QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第112話「いちごの被り物はインパクト大!大スター宮いちごまつりの告知は完璧だ!」

aikatsu112_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #112「GOGO!いちご応援隊」

一大イベント『大スター宮いちごまつり!』開催直前!
大きな転換点を前に当事者であるアイドル達が得るものは果たして。
aikatsu112_02.jpg
aikatsu112_03.jpg
aikatsu112_04.jpg
aikatsu112_05.jpg

劇場版の内容と直接繋がる映画連動エピソード。内容的には映画の前日譚的な内容であるのと同時に、裏側の部分を描いていたと言った方がいいのかもしれない。

映画本編で活躍するいちご世代を表側とするなら、今回はそれを影ながら支えるあかり世代が、この一大イベントに際し何を思いどういう考えの元に動いていたのか。それを意識させる内容であったのかなと思います。映画を見る前と見た後で印象が変わったり新しい発見がありそうなのも魅力の一つかなと感じた回でもあります。

個人的に映画のテーマの一つに「継承」というものが挙げられるのかなと思っているのですが、今回もソレイユの三人からあかり達三人へのメッセージが至る所に散りばめられていて、その印象を強固なものにしてくれている。それは直接的なアドバイスであったり、仕事に対する姿勢を見せることであったりと様々な形で行われていたが、先輩たちの言動から何かを学ぶ、得るという点で共通している。

そこから生じた「いつかはソレイユのように三人で活躍したい」というあかりたちの思い。しかし、あおいの明かした「一緒に居ることの方が少ない」という事実が、仲良しでいることだけでは自分たちのようにはなれないと暗に伝えているのが強烈。

そしてそこから考えあかり達が至った各々が得意分野を伸ばし、その上で「個性」を融和させることで魅力を最大限に引き出しあうという答えは、ツウィングスがトゥインクルスターカップ直前に至った「和音」の考え。あかり達が至った結論は、かつていちご達がライバルとの切磋琢磨を得て至った結論と同じものである。

大スター宮いちごまつりはアイカツ界の歴史に残るというのは、あおい姐さんの言。それは一つの大きな転換点でもあり、美月からいちごへの継承が成されるのと同時に、いちごからあかりへの継承もあるのではないかなと。個性を伸ばすという新たな目標を抱いたあかり達にとっても、この大イベントは大きな一つの転換点になると言えるのではないだろうか。

いちごにとってはこれまでのアイドル活動の集大成。あかりにとっては新しい出発点。それぞれ大スター宮いちごまつりにおいて見出す意義は異なるかもしれないけど節目になるという意味では両者共通してるのかなと。そんなことを思わされたエピソードでありました。

ということでハロウィン回以来の新旧主要メンバー6人が勢揃いになった回でしたが、先輩後輩のやり取りは純粋に微笑ましかった。映画連動エピソードということでソレイユ、特にいちごに焦点が当たっていた回でもあったが、アニメの本編で軸になるのはやっぱりあかり達なんだなと思わされた回でもありました。

憧れの先輩たちとの共通の仕事、共同作業を得て新しく得るものがあった得た彼女たちが、今後のエピソードで更なる飛躍を遂げることを願ってやまない。何はともあれ劇場版が楽しみです。自分は公開初日に観に行ってきますぞ。


aikatsu112_06.jpg
aikatsu112_07.jpg

やっぱりアイカツの真の主役はいちごちゃん!そう言わんばかりの貫録のライブシーンであった。
美月さんと同じく既にレジェンドの領域に入りつつあるような気がしてくる。

改めて1話の頃のCGと見比べると格段に技術の進歩を実感出来ますな~。
そしてここであかりちゃんのイメージが強い『Let's アイカツ!』はズルいよう。
あかり達に対する強烈なメッセージはライブでも伝わったのではないかな。


aikatsu112_08.jpg

今回一番印象に残ったシーンが、記者たちの質問責めに困惑していたあかり達三人。
それをステージ袖から見守っていたソレイユの三人の姿でした。

普段はクールだけど表立って心配する様子を見せたのが蘭ちゃん。想定外と言いつつ冷静を保っていたあおい姐さん。そして事の成り行きを黙って見守り静観する姿勢を崩さなかったいちごちゃん。このシーンはそれぞれの性格というか個性が出ていて興味深かった。三人ともちゃんと先輩やってて嬉しくなりますな~。


aikatsu112_09.jpg
aikatsu112_10.jpg
aikatsu112_11.jpg

いやね、アイカツでインパクトのあることをやろうとしたらもう並大抵のことじゃ駄目なわけですよ。
普段から崖登ったり斧振り回したりするくらいなので。でも今回のいちごの被り物はインパクトありましたわ。
冷静に見たらアイドルアニメとしてあり得ない画なのにアイカツとなったら納得出来るのだから凄いよね。

何だかんだと文句を言いつつ満更でもない様子でちゃんと被る蘭ちゃんは流石ですな。
でも一番プロフェッショナルだったのは企画会議の時もたった一人でこれを被り続けたあおい姐さんだろう。
流石いちごちゃんのファン第一号を自負するだけありますね。その愛の深さ、穏やかじゃない!


aikatsu112_12.jpg

何事においても身体が資本!特にアイカツのアイドルならば尚更だ!
本編中でも朝食でのり弁二つを平らげたいちごちゃんの大食いっぷりは健在。
食事をしっかりとってテンション上がるのなら言うことなし!
ということで今週のアイカツ格言は『のり弁でノリノリ!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m