? 消えて下さいと言えるか?
>  少なくとも恒一や望月君は受け入れないでしょう。逆に、身近に「現象」の犠牲者がいる人にとっては許しがたい存在であるわけで。
>  最悪、死者を巡って、葬ろうとする側と守ろうとする側、二手に分かれて争うなんて本末転倒な事態となる可能性もある。
>  もし本当に鳴ちゃんには死者を見分ける事ができるのだとして、どのタイミングではっきりさせるかが難しいところだという気がします。
>
>  …こんな風に正論ぶった言い方してると、大ハズレのフラグが立ってる気しかしませんけどね!

鳴ちゃんの義眼については何かあるのかと思ってましたがその後すっかり忘れ去っていました。
少なくとも平凡以下の私では今の段階でここまでの考えには及ばないし至れないです(^^;
う~ん本当凄いですねこれ、ドンピシャなんじゃないでしょうか。
>
>  あとまぁ、なんと言いますか、最終的に鳴ちゃんは死ぬ事になりそうな気がしてしょうがない。本人は死者じゃなくても、死者を退場させるための犠牲みたいになりそうで…
>  コミック限定DVD第0話のあらすじ、「語られる事のなかった『見崎鳴のこれまで』」って本編の放送終了後に発売される事と合わせると、どう考えても本編中で死亡したキャラクターの扱いですよね(苦笑)

>  個人的に余談と言うと、アニメ公式サイト。
>  第8話の場面カット、怜子さんだけかと思いきや、全部動きやがる(笑)
>  藻を掴み取って見せる鳴ちゃん、あざとい!(誉め言葉)
>  そして映像ソフト全巻購入の店舗別特典、赤沢さんが性的すぎる(笑)

ブルーレイマラソンするかどうかはまだちょっと迷ってるんですけど。
限定コミックと原作小説に関しては放送終了後に購入しようと思っています。
アニメのオリジナル展開もあったり原作では死なない人物が死んだりしているようですし。
公式サイト8話の場面カットに関しては鳴ちゃんのカットだけループしてて笑いましたw

また何かありましたらお気軽にコメント頂けると幸いです。
ではでは~。
[ 2012/03/11 00:39 ] [ 編集 ]
Re: taraさん
taraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 3話の感想記事を読み返しました。
> この段階では杞憂に終わるかもと思っていましたが、これだけ沈黙が続くと不穏な空気が漂いますね(^^;)
> (公式のあらすじを見ると、次回久々に登場があるようですが…)

本当だ次回の場面カットに風見君が映ってるじゃないですかぁ!
いやー本当このまま登場せずに終わらなくて良かった良かったです(笑)
それだけに今まで沈黙していた彼の再登場が深い意味を持ちそうな気もしますが・・・。

また何かありましたらお気軽にコメント頂けると幸いです。
ではでは~。
[ 2012/03/11 00:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Another 第9話 「Body paint ―連鎖―」
「・・・・・・ わ か め 」 旧校舎での怪談はホラーの定番。 容赦なく増える犠牲者。現象さんのマメな仕事ぶりに驚愕する「Another」第9話の感想。 家に引き篭っててもダメと...
[2012/03/10 00:23] attendre et espérer
Another #09 Body paint -連鎖- レビュー
夜見山の外なのに起きた惨劇。 中尾を助けようと海に入っていた恒一や松永…  松永は愕然としながら独り言を呟く… 俺が…俺が守ったのに… 俺は残したのに…教室に… ちょっと語
[2012/03/09 19:58] ゴマーズ GOMARZ
Another~第9話「Bodypaint<連鎖>」
 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきた3年3組は死に一番近いのろわれたクラスだった。第9話。場面1 恒一、見崎、千曳先生@道  海の沖でボートに跳ね...
[2012/03/09 00:21] ピンポイントplus
Another アナザー 第9話の感想
BGMがんばりすぎ。 Another アナザー 第9話「Body paint -連鎖-」の感想です。
Another 第9話「Body paint-連鎖-」
『夜見山市の外で起きた思いがけない事故に、周囲の不安は一層募る。事故の直後、松永が何かを思い出したかのようにつぶやいた「教室」という言葉を手がかりに、恒一は15年前の3年3
[2012/03/08 21:39] Spare Time
Another 第9話 「Body paint -連鎖-」 感想
可愛い子がまた…。
[2012/03/08 20:23] Little Colors
Another 第9話
「Body paint -連鎖-」 三人でどこを探検するの? 恐いもの知らずなんでしょうか? 表情を変えずに淡々と旧3年3組に足を踏み入れる鳴ちゃん 度胸がありますねww 夜見山から...
Another第9話感想
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/03/post-76ab.html
[2012/03/08 18:52] うたかたの日々別館
Another#9「Bodypaint-連鎖-」感想
夜見山の外でもダメなの?続く死の連鎖。「Bodypaint-連鎖-」あらすじは公式からです。夜見山市の外で起きた思いがけない事故に、周囲の不安は一層募る。事故の直後、松永が何かを思い...
[2012/03/08 17:26] おぼろ二次元日記
2012年01クール 新作アニメ Another 第09話 雑感
[Another] ブログ村キーワード Another 第09話 「Body paint-連鎖-」 感想 #Another2012#ep09 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会す
「Another アナザー」 第9話
「Another アナザー」 第9話 小型船舶のスクリューに巻き込まれての「轢死」だと思われた「中尾」でしたが、その死には意外な事実が。 実は彼の直接の死因は階段からの転落が原因の「脳...
[2012/03/08 13:35] HARIKYU の日記
Another 9話
メガネちゃん再登場おめでぎゃー! というわけで、 「Another」9話 美術室で待ってるの巻。 直接の死因は脳挫傷、ね。 条件そのものを疑う必要が出てきたかなと思いきや、 今回
[2012/03/08 12:51] アニメ徒然草
Another 第9話
Another 第9話 『Body paint -連鎖-』 ≪あらすじ≫ 隣町の狭波町で起きてしまった級友・中尾の事故死。夜見山市外で起こった事故に一同は動揺を隠せなかったが、葬儀の帰り道に千曳は
[2012/03/08 12:32] 刹那的虹色世界
Another 9話
相変わらずだけれども、とにかく作りが丁寧。
[2012/03/08 10:04] 10+1次元の世界
[Another]Another 第09話 『Body paint -連鎖-』 【TOKYO MX】
ラストで死亡した小椋さんの兄貴あれって自宅警備なオレら?パソコンにかじりついてマウス握ったまま死ねるなんて、ある意味理想かも 死亡フラグ立ちました! 9話にて突然ピックアッ...
[2012/03/08 09:29] 日々是深夜アニメ
Another 第9話 「Body paint -連鎖-」
第9話 「Body paint -連鎖-」 亡くなった中尾の死因はスクリューに巻き込まれたことではなく、その前に家で頭を強く打っていたことが原因だったようです。 病院に行かず、海に出掛...
[2012/03/08 09:26] いま、お茶いれますね
Another・アナザー 第9話「Body paint -連鎖-」
凶夢伝染(2012/01/25)ALI PROJECT商品詳細を見る  中尾 順太はボートに轢かれて死亡したようにみえましたが、原因は別の場所にありました。自宅で階段から転げ落ち、ほおっておいたのが原
[2012/03/08 07:33] 破滅の闇日記
「Another」第9話
旧校舎を、探検… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203060002/ ビードロ模様 やなぎなぎ ジェネオン・ユニバーサル 2012-02-29 売り上げランキ...
[2012/03/08 05:44] 日々“是”精進! ver.A
Another  ~   第9話 Body paint -連鎖-
Another (アナザー)  ~   第9話 Body paint -連鎖- 1998年、春。夜見山北中学校に転入してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を...
Another 第9話 Body paint -連鎖-
夜見山市外で中尾が死んだ事もあり、3年3組に在籍する生徒の恐怖は募るばかり。 恒一が鳴に話しかけたりしたからという声も影では上がりますが、何も教えずに察しろというのも… ...
[2012/03/08 04:17] ゲーム漬け
Another 第9話 「Body paint -連鎖-」 
「たまに聞えるよ?人の呻き声……嘘…♪」 旧校舎探検でノリノリな鳴ちゃんw もともと変わり者であることは確かなようだけど居ない者認定を解除されてからはどんどんお茶目になっ
[2012/03/08 01:33] ムメイサの隠れ家
Another:9話感想
Anotherの感想です。 結論→傘は危険なモノ
[2012/03/08 00:57] しろくろの日常
Another 第9話 「Body paint -連鎖-」 感想
今回の鳴は、いつも以上に可愛かったですね。 災厄による悲劇、引っ越しも引きこもりもダメ、まさに逃げ場無しの状態、 キツすぎですよ。 夜見山市の外で起きた思いがけない事...
[2012/03/08 00:27] ひえんきゃく
Another アナザー #9「Body paint<連鎖>」
後輩たちへ 罪の告白とアドバイス 貴方の所為よ       Another アナザー第九話のぶっきら感想。
[2012/03/08 00:23] ぶっきら感想文庫
Another 9
ホラー展開が戻って来ました。これぞアナザー!! なんだけど・・・鳴の仕草が明らかに萌え狙っててそのギャップが面白い(笑) 自分のせいで仲間を危険にさらしておいて「大丈夫みたい
[2012/03/08 00:18] MEGASSA!!
Another アナザー 第9話 「Body paint -連鎖-」
三人で、どこを探検するの――?  夜見山市の外で中尾が犠牲になり もはや逃げ場なし!?(汗) 実は 中尾で自宅で頭を打っていたのが原因のようで。 すでに夜見山を出た時点で...
[2012/03/08 00:15] SERA@らくblog
Another 第9話 感想「Body paint -連鎖-」
Anotherですが、町を出たのに犠牲者が出てしまいパニックとなります。 榊原恒一が見崎鳴をいないものとして扱わなかったからだという意見もありますが 旧校舎にもともとの原因を探...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m