QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第34話「他者との交流を経て広がる世界!変化し始めたファルルの心の機微に注目したい」

pripara34_01.jpg
プリパラ #34「ファルルのトモダチ」

倒すべき相手ではなく競い合うべき相手としての変化。
ファルルの内面と共に変わる双方の関係性が素敵。
pripara34_02.jpg
pripara34_03.jpg
pripara34_04.jpg
pripara34_05.jpg

らぁらとの交流を機に外の世界や他者への興味が高まり、これまでと明確に違う様子を見せ始めたファルル回。これまでは何があっても言いなりであったユニコンの言いつけを破ってまで見せた彼女の行動が、即ちファルルの中にこれまでなかった「自我」が芽生え始めていることの表れのように映る。

他者が存在することを認識して初めて自己の存在を確立出来る。他者を観測し交流を重ね自分との違いを見出す中で、初めて「自己」や「自我」といったものがその人の中に生じると思うのです。哲学や量子論なんかにも通じそうな深いテーマですが、ファルルという特殊な生い立ちの「人形」が一個の「人間」として変遷していく様は、これに通じるものもあるのかなと思います。

らぁらを介して外の世界を観測し、見聞を広め多くの人たちと交流する。今回はらぁら以外の主要キャラとも本格的に自らの意思で絡んだのが肝要であったと思うのです。ユニコンだけでは駄目なように、らぁらだけでも駄目なのです。ファルルの友達とは何かという問いに対する各々の答えは、それぞれで微妙に異なっている。でもそれはその者の中に個性や自我があるからで、故に画一的な回答にはならない。でもそれこそが機械仕掛けの「人形」ではない「人間」であることの証左でもあるのかなと思える。

自分で見聞きしたことを自分なりに解釈しようと努め、一つ一つの疑問を自らの体験を通して学んでいく。これまでのファルルにはなかった行動。その中でファルルの表情に喜怒哀楽という人間の基本的な感情が見え始めたことが素直に嬉しく、また人形から人間へと確実に近付いていることが実感できる部分のように映った。

壊れた人形を全員で修復するところも凄く良くて、あのシーンに今回の全てが集約されていた気もします。その修復のアプローチ方法も各々異なれば、その作業の得手不得手もあるけれど、それも一つの個性である。修復された人形が動きだしたのは、ボーカルドールではなく人間として生まれ変わりつつあるファルルが、新たな一歩を踏み出したことを示唆しているように見えた。

ファルルに変化の兆しが見える一方、らぁら達にもこれまでにない変化が訪れていてそれは自分たちが歌う歌の作詞という形で表れた。めが兄ぃ頼りだった現状に変化を求め自分たちの気持ちを込める。この自己表現も一つの変革で形こそ違えどファルルに通じるテーマだったのではないかなとね。

これまで倒すべき相手と位置付けられていたファルルを競い合う相手と置き換え、ソラミスマイルとドレッシングパフェは再度のチーム結成の運びとなった。友達とライバルは両立しないと潰しあいになる。ファルルの問いを通して友達とは何なのかを掘り下げつつ、ファルルを上手くそこに落とし込むことで、この問題点に一つの答えを出しているところは、本当に見事だなと思いました。さぁ、いよいよ最終決戦。一年目の最後がどうなるのか楽しみだ。


pripara34_06.jpg
pripara34_07.jpg
pripara34_08.jpg

誰かに何かを伝えたい。その気持ちを形にして表したものがメイキングドラマである。
それを自分で作り出せたということは、ファルルの中に気持ちや感情が芽生えたことを示している。

モノクロで動かないファルルが、アネモネの花びらが触れた瞬間に色づき動き出す。人形に命が灯り世界が色づいたのは、ファルルが人間として生まれ変わったことを表しているのかなとここでも感じたのですよ。

アネモネ全般の花言葉である「見捨てられた」「見放された」は、プリチケ状態でプリパラ世界に放置されていたファルルの境遇と重なる。そのアネモネの中でも赤いアネモネは、「血と生命の象徴」とされているらしく、まさしく人形から人間へ生まれ変わったファルルに相応しい花なのかなと思いました。


pripara34_09.jpg

めが兄ぃのかしこまは面白さとインパクトの両方を兼ね備えていてズルい。
ファルルに続いてめが兄ぃにまで、らぁらの代名詞的な行動をコピーされてしまったのだ。
本当短い登場時間でも視聴者に何がしかの衝撃を与えていくんだからめが兄ぃは怖い。


pripara34_10.jpg
pripara34_11.jpg
pripara34_12.jpg

ファルルの、もとい持参した人形の修復シーンの重要性は上でも触れたのですが、ここはギャグ的な意味合いでも面白かった。どこから来る自信か分からないのに率先して引き受けてバラバラに壊すそふぃ様やドロシー。得意かと思いきや見た目は良くても壊れちゃうみれぃ。やる前にストップが掛けれれた、らぁらとシオンは言うに及ばず。

その中でサッと工具を取りだし丁寧に直していくレオナの頼もしさですよ。流石、見た目は可愛くても中身は男の子なのです。ロボットとかそういうのはお手の物なのです。しかし繊細な作業が他のどの女性キャラよりも巧みという視点で見たら、誰よりも女の子っぽいとも言える。あれ?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(プリパラ・レディジュエ・パティスリー)
プリパラ 第34話 みんなファルルに優しくてほっこり(^^) 一人穏やかじゃないユニコンが^^; らぁらちゃんたちに教えてもらった外の世界と友情パワー。 メイキングドラマに結びつくのがよかったですね。 ファルル初のオリジナルステージはファンに新たな感動を。 らぁらちゃんたちはファルルとの交流で作詞のヒントをつかみいい感じ。 ソラミとドレパフェ、6人の想いを歌にして最終決戦へ。 ...
[2015/03/01 06:24] のらりんすけっち
【プリパラ】第34話『ファルルのトモダチ』 キャプ付感想
プリパラ 第34話『ファルルのトモダチ』 感想(画像付) ボーカルドールにも心が宿るのか? らぁらに外を見せられ、ともに過ごすことで、ファルルにもトモダチが何か分かったようです。 その歌にも人の心に響くような変化が…。 らぁらたちも友達を歌詞にして、6人チームを再び結成! プリパスを通して外の世界を見ると約束したらぁらとファルル。 しかし、ユニコンはそれを許さなか...
[2015/03/01 03:21] 空 と 夏 の 間 ...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m