QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第110話「あかり達の闘牛の再現シーンにアイカツらしい狂気を見た気がする」

aikatsu110_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #110「情熱のサングリアロッサ」

良い意味で序盤の頃のアイカツらしさが戻ってきた。
珠璃のライブシーンも見逃せない!
aikatsu110_02.jpg
aikatsu110_03.jpg
aikatsu110_04.jpg
aikatsu110_05.jpg

珠璃のプレミアムレアドレス入手、そして新ブランド『サングリアロッサ』とトップデザイナーであるエンシエロ篤の登場を兼ねた回。女優としての自分の演技に納得出来ず、自信を喪失しかけていた珠璃が、自分らしさを見失い情熱をなくしたエンシエロ篤を導く構成が良かった。珠璃と篤の境遇や気質を同調させ、なおかつドラマの役柄と状況を被せることで、乗り越えた際に珠璃が自信を持って演技に臨める説得力も伴う。

あかりと翼の時にも言ったけど、アイドルとデザイナーが二人三脚で困難を乗り越え成長していく様は、今回の珠璃と篤にも見ることが出来ましたし。珠璃の場合は、母親の可憐がサングリアロッサのプレミアムドレスを着て刺激を受けたことでスランプを脱した経緯もあって、親子の絆を感じるのと同時に業界の大先輩と後輩という立場でも繋がりを感じられるのが良い。

これは二人とも現役である紅林親子にしか出すことの出来ない魅力の一つかなと思う。
星宮親子とエンジェリーシュガーの関係も似てるけど、りんごさんは既に引退しちゃってますので。

スミレがプレミアムドレスを入手した回はユリカの話を踏襲していると以前の感想の際に書きましたが、今回の珠璃メインの話は、おとめがプレミアムドレスを入手するために街中を奔走した回を踏襲していたように感じた。新たにメンバーに加わったキャラがどういう人物なのかを街中探索を通して描くというのは、あの時の話と類似している。また全員一緒に行動しながらデザイナーの心を動かす決め手となったのは、奇抜な属性を持ったその人物の個性的な行動という点も似てる。

2ndシーズン終盤は物語に一区切りを付けるために、ギャグ的な要素を取り入れる余裕はなかったし、その必要性もなかった。しかしキャラを刷新し関係を一から構築していく中で、序盤の頃の雰囲気や要素が戻ってきたことは、懐かしさを感じると共に素直に嬉しくもある。今回の闘牛士の流れはその象徴的な部分でもあり、ある意味でアイカツらしい狂気を孕んでいた部分でもあったように感じた。褒めてるんだよ?

原点回帰というわけではないが、先輩キャラが一切絡まずに新たに関係を構築していく上で、あかり世代特有の「らしさ」もこれから出てくるのではないかという予感もする。何はともあれ珠璃が打ち解け、ある程度仲間内での役割分担も明確になってきた。あかり達のアイカツはこれからが本番なのだろう。奇抜なことばかりすれば良いというわけではないが、先輩諸氏に負けず劣らずのインパクトあるアイドル活動を見せてくれれば言うことないです。

それにしてもスミレの「寒い」発言は使う場面を間違えたらグサッと刺さる台詞になりかねませんなぁ。
『氷の華』の異名に違わぬ台詞のような気もするけど、今後定着することってあるのかしら。


aikatsu110_06.jpg
aikatsu110_07.jpg
aikatsu110_08.jpg

珠璃のライブCG初お披露目となりましたが、ここに来て更にCGのクオリティが上がったように感じる。新曲『Psssion flower』の曲調や、フラメンコを意識したダンスステップは、これまでのアイカツではなかった部類のもので新鮮であった。珠璃の特性を活かした作りになっていることは素直に感心するし、アイカツのライブに限界はないなぁと感じさせてくれるところでもある。

『ローズガラスプリンセスコーデ』もこれまでにない配色やアクセサリーの配置で飽きさせない作りだし。珠璃のダンスでは特に手の動きがお気に入り。独特なものがありますよね、フラメンコのリズムやステップって。


aikatsu110_09.jpg
aikatsu110_10.jpg

若かりし頃のママン美少女すぎる。この容姿に加えて演技力もあるとなれば人気が出るのも納得というか自然にそうなるよねぇ。この頃から今に至るまで第一線でずっと活躍してきたとなれば、その知名度や影響力は絶大なものがあるだろうなと。珠璃が「紅林可憐の娘」という視点で見られてしまったのも致し方ないというか。

今後は珠璃自身の輝きで可憐は関係ない「紅林珠璃」個人の評価を得て欲しいという願いもある。
頑張れ珠璃!負けるな珠璃!


aikatsu110_11.jpg
aikatsu110_12.jpg
aikatsu110_13.jpg

そして今回最も恐ろしくも盛り上がったのは間違いなくこの闘牛シーンであった。冷静に考えなくてもおかしいよ、これ!でもそれでこそアイカツだと思う自分は、立派なアイカツ脳。いわゆるアイカツにおけるお約束ネタである崖登りや斧は関係ない新要素。牛ネタと言えばマリアの邸宅訪問時に、きいが言っていた「うしうしうっしー」を思い出すけど、いずれにしてもカオスですね。

しかしこれを見た瞬間に珠璃もあかり達に馴染んだなと確信した。


aikatsu110_14.jpg

久しぶりに故郷の地を踏んだ時に風や空気で懐かしい匂いを感じることってあると思う。
珠璃のように鋭敏な感覚でモノを捉えられるかどうかは別として一般論でね。
ということで今週のアイカツ格言は『故郷の風は熱い』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m