QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第124話「その称号が持つ特別な意味!新スターライトクイーンが遂に決定!」

aikatsu124_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #124「クイーンの花」

スターライト学園に所属する全てのアイドルの憧れの存在。
その称号はとてつもなく大きく重いものなのです。
aikatsu124_02.jpg
aikatsu124_03.jpg
aikatsu124_04.jpg
aikatsu124_05.jpg

スターライト学園に所属する全アイドルにとっての憧れ。そして頂点に立つ者が得る称号。それがスターライトクイーンの称号であり、その称号が持つ意味合いはとてつもなく重く、スターライトクイーンとなった者は伝統校の「顔」としての重責を一身に背負う。それは先代の先輩アイドルたちが築き上げてきたものであり、そう簡単に担えるほど軽いものではない。

おとめ御殿に足を踏み入れるか否か。今回は新クイーンとなったさくらを中心に、彼女が入学してからアイドルとして何を見て何を得て来たのか。それ故にスターライトクイーンの称号が持つ重みが軽いものではないことを自覚した上で、さくらなりにしっかりとそれを受け止めて自らが望んでクイーンになろうとする姿勢が垣間見えたことが何よりも嬉しい。

さくらとあかり世代でその称号が持つ重さに対して生じた認識の差異は、アイドルとして培ってきた経験の差がそのまま表れていたところでもあって、その中でさくらの目指すべき理想のクイーン像が形成されていたことが良いですね。誰よりも上にではなく、なりたい人になろうと頑張ってきた日々のアイカツ。

それはさくらが先輩たちから学んできたことであり、今度はそれを見ているあかり達に影響を与えていく。伝統の中で築かれてきた称号を巡り、自然と先輩アイドルから後輩アイドルへと継承が行われているのが素晴らしく、これが一つの好循環を生み出している。スターライトクイーンを目指す過程で自然とアイドルの成長が促される環境がスターライト学園には存在している。

また今回はさくら中心の新クイーン誕生の他に、現クイーンであるおとめの視点からその重責や先輩たちが受け継いできた思いが語られたのも見逃せない点の一つ。スターライトクイーンはクイーンになった者を成長させる力があるとは織姫学園長の言葉だが、まさにその通りでね。

振り返ってみるとスターライトクイーンカップの対決が描かれたのは、1stシーズン終盤の美月といちごの対決まで遡る。その後いちごが渡米している間におとめがクイーンの座に就いたが、その経緯やクイーンになったおとめの心境が詳しく語られることは今日までなかった。その意味で、おとめがクイーンへの思いを語ってくれたことが感慨深くもあったのです。

美月といちごの対決が行われたあの当時。いちご世代で最も頂点に近かったのは、他の誰でもない星宮いちごだったはず。しかし勝者の美月はスターライトを去り、しのぎを削り合ったいちごは渡米。トップ二人が突如としていなくなり、揺れていた最中に新進気鋭のライバル校であるドリアカが登場したのが、2ndシーズン序盤の状況であった。

環境の劇的な変化もさることながら、3年連続でクイーンを務めた誰もが実力を認めるトップアイドルである神崎美月の後継。普段の明るさで見えにくいかもしれないけど、その最中にクイーンとなったおとめが背負っていた重責は半端なものではなかったと思うのです。その心中やクイーンに対する思いをこれまで触れずに、ここで語らせるのかと本当に感心したし感動してしまったわけなのです。

新クイーンがさくらとなったことは想定通りかもしれない。ただそこに至るまでに新クイーンと現クイーンの心境をハッキリとさせ、あかり世代にその称号の重みを実感させることにも繋げて見せた非常に良く練られた回だったのではないかと感じます。地に足を付け歩み続け先を見据えるさくらならきっと大丈夫!

さくらの憧れる先輩一同がその門出を祝すために集ったのも良かったな~。今度は後輩たちが目標とするクイーンとなれるようにさくらが引っ張っていく番だ。スターライトの前途は明るいぞ!


aikatsu124_06.jpg
aikatsu124_07.jpg
aikatsu124_08.jpg
aikatsu124_09.jpg

さくら単独ライブシーン!頂点を決する大一番にさくらが選んだのはオーロラファンタジーのドレスでしたね。僅かな可能性として桜色花伝を使用することも考えたけど、今回はさくらとおとめの会話からしてもオーロラファンタジー一択でしょう。見ているファンを自然と元気にしてしまう穏やかで優しくて眩しい花。大輪の花、見事に咲き誇りました!

使用曲は『Blooming♡Blooming』で前回と同じでしたが、前回の歌い手がるかさんだったのに対し、今回はえりさんバージョンでまた違った印象を受ける。あかりのテーマソングにはならなかったかもしれないけど、春の到来、新世代の到来を印象付ける曲になってくれるなら、それはそれで良いのかなと。


aikatsu124_10.jpg
aikatsu124_11.jpg

おとめがぽわプリのメンバーとしてではなく、スターライトクイーンとしてさくらの様子を気に掛けて接しようとしていたのが凄く良かった。普段の明るいノリの中に先輩としての「顔」が見えたのも凄く良い。スターライトクイーンという立場は有栖川おとめというアイドルを一回りも二回りも大きく成長させてくれたのだと実感出来るところかなと思ったのです。


aikatsu124_12.jpg
aikatsu124_13.jpg

今回の話を見て、改めて中学一年時から三年連続でスターライトクイーンの座を守り抜いたレジェンドアイドル美月の凄さを実感した次第です。あかり達が一回戦敗退したことからも先輩アイドルとの力の差は歴然ですが、美月は一年時で他を圧倒してしまったわけなので。何気に努力の人でもある美月はやっぱり凄いお人なのです。

自分の2代後のクイーン就任を見届けた美月は、果たして今何を思っているのか。ヴァンパイアミステリーの回は例外中の例外として、本編で再びステージに立つその日が訪れるのが今から楽しみでならない。


aikatsu124_14.jpg

人も物も大きく動くのが春の訪れを感じさせる年度末のこの時期。
引っ越し作業は大変だけど計画的に動かなければなりませんね。
何気に格言に3人も登場するというレアなアイカツ格言と相成りました!
ということで今週のアイカツ格言は『荷づくりはお早めに』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・SHIROBAKO)
アイカツ! 第124話 中等部の生徒全員参加おkのビッグイベント、スターライトクイーンカップ。 あかりちゃんたちももちろん参加。 こういうテンション上がるイベントっていいですよね(^^) これまでクイーンの座に輝いたのは美月さんとおとめちゃん。 そして、さくらちゃん、スターライトクイーンおめ! いちごちゃんがついになれなかったクイーンにぽわプリから2人ってすごいよね。 劇中では...
[2015/03/13 09:16] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m