QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第108話「ロリゴシックに対するスミレとユリカそれぞれの思い入れの深さが見えた」

aikatsu108_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #108「想いはリンゴにこめて」

待望のスミレとユリカの接触エピソード。
やはりユリカ様がメインに絡む回に外れはなし!
aikatsu108_02.jpg
aikatsu108_03.jpg
aikatsu108_04.jpg
aikatsu108_05.jpg

スミレのプレミアムドレス入手とユリカとの本格的なやり取りを描いた回。全登場人物の中でもとりわけ以前のエピソードとの繋がりが強く感じられるのが、ユリカがメインを務める回だと思っているのですが、今回もその点は健在であり随所に見受けられた。ユリカが出演しているCMや魔夜の屋敷での騒動はその筆頭でスミレが試練を乗り越えるのと同時に、ユリカの成長が見て取れる構成になっていたのは素晴らしい。

個人的にユリカに対する憧れを抱いていることからスミレがユリカと本格的に接触した際の反応がどうなるのかはずっと気になっていた。基本は先輩後輩であっても仲良しなのが、アイカツの作風なのでスミレとユリカの関係もそうなるかと思っていたが、意外にもそうはならなかった。憧れを向ける先輩と自分を慕ってくれる後輩という認識は互いに持っているけど、一線をキッチリ引いた関係になっていたのは凄く印象的でした。

振り返ってみると推しブランドの同じドレスを複数のアイドルが同時に欲する展開は確か初だと思うし、ここが今までにない大きな特徴の一つでもあると感じる。先輩アイドルとして、そして何より同じロリゴシックを愛する者として、スミレと必要以上に慣れ合うことなく、あえて厳しさと優しさを持ってスミレを見守っていたユリカの姿に成長を見た。

これは第三者視点の魔夜の発言からも窺えることで、かつてユリカが初訪問した際の流れを踏襲しているからこそ、より感慨深く感じるところでもある。ユリカと魔夜の以心伝心っぷりと来たらちょっと他の人が割って入れない独特の雰囲気がありますね。

またスミレの方を見てみるとロリゴシックを好きになっていった経緯を明かすことで、スミレのキャラクター像がより明確になっていく構成も良かった。同じロリゴシック愛用者と言ってもスミレとユリカでは、そうなった経緯や思い入れも異なっていて、それが二人が必要以上にベタベタしない要因にもなっていたのではないかと。

ユリカとは異なる視点、異なる思い入れ。それを感じ取ったからこそ魔夜も新たなロリゴシックの可能性をスミレに見出し彼女に託したのではないかと思える。

スミレ独自のロリゴシックへの思い入れを明確にしてくれたことで、同じロリゴシックでもユリカとは全く異なる印象を視聴者に対しても与えてくれた。あえて推しブランドを被らせながらも魅せ方や受け取り手の印象を変えることで、全く違ったものに見えるように配慮されていて、また一つアイカツの新境地を拓いた部分かなと思うのです。

魔夜の問いに対してのスミレの「いつかはきっと!」という回答は、『タルト・タタン』の歌詞を意識した台詞でもあり本当に良く考えて作られているなと感心するばかり。

個人的に思っていた展開とは異なるけどスミレがロリゴシックのプレミアムドレスを入手する回としては申し分ない出来だったと思った。3rdシーズン決定時にキャラ紹介を見た時からスミレとユリカの絡みはずっと期待していた部分でもあったので。今回はロリゴシックに対する互いの矜持もあって先輩後輩の関係が強く出ていた気もするが、必要以上に仲良くする二人の姿も見たいのでそれはまた別の機会ということで。

また今回は特に20話の流れを踏襲した話であるだけに、今回を見た上で再度見直すとまた違った印象を受けるかもしれませんね。ユリカ様、本当にあの時と比べたら見違えるように成長しているのがハッキリ分かるよ。併せて19話、89話辺りを見ることもお勧めしたい。自分はこれから見直したいと思いまする。


aikatsu108_06.jpg
aikatsu108_07.jpg

ロリゴシックの新境地!スミレのプレミアムドレス『スノープリンセスコーデ』お披露目。ダークカラーの中にも白雪姫をモチーフにした独特な明るさも取り入れられていて、ロリゴシックドレスとしては凄く斬新なイメージ。頭部のりんご型ティアラもアクセントになっていてスミレ特有の「らしさ」をこれから出していけるんじゃないかと期待も高まる。

しかしユリカ様がヴァンパイアならスミレちゃんはお姫様ですね。
あれ?この設定で色々と妄想が捗りそうなことに今更ながらに気づいたですよ。


aikatsu108_08.jpg

いちご世代の時もトップデザイナーと面会のアポを取ることに関しては、全く役に立っていなかったのがジョニー先生。いちご達の時も途中からは織姫学園長が最終的に面会の約束を取り付けていることを察して弄られていたが、今回は端から頼りにされていなかった…。

まぁ繋がりのある先輩アイドルが近くにいましたし、何よりジョニー先生は魔夜の館でトラウマを植え付けられているから致し方ない面もある。その辺に関しても20話をご覧頂ければ色々と察することが出来るので未視聴の方がいれば是非是非!


aikatsu108_09.jpg

トップデザイナーの印象はそのブランドのイメージに直結することにもなりかねない。
故に世間の評判が如何に悪いものであろうとも崩してはいけないスタンスやこだわりがあるのです。
何にしても格言で仲睦まじいスミレとユリカ様の姿を見られたのでもうこれ以上言うことなし!
ということで今週のアイカツ格言は『ブランドは世界観』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m