QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第119話「一歩を踏み出す勇気!アイドル道を究める道のりも全てはその一歩から!」

aikatsu119_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #119「ナデシコの舞い!」

憧れの世界は一歩を踏み出したその先に広がっている。
思い切って踏み出すことも時には必要なのです。
aikatsu119_02.jpg
aikatsu119_03.jpg
aikatsu119_04.jpg
aikatsu119_05.jpg

和のテイストを全面に押し出しているアイドルとして新たに登場したのが藤原みやび。彼女がお披露目された時点から同じ系統に属するさくらとのキャラ被りをずっと懸念していたのだけど、逆にこの二人が共演を果たす回が楽しみでもあった。その意味で今回は夢の共演回でもあり、伝統を重んじる共通性を持つが故に出来る先輩からのアドバイス。そして二人の共通性を見出し、その上で差別化が図られた回でもあったように感じた。

ゲストキャラとして登場したみやびに憧れる格好良い女の子の城沢トモヨの存在が、現状のみやびに与えた影響も大きく存在感を放ちながら上手く機能していた印象。デビューしたての今だからこそ、自分がファンに大きな影響を与えることがあると実感することで、改めてアイドルとして活動する意義をみやびが得ることにも繋がっていた。

自分を応援するファンとの接触と交流。そしてそこから何かを得るというのは、いちごやあかりを始めとした多くの先輩たちが通ってきた道でもあり、それを踏襲していたようにも感じます。

歌舞伎の世界からアイドルを志したさくらと、スカウトという形でアイドルの世界に飛び込んだみやび。形は違えど初めからアイドル道を邁進していたわけではないという点で二人は共通していて、その道に勇気を持って踏み出したさくらの言葉だからみやびに響くのだと。

初めの一歩は誰だって怖い。でもそれをやってきたさくらの言葉だから説得力を伴うように感じる。これは最初からアイドルになろうという思いを抱いてこの道に入ってきた他のどの先輩にも出来ない役回りではないかと感じます。キャラの特性をある程度類似させたのは、このためでもあったのかなと思える。

また文字を打つのが苦手という古風なみやびらしい弱点を披露することで彼女のキャラが掘り下げられ、最終的にそれが彼女独自の路線に繋がっていたのは印象的。ネットを有効的に活用して世界に発進していく和テイストアイドル。新しい!ヒカリとも違った路線のアイドルが誕生した瞬間ではなかろうか。

唯一残念だったのは、今回のライブステージがみやび単独でさくらのライブがカットされてしまったことだろうか。さくらの久しぶりのライブもさることながら、それ以上に二人が同じステージに立つところを見たいとずっと思っていたので。

今回の話の流れ的にみやびがスターライトの制服を着用するかと思ったのでそれも予想外と言えば予想外。これに関しては今回の中でも伏線と思しき描写があったので、交換留学の期間が終わる前にその姿を見られるかなと淡い期待を抱いている。ライブにしてもスターライトの制服にしても今後の話の中で実現する日が来ると良いですなー。


aikatsu119_06.jpg
aikatsu119_07.jpg
aikatsu119_08.jpg

メールの文字打ちが苦手で遅い。最近の子らしからぬ古風さを感じさせてくれて、またしてもみやびの新たな萌えポイントを提供してくれて最高。かと思いきや極々短期間でとてつもない成長を遂げて最後にネット中毒者の片鱗のようなものを感じてしまったのは何故だろう。

勇気を持って新たな世界へ一歩を踏み出すことは大切なことであるが、踏み込みすぎるとまた大変。ネットの広大な海に溺れすぎないよう願うばかり。キラキラッターの利用も程々に。しかしちょっと得意げになって語るみやびは可愛いかった。また新たな一面を発見出来て嬉しくなる。


aikatsu119_09.jpg
aikatsu119_10.jpg
aikatsu119_11.jpg

今回のゲストキャラである城沢トモヨは、最初にパッと見た瞬間に女の子版のらいちポジのキャラかと思ったのですが、実に女の子らしい悩みを抱える至って普通の子であった。ストーキングのように見えたトモヨの行動力も彼女の性格を反映したものとも言えますしね。これがらいちなら大変。でもいつものことか。

男に「可愛い」が褒め言葉にならないように、女の子に対する「格好良い」は必ずしも褒め言葉にはならない。前者に比べるとまだ有りだとも思うけど。女子にしては長身で周囲に格好良いと認識されるトモヨなだけに、蘭を絡ませるのも有りだったかもしれないですね。ファッション的なあれこれのことを考えてもまさに適任。みやびと蘭の絡みも一度は見てみたい組み合わせだと思っていたりします。


aikatsu119_12.jpg

便利で手軽な電子メールが普及して貴重になった手書きの手紙。
年賀状ですら印刷主体になりつつある今だからこそ貰った時の嬉しさもあったりする。
こういう文化も後世に伝えて残していかなきゃいけないものの一つかなと思ったりね。
ということで今週のアイカツ格言は『手紙を書こう!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m