QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

月刊少女野崎くん 第2話「今作の真のヒロインがみこりんであるということは最早疑いようもない」

nozakikun02_01.jpg
月刊少女野崎くん #02「新ヒロインをよろしくね♪」

漫画のキャラの元になるような強烈な個性という名のギャップ萌え。
人を見た目だけで判断してはいけないのです。
nozakikun02_02.jpg
nozakikun02_03.jpg
nozakikun02_04.jpg

赤い髪の色に鋭い目つき。およそ「みこりん」なんていう愛称が詐欺のようにすら感じられるじゃないかと思っていたけど、人を見た眼で判断してはいけませんでした。まさかここまで見た目と真逆な可愛い奴なんてパッと見では想像出来なかったよ。聞くなと宣言しておいてチラチラと千代に対して聞いて構ってオーラ出したりいじけたりね。千代ですら面倒くせぇと言いつつ気を遣って質問した後のウキウキぶりったらね。みこりん面白いよ!

ポエムめいたこと言ったと思ったら自分で照れちゃったりするし、そりゃ女子にも人気出ますね。愛すべきキャラクターってみこりんみたいな奴のことを言うと改めて思った。岡本信彦さんはこういうキャラのハマりっぷりが半端じゃない。


nozakikun02_05.jpg
nozakikun02_06.jpg
nozakikun02_07.jpg

野崎君は漫画家だし、千代だってその漫画家の野崎君が目を付けた美術部員であるからには画力はそれなりのものであるのは想像に難くなく、実際この二人に関しては漫画的な絵か美術的な絵かは置いておくとして上手いことに間違いはなかった。

ならアシスタントとして千代の先輩にあたるみこりんはどうなのかと思ったけどこれが想像以上の画伯っぷりで驚かされた次第である。いやね、アシスタントだから絵が上手いとは限らないのも何となくだけど分かるのですよ。背景とか構図に特化したアシスタントだっているんだろうし。しかし建物に関しては全員得意じゃないという事実も見逃せなく、ここに関してはまだ登場していない別のアシスタントの誰かが担当しているということなのだろうか。

さて、そんなあらかたダメダメに思われたみこりんの得意な分野は何なのかと思ったら効果・小物・花でありました。この出来には千代もビックリ、視聴していた自分もビックリ。またしても見た目に反する乙女チックな得意分野を見せつけてくるみこりんってやっぱりみこりんですわ。ただどんなに上手くてもあれだけ花を多用されたら如何にイケメンのヒーローであっても鬱陶しくなるのも分かる気がする(笑) 作者の野崎君にすらそう思われるってよっぽどのことだよ。


nozakikun02_08.jpg
nozakikun02_09.jpg

全然タイプの違う野崎君とみこりんの馴れ初め、もとい仲良くなった経緯というのは自分も気になっていたけど元々は漫画に登場させるキャラクターのモデルとして観察対象にしていたんですね。その話を聞けば野崎君の漫画にみこりんを参考にしたキャラが出ていると千代が察するのも自然の流れだけどここは深く考えない方が良かったよね。だって内面が乙女全開のみこりんなんだもの。該当するキャラはそうなっちゃうよ。知らない方が幸せなことって確かにあるよね、うん。


nozakikun02_10.jpg
nozakikun02_11.jpg

前回の自転車も面白かったけど、野崎君の構想段階の漫画は何故こんなにも面白いのか。少女漫画としてはNGかもしれないけどこれはこれで有りだと思ってしまう。でも三つ子の鈴木君がマミコを取り合っていると考えれば少女漫画的に考えたとしてもいけそうな気がしてくる。顔は同じだけど性格は三者三様に見えるから。


nozakikun02_12.jpg
nozakikun02_13.jpg
nozakikun02_14.jpg

参考にする人物がいないと自分の理想キャラの顔が全部同じになってしまうという野崎君からの要請により、千代の友人である瀬尾結月に白羽の矢が立ったわけですが、これまた癖の強いキャラが出てきましたなぁ。悪気はないけど神経が図太く自意識過剰な面があって、これまで感情を揺らがせることがなかった野崎君すらドン引きさせたりイラつかせたりするほどの強烈な個性を持っている。

逆に言うとこれくらい個性が強い方が漫画の参考にはなるかもしれませんが、みこりんとは違った意味でまた面倒くさいキャラでもあった(笑)でも何だかんだで助っ人頼まれたりするあたり、困惑はするけど嫌いにはなれない魅力も秘めてるとも言えるのかも。反面教師が目的って言われたらそれまでだけど。


nozakikun02_15.jpg
nozakikun02_16.jpg

何の脈絡もなく突然始まった野崎君と結月の小芝居。突然真剣になった結月の雰囲気に釣られたってわけじゃないでしょうが意外にも野崎君がノリノリなのが面白い。千代が見つけるまで結月の言葉を信じてその場でずっと座ってるしノリが良いなぁ。只でさえ身体の大きい野崎君が廊下にこじんまりと座る姿ってちょっと反則。


nozakikun02_17.jpg
nozakikun02_18.jpg

少女漫画に登場するキャラクターの参考としてはおよそ相応しくない結月を運動の出来るKY認定した野崎君ですが、結月の歌声と「声楽部のローレライ」という異名を知ってビックリ、視聴していた自分もビックリ。またか、またなのかこのギャップ萌え。みこりんの時と同じような衝撃じゃないか!

野崎君も千代も互いが紹介したみこりんと結月に関して「詐欺だ」と全く同じ印象を抱いていたけど、それは視聴していた自分も言いたい。やっぱり人は見た目だけでは判断できない、してはいけない…。


nozakikun02_19.jpg
nozakikun02_20.jpg

あれこれあった末に晴れて空気の読めない男として登場した漫画の新キャラクター。どう見てもモデルは結月だけど千代はそれには気づかなかったっぽいですね。みこりんは感づいた節があるけど肝心のヒロインが自分をモデルにしたキャラってことに気づいてなさそうなのが可哀想でもある。知らぬは本人ばかりなり。しかしあれですね。モデルとなった人物と全く逆の性別になってしまうのが何とも皮肉な話ですなぁ。


キャラクターが増えてどうなるかと思っていたけど全く何も心配する必要はなかった。今週も面白いの一言。個人的にはみこりんのキャラが最高にツボでした。これからも全力で周囲に弄られて構ってオーラを出し続けて欲しいと切に願う。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月刊少女野崎くん 第2話「新(ニュー)ヒロインをよろしくね♪」感想
月刊少女野崎くん 第2話「新(ニュー)ヒロインをよろしくね♪」感想 佐倉千代丸←完全に思いつきワード
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m