QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第19話「華やかな表舞台の裏に確実に存在するプリパラ世界の暗部を見た」

pripara19_01.jpg
プリパラ #19「みれぃとクマ、運命の出会いぷりクマ!」

人の出会いや巡り合わせは当人の運命を大きく左右することもある。
マスコットたちが置かれている過酷で厳しい現実も見えてきた。
pripara19_02.jpg
pripara19_03.jpg
pripara19_04.jpg
pripara19_05.jpg

ある意味でプリパラの全ての始まりとも言えるみれぃとクマの出会いのエピソード。実は小学生の頃からプリパラに出入りしていたことが判明したみれぃとクマのちょっとした仲違いをキッカケとして、過去を追想する構成は王道ながら美しい。今から一年前の話でありながら、みれぃの容姿がかなり幼く見えるのは、駆け出しで未熟だった頃の姿を視覚的により捉えやすくするためだったように映る。

短期間で急激に大人びて見えるようになったのは、それだけクマと共に二人でやってきたこの一年の間の経験が、みれぃにとってかけがえのないものであったからだろうと。

一年という割と短い期間なので性格的に大きく異なる部分こそないが、プリパラデビューしたての頃ということもあって、今ほどキャラ作りが徹底されておらず、時折地の部分が出てしまっていたあたりが新鮮。しかし子供らしからぬ先見の明で何事にも手を抜かずに目標に邁進していく姿は今と何ら変わることなく、そのみれぃの長所であり強みである部分にクマが目を付けたのが二人の始まりであった。

長所は一転して短所にもなり得ることが多々あるが、意固地になっていたみれぃをクマが的確なアドバイスを送って導くことで、少しずつ互いを認め合ってく流れも良かった。

みれぃがクマのアドバイスを経て初めて優勝し華やかな舞台に立つ姿を描く一方で、今回はプリパラ世界の暗部を同時に描いてもいた。アイドルとは異なり、期間内に一定の成果を挙げなければ容赦なくマスコットの墓場送りになる厳しい現実がプリパラ世界には存在していた。

本作に登場するマスコットに利己的な部分があるのも、こういったマスコット世界の背景も少なからず影響してるんじゃないかと思わされた。ウサギが強行な姿勢を見せているのも本人の地の部分もあるだろうけどそれ以上にそういった性格を形成しうる環境で生まれ育った影響が大きいのではないだろうか。

だからこそクマの本質的な部分が光ったとも言えると思う。墓場行き直前まで追いつめられながらも、みれぃを心底心配しアイドルとして正しい道に導こうとする姿がですね。利己的な面もあるけどみれぃの1周年記念のメッセージを送ったり自己の利益とは別の面で手掛けるアイドルを真に思う一面も確実に存在する。マスコットの世界の現実が見えるのと同時に、クマとウサギの決定的な違いが見えた回でもあったんじゃないかな。

他者を思う気持ちと自己利益。終盤校長がプリパラを否定する姿が再度描かれたが未だその原因は不明のままである。ともすれば校則にないプリパラ禁止は彼女の利己的な面の体現とも取れる。校長が頑なにプリパラを否定する理由は、未だ明かされていない部分だが、親しかった者と何らかの確執があったことが原因であろうことは予想出来る。校長が「友達など不要」と度々主張していたことからもそれは窺い知れるところ。

『SoLaMi SMILE』と『ドレッシングパフェ』の面々がアイドルとして成長し親交を深める一方で、らぁらの母親以外に誰もいない店内で、プリパラを否定し一人寂しく立ち去っていく校長の姿は対照的であった。この部分にもプリパラにおける「明暗」の部分が出ていたのではないかなと感じたところです。

何にしても人と人の出会いは、その人の今後を大きく左右することが往々にしてある。みれぃとクマが出会わなければ、らぁらがプリパラで活躍することもなく、そふぃが今のように自立することはなかったかもしれない。逆に校長だって今とは全く異なる道を歩んでいた可能性だってある。巡り合わせは当人の意志に依らないところもあるが、一つ一つの出会いを大切にしていきたいものだと改めて思わされたわけです。


pripara19_06.jpg
pripara19_07.jpg

めが姉ぇの汎用性の高さ…。もとい使い勝手の良さは尋常でないものがある。本当にどこにでも自然に現れるね!メッセンジャーもやれば花屋もやるしプリパラの暗部であるマスコットの墓場へ連行する役だって一手に担って見せる。ただ黒服着用しためが姉ぇは今までのイメージにない姿だったから久々にインパクトある一撃を喰らった気分です。プリパラ世界のめが姉ぇは本当に底が知れない。


pripara19_08.jpg

ぺ、ペンギン先生!?ペンギン先生じゃないか!!

レインボーライブでピコック先生によってマスコットの地獄へ送られたペンギン先生がマスコットの墓場に居たよ…。地獄よりはまだ墓場の方がいいんだろうかと馬鹿なことを考えつつ、これでめが姉ぇに続いて二人目のシリーズ全作皆勤賞キャラと相成りました。こうなると後は山田さんだけですね。山田さんの場合、RLでは田中さんとして出ていたので皆勤と言っていいのかは迷うところではあるけど。

本筋とは一切関係のない部分だけど、シリーズをずっと見ている人へのファンサービス的要素。
個人的に今回一番盛り上がったのが、このあっという間のカットを見た時かもしれないってことは内緒。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第19話『みれぃとクマ、運命の出会いぷりクマ!』 キャプ付感想
プリパラ 第19話『みれぃとクマ、運命の出会いぷりクマ!』 感想(画像付) みれぃとクマの出会いのエピソード。 小学生のみれぃがプリティです♪ 性格は変わってないですねw   プリパラデビュー1周年記念と、めが姉ぇからお祝いの言葉をもらうみれぃ。 みれぃも小学校の時からプリパラに行っていたことに驚くらぁらは、 デビューしたばかりのみれぃの様子をクマに教えてもらう。 ...
[2014/11/09 02:01] 空 と 夏 の 間 ...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m