QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第10話「主要キャラよりサブキャラの方が色々と濃い気がするのは気のせいだろうか」

pripara10_01.jpg
プリパラ #10「秋色ラブリーライブ」

その名の通り中身は誰よりも乙女だった栃乙女ラブ。
女の子は誰だって可愛くなれるのです。
pripara10_02.jpg
pripara10_03.jpg
pripara10_04.jpg

新学期が始まり久しぶりに本来の役目を思い出した校長は初っ端から絶好調。今までのようにらぁら単独だったらまた苦し紛れの言い訳をして何とかごまかす流れになったと思いますが、夏休み中になおちゃんに打ち明けていたのはやはり大きい。咄嗟の機転で上手いこと校長の気を逸らし、らぁらの手助けをするなおちゃんは本当らぁらの正妻ですな。

校長が完全にらぁらを疑っているだけに身近に事情を把握して味方してくれる相手がいるのは頼もしい。
らぁらと校長のコントが見られなくなるのは少し寂しい気もするけど。


pripara10_05.jpg
pripara10_06.jpg

先週は遂に発見できなかった謎のイケメン枠ですが、今週は補足するかのように二人も候補を出してきた!
一応継続しているってことでいいのかな、かな?
本筋と絡むことはもうないだろうからあとはどこまで継続されるのか。
その一点だけが気になるのです。


pripara10_07.jpg
pripara10_08.jpg
pripara10_09.jpg

遂にクマにも知れることとなったそふぃの秘密ですが、らぁら&みれぃが天才そふぃと組むこと自体はクマにとっては好都合でもある。自身が手掛けているアイドルをトップに押し上げて己の手柄とすることがクマの至上命題でもあるので。例え犬猿の仲であるウサギが付いてくることになったとしても、そふぃと組むことのメリットの方が大きい。

それ故の譲歩だったように見える。
やる気を出させて駄目ならそれでも良し。結果を出してそふぃと組めるならそれもまた良し。
地味にクマの強かさやプロデュース能力の高さが垣間見えたシーンであったのではなかろうか。

また一度チームを組んだら簡単には変更出来ないという発言も見逃せなく、重要な事実をサラッと言ってのけた。変えようと思えば変えられないことはないよという風にも取れますけどね。今回のチャンスを逃して別の相手とチームを組んだ場合、暫くはそふぃとチームを組む機会はなくなるという事実が、らぁらとみれぃのやる気を出させることに繋がっている。そのためにクマがあえて嘘を言った可能性もあるのだろうか。ないか。


pripara10_10.jpg
pripara10_11.jpg
pripara10_12.jpg
pripara10_13.jpg

ある意味今回の主役。その外見とは裏腹に凄い女の子らしい名前でまず視聴者の度肝を抜いた栃乙女ラブちゃん。4話でのテニス対決の後に栄子ちゃんとは友達になっていたようですが、その名が示す通り中身は誰よりも乙女であるからインパクトが強い。

その女の子離れした容姿や体格から今までプリパラ世界に行ったことがないとのことでしたが、悩みを抱えつつ現状から中々前に踏み出せないという点でそふぃと被るところがある。らぁらが自身の経験から変わろうと思えば誰だって変わることが出来ると率先して動いていることも見逃せない。変わりたいと願っていながら、そふぃ様とラブちゃんの二人が迎えた結末が真逆だったことからしても、今回の彼女の役割は存外大きいものであった。


pripara10_14.jpg
pripara10_15.jpg
pripara10_16.jpg
pripara10_17.jpg

プリパラ世界はその人間の本質を写し取った容姿になるものなのかもしれない。本当にそうなるのかどうかは分からないが、モデル顔負けの長身とスタイルを誇るラブちゃんはあっという間にみんなの人気者。勇気をもって一歩を踏み出せば意外と何でもないことって結構あって、もっと早くこうしておけば良かったって思った経験のある方も多いのではなかろうか。

生まれ変わった自分の姿を見てノリノリでプリパラ世界を満喫するラブちゃんの姿を見るに、ずっと長い間こうしたかったんだろうという彼女の気持ちを見て取れる。現実で克服できないことでもプリパラでならというのは、らぁらと同じかもしれない。プリパラとは女の子の憧れの世界と1話で言っていたのは正にこういう側面があるからなのだろう。「女の子は誰でも可愛くなれる」というのは、アイドルアニメにおける至言であると改めて思い知らされる。

もちろん理想の姿になったからといって中身が簡単に変わることもないけどね。ラブちゃんクマをスマッシュで吹っ飛ばしたし。ぶっ飛ばされたクマに付いたもみじを見てコーデの衣装を思いつくらぁら&みれぃも中々に強かな子たちですよ本当。


pripara10_18.jpg
pripara10_19.jpg

大きなもみじをふんだんに使用したらぁら&みれぃの『オータムリーフ』コーデ。秋を強く意識させるその衣装は、移り変わる季節を示すかのように見ている者の意識にも変化をもたらしていく。とりわけ大きな影響を受けたのがそふぃであり、このことからもそふぃがらぁら&みれぃの二人を強く意識していることが窺える。

一緒にチームを組んで欲しいと請われた二人に自分の意志で並び立ちたい。そふぃの意識の変化。二人のライブを見ていたそふぃが、マンションの入口から外へ出ていくシーンにそんな意識の表れではないかと感じる。サイリウムチェンジのシーンと、そふぃが外に出る瞬間のシーンを重ねたのは、まさしくこの「変化」を示したかったからではないだろうか。


pripara10_20.jpg
pripara10_21.jpg
pripara10_22.jpg

そふぃ様の一人で出来るもん!もとい初めてのおつかい的な外出シーン。最初は気合満々で頑張っていたのに同じところをグルグル回るうちに次第に元気を失って不安げな表情になっていくところが印象的。

回収されて一人でやりたいという意思を打ち明けながらそれを否定されるそふぃですが、コスモにしてもウサギにしてもそふぃのことを心配して言っているのは分かるんですよ。しかしその過保護の積み重ねが今のそふぃを形作ったことも疑いようのない事実であり、誰かの助けや外部からの介入と言うのが必要不可欠なのかなと思うのです。その誰かが「誰」になるかは次回以降のことになりそうですが。

コスモも妹の変化に若干戸惑いつつ何かがそふぃを変えたことは感じ取っている節があるし、らぁら達との関わりを知ればまた対応も変わりそうな気もする。親衛隊隊長の定子は明らかにそふぃの変化を感じ取っている様子があるので彼女と親衛隊のメンバーがキーパーソンになりそうな気もします。

勿論らぁらが主人公らしく決めてくれるのであればそれはそれで言うことないのですが、ここはそふぃを長く見てきた周囲の人物に変化のきっかけを与えて欲しいと思う自分もいる。


pripara10_23.jpg
pripara10_24.jpg

一度はチームを組むことを了承し、お互いに気持ちが通じ合ったのに…。
梅干しとトモチケをらぁらに断腸の思いで返還するそふぃ様を見るのが辛すぎる~。
全ての障害を取り払い三人がチームを組んで仲良くする姿を早く見たいです。


今回を端的に言い表すとしたら変化の回。変わりたいと思えば誰だって変われる。
同じように変わりたいと考えて行動しながら、そふぃとラブちゃんで結果が真逆になってしまっのが印象的。
どちらもらぁらに影響を受け後押しされた者だから尚更そう映ってしまう。

二人の決定的な違いはいざ変わろうとした時に周りの力に頼ったか頼らなかったのか。この一点に尽きるのではないかなと。そふぃが一人で、自分でやるという意思を持ったことは確かに大事なことである。今までの依存というか周りの過保護から脱却しようとした際に、その意思を持たなければ何も変えることは出来ない。

ただ同時に何でも一人でやらなければと今度は周りを頼ることを頑なに拒むようになるのではと心配したのですよ。というよりは周囲の人物への頼り方を知らないと言った方が正しいのかもしれない。今までは何をしなくても周囲が全てをやってくれていたのだから頼り方を知らないのも当然と言えば当然のこと。

だから現状を打破するためには今までにない何かが必要になるわけで、それが何になるのかは次回以降の注目点である。らぁらが諦めずに己の我を通し頑張るのか、コスモの妹に対する接し方に変化が生じるのか。または定子筆頭に親衛隊がキーパーソンとなるか。らぁら&みれぃとそふぃの三人が本当の意味で仲間になってチームを組む日が待ち遠しい。

それにしてもあれですね。
キュピコンななみちゃんと言い、ラブちゃんと言い本作はサブキャラのキャラが濃すぎるよぅ。
この後、らぁら達のライバルキャラとして登場予定のドロシーちゃんとウェスト姉妹の三人。
あらゆる意味で癖の強いこのサブキャラ達を上回る個性を発揮できるのか楽しみでもあり不安でもあり。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第10話「秋色ラブリーライブ」 キャプ付感想
栃乙女ラブちゃん再登場…名前だけだと誰だか分かりませんねw  ラブちゃんでもプリパラに行けば、可愛い子に変身という衝撃の展開。  そふぃも一人で出来るとプリパラに向かうが…無理でしたね(^^;    クマは、らぁら達が次のライブで優勝したら、そふぃがチーム入りするのを認めると言う。 新コーデの案が浮かばず悩む最中、2人は栄子と、彼女のテニスライバルのラブと出会う。 ラブは...
[2014/09/09 00:57] 空 と 夏 の 間 ...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m