QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第133話「ドレスに対する思い入れは人一倍!アイドル天羽まどかの覚悟が試される!」

aikatsu133_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #133「ハローニューワールド」

トップデザイナーの孫だからこそ抱くまどか特有の決意と悩み。
あかりと共に乗り越えた先に、まどかが見る新たな世界は―。
aikatsu133_02.jpg
aikatsu133_03.jpg
aikatsu133_04.jpg
aikatsu133_05.jpg

新入生コンビが登場して以降、凛の方を先行して描いていたので待ちに待っていたまどかの当番回。これまでの回における数少ない描写でも、まどかの明るくノリの良い面や見た目から受ける印象通りの可愛さが強調されていた節もあった。

それだけに今回のまどかが見せたプレミアムドレスに対する思い入れの深さや、そこから生じるアイドルとしてのまどかの決意が、彼女のキャラクター像にギャップを生み、結果としてアイドル天羽まどかというキャラの魅力を更に引き出す構成になっていたように感じた。

これまでの先輩アイドルが持ちえないトップデザイナーの孫という、まどか固有の設定。それ故にまどかがアイドルを志した理由も、他の先輩達としっかり差別化が図られていたのが印象的。大好きな祖母が作ったエンジェリーシュガーのドレスを着たいという、アイドルとしてのまどかの大元にあるものは、他のアイドルに憧れて道を志した多くの主要メンバーと趣が異なるものになっていた。

トップデザイナーが真摯に向き合いドレスに込める強い思いを、他の誰よりも知っているからこそ、簡単に自分が手にして着るわけにはいかず、そのドレスに見合う自分になるまではと覚悟を持って臨むまどかの姿勢も、今までのキャラには見られなかった彼女特有のもので、まどか固有の設定を上手く話しに落とし込んでるなと感心してしまう。

また今の自分に足りない部分があるのなら、見合う自分になれるように頑張れば良いと助言を送るあかりの姿が実に先輩らしいもので良かった。色々と壁にぶつかり立ち止まりながらも、一つ一つ乗り越えて来たあかりだからこそ可能だったまどかへの助言。壁を乗り越えられずに長い間立ち止まっていたまどかと境遇的に重なる部分もあって、だからこそまどかを動かす原動力にもなったのかなと。

これこそが主人公が交代した時に、自分があかりに期待したことでもあり、今回のあかりは見事にそれに応えてくれた。ダメダメで挫折しそうになっていたあかりの姿を以前にしっかりと描いているから、後輩に対するあかりの言葉には自然と重みと説得力を伴うものになっていると感じるのです。

ここ数話であかりとまどかの仲が、少しずつ縮まっていることを示唆しつつ、まどかの抱える根本的な悩みを解決するにあたって、あかりを関わらせることで、まどかのあかりへの信頼を最大限にする流れが上手い。

上述したように、まどかには現時点でハッキリと憧れの先輩と言える存在が居ない。しかし今回の一件でその枠にあかりが入り、それを契機として、まどかがあかりとユニットを組みたいという思いを抱かせることで、今後の布石としているのがお見事。あかりとまどかの「特性」を上手く踏まえた上で、キャラの魅力を存分に引き出していた素晴らしい回だったと思います。


aikatsu133_06.jpg
aikatsu133_07.jpg
aikatsu133_08.jpg
aikatsu133_09.jpg

まさしくエンジェリーシュガーのドレスを着るために生まれてきたアイドル!まどか初のソロライブはエンジェリーシュガー要素が満ち溢れる素敵なライブで良かったな~。『エンジェルアリスコーデ』にしてもライブステージにしてもね。

何よりあの「星宮いちご」を除けば、単独ライブでエンジェリーシュガーのプレミアムドレスを纏ったのは、シリーズを通して見ても他に例がなかったのではないかと思う事態。それを考えたら凄い転機なのではないかと思ったり。まどかが重圧を感じるのも当然だ。

本編でも決して腹黒なんかではなく、思慮深く大好きなものを大切に思う気持ちが人一倍強いことが描かれたまどか。しかし本編でもライブにおいても「あざとい」仕草は健在で、もうこれは素でやってる彼女の魅力の一つということで、自分の中で納得した。


aikatsu133_10.jpg
aikatsu133_11.jpg
aikatsu133_12.jpg

これぞアイカツにおけるアイドルの基本中の基本!エンジェリーマウンテンを訪れたのならやらねばならないことがある!ということで遂に後輩組のまどかも崖登りデビューを果たすことになりました。エンジェリーシュガーを愛用する者ならば、避けては通れぬ道だよね。

今となってはネタ要素として定着した恒例の「崖登り」ですが、今回に限っては長年に渡ってまどかの前に立ちはだかっていた壁を文字通り「乗り越える」意味合いも含まれていて、その行動が祖母である天羽先生に対して、まどかなりの「覚悟」を示すものとして作用していたようにも映った。

あかりと共に乗り越えた崖登りの先に見た新たな世界。その更に先を見るために、あかりと共にユニットを組んで進んでいくまどかの姿を見られると思うと、今から楽しみでなりませぬ。

またまどかと共に走って崖を登っても息一つ乱さないあかりの姿に成長を見たシーンでもありました。まどかはバテバテだったのにね…。ブートキャンプの頃とはもう違う!こういう一見するとネタでしかない部分に、着実に成長を遂げる先輩と駆け出しの後輩との差を出すあたりがアイカツの凄さでもあるのかなと改めて。


aikatsu133_13.jpg
aikatsu133_14.jpg
aikatsu133_15.jpg

ここ最近はあかりとまどか、ダンディヴァの活動でスミレと凛が一緒に居る機会が多いけど、やっぱりスミあかの安定感と言ったらないね!お互い忙しくて一緒に居られる時間は少ないが、この長年連れ添った以心伝心の夫婦っぷりですよ。堪らんね、最高ですね。

そういうのを抜きにしても、あかりはスミレを気遣っているし逆もまた然り。自分のことだけでなく、相手を気遣い本来面倒を見なければならない担当の後輩アイドルにも気配りを忘れていない。この辺りにも先輩として板に付いてきたあかりとスミレの姿が見受けられて嬉しくなる。


aikatsu133_16.jpg

アイドルは崖を登って強くなる by天羽まどか
迷うことなく同意しているあかりにも、もう突っ込まないぞ!
アイカツにおいてはアイドルの基本中の基本。ここを越えなきゃ先はない!
ということで今週のアイカツ格言は『崖に負けるな!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/05/15 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・旦那2期・調ちゃん)
アイカツ! 第133話 崖は絶対登ると思ったwww まどかちゃん、次は斧ですね(ぉ ユニットを盛り上げるために日常コンビは”あか&りん”と”スミ&まど”にしたわけね。 あかり&まどかのユニットはポップでキュートが売りになりそう。 まどかちゃんはおとめちゃんタイプでほわほわしてるけど芯はしっかりした子ですね。 あかりちゃんがトランポリンの指導をしてるシーンは感慨深かった。 それに...
[2015/05/15 08:54] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m