QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第132話「コンセプトはチョコがけポテチ!最高に熱いユニットが新たに誕生だ!」

aikatsu132_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #132「灼熱の情熱ハラペーニョ!」

まさかこんなユニット名になるとは夢にも思わなかった。
個性派の中でも特に個性が強い珠璃のパートナーは…。
aikatsu132_02.jpg
aikatsu132_03.jpg
aikatsu132_04.jpg
aikatsu132_05.jpg

ダンシングディーヴァの躍進に触発された珠璃のユニットパートナー探しと新ユニット結成の回。視聴者目線で言えば、珠璃のパートナーはひなきを置いて他にはいないのではないかという思いで一杯であったのだけど、最終的にその結論に達するまでの見せ方が面白くて、久しぶりに色んな意味で弾けていた回でもあって、見ていて凄く楽しかった。

スミレが凛を最初に誘った時も、凛の方が実力や経験の不足からパートナーとして相応しくないと引こうとする様子が見受けられたけど、珠璃についても周りの反応は似たり寄ったり。しかしスミレ以上に遥かに勢いのある押しの強さ、二世タレントとしても有名な珠璃特有の境遇。

それらの要素もあって、周囲の人物が自分では珠璃のパートナーは務まらないという思いを抱くのは、極々自然な反応で無理からぬことだとも思うのです。そこを仲介し、珠璃の真意を汲み取り周りへ正しく伝達する役目を、幼少期から付き合いのある、ひなきに任せる流れが非常に上手かったなと感じる。

当初はひなきをパートナーにするという考え自体が珠璃の中になく、ひなきの方もサポートに徹していて、自分が名乗りを挙げる素振りもなかったので、途中までは本当に意外な相手とユニットを組むんじゃないかと思わされたのです。

チョコがけポテチのように一見あり得ない物同士を組み合わせることで生じる新たな可能性。そんな意外性を求めたパートナー探し故に、自分の近くに居ることが当たり前になっている存在にお互い思い至らなかった。しかし探し求めていた相手は、常に傍に在った者同士。まさに灯台下暗しです。

幼い頃から付き合いが有り、以心伝心でお互いのことを何でも知っている。しかし近すぎるが故に見えないものだってあるだろう。少し前の話でそれぞれがそれぞれの道を歩み始めたように、新たに進んだ道で得たものの影響で新しく手にした一面もある。それを一歩引いたところから見ていたあかりとまどかの指摘で気が付くというのも、ひなきと珠璃の関係性あってのもので良かった。

冷静に考えなくても理想のユニット像をイメージして『闘牛』という発想をする珠璃を理解出来るのは、ひなきしかいないもんね!平然と崖を登ったり斧を振るうあかりですら、珠璃の発想と行動にはついていけないことがある。そう考えたら珠璃は曲者揃いのアイカツにおいても本当に凄い立ち位置に居るキャラだと改めて。

スミレと凛のように一から関係性を構築していくのも良いけど、ひなきと珠璃のようにずっと付き合いがあった者同士が何かをキッカケに、それまでとは異なる関係性を構築していくのもまた良いもの。パートナーと認め合いユニットを組むことが決まった時のひな珠璃の反応と言ったらもう…。最高だね!流石ナツコ先生脚本回なだけあるわ!

ドラマとは異なりユニットであれば一回で終わることはないと言う珠璃の考えについては、かつて色々やってくれた某美月さんの行動が頭をよぎらないこともない。しかし大成功している女優の道とは異なる新たな可能性を求めて動き出した新ユニット『情熱ハラペーニョ』。ダンディヴァと同様に、息の長いユニットになってくれるならば、これ以上言うことはないのです。


aikatsu132_06.jpg
aikatsu132_07.jpg
aikatsu132_08.jpg

ひな珠璃の熱いコンビが組み合わさった『情熱ハラペーニョ』のデビューライブ!情熱のイメージとは真逆とも言える、ひなき単独ライブの際に使用された水をイメージしたステージは、一見するとチグハグ感があるのかもしれない。

しかしユニットコンセプトにもなっている意外なもの同士の組み合わせ。ひなきがチョコで珠璃がポテチ。今回推されまくっていたチョコがけポテチと同様に、情熱のユニットイメージとはあえて真逆の舞台を使用することで、ユニットのコンセプトを体現しようとしていたと思うと、印象も変わるのではなかろうかと。決して新しいステージ用意するの大変だとかそんな話ではなくね!


aikatsu132_09.jpg

珠璃が形振り構わずナンパ、もとい勢いのままに勧誘しまくっていたおかげで、名前ありのサブキャラ勢が一杯見られたのが地味に嬉しい。特に珠璃がお世話担当をしている下級生のしずかに関しては、またどこかで出番があると良いなぁと思ったのです。


aikatsu132_10.jpg
aikatsu132_11.jpg
aikatsu132_12.jpg

思い返すと110話で珠璃がプレミアムドレスを求めて彷徨い、サングリアロッサのトップデザイナーであるエンシエロ篤の元を訪ねた時以来の闘牛ネタ。いつぞやの闘牛ネタが、ここで効いてくることになるとは…。正直このネタが再登場するとは思っていなかった!

チョコのひなき+ポテチの珠璃=闘牛。自分でも何を言っているのか分からなくなってきた。この感性を理解できるのは、ひな珠璃の二人しかいないんだ。でもやっぱり珠璃メイン回は普段より割増しでネタが強烈になって面白いです。幼馴染でありながら、これまで近しい描写が控えめだった二人の百合百合しい姿が見られただけで感無量。それだけでもユニット組んだ甲斐あったと思う!


aikatsu132_13.jpg

ユニット名はそのユニットを体現したものであれば尚良いものである。
それはツウィングス結成時にも言われたことで全ユニットに共通して言える。
更にインパクトがあって覚えやすい名前なら、これ以上何も言うことはないのです。
ということで今週のアイカツ格言は『直感でいこう!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/05/08 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・旦那2期・調ちゃん)
アイカツ! 第132話 ユニットやる気まんまんの珠璃ちゃん。 パートナー探しが熱すぎて吹いたww スターライトだからいいけどふつーの街中でやったら職質レベル^^; 彼女の情熱に一番自然に応えてたのがひなきちゃん。 ユニットけって―い、ですね(^^) 情熱ハラペーニョってユニット名だったのかww 先週といい、今週といいキマシ全開ですなあ。 そしてあかりちゃんは予想通りまどかちゃ...
[2015/05/08 05:24] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m