QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第7話「ファンシーモードのそふぃ様も十分すぎるほど可愛くて魅力的だと思うのです」

pripara07_01.jpg
プリパラ #07「レッドフラッシュを探して…」

実際の姿が残念でも受け入れてくれる子たちもいる。
らぁら&みれぃとそふぃの接近。
pripara07_02.jpg
pripara07_03.jpg

ランクアップを果たし少しずつではあるものの知名度が上がり始めたらぁら&みれぃですが、ファン第1号を公言する栄子ちゃんは当然のように出待ちをしている。栄子ちゃんの発言にやはり若干重いものを感じる気もするけど、ファンが増えることは活動の原動力にもなるし嬉しいことでもある。栄子ちゃんが紹介してくれた、のどかとなぎさは4話のテニスの時にいた友達二人ですね。

プリパラは3人一組が基本とのことなので栄子ちゃん達はこの三人でユニットを組んでいるのかもしれない。機会があればこの三人のライブも見てみたいです。この三人を見てもプリパラ世界とリアルで容姿が似てる方がやっぱり主流ではないかと思える。みれぃの方が例外の部類で。

それにしても栄子ちゃんは本当にらぁらファンの鏡とでも言いましょうか。同時刻にやっていたと思しきそふぃのステージには行かずらぁら&みれぃの方を見に来ていて出待ちも当然のようにこっち。らぁら&みれぃの時は絶対いるのにそふぃ様の時は観客席に見当たらない徹底ぶり。本当にらぁらが大好きなんだなぁと。


pripara07_04.jpg
pripara07_05.jpg
pripara07_06.jpg

そふぃに対して若干失礼なことを言ってるような気もするけど、親衛隊の子らはマジで良い子たちですわ。そふぃが素の自分を見られることを恐れているのは今回の様子を見れば明らかですが、それを知った上でガッカリするどころか変わらぬ憧れを向けて全面的にサポートしてくれてるんだから。そふぃが親衛隊を煙たがらずに傍にいることを許す理由も分かるってもんです。

それにしても親衛隊の衣装は裏返せば隠密活動も出来るような作りになってるんですね。
変なところで高機能というかなんというか無駄に凝っている感が半端じゃない。
ちゃん子だけはモロバレしてるような気もするけど細かいことは気にしたら駄目だぞ!


pripara07_07.jpg
pripara07_08.jpg

ヤギ、相撲ネタに続きらぁらの苦し紛れの言い訳集第三弾。一度は上手くかわしたのに安堵して口を滑らせるあたりは小学生らしいと言えるでしょうか。しかし校長は今のところらぁらの苦し紛れの言い逃れを見破ったことがないのもまた事実。ヤギの時は疑ったというより、らぁらのモノマネにダメだしをしてただけですからね。このらぁらの言い逃れもどこまで継続できるのか地味に期待して楽しみにしている部分の一つなのです。


pripara07_09.jpg
pripara07_10.jpg

プリパラ世界はやはり「かな恵空間」だった!どこに行っても出てくるのはめが姉ぇばっかりだ!これはゲームでありがちなNPCキャラの使いまわしと見るべきか、それとも外見は同じだけど別の個体と見るべきなのか迷う。もし別個体だとしたら「めが姉ぇ」って全部で何人いるんだろうとか本編と全然関係のないどうでもいいことではあるけど、非常に気になって仕方がないところでした。


pripara07_011.jpg
pripara07_12.jpg

遂に本編内にめが兄ぃがきたー!OPでも存在感を放っていたけど遂にアニメ版にお目見え。
見た目通りの爽やかイケメンで安心したのと同時に少し物足りなさを感じる不思議な感覚。
今までのシリーズだと男性キャラに癖の強いキャラが多すぎたから仕方ないのかもしれない。

この爽やかなめが兄ぃが新曲『ま~ぶるMake up a-ha-ha!』を作詞作曲したと思うと何か萌えてくるな。
前回クマが必死に頭下げてた相手はめが兄ぃだったんですね。
コーデチェンジするときの衣装の説明もめが兄ぃ担当だったのは吹いてしまった。これはズルい。
これからの活躍に期待したいし楽しみが一つ増えた。めが姉ぇと絡むところも是非見たいのう。

あと他の出場ユニットにビーフオアチキンがいるのは以前にも触れたんですが、今回『SAINTS』の文字が映ってるんですよね。プリパラ世界における伝説のアイドルユニット『セインツ』は未だに現役で活動を続けているのだろうか?


pripara07_13.jpg

今週の謎のイケメン枠は彼…でいいのだろうか。正直2回見直しても該当しそうな人物が彼くらいしか見当たらなかったんですよね。いやまぁ絶対の決まりごとってわけでもないし、ここで途切れるなら途切れるでいいんですけど、ここまで来てなくなってしまうのはやはり寂しいと言いますか。

今回の絶対的なイケメンって言われたら当然めが兄ぃになるんでしょうけど、めが兄ぃは名前有りのキャラですからね。名前もない通行モブのように見えるイケメンキャラが毎回何の脈絡もなく突然出てくるから「謎のイケメン枠」として話題を攫っているわけで。まだ途切れないで欲しいところです。


pripara07_14.jpg
pripara07_15.jpg
pripara07_16.jpg
pripara07_17.jpg

リアルの方の自分。特に素顔を見られることを極端に嫌がったそふぃでしたが、その根底にある思いは素の自分を知られることで嫌われたくないというものでした。自分の駄目さを自覚してるのもあるとは思いますが、それ以上にこうなってしまったのには他の原因がありそう。そのあたりについては今後のお話になるんでしょうけど姉である北条コスモの存在が一つ鍵を握りそうな気もします。

ともあれファンシーモードのそふぃのように何かされる前に徹底して引いてしまうようなタイプには、やはりらぁらのように自分の感情に素直に従い、グイグイ動いて押していかないと変化が生じないのかなと思う。この相手の考えを意に介さない行動力がらぁらの良いところであり悪いところでもあるのかもしれないけど、今のところはこれが良い方に作用してることの方が多い。

自分の真の姿を見ても態度を変えないらぁらを見てそふぃも感じ入るものがあったようですしね。
今の姿とアイドルの北条そふぃを結び付けてみてくれたのも凄く嬉しかったのではないかな。

プリパラ世界は仮想世界とも言える場所であり、主要キャラに限らずここでの姿は現実で抱える悩みやコンプレックスが強く反映されているのではないかと今更ながらに思います。

リアルにおいてらぁらは、大声で歌えないことに悩んでいたけどプリパラでなら歌うことが出来る。みれぃは計算で作ったアイドルキャラでもあるけど、同時にリアルでの毅然とした姿からの解放をプリパラでの姿に求めているようにも映る。そしてそふぃは今回の姿からも見えるように、リアルのみすぼらしさすら感じる自分とは真逆の輝かしい姿をプリパラ世界で実現している。主要キャラ三人はこの点において共通しているのかもしれません。


pripara07_18.jpg
pripara07_19.jpg
pripara07_20.jpg
pripara07_21.jpg

らぁらとそふぃがトモチケをパキるシーン。自分の本当の姿を見ても態度を変えなかったらぁらに対する感謝、それをきっかけに興味を持ちステージを見た上でのそふぃからの接触。そふぃはらぁらのリアルも知った上で近づいてきたことを考えるとこれは大きな一歩になるんじゃないかなと思います。トモチケ交換はらぁらに対する信頼の表れ、そして仲良くなるためのきっかけにしようとしたのではないかと感じた。

らぁらとそふぃのトモチケ交換を見たみれぃの反応は単純に人気者であるそふぃとのトモチケ交換が羨ましかったのか。それとも二人が知らない間に距離を詰めていることを感じ取っての反応なのか。後者の方が個人的には嬉しいなぁ。


pripara07_22.jpg

年上キラーらぁらによる、みれぃ攻略はこの抱きつき攻撃から始まっていると言っても過言ではないだろう。
こうやって徐々にその天然の魅力で年上のお姉さんたちを籠絡…もとい仲良くなっていく。
らぁらは無意識でこういうことをするから数々の年上キャラが惹かれてしまうのではないだろうか。
それが主要キャラの中で一人だけ小学生という設定を持つらぁらの強みでもあると思いますけどね。


ということで、らぁら&みれぃとそふぃの接触。特にらぁらとそふぃの二人ですね。偏見を持たず行動力があるところが、らぁらの小学生らしい良いところだというのは度々言っていますが、今回もそれが良い方向に作用していました。素のそふぃを見ると分かるとおり、引っ込み思案で人との接触をなるべく避けるタイプのそふぃには、らぁらのようにそれを意に介することなくグイグイ押していくようなタイプが合っているのかしれませんね。

今後更に仲が深まって一緒に行動することが多くなった時に、らぁらを取られそうになって慌てるみれぃちゃんは見てみたい気がする。しかしアレですね。らぁらは年上キラーですね。みれぃにそふぃに栄子ちゃん…。まだまだ増えていきそうです(笑)

次回は親友ポジで1話からも登場している友人のなおちゃんにようやく焦点が当たりそう。
夏休み前に相談しようとしていたけど校長の乱入で結局プリチケのことも話せずじまいなんですよね。
おまけになおちゃんのプリチケは1話で校長に回収されてしまっているし。
それにも関わらず、らぁらはプリパラで楽しくやっているなんて知られた時にどうなるのか…。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m