QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

結城友奈は勇者である 第8話「そして物語は外伝と繋がり隠されていた真実が明らかとなる」

yuyuyu08_01.jpg
結城友奈は勇者である #08「神の祝福」

突きつけられたのは一切の救いすら見いだせない現実。
待ち受ける運命を覆すことは可能なのか。
yuyuyu08_02.jpg
yuyuyu08_03.jpg
yuyuyu08_04.jpg
yuyuyu08_05.jpg

大赦への疑惑が確信へと変わり、全ての真実が明らかにされた第8話。勇者部のメンバーが漠然とした不安を抱えながらもこれまでやってこられたのは確信がなかったためでもある。勇者の行きつく先。成れの果て。それを体現した存在である前任の勇者、乃木園子が語る真実は、否応なく友奈達に現実を突きつける。

嫌な予感から誰もが攻撃を躊躇う中、率先して自ら動いた仲間思いの友奈が、同じ境遇に置かれていた園子から真実を聞かされ初めて動揺を隠しきれなくなった姿が印象的。それだけ明かされた真実が重いものであることが伝わってくる。

しかしそれで立ち止まらないのが友奈が友奈たる所以で良いところでもあり不安なところでもある。仲間思い、ともすれば自己犠牲精神に富んでいる友奈の性質はとても危うく不安定足りえる。皆を救うために最後は友奈が…なんて展開は安易に過ぎるから止めてよね!

園子が語った散華の影響。死ぬことはないという勇者の性質。しかしそれを聞いても全く安心出来ないのは全てを失った彼女の姿を見たからだろうか。死なないことは良いことだという友奈の台詞は然り。だが死ぬことよりも辛い生き地獄もまた確かに存在するのだろうと。

身体の一部すら満足に動かせず、何をするでもなくただ時が流れるのを見守るだけ。かつての戦友で親友は自分のことを一切覚えておらず、楽しかった過去の思い出を共有し回想出来る相手ももういない。生きながらにして死んでいる現状の方が物理的な死を迎えるよりも遥かに辛いこともあるとね。

それでもね。美森が自分のことを全く覚えてなくてもかつての戦友と再び巡り合えたことは、園子にとって救いとなり得ただろうか。しかし親友が生きていることの嬉しさを感じるのと同時に、自分が忘れられているという避けようのない現実も突きつけられる。二人の間にある繋がりはリボンを通して微かに残る記憶だけ。うーむ、本当に切ない。

外伝を知っている視聴者は、園子と美森(ここまで来たら須美と言ってもいいのかもしれない)の邂逅を感慨深く感じるだろうし、逆に知らない視聴者は友奈と同じ視点で物語を捉えらえる。どっちであろうと違った楽しみ方が出来る作りになっているのはお見事だなと思うし、これから外伝を知れば一粒で二度おいしい思いが出来る親切設計。

既に退路はなく進む先にも滅亡の未来しか待ち受けていない。果たして勇者が辿る運命を変えることが出来るのか。物語の落としどころは見えてきた気もするが、未だハッピーエンドもバッドエンドも両方あり得る状況。バーテックスとの「延長戦」がこれで終わったなんて最早誰もが思っていないだろうし。常に前向きで挫けない友奈の姿勢が何かを変えてくれることを切に願うばかりだ。


yuyuyu08_06.jpg
yuyuyu08_07.jpg


最初は勇者としての格の違いを見せるために我先にと動いていた夏凜だったけど、今回は違う。同じように見える行動でも、そこに期した思いは仲間を心底心配したからこその行動で嬉しくなってしまう。

友奈と美森が今回知った真実を全員に打ち明けるかは、次回を見ないと分からないが、大赦育ちの夏凛でも既に大赦に対する疑惑は拭い去れないものとなっている。未だ満開を一度も行っていない夏凜の動向にも変わらず注目したい。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
この話、上手いというべきかえげつないというべきか、これでも絶望しかないかというとそうじゃないので、じわじわ首を絞められるような感覚なんですよね。
園子の現状は実際に見ると衝撃的でしたが、しかしあくまで満開を繰り返した場合の結果であって。
2年前より勇者システムは格段に進化していて、仲間も多いのだから満開さえしなければいいのでは?と思ってしまう。
何より戦いは終わったはず、終わってなくてもそんなに大物が残ってるはずはない、と友奈の視点では思ってしまう。

既に障害を背負った……でも、国防の観点から考えると大赦のやり方も理解出来なくはない。
他に国を守る方法がないのだから仕方ない、もっと良い方法があるなら教えて欲しいと言われれば何も言い返せない。
最初から教えられてたら戦いを拒否したかというと、護国思想が根付いてるあの世界で友奈達の性格を考えるとそれもなく、仮に拒否してもより勇者適正が低くて弱い者が代わりを務めるしかない。
知っていれば満開を躊躇しただろうから、5話の決戦で全滅していたかもしれず……理不尽を感じても怒りのやり場がないんですよね。

大赦や神樹様が黒幕で倒せば良いのなら単純ですけど、きっとそうではない感じだから難しい。
1話の劇や前回のお供え物を食べようとした件なんかが伏線だったらいいのですけど。
[ 2014/11/29 12:06 ] [ 編集 ]
Re: それからの名無しさん
確かに視聴者視点ではこの先の展望をどうしても疑うけど作中の人物からすれば一応全てが終わったことになってますものね。しかし全てを隠し園子のようになると分かっていてなお何も教えなかった大赦に対する不信は友奈にも芽生えたのではないかと。縄田で首をジワジワ絞められている感じは確かにありますなぁ。

なまじ護国思想が徹底され大赦と神樹様は正しいものだという認識を持っていた友奈たちが受けた衝撃は、私たちでは測れないくらい大きなものだったのかもしれませんね。自分たちの身体は勿論ですが、それ以上に信じていた世界の根幹が揺らいだことの方が友奈的には辛いのかもしれません。

誰かがやらなければいけない。代わりもいない。それでもやっぱり重い任を託すからには事前に真相を教えてあげていて欲しかった、というのが個人的な心象。余計な前情報を与えることで戦いに気後れすることを危惧していたのだとしても。大人には大人の事情があったのも分かるのですが。

供物である少女たちに救いの道はあるのか。この先更なる辛い展開があるのか。
いずれにしても目が離せず楽しみなことは変わらないので期待しつつ先を待ちたいと思います。
[ 2014/11/29 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2014年秋アニメ簡易感想 その6
今回は「デンキ街の本屋さん 9話」、「結城友奈は勇者である 8話」の感想です。 結城友奈は勇者である 1 [Blu-ray](2014/12/17)照井春佳、三森すずこ 他商品詳細を見る
[2014/12/01 21:39] 新しい世界へ・・・
どんな願いがあったの?/selector spread WIXOSS9話他2014/11/30感想
<記事内アンカー> selector spread WIXOSS 第9話「その別れは唐突」 結城友奈は勇者である 第8話「神の祝福」  日が変わったので(ry
[2014/11/30 00:52] Wisp-Blog
結城友奈は勇者である 第八話「神の祝福」
評価 ★★ やったね友奈ちゃん 仲間が増えるよ!         ということで、
結城友奈は勇者である #08 「神の祝福」
勇者のシステムがかなり見えてきた。「結城友奈は勇者である」の第8話。 バーテックスの生き残り討伐の命が大赦から下りて端末も戻される勇者部。 まとまってきたバーテックスも撃退した勇者部なら一体や二体来た所で 恐くはないとタカを括る。 風だけではなく友奈、美森、樹にも新しい精霊が増える。 せっかくアップデートされたのに自分だけ・・・と夏凜。 が、バーテックスがなかなか現れず大...
[2014/11/29 15:13] ゆる本 blog
結城友奈は勇者である TBS(11/28)#08
第8話 神の祝福 公式サイトから勇者部の慌ただしい日々は続いている。 再び勇者となる5人。生き残りと聞いて数が少ないと思い込んでいる。 2学期となり、全然音沙汰の無いバーテックスの出現。満開した4人には精霊が増えていた。樹海化警報発令。一体だけが接近、以前に樹が倒したジェミニ・バーテックス。気合を入れるが戦闘で負傷が増えるのではないかと不安で 臆する5人。夏凛が向かっていこうとするが友奈が真...
[2014/11/29 11:11] ぬる~くまったりと
結城友奈は勇者である 第8話『神の祝福』 キャプ付感想
結城友奈は勇者である 第8話『神の祝福』  感想 (画像付) 残酷な勇者システムの事実…。 友奈たちはそれを知っても戦い続けるしかないのか…。 美森ちゃんが覚えてないけど、園子とは友達だったのでしょうかね。 勇者部の慌ただしい日々は続いている。 再び現れたバーテックスを倒した友奈と美森は、別の場所に呼ばれる。 前任の勇者、乃木園子から語られる…勇者システムの秘密。
[2014/11/29 10:02] 空 と 夏 の 間 ...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m