QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

結城友奈は勇者である 第7話「夏だ!海だ!温泉だ!サービス要素満載の日常回と思いきや…」

yuyuyu07_01.jpg
結城友奈は勇者である #07「牧歌的な喜び」

何の不安を抱くこともない日常回が一度はある。
そんな風に考えていた時期が私にもありました。
yuyuyu07_02.jpg
yuyuyu07_03.jpg
yuyuyu07_04.jpg
yuyuyu07_05.jpg

満開の後遺症は未だ健在なれど戦いから少しの期間が経過し夏休みに入った友奈達の休息回。初登場の時は堅かった夏凜もすっかり溶け込み、これまでの中でも最も勇者部の面々が年相応に楽しげに遊ぶ姿に癒される。海では惜しげもなく水着姿を披露し温泉シーンでは東郷さん筆頭に中学生離れしたものを見せつつ夜は怪談話やコイバナで盛り上がる。

これこそ当初この作品に自分が求めていた要素の数々で何の不安を抱くことなくこの気分に浸っていたかった。少なくともこの回だけは全ての不安から解放されて面白おかしい気持ちのまま次週に備えさせて欲しかったのですよ。満開の後遺症が残ってる時点で全ての不安から解放されることはないんですけどね。それを見越したかのように休む間もなく次々と不安要素をぶち込んでくるんだからもう堪らん。いい加減慣れろという話ですね、はい。

視聴者の誰もがこれで戦いは終わったなんて微塵も思っていなかっただろうけど正しくその通り。東郷さんが感じていた予感、そして最後に風の元に勇者システム搭載スマホが送り返されてきたことで、短かった平和な日常は儚く散っていった。今回特に気になったのが東郷美森の記憶喪失と所持していたリボン。そして風の精霊が増えたことである。この2点について妄想を多分に交えながら少し考えてみたいと思う。

まず事故で足の自由を失ったという美森の事故の詳細は未だ不明である。しかしその実態が一般的な事故ではなく満開による後遺症で失ったものであるとしたら?つまり美森が前任の勇者だったのではないかという可能性。早い段階で外伝『鷲尾須美は勇者である』の鷲尾須美との関連性が指摘されていた美森だけど、ここに来て俄然その信憑性が高まってきた感じ。

また風の精霊が増えたことから、精霊が増える条件とそもそも精霊とは何なのか。その実態もある程度見えてきたような気がするのです。増える前と後で決定的に変わったことと言えば満開の後遺症で身体機能の一部を失ったことである。つまり満開する度に身体の一部と引き換えることで精霊が増えていくのではないかという仮説。

そうすると美森だけ最初から三体の精霊が付いていたことにも辻褄が合ってくる。過去に満開を二度行い「両足」と「記憶の一部」を後遺症で失ったことで精霊が二体増えたとしたら…。今回の覚醒で美森だけ最初から三体もの精霊が付いていたことにも納得がいく。本作の時代設定は神世紀300年で外伝はその二年前。須美の二年後の姿が美森だとすると年齢や外見的特徴、お嬢様然とした所作等々。一致する部分が多分に見受けられる。

本当に最悪のパターンを想定すると満開を繰り返し、全てを失った勇者の成れの果てが精霊なのではという可能性もあり得るのではないかと。そんな嫌なことばかりが思い浮かんできてしまうのです。全部妄想だけどこうなってしまったら救いがないな…。

ということで楽しく愉快な日常回ながら嫌な予感が駆け巡ってしまう要素もあって盛り沢山の回でした。もしこの妄想の一部が当たってたとすれば今回の招待旅行も大赦の粋な計らいというよりは、せめてもの罪滅ぼしにも見えてくる。終わりが来るか大赦の実態が見えてくるまで疑惑の目線が絶えることはないですな。

まぁ自分の妄想先読みって当たることの方が少ないので今回も相当的外れなこと言ってるという自覚もあります。夏凜以外のメンバーの誰か一人でも精霊が増えなければ早くも破綻してしまうわけだし。ただ、先の展開を妄想し外すのもまたオリジナル作品の楽しみ方の一つではなかろうかとね。盛大に外したその時は大いに笑ってやってくだされー。


yuyuyu07_06.jpg
yuyuyu07_07.jpg

髪を下ろした夏凜ちゃんマジ可愛い!最近自分の中の夏凛株が上昇し続けている。
規則正しく誰よりも早く就寝してしまったけど怪談話で盛り上がる夏凜も見たかったー。
しかし勇者部に溶け込む夏凜を見れば見るほど不安も大きくなっていくのは何故だろう。

■言及リンク
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-2820.html

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
今回言及されてたリボンも、前日譚で園子が須美に渡したリボンと同じものにしか見えないですしね。
外見はおろか、血液型から性格、うどん、ぼた餅が好きで護国思想に傾倒してるところまで同じで、須美と違うところを探す方が難しい東郷さんですが、これで別人の場合どんな理由を付けるのか、それはそれで楽しみかも?

にぼっしーは良い子になり過ぎて、一人だけ満開をまだしてない点も含めて今後が色々心配になりますよね。
みんな本当に良い子なので、どんな困難に直面しても最後はみんなで笑って終わって欲しいですが……
[ 2014/11/22 13:41 ] [ 編集 ]
Re: それからの名無しさん
> 今回言及されてたリボンも、前日譚で園子が須美に渡したリボンと同じものにしか見えないですしね。
> 外見はおろか、血液型から性格、うどん、ぼた餅が好きで護国思想に傾倒してるところまで同じで、須美と違うところを探す方が難しい東郷さんですが、これで別人の場合どんな理由を付けるのか、それはそれで楽しみかも?

あのリボンはやっぱりそういうことなのかなと思わされたところですね。
嗜好から思想に至るまで共通点が多いだけに、逆に別人という展開だとそれはそれで面白いのかもしれません。
どちらにしても東郷さんの記憶に関しての詳細は興味深いところです。

> にぼっしーは良い子になり過ぎて、一人だけ満開をまだしてない点も含めて今後が色々心配になりますよね。
> みんな本当に良い子なので、どんな困難に直面しても最後はみんなで笑って終わって欲しいですが……

終盤みんなのために己の犠牲覚悟で満開する予感しかしないのが辛いですよう。
最後はみんなで笑ってハッピーエンド。自分もそれを期待しています。

コメントありがとうございました!
[ 2014/11/22 18:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2014年秋アニメ簡易感想 その5
今回は「デンキ街の本屋さん 8話」、「結城友奈は勇者である 7話」の感想です。 結城友奈は勇者である 1 [Blu-ray](2014/12/17)照井春佳、三森すずこ 他商品詳細を見る
[2014/11/23 23:57] 新しい世界へ・・・
あなたが感じていたもの/selector spread WIXOSS8話他2014/11/23感想
<記事内アンカー> selector spread WIXOSS 第8話「この世界は私物」 結城友奈は勇者である 第7話「牧歌的な喜び」  さっさと寝るはずだったのだけど、地震の影響でちょっと起きている必要が生じ、そのまま0時回っちゃったのでアップ。
[2014/11/23 00:10] Wisp-Blog
結城友奈は勇者である #07 「牧歌的な喜び」
勝利の報償・・・「結城友奈は勇者である」の第7話。 勇者部の合宿は大赦からの援助を得て足も宿もついたものとなる。 まずは海水浴を堪能。 そして料理は思わず腰が引けてしまうような豪華なメニュー。 友奈の味覚はまだ戻っていないが歯ごたえや喉ごしなど友奈なりに 食事を楽しんでいるのをみて一同も素直に楽しむことに。 (そういえば嗅覚はどうなっているんだろう・・・?) そして...
[2014/11/22 20:17] ゆる本 blog
結城友奈は勇者である 第七話「牧歌的な喜び」
評価 ★★☆ 海だ! 水着だ! 温泉だ!          ってな、カンジのみんな大好き日常回
結城友奈は勇者である 第7話 「牧歌的な喜び」
今回は水着&温泉回! それぞれの水着姿に完全に打ち解けた夏凜との仲良し描写に東郷さんの圧倒的戦闘力など見所も多かったけどこのアニメだと呑気に遊んどる場合かーとかバカもんここに招いた大赦が黒幕だとか先の展開への警戒で平和な日常も素直に見ていられないから困るw
[2014/11/22 10:54] ムメイサの隠れ家
結城友奈は勇者である 第7話『牧歌的な喜び』 キャプ付感想
結城友奈は勇者である 第7話『牧歌的な喜び』 感想(画像付) 大赦の手配により、友奈たち勇者部一同は海へ。 と言うことで水着&温泉回です!! 勇者たちの休息、そして新たなる戦いへ…。 バーテックスは12星座だけではなかったのか?  
[2014/11/22 10:48] 空 と 夏 の 間 ...
結城友奈は勇者である TBS(11/21)#07
第7話 牧歌的な喜び 公式サイトから大赦の手配により、友奈たち勇者部一同は海へ。 夏休みになり、友奈たちは大赦からのご褒美で合宿に向かった。 そこはサンビーチ、夏の海を満喫する。 豪華な食事にお風呂、コイバナに怪談。皆、眠りにつく。 明け方に目覚めた友奈、東郷が先に目覚めていた。事故に在った時に握りしめていたリボン。誰の物かも分からないが大事なリボンだった。海を眺めながらバーテックスは12星...
[2014/11/22 09:35] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m