QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第118話「予想以上に可愛らしい反応を示してくれた藤原みやびの魅力に惹かれる」

aikatsu118_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #118「みやびなアイカツ!!」

第三勢力から交換留学という形で飛び込んできた新たなる新星。
藤原みやびの存在はあかり達のアイカツに如何なる影響を与えるのか。
aikatsu118_02.jpg
aikatsu118_03.jpg
aikatsu118_04.jpg
aikatsu118_05.jpg

スターライト学園、ドリームアカデミーに続く第三勢力のアイドル学校の登場。そして姫桜女学院から交換留学生という形でスターライトにやってきた藤原みやびの登場回。既存の両校に属さないアイドルという時点でこれまでとは一線を画する存在であり、また彼女が抱えていた悩みも、他のアイドルとアイドルになった経緯の違いから独自性があり趣がある。ひいてはそれがあかりとの対照性を浮き立たせるものになっているのが面白い。

スターライトとドリアカの経営理念の違いについては、95話でも示されたところである。しかし基本的に異なる経営理念を持つ両校に共通している部分もあって、それは自分の意思でアイドルになると決意した者が、自らの足でその門を潜りアイドルの世界に踏み込んでいること。そしてここがスカウトという形でアイドルになったみやびと他のアイドルとの決定的な違いでもあると感じたところです。

故にそこに起因する悩みを抱えるみやびの悩みを解消し、新たな一歩を踏み出させるという意味において交換留学という形は正にうってつけに思える。交換留学を行うのも別に取ってつけたわけではなく、上述した経営理念の下地があってのことなので、設定をきちんと踏襲した上で上手く作り込んでいるなと感心してしまいます。

初めは自分の意思ではなくスカウトを受けてアイカツの道を歩み始め、僅か2ヶ月でスペシャルアピールとプレミアムカードを自分のものにする。みやびの歩いてきた道はどの点を取って見てもあかりのそれとは対照的。しかし技術もある彼女が思い悩んでいたのは自分にしかない「個性」を見出せないことであった。そのみやびに欠けている「個性」が、あかりが唯一当初から持ち合わせていたものになっているのがまた面白い。

勿論当初のあかり自身にその自覚はなかっただろう。オーディションキャラバンであかりに他のアイドルにない光る個性を見出したのは、他の誰でもない憧れのいちごであり、技術も個性もないことで思い悩んでいたのがかつてのあかりだった。それはスペシャルアピールの特訓回で描かれていたことであるが、それらを得るために思い悩み苦しみながらも乗り越えてきたあかりだから、みやびの心に響く言葉を届けられたように思います。

一度は通常の入学試験にすら落ち、何もないところから一歩一歩進んできたのがあかり。その歩んできた道や境遇はみやびとは対照的。しかしアイドルとして生き残るためにそれらの要素としっかり向き合い、取り組んできたあかりだから出来ることもある。ここ数話でやってきた自分らしさを求めて歩む道を決めたあかり達のエピソード。直後にみやびを登場させるというタイミングがまた上手いと思います。

何はともあれあれだけ自分はアイドルに向いてないと思い悩んでいたあかりが、他者に対して「オンリーワンなアイドル」と自信を持って励ましているのが感慨深い。今回は2ndシーズン終盤から3rdシーズン序盤に掛けて築き上げてきたものが、一つ結実した回であったように感じて素晴らしかった。

みやびのキャラを取っても硬派で堅い見た目とは裏腹に、人知れず物真似して照れたり可愛いと言われて慌てふためいたり唐突に土下座するノリの良さ等々。良い意味で期待を裏切る年相応の可愛さも見せてくれて嬉しくなってしまいました。早くも愛着が湧いてしまった気もするが、期間限定の交換留学というのがネックですね。ユウが戻ってこない事態になったらそれはそれで困ってしまうのですが(笑)

いずれにしてもみやび自身の活躍、そして彼女が加わることで影響を受けるスターライト勢の新たな一面が見られることに期待です。素晴らしき藤原みやび登場回でありました。


aikatsu118_06.jpg
aikatsu118_07.jpg
aikatsu118_08.jpg

みやびのライブステージと『薄紅デイトリッパー』は、第65回紅白アイカツ合戦においてお披露目されていたので、厳密に言えば初出ではないのかもしれない。しかしアニメ本編においては紛れもなく初であり、またCGクオリティも相まって、あの時以上の感動がありました。アニメで出してくれて本当ありがとうございます!

新ブランド「桜色花伝」のプレミアムドレスとステージも和テイストで統一されていて良い。サビの部分から二つ目の扇をバッと出すところが堪らなく好き。薄紅デイトリッパー早くCDに収録されないかしら。


aikatsu118_09.jpg
aikatsu118_10.jpg
aikatsu118_11.jpg

人知れずおとめちゃんの「らぶゆ~」を真似して発見されるや否や「見るな!」と怒り出すみやびちゃん可愛すぎか!見た目から受けるお堅いイメージが完全に払拭された瞬間でもあり、同時に彼女が愛されるべきキャラの一人として認知された瞬間でもあったように思います。

それを引き出すきっかけを与えてくれたおとめちゃんはやはり偉大な存在であります。
スターライトクイーンは伊達じゃない!おとめちゃんらぶゆ~。


aikatsu118_12.jpg
aikatsu118_13.jpg

これまでも数多くのアイドル達を陥落させてきたあかりちゃんの攻略速度は半端じゃないですぜー。悩めるアイドルに寄り添い手を取って傍で励まし続ける。かつていちごちゃんがやっていたことをあかりちゃんもやっていて、こういうところでも憧れの先輩から継承しているのだと思わされるのです。

何はともあれこうしてまた一人、大空あかりの魅力を前にして陥落してしまったのである。
これでみやびちゃんも仲間入り。


aikatsu118_14.jpg
aikatsu118_15.jpg

スターライト学園の制服のスカートが短いことに突っ込んでくれてありがとう!割と序盤の頃からこの長さだと中が見えるんじゃないか…的なことを思いつつ、それは言ってはいけない暗黙の決まりと思って口に出すことは出来なかった。

しかし遂に作中で客観的な立場に居るみやびが突っ込みを入れてくれたので、アイカツ世界の通常の感性を持つ人から見るとやっぱり短いんだということが確信出来て良かった。そんな熱く語ることでもなかろうに…という突っ込みは無しの方向で。みやびがスターライトの制服を着用する日が訪れるのが今から楽しみになりました。一回くらいは見たい!


aikatsu118_16.jpg
aikatsu118_17.jpg

みやび登場に合わせてOPのカットが珠璃からみやび単独のものへと差し替えられていた。こういうストーリーに合わせた映像の変更は好きなのですが、珠璃の出番が減るのではないかという一抹の不安が…。でも今回も出番あったしクレジット上でもみやびより珠璃の方が上に来てたのでその点は問題なかろう。

むしろ心配なのはドリアカ勢だよ!ただでさえ出番が減ってるのに新しいアイドル学校が出てきて今後どうなってしまうのかと。いや、進級を機に一気に出番が増えるって信じてるから。真打ちは遅れてやってくる的な展開になる…と良いよね。


aikatsu118_18.jpg

みやびが一線を画していたのはアイカツ格言においても同様だった!
折り紙で作ったウサギという小物まで用意されていて若干優遇されている感じがある。
ともあれみやびのアイカツはここからが本当の始まり。到達点はまだまだ遠いところにある!
ということで今週のアイカツ格言は『アイドル道を究めよう』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m