QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

デンキ街の本屋さん 第7話「本命だからこそ不器用に接してしまうカントクの気持ちも分かる」

denkigai07_01.jpg
デンキ街の本屋さん #07「いざ銭湯へ……/胸がいっぱい」

夏は終わっても各人の恋愛模様はまだまだ熱い。
カントク、本当に罪作りな男です。
denkigai07_02.jpg
denkigai07_03.jpg
denkigai07_04.jpg
denkigai07_05.jpg

主にカントクを中心に据えて各人の想いが見え隠れし交錯した回。これまでも恋愛を押し出していた回は複数回あったけど今回は特にその色が強く、何より普段の言動も相まって今までぼかされていたカントクの心中が鮮明になった回でもあった。

うまのほね店員一同は何かしらの思いを誰かに向けていてその関係性は中々に複雑。とはいっても海雄と先生、ソムリエと腐ガールの組み合わせは周囲から見てもお似合いで互いが互いを意識していることが分かり易くハッキリ言って時間の問題。大変なのはカントクを軸にした人間関係であり、こちらの方は各人が抱えている思いも複雑なものがあって、一筋縄ではいかなくなってしまっている。

カメ子やつぐみんに対して普段のそつのない聡さや行動力を見せる一方で、ひおたんに対しては遠まわしな物言いで積極的に行けないカントクの二面性が出ていたいた。カントクの気配りに対する反応で、自分の思いを内に封じ込め何も言わないカメ子と、復縁を望みそれを口にしたつぐみんで対照的であったのが凄く印象に残る。一人写真に写ってないカメ子を気遣ったり、別れたつぐみんに対しても甘さというか優しさを見せるのに、その面をひおたんに素直に向けられないのがもどかしくもある。

しかし本命故に普段とは異なり不器用になってしまうカントクの気持ちも分かるのです。好きな子ほど意地悪したくなるという小学生男子がやりがちなアレもあると思うけど、同時につぐみんとの経験がこの慎重さを生み出しているのかなとも思う。思いが本物であるからこそ素直になれない、上手くいかないなんてことはよくあることなのです。

またカントクを巡る関係が複雑になっていることの一因として、ひおたん側の心境にも問題があったと思う。これはひおたんが悪いとかそういうことではなく、今回に至るまでひおたん自身が恋愛的な関係をそれ程意識してなかったという意味で。カントクはそういう目線で見てるのに、ひおたんは同じ職場の中の良い上司的な目線で見ていたのは進展のしようもないとね。だから今回ひおたんの意識が変わり始めたことが大きな契機となる可能性を秘めているわけで。

相手が自分を意識している、自分も相手を意識している。これを認識してるのとしてないのでは全然違う。同じいじわるにしても受け取り手側であるひおたんが感じる印象はこれまでとは全く別物になるだろうし。だから今後の二人の関係というのは今までとは全く違ったものになる可能性もあり目が離せない部分でもある。

少なくとも3話のように気軽にカントクの部屋を訪れて入り浸るなんてことは、もう出来ないのかなぁと思うと少し寂しくもある。しかし逆にこれまでにはないニヤニヤ展開もあり得るということでもあるので、今後の動向を見守っていきたいところ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

デンキ街の本屋さん 第7話「いざ温泉へ……」の感想
「私のおっぱい好きなんですか!?」 これはどう答えるのが正解なのだ!? イエス・ノーどっちもアウトな気がするんだが。 オープニングのラストが先生さんになってましたね。 以下ネタバレあり。 デンキ街の本屋さん (1) [Blu-ray](2014/12/24)高森奈津美、津田美波 他商品詳細を見る
[2014/11/15 12:27] こう観やがってます
デンキ街の本屋さん 7話 感想 恋する少女と、滑り台行きへの切符を切った元カノの恋愛物語でした!
[ いざ銭湯へ…… / 胸がいっぱい ] よりを戻したい気持ちがダイレクトに伝わってきて胸が痛い 新しい恋を目撃して、身を引こうとしてるシーンに思わずナミダ
デンキ街の本屋さん 第7話『いざ銭湯へ……/胸がいっぱい』 キャプ付感想
デンキ街の本屋さん 第7話『いざ銭湯へ……/胸がいっぱい』 感想(画像付) そこはまだ浴衣ゾーンよ!(笑) ひと夏の忘れられない思い出でしたね、ひおたんたちw 温泉回からの恋愛ストーリーに展開!?   夏コミカ、それは会場内に雲ができるほどに暑いイベント! なので温泉回だー!! 汗を流すためだから仕方がないね、温泉必要だね。 うまのほねはお江戸温泉物語を応援してしま...
[2014/11/14 22:38] 空 と 夏 の 間 ...
デンキ街の本屋さん #07 「いざ銭湯へ・・・」ほか
今週も女子力解析されるセンセイ。「デンキ街の本屋さん」の第7話。 「いざ銭湯へ・・・」 夏のコミケの打ち上げで一同とステージを終えたつもりんは「お江戸温泉物語」へ。 カントクの奢りということだけどこの人数だとけっこうな金額だぞ・・・ なんか温泉プールがアレな気がしますが、取りあえず更衣室へ。 スパリゾートのシステムをあんまり知らないで真っ裸で飛び出すひおたん。 ついて...
[2014/11/14 19:09] ゆる本 blog
デンキ街の本屋さん TokyoMX(11/13)#07
第7話 いざ銭湯へ・・・/胸がいっぱい 夏コミカも無事終了、打ち上げに近くの温泉へ。ツモリンも合流してお江戸温泉物語へ。色んな温泉がある、ツモリンとカメ子は経験者。ひおたんは初めて、先生は温泉自体が初めて。ルールを尋ねようとするとひおたんが一番と走り出して 釣られて走る腐ガールと先生。そこは浴衣ゾーンで裸を晒してしまう。 ツモリンはおっぱいチェックと先生、ひおたんを触る。腐ガールとカメ子はコ...
[2014/11/14 18:00] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m