QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第137話「勝敗を決する要因はライブと楽屋レポート!?波乱含みのユニットカップ開幕!」

aikatsu137_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #137「ワクワク☆ユニットカップ」

普段は見る機会の少ないアイドル達の舞台裏の姿。
見所満載のユニットカップ開幕!
aikatsu137_02.jpg
aikatsu137_03.jpg
aikatsu137_04.jpg
aikatsu137_05.jpg

ユニットカップ開催!各ユニット間の対決でもあるのでライブ形式がメインになるかと思いきや、むしろ焦点が当てられているのは舞台裏のアイドル達の姿であり、それがユニットカップの特徴且つコンセプトになっているのが、これまでのユニット対決を行うイベントと違って面白いところである。勿論ライブの方も新曲が投入され、いつもよりライブシーンが増えているのも見逃せない。

ライブのパフォーマンスだけでなく、楽屋レポートにおける得点が、勝敗を左右する重要な要素となっているだけに、ライブシーン以上に舞台裏の方に焦点が当てられていたことが、非常に印象に残る回でもありました。

楽屋レポートをライブの前に行うか後に行うかは、各ユニット毎に異なっていたが、楽屋レポートを通して、それぞれの立場から舞台裏の一面が垣間見えるようになっていたと思う。情熱ハラペーニョとダンシングディーヴァは本番終了後の和やかな雰囲気を、あまふわなでしことスキップスは本番前のトラブルの対処で困惑する雰囲気を感じ取れる。

後者のトラブルに関しても、ここねの突発的しゃっくりを何とかしようと各メンバーが奔走するギャグテイストと、本番で使用するあかりの衣装が紛失するというシリアス気味のテイストで差別化されていて、一言で舞台裏の光景と言っても多種多少なものがあり、各ユニットの楽屋レポートを上手く使って描いていると思った。

ここねのしゃっくりを止める方法に関しては、アイカツなので突拍子もない方向に突き進むかと思いきや、割と現実的な案を実行しているのが、逆に不意を突かれるところで面白い。照れ屋のみやびを何とかその気にさせて、可愛らしい衣装を着せると言う流れを割と自然に組み込むことで、前回までの話をしっかりと踏襲出来ていると感じられるのも良かった。

そんなこんなで無事に本番を乗り切ったあまふわなでしこが居る一方で、影で着実に進行していたもう一方の問題が最後に明るみになるところで次回への引き。荷物が届いてあかり本人が一度確認を取ったので大丈夫かと思いきや…のこの事態。舞台裏で裏方として働いていた後輩組も、きちんと先輩勢に確認を取った上での行動なので、誰にも非がないのが如何ともしがたいところ。

アイカツにおいては本番前のトラブルが起こることは殆どなく、今回のようなケースは極めて稀な事態でもある。プロの舞台なので当然と言えば当然かもしれませんが、似たような事態になったのは、劇場版を除くとスターアニスのツアーで停電になった、あの時以来ではなかろうか。衣装とアイカツシステム使用不能では、事情は多少異なるかもしれませんが、本番前のトラブルという点では共通してるかなと。

あの時は美月が先頭に立ち、全員で力を合わせて乗り切りましたが、今回のこの事態にあかりがどのように対処するのかは見物です。ファンが待っている以上、どのような事態になろうとステージに立つのは、プロのアイドルとしての義務であり宿命でもある。

あかりが如何にしてこの事態に対処するのかは、アイドルとして彼女がどれほど成長したのか、今後更なる高みへ昇れるかの試金石になるというか、バロメーターになりそうなだけにですね。ユニットカップの頂点を取るユニットが、どのユニットになるのかも気になるところですが、それと同じくらいあかりの立ち回りが気になるところ。次回がどうなるのか楽しみです。


aikatsu137_06.jpg
aikatsu137_07.jpg
aikatsu137_08.jpg
aikatsu137_09.jpg

ユニットカップのトップバッターを務めるのは情熱ハラペーニョの二人!そして新曲『Chica×Chica』が早くも投入!これはテンション上がりますわ~。2015年第5弾の新曲の中で、個人的に最も気に入った曲と振り付けが、チカチカだっただけに早くアニメのCGで見たい思いで一杯だったので。これでまた一つ夢が叶った。

珠璃とサングリアロッサのイメージにピッタリの曲調と振り付け。曲も振り付けも序盤は静かな立ち上がりだけど、サビに向けて徐々にテンポが上がり、特にサビから一気に激しさを増す曲調とダンスは圧巻。短剣を用いた特徴的な振り付けや、剣を振った後の光の軌跡が本当にツボで、キレのある動きもあれば短剣をクルクル回しゆっくりと一線する緩い動きもあって、曲調と振り付け共に非常に緩急に富んだ構成だった。

ボヘミアンスタイルとの相性も凄い良さそうな曲と振り付けなので、いつか珠璃とそらでチカチカをやるところを見てみたいとか思ったり。そう言えば第65回紅白アイカツ合戦で、そらと珠璃が組んでいたのを今思い出した。ブランドイメージ的にはピッタリな二人なんじゃなかろうかと。勿論ひな珠璃の組み合わせも大好きなのですけど。


aikatsu137_10.jpg
aikatsu137_11.jpg

色々と盛り沢山な回で他にも触れたいことありすぎるのですが、今回の一番の見所はやっぱりエンジェリーシュガーのコーデを纏ったみやびに尽きるのではなかろうか。パートナーの為に衣装を着ただけでも頑張ったのに、まさか「みやみやみやみやみやビーム」なんてものを見られるとは夢にも思っていなかった。

あかりサンシャインの弓矢の時と同じくらいの唐突感&衝撃があったような気も(笑)何気に有無を言わせない感じでみやびに迫るあかりが頼もしくもあり、恐ろしくもあったシーン。自分で考案したものではないとはいえ、パートナーのためにここまで身体を張ったみやびちゃんに乾杯!そりゃ現時点であまふわなでしこが暫定トップになりますわ。


aikatsu137_12.jpg

らいち本当に久しぶりの登場じゃないか!りんごママも本編では結構久しぶりのような。ファン投票型のイベントであるならば、らいちが出てこない訳にはいかないのだ。ユニットカップの勝敗もさることながら、アイカツ8の行く末もやはり気になるところ。昨年のアイカツ8では、推していたあおい姐さんが入れずに号泣していたらいち。果たして今年はどうなるのか。

ユニットカップでらいちがどのユニットに期待を掛けるのかも地味に気になるところではある。しかしユニットカップはともかくとして、アイカツ8でらいちが推すのは絶対にあおい姐さん。これは何があろうと絶対に揺らぐことのない世界の理。


aikatsu137_13.jpg
aikatsu137_14.jpg

今回ユニットカップに出場した全8ユニットの中でも、左上に居る「ミミララ」が異常に気になって仕方がない勢。ユニット名のインパクトは、やはり情熱ハラペーニョが頭一つ抜けている感があるが、ビジュアル的に最もインパクトあるのって彼女達なのではないかと思ったり。主に髪形で。無理なのは分かっているのだけど、それでもミミララの二人がライブしてる所をちょっと見たかったと思ったり思わなかったり。


aikatsu137_15.jpg

例え今は不完全な出来であっても、未だ改善する余地はまだまだ残されている。
何事も情熱を持って取り組めば、欠点を改善し更なる完成度に達することも可能となる。
それはドーナツだけの話に留まらず、アイドルに関しても言えることなのかもしれない。
ということで今週のアイカツ格言は『情熱でのりきれ!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/06/11 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・てーきゅう4期・なすの)
アイカツ! 第137話 アイキャッチがひなきちゃんだったのはお誕生日だからですね。おめ! ユニットカップの得点はステージ+楽屋レポートで決定。 出演順は抽選、トップはハラペーニョ。 これでひなじゅりの優勝はなくなったと(ぇー しゃっくりが止まらなくなっちゃったここねちゃん大ぴんち。 みやびちゃんが可愛い衣装着ましたインパクトで止まりました^^; 今週も恥じらうみやびちゃんかわえ...
[2015/06/12 17:01] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m