QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第4話「栄子ちゃんが予想外のヤンデレ属性を秘めていたけど逆にキャラは確立された」

pripara04_01.jpg
プリパラ #04「かしこま!元気 For You」

最近の小学生はしたたかな面を持っている。
今回一番上手く立ち回っていたのはらぁらの妹のんちゃんであった。
pripara04_02.jpg
pripara04_03.jpg

夏休みに突入するとあって暑い夏に負けじと今まで以上にプリチケ回収に熱を入れ始めた校長ですが、完全にらぁらに狙いを絞って追ってくるから性質が悪い。回を追う毎にその人外的な要素を強めていく我らの校長は改造クリーナー「リナちゃん」を片手にキックボードを駆り匂いを頼りに小学生を追い回す。下手したら都市伝説になりかねないくらい傍から見たら奇行としか映らない(笑)小学生じゃなくてもこんなのに追い回されたら怖いしトラウマになってしまいそうだ。一時期爆発的に流行っていたけど最近はあんまり見ないなぁキックボード。


pripara04_04.jpg
pripara04_05.jpg
pripara04_06.jpg

そんなわけで傍から見たら奇行としか思えないようなことを繰り返しているグロリア校長は、パプリカ学園内部に留まらず外部の人にとってもその存在が有名であるのと同時に、その対策法まで広まっている様子。追われていたらぁらを栄子ちゃんが助けてくれたわけだけどまさかプリパラがあるところから半径100メートル以内に侵入できないとは。

悪い顔して「ほらね」なんて言ってる栄子ちゃんがこの後らぁらに依存してくるような弱さを見せるとはこの時点では予想だにしていなかった(笑)

それは置いておくとしてこれってかなり致命的な弱点と言ってもいいのではないだろうか。プリパラ世界に行くためにはプリズムストーンを経由する必要があるわけで、プリチケ狩りをするなら単純に考えてその周辺を張っていれば回収作業は楽になると思われる。獲物が集まってくるその場所に近づくことすら出来ないっていうのは校長からしたら辛いだろうなぁ。というか本当過去に何があってこうなったんだ校長は…。


pripara04_07.jpg
pripara04_08.jpg

初登場時から個人的に推しまくっている栄子ちゃんですが可愛すぎるよー。リアルのらぁらが小学生と知っても落胆するどころかその凄さを賞賛する素直さ。中学生ながら喜びや悩みがストレートに出てくるところは、みれぃやそふぃとはまた違ったタイプのキャラで容姿も含めて個人的に凄いツボに嵌るのですよね。栄子ちゃんは作品によっては主人公格のキャラでも全くおかしくないけど逆に準レギュラーに留まるからこそ光り輝くキャラなのかもしれない。ただ今後も定期的に出番があるといいなと切に願っている。


pripara04_09.jpg
pripara04_10.jpg
pripara04_11.jpg

さて見た目だけで人を判断するなとはよく言いますが栄子ちゃんも見た目通りに純粋素直なだけのキャラでは決してなかった。らぁらの歌を聞けば勇気を貰えるというのは分からなくもないけどまさかここまで依存してくるとは正直思わなかった。

結果的にらぁらが約束を破った形だけど校長が家まで押しかけてくる等々。やむにやまれぬ事情もあったわけだし、そもそも二人はリアルでは初対面だしそこまで求められてもね。らぁらにとっては少し酷だなと思ったのと同時に栄子ちゃんは思い込みが強くてヤンデレ要素も兼ね備えている子だと確認できた。これでキャラの個性は強くなったなとも感じたけど。自転車で逃げる栄子ちゃんを小学生のらぁらが追いかけるところは面白かった。普通は逆だろうと(笑)


pripara04_12.jpg

もうお約束となりつつありますが今週も登場した別のイケメン男子。しかし場所はいつものあの通りではなく別の場所でしたけど。せっかく前回の感想で「イケメン通り」と勝手に呼称するとか言ってたのに場所が変わったら使えないじゃないですかー。

まぁそれはいいんですけど流石に4話連続でそれなりに凝ったキャラが似たような登場をするとね。その内このメンバーで男性ユニットを結成するとかそういう展開には…ならんか。でもOPでめが兄ぃ(そう呼ぶのが正しいのか分からない)が出てたりするのは正に男性版プリパラのようなものがこのあと出てくる前フリみたいなものかとも思えたりするし。この毎回出てくる謎のイケメン達に関しては今後も要注目です。


pripara04_13.jpg
pripara04_14.jpg
pripara04_15.jpg

時には姉であるらぁらの窮地を救い、時には校長の目を欺き、時には自分の姉を利用して自分の欲しいものを手に入れる。のんちゃん抜け目なし!したたかな子!最近の小学生は侮れませんなぁ。姉であるらぁらが大らかというか割とゆるい性格なので妹ののんちゃんはしっかり者に育ってしまったのか。

姉妹の力関係は完全に妹>姉の図式が出来上がっているようだけど、こういう姉妹の描写は良いですなぁ。この辺の姉妹関係はプリリズのあいらといつきの関係を髣髴とさせるものがある。あっちも下の子がしっかりしていましたね。ただプリパラは年の近い女の子同士ということもあってスキンシップが過剰なのがよいよい。


pripara04_16.jpg
pripara04_17.jpg
pripara04_18.jpg

ラジオ体操に来ていた癖の強そうな女性キャラ…。
出た!遂にプリパラ世界に満を持しての登場だ、北条コスモ!OPでは既に出てたけどね。

プリパラからシリーズに入った人は勿論ですがプリリズを見てた人でもアニメのみの方には馴染みが少ないキャラかもしれない。どちらかというとゲーム主体のキャラだったから。レインボーライブの34話には出ていましたけど、本当にワンシーンだけだったと思うので。

簡単にどんなキャラか言ってしまえば『おしゃれ番長』の二つ名を持つ人気デザイナーで『コズミック』が口癖の方です。その名字からも分かるように本作の主要キャラの一人である北条そふぃとの関連が作品発表された時に少し話題になっていました。コスモに関してはそふぃと合わせて本格的に登場となった時に改めて触れたい。コスモって名前凄いよねと前は思っていたけど今となっては主要キャラ3人の方が凄い名前に見えるからそれほど違和感ないかも。それにしても今作では本筋にガッツリ絡んできそうですね。うーむ、コズミック楽しみ!


pripara04_19.jpg

めが姉ぇ融通利かねぇ!いや、ダジャレとかじゃないんだけどさ。ちょっとくらい融通を利かせてくれてもと思ったけどシステムの都合なら仕方ない。ましてや15分オーバーともなればね。もしかして1~2分の遅刻ならむりくりプリパラ世界に転送するとか出来たのだろうか。いや、システムの都合だからやっぱ駄目か。


pripara04_20.jpg
pripara04_21.jpg
pripara04_22.jpg

今回の一番のポイントはらぁらが自分の歌で他人を元気づけることが出来るんだと実感できたことではないかと思う。そして自らの意志で歌いたいと強く思ったこと。らぁらは他人の前で歌うときに小声になってしまうことをずっと悩みとして抱えているのは3話までで度々触れられていたことでもある。らぁらの悩みの解消は本作の重要な要素の一つと思われる『プリズム・ボイス』にも大きく関わってくることなのではないかと思うので。


pripara04_23.jpg

今回の狂気もとい笑いのネタ。校則ネタが4話にして途切れてしまったなぁと少しさびしくなっていたら、今度は校長に追いつめられたらぁらが苦し紛れに奇行に走るネタが始まってしまったよう。しかし前回のヤギでは騙されなかった校長が今回の相撲ネタではアッサリ納得してしまったのは何故だ。深く考えても仕方ないな!うん。でもそふぃの親衛隊の子も「ちゃんこ!」とか言ってたしプリパラには相撲ネタを要所で入れなければならない暗黙の決まりでもあるのだろうか(笑)


4話にして遂に校則ネタが途絶えた…。いつまでもこればかりやってても仕方ないんですけどね(笑)その代わりと言ってはなんですがイケメン通りは安定して継続してるし、らぁらの奇行集なんて出来るかもしれないし。

今回のキーパーソンとなった栄子ちゃんにはこれからも準レギュラーとして度々登場して欲しいなと思っています。テニスウェアも良かったし、らぁらもお店の手伝いしてるときの制服が可愛くてプリパラ世界でなくとも楽しめますね。みれぃの私服姿も可愛かったし。可愛いは正義。

さてさて次回は本格的にそふぃが物語に絡んできそうで早くも楽しみなのですが。
サブタイトルにワニが入る理由が全く想像出来ない。どうなるんだ本当に。


pripara04_24.jpg
pripara04_25.jpg

余談
らぁらの仕草は天然…ゆえに強烈だけどある意味悪質な可愛さとも言えるかもしれない。
これを計算でやるようになったらみれぃを超えるのではと割とどうでもいいことを考えていた(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m