QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第11話「そふぃが羽ばたくためには前に進もうとする己の強い意志が必要なのである」

pripara11_01.jpg
プリパラ #11「どうする?どうなる!?3人目!!!」

各々がそふぃを巡り様々な思いを胸に秘めて動き出す。
そふぃが籠から解放され羽ばたける日は訪れるだろうか。
pripara11_02.jpg
pripara11_03.jpg
pripara11_04.jpg

そふぃが現在のようにファンシーモードとアイドルモードで切り替えるような人物像になってしまったのは、往々にして周囲の過保護のせいだというのは前回、前々回で描かれ自分も感想で触れたところである。今回はそれを受け変わろうとして失敗したそふぃを見た上での周囲の人物の反応がそれぞれに違っていて印象的でもあった。

そふぃの世話に関しては役割分担がなされていて私生活は姉のコスモが、プリパラ内はウサギと親衛隊メンバーがそれぞれその任を担っている。その中にあって現状のままでいいのかと懐疑的になりつつあるのがコスモと親衛隊長の定子、今のままで何ら問題ないと考えているのがウサギである。

とりわけ印象的だったのが定子で明らかにそふぃの様子がおかしく、またそふぃが本心で何を望んでいるのかを察しているにも関わらず、親衛隊隊長という立場もあってか簡単に自身のスタンスを変えられないもどかしさを感じている姿が散見された。らぁら&みれぃからの指摘は定子だって言われるまでもなく分かっていることだろう。そふぃとの付き合いは長く彼女の願いも分かっているのに、そふぃのために動けないもどかしさ。みれぃの指摘に対して強く反応してしまったのが何よりもその表れだったのではないかと感じるのです。

コスモはリアルでらぁらとみれぃと接し、そふぃのライブを見たことで妹が真に望んでいることを完全に把握したようにみえる。よって現状でらぁら&みれぃの最大の障害になるのはやはりウサギであり、ウサギの考えを改めさせないことにはそふぃの解放もあり得ない。

らぁらの頑張りは当然として、それにプラスしてコスモや定子達のサポートはそふぃが羽ばたくための必須条件に思える。それがどのような形で表れ、ウサギの考えに変化を与える作用を果たすことになるのかは見ものです。


pripara11_05.jpg

今回は「そふぃの変化」を軸にしてそれぞれのサイドの反応が描かれた回であったと思うのですが、特にみれぃはそのキャラクターの魅力を最大限に発揮していたように感じる。みれぃはその人のためになるなら厳しいことを言うこともあるが、それは本心からその人にとって良い方に向かえばという思いからくるみれぃの優しさでもある。

らぁらがなおちゃんと喧嘩した時もみれぃは優しくするだけではなく、らぁらの自発的な行動を促すように導いていた。今回もあの時と同様、そふぃに関して優しくするだけではなかった。自発的に変わろうとする気があるのなら協力は惜しまないが、一度失敗したくらいで心折れる程度なら自分たちのチームには相応しくないとまで断言している。コスモとの会話からある程度姉妹の事情を察し、憧れの人物であるコスモに対してここまでハッキリとモノを言えるところにみれぃの芯の強さ、相手を本気で思う優しさが見えた気がする。

優しくするだけ、甘やかすだけでは、今そふぃの周りにいる人物たちがやっていることと何ら変わらないのである。前回の感想でそふぃが変わるためには自身の強い意志に加え今までにない「何か」が必要であるということを書いた。その何かはみれぃの相手のことを本気で心配して思っているから出た「厳しさ」であったのではないかと思うのです。これは、優しく真っ直ぐな年下のらぁらには出来ないみれぃだけに出来る役回りではないだろうか。


pripara11_06.jpg
pripara11_07.jpg
pripara11_08.jpg
pripara11_09.jpg

みれぃが厳しさを見せる一方、らぁらはらぁらでいつも通り全力で真っ直ぐな姿勢を見せてくれた。これはこれで良いのである。この愚直なまでの純粋さを伴った行動は、らぁらにしか出来ないことであり、この姿勢がこれまでにも多くの人物達を動かしてきたのは紛れもない事実である。そふぃに初めのきっかけを与えたのは他でもないらぁらの行動力であったので。思い込んだら一直線。何事に対しても全力全開で臨むらぁらの主人公像が揺らぐことはないのである。

らぁらの奮闘シーンでは視聴者からの公募で最優秀デザインを獲得したコーデも登場していました。
プリパラスクールで紹介されていましたが、ここでようやくお披露目となりましたね。
元のデザインの再現性が素晴らしく、この衣装を着たらぁらがCGで動くところもちょっと見たかったなぁ。
元のデザインのレベルが凄く高いですよね。自分にはこういうの絶対描けませんぜ…。


pripara11_10.jpg
pripara11_11.jpg
pripara11_12.jpg

らぁら&みれぃがそふぃを仲間にしようと奮闘している間にオーディションまでの期日が迫っているのも事実。そのあいだ何も手を打たない訳には行かず、三人目候補を見つけるために開かれた面接ですが凄かったですね。よくもまあこれだけ個性的なキャラを次々と惜しげもなく投入出来るものだなと。褒め言葉ですよ。

正直キュピコンななみちゃんとラブちゃんを超えるキャラとか当分出てこないだろと高を括っていたら次の回でこれですもの。特に恵子ちゃんのキャラの変貌ぶりには度肝を抜かれましたわ。これはみれぃを超えるギャップですよ。リアルだと間違いなく美少女なのにね…。女の子がプリパラに求めるものは何も「可愛さ」だけではないという良い例です。現実の自分のコンプレックスを解消した姿。それが作中世界のプリパラに求められているものではないだろうか。

しかし着実に女児アニメ界の麻薬というかモンスター的な立ち位置になってきている気がする。
プリパラ恐るべし!


pripara11_13.jpg
pripara11_14.jpg

らぁら達のライバルキャラとして登場予定のドロシーちゃんが一足先に本編に登場!正直この登場の仕方は予想していませんでしたね。まさか仲間候補の一人として出してくるとは。加入はらぁら&みれぃのライブを見てからということでしたが、今回のライブを見てドロシーはどういう反応を見せるだろうか。らぁら&みれぃにそふぃが加わり、この三人と競う方が面白いという流れになりそうな気もするがどうなるかな。

しかしせっかくのドロシー本編初登場だったけど、面接に来たそれまでのキャラが濃すぎて霞んでしまった感は否めない。サブキャラがメインキャラより濃いという話は前回の感想でもしましたが、その不安が的中してしまったような。ドロシーは双子キャラなので片割れと合流した時に、その真価を発揮してくれると思うことにしよう。そうしよう。


pripara11_15.jpg
pripara11_16.jpg
pripara11_17.jpg

オーディションに向けて準備をしているのはそふぃ陣営も同じであり、ウサギが連れてきた候補が高校生ユニット『New&Mew』。プリパラ世界内でも数少ないメジャークラスである二人のようですが、そふぃの対応がもう素っ気ない。いつも通りといえばそうなのかもしれないが、この後のライブシーンと合わせてみると魂が抜けていると言った方がいいのかもしれない。

定子がそふぃの様子を気にかけている姿を描くの同時に、普段の付き人としての彼女がどれだけ苦労しているかが垣間見えるシーンでもあった。相手が年上だったこともあるだろうけど基本は礼儀正しい子なのかなと思える。そふぃの心の解放は定子の気苦労からの解放でもあるのかなと思える。

もっとも定子にとっては崇拝するそふぃのための行動なので苦労とは思ってないかもしれませんけどね。むしろそれを喜んでいる節もあるので。そふぃがらぁら&みれぃと一緒にいることが多くなったら絶対寂しがりますよね定子…。


pripara11_18.jpg
pripara11_19.jpg
pripara11_20.jpg

そふぃ様の秋の新コーデと新メイキングドラマ!
見どころ満載なんですけどそふぃの心情を思うとライブシーン全体が切なく見えてくるから不思議。

コスモが言った通り、そふぃの新メイキングドラマ『解放乙女バルキュリア』は、今のそふぃの心情をダイレクトに現したものなのでしょう。過保護な環境で育ってきた籠の鳥。そこから出ようとしても出られない、届かないのは前回の失敗もあって一歩を踏み出しきれないそふぃの現状である。

そこから脱出しようとするのであれば、みれぃが言ったようにそふぃ自身の強い意志が必要になる。その意志を持ったそふぃを手助けすることは、今までの周囲の過保護からくる手助けとは全く別の意味合いを持っているものである。強い意志を持ったそふぃ、そのそふぃを助け出したいと願うらぁらの行動が鍵になりそうです。


そふぃの変化を軸にして、そのそふぃに対し各々が異なる反応を見せたのが面白い回であった。
それぞれのキャラが見せる魅せる反応や行動がそのキャラの個性を強く反映していたものだった。

そふぃを仲間にしたいという思いは同じながら、行動や反応が分かれるらぁら&みれぃの二人はやはり興味深い。特に仲間にしたい思いはあるけれど、自分の意志で進む気がないのなら、自分たちのチーム方針に沿わないなら仲間として相応しくないと言い切ったみれぃは格好良かった。

厳しいけれどこれらは相手のことを本当に考えていなければ出ない台詞だと思います。
lこの厳しさが逆にみれぃの優しさを表しているように感じる。
みれぃのキャラとしての魅力が最大限に発揮されたところであったのではなかろうか。

優しさは時に必要なものだけどそれだけでは駄目なこともある。
今回の場合は周囲の過保護から来る優しさが、そふぃの今の状態を作り上げてしまったから尚更である。
その状況を打破するためにはそれらとは異なる性質を備えた人間の干渉が不可欠なのかなと思うのです。

しかし厳しいことだけでも人は潰れてしまいかねなくその辺の塩梅は本当に難しい。だから優しさを全面に押し出しているらぁらの存在もまた、そふぃを解放するためには必要不可欠な要素。主要キャラの年齢が異なることが本作の特徴の一つと今までも度々言っているのですが、それがそふぃを救うために必要な役割分担として作用しているところがまた良い。

そふぃが籠から解放され自分の思うように自由に羽ばたく日が早く来てほしいですね。
そして三人で仲睦まじく楽しそうに過ごす姿を早く視聴者に見せてくれー!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第11話「どうする?どうなる!?3人目!!!」 キャプ付感想
そふぃとチームになるのに苦労しますね(^^;  1クールかかるとは思わなかったですw  変わりの新メンバー、意外としっかりキャラできてますね。  後でライバルチームとかになるのかな?(笑)     そふぃにトモチケを返されたらぁら。 諦めきれず、そふぃの家へと押しかけるも、会えずに終わってしまう。 クマの紹介する人もピンと来ないらぁらは、自分のランクを上げる事でそふぃに...
[2014/09/13 23:02] 空 と 夏 の 間 ...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m