QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第115話「珠璃と共にルーツを辿ることで改めて見えてくる大空あかりの魅力」

aikatsu115_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #115「ほっこり☆和正月」

新年一発目から珠璃ちゃんの魅力が大爆発な回で非常に良かった。
あかりパパも強烈な個性を放ち良いキャラしておりました。
aikatsu115_02.jpg
aikatsu115_03.jpg
aikatsu115_04.jpg
aikatsu115_05.jpg

鮮烈な登場を果たしたものの活躍分野がドラマということもあり、中々あかり達との親交を深める機会が訪れなかった珠璃との交流回。年始で自宅に戻り緊張から解き放たれることで、普段と異なり互いにアイドルではなく一人の人間として接することで、一気に距離が縮まった印象を受けました。この時期特有の空気や舞台装置、あかりの両親の存在を非常に効果的に使っていた話だったのではないかと思います。

あかりの両親、特に父親とあかりの絡ませ方が印象的でした。友達を家に招待した際に親の言動を見られることの何とも言えない恥ずかしさ。あかりのそういった年相応な自然体の面を引き出していたのがあかりパパであり、同時にそれがアイドル大空あかりの最大の魅力に繋がっていることが面白い。

あかりと珠璃が親交を深めていく中で、あかりの何が人を惹きつけるのかを珠璃が見出す流れが非常に良かった。珠璃と共にあかりのルーツを追うことで、あかりの本質的な強さや魅力的な面を改めて再認識させる構成も素晴らしいと思う。あかりの姿を見て再度決意を表明する珠璃の姿が非常に印象的でした。正月は新たな目標を抱く節目の時期でもあり時期的な点からも珠璃の決意を深く印象付けている。そしてこれこそが主人公をあかりに交代した大きな意義の一つだと感じる。

どんな時でもめげず挫けず諦めない。これがあかりの最大の魅力でアイドルとしての武器でもあると思うのです。いちごと異なり才能には恵まれないかもしれないが、それ故にひたむきに努力するその姿勢が、周囲の人間を勇気づけ奮い立たせる。それはいちごにも不可能なあかりにしか出来ないことではないかというようなことを96話か97話辺りの感想で書いた覚えがある。

今回の珠璃はまさしくこれに当て嵌まるんじゃないかなと。主人公あかりの努力が実を結び他人を動かした瞬間であったように感じたのです。どん底だったあの時の話に触れられた上で、珠璃に認められるという点もあかりにとっては非常に大きなことだったのではないだろうか。今回は珠璃のキャラの掘り下げと親交を深める意味合いが強かったと思うけど、そういう意味ではあかりメインの回だったと言えるのかもしれません。

何にしても普段は見られないオフ時の珠璃の姿は新鮮でそれが見られただけでも嬉しいものがある。親しい人と過ごす時こそ、素の状態が現れるものだけど、今回の家族と触れ合う状況はその最たるものだったといえる。良い意味でアイドルらしくないというのも、あかりの魅力の一つかなと思っていて、それを引き出してくれた両親にも感謝しかない。

あかりに関しては普段通りだったと言えるかもしれないけど、それがいつも以上に高まっていた感じです。珠璃のライブ後の両親との会話シーンにおけるあかりの姿はおよそアイドルっぽくないけど、それが彼女の魅力だと改めて思わせてくれました。

女の子は誰でもアイドルになれる。それを地で行き体現するあかりの今後の活躍に期待大!
2015年のアイカツ。最高の形でスタートを切れたのではないでしょうか。今年も楽しみだ!


aikatsu115_06.jpg

お正月特製アバンお披露目!去年も構想自体はあったようですが、実現できず今年ようやくお披露目の流れになったようで。こういう季節感に溢れる導入は良いものですね~。この部分に関しては遊ぶ余地があるだけに、今後も何らかのイベントの際には特殊仕様を持ってくるのも見たい。とは言えやり過ぎると価値が薄れるので程々が一番なのでしょうけど。

節目の変更を除くと25話のジョニー先生、51話のおとめ・あおい・蘭以来の特殊仕様になるんじゃないかな。
そう考えるとやっぱりそうそうお目には掛かれないレアな光景であったんだなーと。


aikatsu115_07.jpg
aikatsu115_08.jpg
aikatsu115_09.jpg

地質学者もとい相当の土マニアだったあかりパパのキャラも個性的で凄く良かった。珠璃に見られたくない一心で父親を止めたり引いたりするあかりの姿は新鮮で非常に素晴らしいものがある。普段はアイドルだけど一度家に戻れば至って普通の年頃の女の子なんだということを感じさせてくれる良いシーンでした。

やっぱり家族にしか見せない面って誰にでもあって、それはあかりであっても例外ではないんだなと。
普段他人に対して文句を言ったり強く当たることがないだけにですね。このシーンは本当に良かった。

aikatsu115_10.jpg
aikatsu115_11.jpg
aikatsu115_12.jpg

今回の一番のニヤニヤポイントはあかりの部屋での珠璃との会話シーンでした。これまで絡みが少なかった珠璃が気さくに話しかけるだけでもお腹一杯なのにね。髪を下ろしたお風呂上がりの姿とか破壊力が高すぎて反則ですぜ。

どっちで寝るという会話の流れにしても「一緒にベッドで寝ることは既に確定なんだ」と誰もが思ったのではないだろうか。実は寝相が悪かったというカミングアウトも珠璃の好感度アップに一役買っていて一気に彼女のキャラが等身大になったのではないかと感じたところ。寝言で「グラシアス!」って叫ぶところをちょっと見たかったとか言えない。

相部屋のスミレちゃんでさえ一緒のベッドはまだないだろうに…。
このことを知ったら穏やかでいられないスミレちゃんの姿を妄想するのもまた一興。


aikatsu115_13.jpg

あかりちゃん達くらいの年頃が一番親との付き合い方が難しい時期ではないかと思う。
しかし変わらず見守ってくれる両親がいたから今のあかりちゃんがあるのもまた事実。
たまにでいいから一緒に何かをするだけでパパは色々と救われ幸せになれると思うのですよ。
ということで今週のアイカツ格言は『パパと歩こう!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m