QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

月刊少女野崎くん 第10話「マミコしばを思わず応援したくなる気持ちが嫌というほど分かる」

nozakikun10_01.jpg
月刊少女野崎くん #10「強まるのは、絆と手綱。」

恋愛関係でなくとも本人達が幸せそうならそれでもいいじゃない。
各々一風変わった関係ではあるけど相性の良さはバッチリだ。
nozakikun10_02.jpg
nozakikun10_03.jpg
nozakikun10_04.jpg
nozakikun10_05.jpg

本作のキャラクターは行動が裏目に出るということが度々あるような気がするのですが、中でもとりわけその特色が強く表れているのが若だと思うのです。本当にやることなすこと全てが裏目に出てしまう。野崎くんに相談に行った時点で彼の運命は決したと言っても過言ではなく、相談という行為そのものが既に裏目に出てしまっている。

相手があらゆる意味で規格外というか常識とは真逆の性質を秘めている結月という時点で、何をしようと事態が好転する未来は見出せないのですけどね。

人は自分にはないものを持っている他人に強く惹かれるとはよく言ったものですが、結月がここまで若を気に入るのもそういった面が少なからずあるのかもしれないなと感じる。傍若無人な自分の振る舞いに対して文句を言いつつ、何だかんだで最後まで付き合ってくれるしさ。大抵の人は途中で嫌気がさして逃げ出してしまうのではなかろうか。

それに真逆の性質だから上手く噛みあうということも往々にしてあるものではないでしょうか。
個性が強すぎる似た者同士だと逆に反発してしまうってこともあるだろうしね。
そう考えるとこの二人はこれ以上ないくらいお似合いなのではと思えてくるから不思議!
基本的に結月からの一方的なお気に入り認定なので振り回される若は大変だろうけど。

そうして出来上がった漫画が世の少女たちには好評なのだから世の中何が幸いするか分からない。
ローレライの正体にしても若が真実を知ることは回避され安眠が守られたのだから言うことはない。
若が絡むといつも言ってる気がしますが、「世の中知らない方が幸せなこと」ってやっぱりあるんですよ。


nozakikun10_06.jpg
nozakikun10_07.jpg
nozakikun10_08.jpg

若と結月が正反対の性質ながら上手くいったのであれば、似通った性質を持つが故に上手くいかなかったのが堀ちゃん先輩と遊の二人であった。遊は憧れの先輩と同じ舞台に立てる喜びから集中できず、堀ちゃん先輩も普段の関係性からやられ役になることを本能的に拒み役を全うできない。二人が互いに相手のことを思いやっているのに上手くいかないこともあるんだからままならないものです。

代役として抜擢された野崎くんの姿を見た千代ちゃんの反応は…。うん、いつも通りだな(笑)
世界観に合わないクマの着ぐるみだろうと野崎くんが連想できるのであれば千代ちゃん的には有りになる。
千代ちゃんのブレることのない一途さはどんな時でも健在なのです。


nozakikun10_09.jpg
nozakikun10_10.jpg
nozakikun10_11.jpg

調子の良いことを言ったらすぐに乗ってくれる騙されやすくてチョロそうな奴?
普段は意見の一致を見ることの方が少ないのに満場一致で連れ出されるみこりんは流石だぜ!

分かっているのにあっという間に乗せられてその気になってしまう。
みこりんがみんなに愛される理由が良く分かるってもんです。
利用しやすい?そんな身も蓋もないこと言うのは無しですよ、禁句です。

乗せられると分かってて誰がやるかという雰囲気全開だったのに簡単に乗せられ、あっという間に衣装を着て動きの確認まで至る一連の流れが爽快で見てて面白かった。そりゃ満場一致で駆り出されるわけだ。誰もが納得する当然の抜擢だったよ。


nozakikun10_12.jpg
nozakikun10_13.jpg
nozakikun10_14.jpg
nozakikun10_15.jpg

妙に努力家で直ぐに恥ずかしがり直ぐヘコんで直ぐ悩む。みこりんの中にマミコの姿を見出した堀ちゃん先輩ですが、改めて言われると本当にヒロイン属性の固まりのような存在だなと。思わずみこりんを応援して遊の嫉妬を買った堀ちゃん先輩ですが、その気持ちが分からなくもないのです。

少女漫画のヒロインに求められるもののって読者の共感を得られるか。思わず応援してしまいたくなる気持ちを抱かせられるか。そこに尽きると思うのです。まぁラブコメ作品ではメインヒロインよりもサブヒロインの方が人気が出ることも往々にしてありますが、それもこの要素を満たせているか否かによって大きく左右されてるのでないかと。

そうすると本作最大のヒロイン属性を秘めているみこりんを、思わず応援しちゃうって仕方のないことではないだろうか。加えて堀ちゃん先輩には親バカ属性もあって背景担当であっても、自身が制作に携わる漫画のヒロインを彷彿とさせるみこりんに感情移入してしまうのは、無理からぬことだと。何といってもどの女性キャラよりも女らしいキャラなのが、みこりんという男なので。

今更ですけどマミコのキャラネームの由来って「真の姿は御子柴」という意味合いで付けられたのだろうか。
真御子でマミコ。マミコシバでもマミコリンでも通用しそうなのが面白い。

思わず応援したくなるという意味では千代ちゃんもヒロインとして求められる要素を兼ね備えていると言える。しかし作中の真のヒロイン的な存在として扱われるみこりんの圧倒的女子力の前では霞んでしまうのが如何ともしがたい。


ということで性質が真逆な若&結月ペアと性質が似ている堀先輩&鹿島遊ペア。
この二組を通して上手くいくこともあれば上手くいかないこともあると描かれた回だったのではないかと。
サブタイが示す通り絆は強まったけど、何か思っていたのと違うぞって感じるのは本作らしいのかも。
どうあっても簡単にラブコメのラブの方にはいかないのが月刊少女野崎くんという作品なのである。

どの組に関してもキッカケとなる何かが加われば簡単に恋人的な関係になりそうだから尚もどかしい。その中にあって誰ともペアらしいペア関係を組まずオンリーワンな存在であるからこそ、みこりんの存在が際立つのです。だからどこからでも良いように使われるとも言えるのかもしれない。いやいや、愛されてるからお呼びが掛かるのですよ?

若に関しては勘弁してくれと言いつつ自分の行動によって外堀を埋めていってる感じがあるのが不憫である。周囲の生徒からしたらお気に入りの後輩にちょっかいを出す結月、その先輩に懐いてまとわりつく若の図にしか見えないもの。もう取り返しのつかない事態になりつつあるのに気付かないのは当人のみ。みこりんとは違った意味で可哀想なキャラなのかもしれない。

繰り返しになりますが、知らない方が幸せなことってあるんだよ。
若が出てくる回ではこればっかり言ってますね、本当に…(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月刊少女野崎くん 第10話「強まるのは、絆と手綱。」の感想 結月と若松のデートも気になるが映画も気になる
主人公って宇宙人だったのか? 実に興味深い映画だった。 ちなみに女キャラでは結月が一番好きです。 以下ネタバレあり。 月刊少女野崎くん (4) (ガンガンコミックスONLINE)(2014/01/22)椿 いづみ商品詳細を見る
[2014/09/09 11:30] こう観やがってます
月刊少女野崎くん 第10話「強まるのは、絆と手綱。」
結月ちゃんと若松くんをモデルに描いたお話が好評。 剣さんからもう一本オファーが入りますが。 モデルの"実態"を知っているだけに、二の足を踏む野崎くん。 訪ねてきた若松くんは結月ちゃんに映画のチケットを貰った! ネタにする気満々の野崎くんwww さっきまでのためらいはどこへ^^; 映画当日。 どう見てもデート♪ なんだけどなあ(ぇ マイペース結月ちゃんに笑ったww 若松...
[2014/09/09 10:51] のらりんすけっち
『月刊少女野崎くん』#10「強まるのは、絆と手綱。」
「先輩がミュージカル大嫌いになるように仕向けるのと、 そんな記憶無かったことにするの、どっちがいい?」 前回、若松と結月をモデルにしたサブキャラの雨の話は好評だったらしく、 剣さんに続きを勧められた野崎。 タイミングよく若松が結月に映画に誘われたため、 後押ししつつ、あとで感想を教えてくれるよう頼む☆
月刊少女野崎くん 第10話「強まるのは、絆と手綱。」 キャプ付感想
若松と結月のまったく気の合わないデート(笑) このまま勘違いから付き合いが続きそうな予感が(^^;     剣さんに次の「恋しよっ♥」で、若松と結月がモデルになっているサブキャラ クターの話を勧められた野崎。 そんな野崎の元に「結月から映画のチケットをもらってしまい、 どうすればいいのかわからない」と若松が相談にやってくる。 野崎は気の進まない若松に対して絶対に行くべき...
[2014/09/09 00:49] 空 と 夏 の 間 ...
月刊少女 野崎くん 10話 感想
月刊少女 野崎くん 10話 「強まるのは、絆と手綱。」 感想 結月は黙っていれば可愛いのだけれど、 KYなだけでなく感性もかわっていたようで・・・
[2014/09/09 00:23] ADVGAMER
月刊少女野崎くん 第10話「強まるのは、絆と手綱。」感想
若松と結月を見守ろうと、あえてすぐに漫画を描かない野崎くんは後輩思いですね。 そこに漫画脳が同居しているのが、野崎くんの面白いところですが、すかさず若松に「デートの感想聞かせて」と言う野崎くんに吹き出しそうになりました。 しかし結月はかなり若松を気に入ってるみたい。 映画のあと、もう少し話していこうっていう表情が女の子の顔になってて可愛かったですね。 そして彼女の傍若無人なと...
月刊少女野崎くん 第十号「強まるのは、絆と手綱。」
月刊少女野崎くんの第10話を見ました。 第十号 強まるのは、絆と手綱。 剣さんに次の「恋しよっ♥」で若松と結月がモデルになっているサブキャラクターの話を勧められた野崎の元に結月から映画のチケットをもらってしまい、どうすればいいのかわからないと若松が相談にやってくる。 野崎は気の進まない若松に対して絶対に行くべきだと思うと答え、若松と結月をデートへと送り出す。 「絶対に...
[2014/09/08 19:41] MAGI☆の日記
月刊少女野崎くん 第十号「強まるのは、絆と手綱。」
評価 ★★★ サブキャラ回       
月刊少女野崎くん テレ東(9/07)#10
第十号 強まるのは、絆と手綱。 雨の日ののエピソードが評判が良い。剣さんからサブキャラでエピソードを考えてはと言われる。でもオリジナルが結月と若松だから乗り気じゃない野崎。若松が結月からチケットをもらったと相談に来る。是非に行ってこい、あとで感想きかせて。 どうすれば勝てるかなと考えて漫画をヒントに 服装を決める若松。映画館では肘置きの所有権で揉めますよね。そうなのかと結月は両方を自分のもの...
[2014/09/08 17:45] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m