QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

ハナヤマタ 第5話「最小構成ながら必要な人数を揃えてよさこい部が遂に正式発足!」

hanayamata05_01.jpg
ハナヤマタ #05「ファースト・ステップ」

本気の想いや熱意は見ている人の心を動かす。
なる達のよさこい部が最初の一歩を踏み出し動き始める。
hanayamata05_02.jpg
hanayamata05_03.jpg
hanayamata05_04.jpg

なし崩し的とはいえヤヤちゃんも巻き込み部発足に必要な人数が揃い、よさこい部も正式に認められた!
ヤヤは最後まで抵抗しようとしてたけど、なるにあんな顔で「お願い」されたら断れるわけない。自分も無理。
逆にサリーちゃん先生はもうちょっと逃げ回るかと思ったけど案外折れるのが早かった。
でも何だかんだ文句を言いつつ休日でも部活動に顔出してくれるし生徒たちに慕われる理由もよく分かる。

多美お姉ちゃんは悩みを吹っ切りいざやるぞとなったら早速手腕を発揮しておりますな。
副会長の権限を最大限に利用しているし、お祭り参加にもなる以上に積極的な姿勢を見せている。
ずっとやりたかったことが実際に出来るということが本当に何より楽しくて嬉しいのが伝わってくる。
前回の葛藤を見ているだけに多美お姉ちゃんの楽しそうな姿は見てるこっちまで嬉しくなってしまいますね。


hanayamata05_05.jpg
hanayamata05_06.jpg

悩みを分かち合えるヤヤと多美お姉ちゃんの関係。今の自分がやってることが本当に正しいのか、本当は何がしたいのか。何をすることが自分にとって一番幸せなのか。ヤヤは自分と多美は噛みあわないと言っていたけど、二人が抱える悩みからしてみても根本の部分で似た者同士なのかもと思います。

自分の気持ちに嘘をつく。多美お姉ちゃんは前回なるのおかげで向き合えたけど、ヤヤは正に今この状態にあるのではないかと。よさこいに夢中ななる達に感化されつつある自分を自覚しながらも、なる達と同じようにはなりきれない。ヤヤにはバンドの活動があるから。何かが枷になってしまい自分の気持ちに素直に向き合えなくなって身動きが取れなくなる。多美とヤヤはこの部分において共通していると言える。

だから先に悩みを解消した多美お姉ちゃんがヤヤの道筋を照らす光になるというこの構図が良いです。普段はなるやハナ、後輩達に頼られる側であるヤヤが、自分の悩みから生じたであろう疑問を口にしてしまったのは年上の多美お姉ちゃんが相手だからなのかなと。無意識ながら多美お姉ちゃんに自分と似ている部分があると感じ取ったからこそ言ってしまったのかなと。こういうところでも「繋がり」を感じられますね。

しかしヤヤは毎回違うキャラとデートしていてたまげるなぁ。
本命なるは不動だろうけど押しの強いキャラが相手だとアッサリ押し切られちゃうのがヤヤだからねぇ。
今後真智とデートしたらよさこい部メンバーコンプリートだなとかどうでもいいことを同時に考えてしまった…。
でも見てみたいな。


hanayamata05_07.jpg
hanayamata05_08.jpg
hanayamata05_09.jpg

会場の雰囲気に触れて改めて自分たちの思いを確かめるハナとなるの二人の様子が良いですねぇ。
全てが「これから」のヤヤと多美に対して「これまで」があるハナとなるとの違いとでも言いましょうか。
実際に会場の雰囲気に触れて最初の出会いを思い出し、そしてこれからへの想いをより強くすることがね。

始まりはこの二人だったから。一緒に楽しい雰囲気を作り出す、感動の共有、そして一体感を得ること。
個人的に本作のテーマとして毎回挙げているこれらのことを、なるとハナを通して再度提示してくれた場面だったかなと感じた。


hanayamata05_10.jpg
hanayamata05_11.jpg
hanayamata05_12.jpg

実際に体験してみて初めて分かることって確かにあって、それまで否定的に見ていたものであっても生でその空気に触れることで抱いている印象が真逆になることってあると思います。価値観の破壊と言ったら大袈裟かもしれないけど、考え方に多大な影響を受けるってことは往々にしてあるものだと。

ここは各キャラの反応がそれぞれ異なっているのが凄く印象的でした。それまでよさこいに掛けてきた思い入れも異なるから当然の差異かもしれないけど。中でも儚げな表情で演武を見ているハナの胸中は凄く複雑だったのではないでしょうか。

小さい頃に見て抱いた気持ちを求めて単身日本に来て、最初は上手くいかなくても諦めずに志を同じくする仲間を集めて、ようやくここまで一緒に来られたんだから。万感の想いが表情一つに凝縮されているように見えてグッと来るものがありました。

ヤヤはヤヤでバンドよりもよさこいの方に心が揺れ始めていると思しき様子がここでも描かれている。
乙女チーム二人に関しては…感受性が豊かで素直に顔に出てしまう二人なんだということで(笑)


hanayamata05_13.jpg
hanayamata05_14.jpg

同世代でステージに立つ少女たち。彼女たちも今のなる達と同じく4人で初めて今ではほぼ全てを自分達で準備を行うくらいまで成長した。同世代でもある彼女達の存在は非常に大きいと思う。なる達に直接的な影響も与えているけど間接的にもね。

思えば店長が初心者のなる達にあそこまで親切に応対して応援してくれたのは、彼女達の頑張りをずっと間近で見守ってきたからなのかもしれない。最初は半信半疑だった店長でも彼女達の真剣さやひたむきさ。その熱意に次第に心を動かされていつの間にか自分も真剣に応援するようになっていたのだから。

本気の想いやひたむきに取り組む姿は人の心を時に動かす。
彼女達の頑張りが今の店長に繋がり、なる達に繋がっている。
ハナヤマタはやっぱり「繋がり」の物語なのである。


hanayamata05_15.jpg
hanayamata05_16.jpg

今週のなるはいつも以上にポエマーさん。恥ずかしい台詞禁止!
なるの精神的な成長が見て取れるし凄く良いこと言ってるんだけどね。
それが多少メルヘンチックになってしまうのは、おとぎ話が好きで趣味がポエムなだけあるなと。
でもこれはこれでなるちゃんらしくて非常に良い。聞いてるこっちが恥ずかしくなってもね(笑)


hanayamata05_17.jpg
hanayamata05_18.jpg

なるに「お願い」されて断れないヤヤさんの図。頼まれると断れない子であることは、ここまでの話で十分すぎるほど分かっていたつもりだけど、特に下から見上げられるのに弱いですな~(笑)それを大好きななるがやるんだからヤヤが陥落してしまうのも無理ないってものですよ。なるちゃん推しの自分だから逆にヤヤの気持ちがよく分かる。


多美お姉ちゃんとヤヤが加わりよさこい部も正式に発足。目標も定まりこれからはお祭りに向けて一直線!
とはならないようで、そこに向かうまでにもう一山二山超える必要がありそうです。

多美お姉ちゃんはともかくヤヤに関しては未だ暫定メンバーと言った方がいいのかもしれない。今までの話からもヤヤがバンド活動にもある程度の愛着を持っていることは窺い知れるし、メンバーの中でも人気があるということは今回の冒頭を見ても分かる。なまじ責任感が強いだけに周囲の期待に応えなければ、期待を裏切れないという思いも強いのではないかと感じる。最初にやっていたのはバンド活動の方で、よさこい部は後から入ってきたものだから余計にね。

掛け持ちもありかとは思うけど、そういう中途半端さは他ならぬヤヤ自身が一番嫌いそうなことでもあるように思うし…。多美お姉ちゃんと同じくヤヤもその葛藤を乗り越えて何らかの答えを自分で出さないと先には進めなさそうです。少なくとも今のなし崩し的に巻き込まれた状態のまま臨むってことはないのかなと。嫌々ではなくやっぱり本心から自分もやりたいという気持ちで臨まないことには、よさこい部のメンバー全員が望んでいる感動の共有、一体感といったものは生まれないと思うし。

ヤヤが自身の抱える悩みにどう決着を付けるのか。なる達がどのような形でその手助けをするのか。来週以降も楽しみで目が離せませんね。長々とこれだけ書いておいてヤヤちゃんが次回以降アッサリ掛け持ちするとか言い出したら、熱く語っていた自分を笑ってやってください(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ハナヤマタ 第5話「ファースト・ステップ」感想!
ハナヤマタ 5組目 ファースト・ステップ すりすりすりすり
[2014/08/10 20:58] くろくろDictionary
ハナヤマタ 第5話「ファースト・ステップ」感想
ハナヤマタ 第5話「ファースト・ステップ」感想 ヤヤっち、タミっち・・・マチっち、もしくはマっち?
ハナヤマタ 5話「ファースト・ステップ」
自分たちだけのよさこいを作りたい―。 この想いを確実にしたなるの姿が良かった! ハナヤマタ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)(2011/12/12)浜弓場 双商品詳細を見る
[2014/08/09 18:48] 新しい世界へ・・・
ハナヤマタ 第5話 「ファースト・ステップ」 感想
ヤヤ先輩マジ大人気。 サインくださいとせがまれる中にひとつ怪しいファンがw 婚姻届かな? なるがヤヤに婚姻届けって言って出せばヤヤは一発でサインしてくれるよきっとw 花ハ踊レヤいろはにほ(CD+DVD)(2014/08/27)チーム・ハナヤマタ商品詳細を見る
ハナヤマタ 第5話「ファースト・ステップ」
ハナヤマタ (5) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)『楽しい気持ちを誰かと一緒に感じ合いたい』 原作:浜弓場双 監督:いしづかあつこ シリーズ構成:吉田玲子 アニメーション制作:マッドハウス 関谷なる:上田麗奈  ハナ・N・フォンテーンスタンド:田中美海 笹目ヤヤ:奥野香耶  西御門多美:大坪由佳  常盤真智:沼倉愛美
[2014/08/06 23:51] 明善的な見方
アニメ感想 ハナヤマタ 第5話「ファースト・ステップ」
よさこい部発足、そして踏み出す一歩
[2014/08/06 00:47] 往く先は風に訊け
ハナヤマタ 第5話「ファースト・ステップ」 キャプ付感想
ヤヤちゃんも、よさこい部入り! なるちゃんには甘いですね(笑) タミさんもメロメロになってますが(^^;    タミとヤヤの加入で、ついに部員が4人揃ったよさこい部。 夏に開催される「花彩よさこい祭」のステージで踊ることを目標に活動をスタートする。 しかしまだ本物のよさこいに触れたことのないなる達は、タミの提案で「湘南よさこい祭り」に行くことに。  
[2014/08/05 22:43] 空 と 夏 の 間 ...
ハナヤマタ 5組目 ファースト・ステップ
ハナヤマタ 第5話。 最低限の人数と顧問を獲得した、なるたちよさこい部の本格始動。 以下感想
[2014/08/05 22:11] 窓から見える水平線
ハナヤマタ 第5話 「ファースト・ステップ」 感想
楽しい気持ちを共有しよう―
[2014/08/05 21:36] wendyの旅路
ハナヤマタ #05 「ファースト・ステップ」
相変わらず多美お姉ちゃんのお姫様度炸裂。 「ハナヤマタ」の5組目。 ハナヤマタ部設立のための最後の一人は結局ヤヤとなる。 そして顧問も予定通りのサリー先生となる、部室も部屋ではないものの 多美の助力で屋上入り口の踊り場を確保できた。 さっそく新部員をつれてよさこいショップ「勝」へ。 「花彩よさこい祭」への参加もここで知ることになるが多美は 部としての実績を作らなければね、...
[2014/08/05 21:05] ゆる本 blog
ハナヤマタ テレ東(8/04)#05
5組目 ファースト・ステップ 公式サイトからタミとヤヤの加入で、ついに部員が4人揃ったよさこい部。夏に開催される「花彩よさこい祭」のステージで踊ることを目標に活動をスタートする。しかしまだ本物のよさこいに触れたことのないなる達は、 タミの提案で「湘南よさこい祭り」に行くことに。 バンドのややは大人気。サインまで求められる程だった。多美がよさこい部に入部したのであと一人。ややに名前貸しを求める...
[2014/08/05 19:18] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m