QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

甘城ブリリアントパーク 第2話「華やかなだけでなく気苦労が多いのはマスコットの世界も同じである」

amaburi02_01.jpg
甘城ブリリアントパーク #02「時間がない!」

文字通り従業員の命が掛かっているテーマパーク再建。
支配人代行の座に就いた西也の経営手腕は如何ほどのものであろうか。
amaburi02_02.jpg
amaburi02_03.jpg
amaburi02_04.jpg
amaburi02_05.jpg

前回に続き、甘城ブリリアントパークの置かれた更なる厳しい現状が見えてくる中で、今回は同時にファンタジー要素の説明回。甘城企画との契約内容もさることながら、それ以上にテーマパークを訪れたゲストの楽しい気持ちの結晶『アニムス』が得られなくなればメープルランドの住人にとっては存在の消滅という結果に繋がってしまう。アニムスの集積機能を備える施設である甘ブリが置かれた状況は、職場がなくなるとかそういうレベルを飛び越えて文字通り従業員の多くの命が掛かっている危機的状況であった。

この状況下においても「キャスト」の多くに危機感が見られなかったのは、甘ブリが置かれた状況が秘匿されていたからに他ならないわけですが、従業員の危機感を煽った西也と彼の心情の繋げ方が上手かったなと思うのです。栗栖に子役時代のことを指摘され落ちぶれた西也の現状を憐れまれたわけですが、ここに来て西也個人と甘ブリの置かれている現状が被ることに気づいた。

西也が甘ブリのために動こうとしたのは困っている彼らを見捨てておけないという気持ちより、かつてエンターテイメントを提供しお金を得ていた元プロとしての矜持の方が大きかったのではなかろうか。今の自身の境遇と甘ブリの境遇が重なってしまうだけに、何もせず諦め嘆くだけの彼らの姿に我慢ならなかったのではないかと思われる。従業員を煽る言葉は、同時に自身をも煽り奮い立たせていたようにも感じる。甘ブリを再建することが、ひいては自身の再建に繋がることを無意識化で感じ取っているようにも映った。

また西也の内面が少しずつ見えてきたのと同時に、今回はいすずの心情にも触れられていて彼女が頑ななまでに強硬な姿勢を崩さない理由も理解出来た気がする。支配人代理としてこの一年従業員の命を背負ってやってきたいすずでしたが、この世界における常識に欠ける彼女の行動は何の成果も出せずに空回り。遂にはパークを閉園ギリギリの状況にまで追いやってしまった張本人でもあり、その責任を一身に背負っていたからなんだなと。

いすず一人が悪いとは言わないけど代理とはいえ支配人の立場についていた以上はその責めを問われるのも必然。その重責を知っているからこそ、最後にいすずが西也に対して言った「ありがとう」の一言は彼女の心からの本心なのだろう。この世界における常識に欠けるいすずの精一杯の誠意、自分の代わりに重責を担う立場に就いてくれたことへの感謝。たった一言ではあったけど様々な感情が凝縮された「ありがとう」だったのではないかと感じる。

ファンタジー要素の説明回であったわけですが、とりわけ気になったのは本作の魔法が制限なしに何でもできる万能なものではなかったことでしょうか。西也の心を読む魔法にしても一人に付き一度きりしか使用できないという制限が存在し、無尽蔵に使えるものではない。そもそもそんな便利な魔法が使い放題であったなら多少なりとも甘ブリの経営状況も変わっていただろうし、現状を鑑みるに本作の魔法がテーマパーク再建においてはあまり頼りにしてはいけないものだということは把握出来た。

そうなると甘ブリの再建には常識的な経営手腕が問われてくることになると思うのでここからどう巻き返すのかはやはり見ものです。いすずの発言から経営のプロすら匙を投げたことが明かされたわけで、いくら西也が頭脳明晰とはいえ一筋縄ではいかないだろう。栗栖とのやり取りで西也の経営の才能みたいな片鱗は窺えたましたが、それでも一学生であることには変わりませんからね。子役時代に培ったであろう芸能のノウハウがあるのでエンターテイメントに関して完全な素人というわけでもないですけど。

更に従業員のやる気を引き出すためとは言え煽りに煽ったせいで現状はキャスト全員から総スカンを喰らってるような状態。ここからキャスト一同とどうやって信頼関係を構築し甘ブリを建て直していくのか楽しみです。テーマパーク、人間関係、西也自身と建て直していかないといけないものが多く共通しているのも本作の魅力だろうか。


amaburi02_06.jpg
amaburi02_07.jpg

時に子供は残酷な言動を繰り出すことがあるわけですが、マスコットはマスコットでやさぐれてるなぁ(笑)
本作の場合「中の人などいない!」が本当であるからしてこれがマスコット本人の偽らざる気持ちなのです。
現実のテーマパークでマスコットに入ってる人の本音が見えたような気すらして若干怖くもなってきたよ。
しかし一番怖かったのはマスコットを殴る蹴るしてる子供を見て笑っていたモブのお母様であった。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」
30分遅れで始まった甘ブリの第2話。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/mahouka/amaburi/brilliantpark_02/
甘城ブリリアントパーク~第2話感想~
「時間がない!」 ラティファに話しかけるモッフル。 モッフルはラティファの叔父さんだったw マカロン達は子供達とたわむれるが、うらに行くともんくを言うw いすずは魔法の国・メープルランドの住人が生きる力『アムニス』が必要だと西也に話す。 それを人から集めるための場所が、甘城ブリリアントパークだと。 いすずと西也は経営している栗栖隆也...
(アニメ感想) 甘城ブリリアントパーク 第2話 「時間がない!」
投稿者・鳴沢楓 甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)(2013/05/21)賀東 招二商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチ...
天城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」
エクストラ・マジック・アワー『お前らの神が出した神託を俺が叶えてやる!』 原作:賀東招二 原作イラスト:なかじまゆか 監督:武本康弘 シリーズ構成:志茂文彦 アニメーション制作:京都アニメーション 可児江西也:内山昂輝   千斗いすず:加隈亜衣   ラティファ・フルーランザ:藤井ゆきよ モッフル:川澄綾子   マカロン:白石涼子   ティラミー:野中藍 ミュース:...
[2014/10/13 20:56] 明善的な見方
甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」 感想
すべてのテーマパークはアニムスを集めている? よくわからんけどマナみたいなものか? ところで、序盤に出てきたティラミーとマカロンに子供が蹴りいれのシーン。 特に女児のローキックがものすごく決まってましたねw 甘城ブリリアントパーク 特別編 限定版 [Blu-ray](2015/06/26)内山昂輝、加隈亜衣 他商品詳細を見る
四月は君の嘘 #01 「モノトーン/カラフル」 / 甘城ブリリアントパーク #02 「時間がない!」
 どうも、管理人です。とりあえず、昨日の時点で熱は下がってたのですが、未だに痰と鼻水がひどくて、そのせいか今日一日咳がひどかった・・・。ここまで痰が絡んでると、肋骨にダメージ来そう。  さて、今日の記事ですが、昨日アップできなかった記事を予定通り、一日遅れでアップさせていただきました。今後は多分大丈夫だと思いたいですが、あくまでも「思う」だけなので…。 1.四月は君の嘘 =...
[2014/10/11 19:53] 戯れ言ちゃんねる
甘城ブリリアントパーク 第2話 『時間がない!』 大体いすずのせい、そして栗栖隆也のお陰。
やっぱり姫君。ラティファ・フルーランザにキスされると魔法を使える。どんな魔法が身につくかはランダムの様ですね。西也の読心能力ですが、一人に付き一度だけしか使えない。「コードギアス」ルルーシュの様な能力です。 何故メープルランドの連中がテーマパークやってるかの秘密。楽しい感情の結晶=アニムスを集めるため。これが言わば魔法民の食料であり、無いと消滅。実は生きるか死ぬかの瀬戸際だったんですね。甘ブ...
甘城ブリリアントパーク 第1話、第2話 「お客が来ない!/時間がない!」 感想
ようこそ、“残念”な遊園地へ―
[2014/10/11 12:52] wendyの旅路
甘城ブリリアントパーク #02 「時間がない!」
妖精カルテットが良い味出してる、「甘城ブリリアントパーク」の第2話。 ラティファの接吻によって西也に与えられた能力は読心術。 一度だけ人の思考を読むことが出来るという能力だが、いすずにはすでに 試してしまったためもう対象外になってしまった。ww 西也が再び甘ブリに引っぱられる道中、甘ブリを始めとする他のテーマパークや 遊園地は魔法の国の住人の力の源となるゲストの楽しい気持ち...
[2014/10/11 00:05] ゆる本 blog
必ず見ることになる/甘城ブリリアントパーク2話他2014/10/10感想
<記事内アンカー> 甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」 白銀の意思 アルジェヴォルン 第14話「亡霊」  通勤中にうとうとしていると「工作艦、明石です!」などと車中に種田梨沙ボイスが響き渡って思わず覚醒。一瞬やらかしたかと思ったが他の人の音テロでした。ダメだろ、最初はイヤホンとミュートで二重に防御しておかないと。  ちなみにやらかした人は羽黒にごめんなさい言わせて...
[2014/10/10 23:44] Wisp-Blog
甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」 キャプ付感想
テーマパークの多くが魔法の国のためにアニムスを集める場所だった!?  なんか怖い話になってきました(笑)  中の人など…いなかったのか?(^^;     閉園の危機にあるパークの再建を託された西也。 最初はやる気のなかった西也だが、甘城企画の栗栖隆に悪しざまに言われ、 ラティファたちの前で立て直してみせると演説する!  
[2014/10/10 22:17] 空 と 夏 の 間 ...
甘城ブリリアントパーク TBS(10/09)#02
第2話 時間がない! 支配人のラティファ様は王女、王族だけが魔法を 与えることが出来る。私の心を読んでみて。以前、同じ能力を持つ者がいた、読めるのは一人に一度だけ。これで、いすずは西也に心を勝手に読まれることは無い。 モッフルはラティファの叔父だった。あんな子供に頼るのは屈辱だ。魔法の国、メープルランドの住人が生きる力となるアニムスを 人間から集めるための施設が甘城ブリリアントパーク。そんな...
[2014/10/10 22:16] ぬる~くまったりと
アニメ感想 甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」
こんなパークに来る客は大馬鹿だ!
[2014/10/10 22:00] 往く先は風に訊け
甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」
甘城ブリリアントパークの第2話を見ました。 第2話 時間がない! 人ラティファから魔法を授けられた西也はいすずに連れられて 再び甘城ブリリアントパークの事務棟を訪れる。 「今度は何をさせる気だ?」 「私達の敵に会うのよ」 モッフルとのスキンシップを終えた西也は会議室で甘城企画の栗栖隆也と会い、交わされた契約に基づき、ゲスト入場目標未達寸前の状況下で甘城ブリリアント...
[2014/10/10 21:51] MAGI☆の日記
甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」
”経営のプロを雇ったけど、みんなやめてしまったわ。 私が銃で…” やめるわwww いすずちゃんをなぜ支配人代行にしたし^^; トップは頼りないことこの上なし、 スタッフいがみあってるし、士気最低だし^^;^^; これではつぶれても仕方がない… と、こういう状況に西也は燃えるようで。 しばらくは一難去ってまた一難展開でしょうか。 西也は過去のことにあまり触れられたくな...
[2014/10/10 20:52] のらりんすけっち
甘城ブリリアントパーク 第2話 「時間がない!」
恥じらうラティファかわええええええええ! これぞ京アニのキャラ描写力!西也の演説の「俺達のラティファ様があんな奴に!きーくやしー!」のところで反応する姫様の仕草が可愛すぎた(*´д`*)
[2014/10/10 19:11] ムメイサの隠れ家
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m