QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第22話「めが弟を自称した雨宮君の行動が限界に挑戦しているようにも映る」

pripara22_01.jpg
プリパラ #22「学園祭でライブクマ~!」

敬愛する南委員長のためならどんな行為も厭わない!
しかし雨宮君の行動は一歩間違えれば立派なストーキング行為。
pripara22_02.jpg
pripara22_03.jpg
pripara22_04.jpg
pripara22_05.jpg

普段から内容は濃いプリパラなんですが、今回はいつにも増して中身が濃かった気がする。ソラミスマイルとドレッシングパフェの双方が新曲を披露したり多種多様なコーデが出てきたというのもあるけど、それ以上に校長や雨宮くんの奇行が目立っていてそちらに意識を持っていかれる。周囲の人物に焦点が当たりながらもインパクトのある内容に仕上げてしまえるのがプリパラがプリパラたる所以だろうか。

今回はパプリカ祭でプリパラライブの生中継を行うということで、プリパラを嫌悪する校長のお膝元でイベントを行おうというのが肝だった。ここに来て校長が何故プリパラをここまで忌避するのかという理由に迫りそうで、物語全体として見ても一つの大きな山場を迎えそうな感じがする。

1クール目がそふぃの解放と加入を描いていたとすれば、2クール目はライバルチームの登場と校長の話に一つの区切りを付ける部分なのかなと。その後は、ファルルが本格的に絡んできてプリパラ世界全体を通したスケールの大きい話になっていくのかなという予想。校長の話はまだ引っ張る可能性もありそうですけど。

みれぃが校長に得意の校則でやり込められながらも雨宮くんや両親を筆頭に、仲間や周囲の人物の協力を経て状況を打開していく様は、最後の最後で孤独に打ちひしがれている校長の姿と対照的であり、これこそが校長が手に入れることの出来なかったものだと印象付けられる。

校長がその心中を明かさない限り詳細は分からない。しかしこれまでの話と今回の話で校長の身に何が起こり、どうしてプリパラを嫌悪するかの理由は、ある程度推察することが出来るのではなかろうか。

今回みれぃ達がやったことこそが、かつて校長が出来なかったことなのではないかなとね。故に誰よりもプリパラを否定し、友達の存在を認めようとしないのだろうと。今でも既に一線を越えてしまってる感のある校長が、吹っ切れたその時どのような事態が巻き起こるのか。大神田グロリアのプリパラ規制と復讐が本格化しそうなのが怖くもあり楽しみでもある。


pripara22_06.jpg
pripara22_07.jpg

今回校長と張り合えるくらいの存在感を放っていたのが、みれぃに心酔している雨宮君であろう。これまでも少しヤバいかなぁという雰囲気は纏っていたけど、今回遂に一線を踏み越えてしまった感じはする。一歩間違えればストーカー行為、しかしそれも全ては敬愛するみれぃのため!いや、その思考が既にストーカー気質なのだろうか…。

しかしプリパラ世界に直接関与こそ出来ないながら、影ながらみれぃを支える一途な姿勢には好感を持てる。めが弟を自称したことだし、レオナのようにアイドルデビューとは行かずとも、めが兄ぃのアシスタント的な立場でプリパラ世界に介入してくれないものだろうか。もちろんアイドルデビューするならそれはそれで…。プリパラの神様、雨宮くんにもどうかプリチケを届けてやって下さい。


pripara22_08.jpg
pripara22_09.jpg
pripara22_10.jpg

一気に新曲二曲披露!キャラソンCDを発売した直後の回で投入してくるところが少し憎い!
でも新しい曲や振り付けをCGで見られることはやっぱり嬉しいものです。今回も動くね~。

特にソラミスマイルの新曲『HAPPYぱLUCKY』におけるケンケンの動作が可愛くて癒される。
先週はクールモードを披露したそふぃ様もしっかりやってて感慨深い。
ライブが終わったあとは、動きすぎた反動でファンシーモードになってましたけど。
トキメキプレゼントフォーユー』の三人バージョンも見られたし言うことないなぁ。


pripara22_11.jpg
pripara22_12.jpg

出る度に格好よさと怪しげな魅力が増していく我らのめが兄ぃですが、そのめが兄ぃに会った時のレオナの反応が気になって仕方ない。前の時はレオナが男の子であることが判明する前だったからまだ分からなくもない。いや、振り返った時におかしくなっちゃうけど。しかし今回はもう真相が明かされた後な訳で、それでもなおこの反応をする意図は…。深く考えたら負けか。

年上の大人の男に対する純粋な憧れということにしておこう。真摯で紳士的な対応してくれて格好いいもんね、めが兄ぃって。レオナも今回は「男の子」に夢を見せてあげたいと言っていたしメイキングドラマの時もそうだった。既になっている気もするが、是非とも男の子が憧れるような存在になっていって欲しい。


pripara22_13.jpg

どこかで見たようなトレーラーが…。はい、レインボーライブでDJ.Cooさんが華麗に乗り回していたあのトレーラーですよ。相変わらずの充実した機能美溢れる変形っぷり!クーさんが出てくるかと一瞬期待したけどそれは叶わなかった。残念。

でもこれでプリパラ世界に入らなくてもライブを行える場所を得たことにはなるんですよね。プリズムジャンプやライブのように派手な動きをすることもないのがプリパラですし。リアル世界でメイキングドラマを再現できるかは疑問だけど。本気を出して取締りを行いそうな校長の規制に対するキーになるかも。今後も使いどころがあるのではないかな。


pripara22_14.jpg
pripara22_15.jpg
pripara22_16.jpg

パプリカ学園の校則の内容に今更突っ込むのは野暮だと分かっている。だが、それでも言わせて欲しい。前回の感想でも最後の方で触れたけど、パプリカ学園の銅像に関する規定はよく分からんぜよ。銅像の前でくしゃみをするのはNGなのに、銅像に乗っかったり旗を突き刺すのはOKだなんて…。

そこのところどうなんですか!?南風紀委員長!

ただでさえカオスなのに今回は新たに校長先生則なんてものまで出てきましたしね。
まだまだ校則の深淵は計り知れないものがあるぞ…。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリパラ 第22話『学園祭でライブクマ~!』 キャプ付感想
プリパラ 第22話『学園祭でライブクマ~!』 感想(画像付) 学園祭で対決! 校長の邪魔も乗り越えて実施するが、いよいよ校長がヤバくなってきました。 次回はプリパラ最後の日って(^^;   学園祭に向けて、パプリカ学園はどこか浮かれた空気に。 目玉イベントとしてプリパラライブの中継イベントもあると知り、 たくさんの生徒が期待に胸を膨らませていた。 ところが、大神田...
[2014/11/30 02:46] 空 と 夏 の 間 ...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m