QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第16話「碁盤を頭の上に乗せてモデルウォーキングの練習を行う発想はなかった」

pripara16_01.jpg
プリパラ #16「特ダネ!らぁらのヒミツばれちゃった!?」

アイドルにとってスキャンダルは付き物だ。
校長が放った刺客、徳田ねね襲来!
pripara16_02.jpg
pripara16_03.jpg
pripara16_04.jpg
pripara16_05.jpg

らぁらがプリパラに行っていることを随分前から確信しつつ、長いことその確証を得られなかった校長が放ったのは、自身と同じくプリパラを毛嫌いする新聞部の徳田ねねであった。これまで出てきた全キャラの中で最も洞察力に優れ、あっという間にらぁらの正体を突き止めた彼女の記者としての優秀さは本物であった。

女の子はみんなプリパラが大好きというこの世界の基本設定から外れる子でもあって、校長を除いては同世代で初めてプリパラに対し否定的な考えを持っていた。らぁらの歌でそんな考えを持っていたねねのプリパラに対するマイナスイメージを払拭し変えさせたのは、今後らぁらが校長と向き合っていく上でも大きな意味を持つと思う。らぁらの歌に影響を与えられた栄子やラブを久しぶりに出してきたことで、らぁらの歌が強い影響力を持っていることを改めて強く意識させられた。

また今回はスキャンダルを必死でマスコミから隠し通そうとするアイドルらしいエピソードでもあり、正体を確信しているねねに対して必死にごまかそうとするらぁらの姿が見ていて面白かった。らぁらのキャッチフレーズでもある「かしこま!」を封じられて苦し紛れに似た語感の単語を使うところを見ると、らぁらの素の部分は変わらないなぁと安心してしまう。

ただそんな子供っぽい一面を見せつつ、自分の意志をハッキリとねねに対して考えを伝えていたところなどは、らぁらの成長を見ることが出来た部分でもあり嬉しくなった。最近他のキャラに出番を喰われて存在感が薄くなっていたらぁらの魅力を再認識させてくれる回であったと思う。

しかしねねの声を担当した南條愛乃さんは、なおちゃん、ななみちゃん、ねねとこれでサブキャラ三人目の担当になるのかな。らぁらの親友役と敵対する役を兼ねているのは、制作側の意図的な起用だったのかなと思わせられるところ。というかあれですよ。これだけ南條さんに色んな役を担当してもらうならいっそのこと主要キャラの担当にしてもいいじゃない!

皆さんご存知のように歌唱力は抜群の南條さんなだけに、プリパラでメインキャラを務めても何も問題ないし今からでもどうだろう。多種多様な個性を持つサブキャラ道を邁進するのは、それはそれで面白いし見たいとも思いますけどね。悩ましい!


pripara16_06.jpg
pripara16_07.jpg
pripara16_08.jpg
pripara16_09.jpg

シオンが無類の囲碁好きなことは既に承知していたつもりだったのだけど、モデルウォーキングの練習のために頭の上に碁盤を乗せるとは夢にも思ってなかったなぁ。百歩譲ってこの練習方法を有りかなと思った直後にドロシーとレオナまで一緒にやり始めるものだからもう何も言えなくなってしまったよ。

何だかんだで『ドレッシングパフェ』の三人にチームとしての一体感のようなものが出来始めていて馴染んでいたのは良いことではあるけど。でもこの画はプリパラを知らない人が見たら意味不明以外の何物でもないだろうなぁ(笑)


pripara16_10.jpg
pripara16_11.jpg
pripara16_12.jpg

ねねがプリパラに嫌悪感を抱くようになったそもそもの発端は、憧れの先輩がアイドルにハマって全力でオタ芸を披露したことによる幻滅からであった。それはいいんだ。初恋がこんな形で夢破れてしまえば誰だって良い印象は持たないのは分かるんだ。

ただこの回想シーンは残念系イケメンと化したコガ先輩がレインボーライブに出ていたコウジに似ていること。そして一緒にオタ芸を披露している他二人がヒロとカヅキと酷似していることから無視することは出来なかった。虹の先に待っていた世界がこれだったとは何と残酷な現実であろうか…。「Over The Rainbow」の三人がこんなことをする日が来るなんて。

またコガ先輩と一緒にいたモブの子が、いとに似ていたし、オタ芸披露シーンの左後ろにいる影モブ二人のシルエットが、あんとわかなの二人に酷似している。憧れのカヅキ先輩がこんなことしてたらそりゃドン引きしちゃっても無理ないよねーと。とにかくレインボーライブを視聴していたファンにとっては、短いながらも様々なものが凝縮されていたシーンであったのではなかろうか。

何にしても初恋の憧れの先輩がこんなことをしてる姿を見たら、先輩を惑わしたプリパラをねねが嫌いになるのも仕方ないよね。そりゃこんな姿を見せられたら千年の恋も冷めますわ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m