QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第114話「伐採伝説は三度蘇る!大空あかりの振るう斧が新たな伝統を紡いでいく」

aikatsu114_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #114「ハッピーツリークリスマス☆」

クリスマスと言えばやらねばならないことがある。
新世代の伐採は次世代を担う少女達に夢を与えられるのか。
aikatsu114_02.jpg
aikatsu114_03.jpg
aikatsu114_04.jpg
aikatsu114_05.jpg

今や普段アイカツを見ていない人ですら斧と伐採は知っている、というくらい作中においても現実においても認知度が広まったクリスマス回。この恒例の儀礼を通過しないと最早年を越せないくらいにお馴染みのものとなりましたが、今回は初心に戻ってスターライト学園の単独開催。

3rdシーズンに入って以降、ドリアカの出番が本編ではないだけに、ここで出すかなと思っていたけど残念ながらそれは叶わなかった…。劇場版では活躍してるのでドリアカの勇姿を見たい人は劇場版見ようぜ!という再度の宣伝。もしくは去年のクリスマス回でも良いので是非。

どうしてもその見た目のインパクトや派手さからネタとしてのイメージが先行してしまいがちだが、元々はいちごの同級生アイドルである中山ユナの思い出を再現するための伐採だったのであって、何の脈絡もなく斧を持って冬の山中に赴いたわけではない。

あくまで友達のための行動であった訳で、今回にしても実は誰よりもあのツリーの再現を望んでいた珠璃の要望に応えるという形で、あかり達が動いていたという点は共通していてそこは好印象。勿論あかり本人がいちごの辿った軌跡を追いたいという気持ちも強かったと思いますけどね。

都合3度目のクリスマス回で更に3rdシーズンに入ったこともあって、忘れかけていた最初の理由を回想によって補うことで、最初から見ていた視聴者のみならず途中から視聴に入った層にも優しい作りになっていたように感じる。クリスマス回は12話、62話と過去に二度あったけど今回は特に最初の12話の流れが至る所で踏襲されており、この回を見た後で12話を見直すと色々と新しい発見があるかと思う。

準備段階のおとめのつまみ食い、アイドルに斧を授ける涼川さん、斧とのこぎり片手に冬の山中を行軍する新人アイドル、その全ての行程を見届ける井津藻ディレクターなどはその筆頭であろう。作中時間で3年前と変わったこと、変わっていないことが色々なところで感じられて感慨深いです。これは長期シリーズの利点の一つと言えるところかもしれない。

いちごの伐採姿に心を打たれた幼少期のあかりと珠璃には多分に突っ込みを入れたいところだが、この世界においてはこれが日常。一応12話の時点で涼川さんが至ってまともで常識的な突っ込みをいちごに斧を渡す際にしていたが、今やその彼すら諦め気味にこの新たな伝統を受け入れつつあるのが面白い。

涼川さんのみならず、天羽さんや井津藻ディレクターを始めとしてクリスマス回に縁のあるキャラほど響き渡る伐採の音に聞き入っていて彼女たちの気持ちは視聴者と同じものなのかもしれないと感じるところ。

ブートキャンプ回では斧を扱いきれず、いちごの助けを要したあかりが、今回はスミレとひなきの力を借りながらも見事に務めを果たしやり切った。これがあかりがアイドルとして独り立ちして歩き始めたことを暗に示しているのかなと考えると、一見むちゃくちゃに見える斧や伐採も、アイカツらしい成長や繋がりの表現の一種として捉えることが出来るのではないかとね。

崖登り同様、こうしてまた一つスターライト学園の新しい伝統が受け継がれていくことになって何より。このあかり達の伐採を目撃した次世代を担う少女たちが、スターライトに入学しこの伝統が受け継がれていくことになれば良いね。あおい姐さん言うところの穏やかじゃない伝統行事の数々。その全ての創始者たる星宮いちごは、やはり美月の後を担うレジェンドアイドルの一人だと改めて実感させられた回でもありました。


aikatsu114_06.jpg
aikatsu114_07.jpg
aikatsu114_08.jpg

日常パートが濃すぎて印象が薄れてしまうかもしれないけど、忘れちゃいけないライブパート。いや、こっちはこっちで本当に重要な要素満載だったわけでね!主要キャラ三人が初めて同時に舞台に上がったライブステージ、ひなきのプレミアムドレス『クララキャロルコーデ』のお披露目、ロマンスアピール等々。

これまでクリスマス回の恒例曲となっていた『We wish you a merry Chrismas AIKATSU! Ver.』から新曲『はろー!Winter Love♪』に変わったことも見逃せない。世代交代したこともあるし新たなクリスマスステージの可能性が色々と見えたライブでもあったのではないかと感じました。


aikatsu114_09.jpg
aikatsu114_10.jpg

新旧主要キャラ6人の伐採シーン。実は今日の放送を見る前に12話、62話、80話の復習をしていたので以前のクリスマス回の記憶も鮮明なのですが、今でこそレジェンドのいちごちゃんも当時は斧の扱いに苦戦していたことが印象的。おとめちゃんを合わせてあの時は4人で赴いたので今回も珠璃ちゃんを含めて4人でも良かったのではないかと思ったりもした。

当時は蘭ちゃんの「これアイカツか?」という台詞に迷わず賛同していた自分だが、今回ひなきちゃんが発言した同様の台詞には自信を持ってこう言い返せる。「そうだ、これがアイカツだ!」と。この2年の間、色々なことがありすぎて感覚が麻痺してしまっている視聴者は多いのではないだろうか。


aikatsu114_11.jpg
aikatsu114_12.jpg
aikatsu114_13.jpg

新人アイドルが先輩アイドルの1日マネージャーを担当する回でも新しく生まれる奇妙な伝統に困惑していた涼川さんを悩ませる要素がまた一つ。クリスマスにアイドルが自分のところにやって来たら、事情を察するあたり涼川さんもまた染まってしまっているのかもしれない。こうして穏やかじゃないスターライト学園の伝統は着実に次世代へと受け継がれてしまったのです。


aikatsu114_14.jpg
aikatsu114_15.jpg

劇場版を見た後だとあかりとセナツバの一つ一つやり取りが、もう気になって気になって仕方がない。今回の訪問時にあかりが頬を染めていたのだって劇場版でセナツバがあれだけ顔を近づけたことを意識してるのかなーとか思うと妄想が止まらない。

クリスマスの夜に一人ラーメンを食べているという意外すぎる姿を披露して視聴者の心を鷲掴みにした瀬名翼くん。今作においてはカップリングとかあんま気にしてない自分だけど、この二人の動向は今後も注目していきたいなと改めて思わせてくれた。


aikatsu114_16.jpg

冬の山中に軽装で挑み斧とのこぎりで大木を切り倒すという、およそアイドルとは思えない数々の行動。
これだけのことをやってのければ大変な一日だし今後何があっても忘れられないクリスマスとなるだろう。
「来年も楽しみ!」というあかりちゃんの台詞そのままに、次のクリスマス回に期待して1年待ちましょう。
ということで今週のアイカツ格言は『クリスマスを楽しもう!』。


aikatsu114_17.jpg

色々ありましたがこれにて2014年のアイカツの放送全て終了と相成りました!年末年始の特別企画とかないよね…?長期シリーズの今作ですが今年は特に世代交代や劇場版の公開もあって例年以上に激動の年だったのではないかと思います。

個人的なことを言えば今作の為に復活した経緯もあるので、やはり今作に対する思い入れは他作品に比べるとかなり強いものがあります。色々と手さぐりな状態で安定しない感想形態でしたが、更に今作に対する愛着が湧いてやって良かったなぁと今では思えているのですよ。

世代交代を果たしますますパワーアップしていくアイカツ。2015年も色々と楽しませてくれることは間違いないと思うので更なる飛躍に期待しましょう!あかりちゃん達が「カロリーの悲劇」回のようなことにならないことを祈りつつ、2014年のアイカツ感想を締めくくりたいと思います。それでは良いお年を!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m