QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第53話「カオス回かと思いきやキャラ総出演の記念回!プリパラ1周年おめでとう!」

pripara53_01.jpg
プリパラ #53「み~んなプリパラ禁止命令」

プリパラを通じて知り合った多くのキャラがお祝いに参戦!
らぁらプリパラデビュー1周年おめでとう!
pripara53_02.jpg
pripara53_03.jpg
pripara53_04.jpg
pripara53_05.jpg

これはものの見事にしてやられた見事な記念回でありました。前回の予告を見ても法律でプリパラ禁止令が発令されて、らぁら達が振り回されるカオス回になると思い込んでいただけに、らぁらとドロシーだけじゃなく視聴者をも巻き込んだ壮大なドッキリの仕掛けに感服。

それもこれも無茶苦茶な法律が罷り通ってもおかしくはないプリパラの世界観が、これまでの話で既に構築されているからこそであり、良い意味で予想を裏切る種明かしからの既存キャラ総出演による、らぁらのプリパラデビュー一周年を祝うという内容が、当初の予想とは真逆とも言える良い話なだけに余計に効果的。節目の回でこれは本当にお見事と言う他ない。

最初にらぁらの夢オチではなく、やっぱり現実と改めて意識付けられたのも、その落差を引き出すのに一役買っていたと思います。そこからの校長や栄子、そして親衛隊の面々の奇行は、初期のノリを思い出させてくれて懐かしさすら感じる。忘れかけていた感覚というわけでもないのですが、自分がプリパラに惹かれたのは初期のこの滅茶苦茶さ加減というのもあったので、余計に印象に残るし感慨深い。

らぁらとドロシーだけの組み合わせについては、ドレパが結成してソラミスマイルとライバル関係になった当時から見たいと思っていたので、完全ギャグ回のままでも良かったという思いも少なからずある。結構似た者同士の二人で、次々に襲い掛かってくる刺客と目まぐるしく変わる状況に着いて行けずに振り回される様は、普通に面白かった。

らぁらのデビューを祝う式典ということで、祝辞の中のサプライズという形でファルルを登場させ、今後に向けて再登場を示唆するのも、流れに上手く組み込んでいたなと感じる。ひびきからのメッセージを受け取ったふわりと合わせて、節目の回で一つの区切りを付けながらも、今後へ向けてしっかりと布石を打っているところは抜け目がない。

いずれにしろ前半のプリパラ禁止令に振り回されるらぁらとドロシーのコメディタッチの話と、後半のこれまでの労を労う意味合いの記念行事。ギャグと良いお話の絶妙な匙加減での混じり合い。プリパラの魅力が凝縮されていた回で素晴らしかったと思います。アニメ開始と筐体の稼働から、現実世界でも一年経ちましたもんね~。本当に早いものです。

今後プリパラが更に盛り上がり飛躍することを個人的にも願っているのです。らぁらのデビューから1年、そして作品としても節目となる1年を無事に迎えられて何よりであります。改めて1周年おめでとうございます!


pripara53_06.jpg
pripara53_07.jpg
pripara53_08.jpg

ライバルのドレッシングパフェのライブもさることながら、やっぱり今回のメインは感謝の気持ちを込めて歌ったソラミスマイルのライブステージ!コスモの新作サイリウムコーデに、1周年特別仕様の『プレゼントフォーユー』。物語開始時には自分の声の大きさと人前で歌えないことに悩んでいた主人公のらぁらでしたが、今ではそんなことを感じさせないくらい強く逞しく成長しました。プリパラを通して出会い応援してくれた全ての人に感謝ですね!


pripara53_09.jpg
pripara53_10.jpg
pripara53_11.jpg

咄嗟の時は、自分のこと以上にレオナや仲間のシオンを気に掛ける。そんなドロシーの姿を何度も見られたことが、個人的には嬉しかった。主張が強く誰に対しても毒を吐くところも魅力ですが、これがドロシーの最大の魅力かなと個人的には思ったり。根っこの部分では優しくて仲間思い。面倒見の良い部分もあるお姉さんなのです。

中でもレオナへの思い入れは、やっぱり他の子とは一線を画していて、特別なものであると改めて感じさせてくれたのが最高です。姉弟仲は、いつも良好で微笑ましいのう~。


pripara53_12.jpg

らぁらを祝うために、これまでプリパラを通して関わりを持った多くの仲間が駆けつけてくれましたが、改めてその個性の強さを思い知ることにもなりました。序盤の頃には結構な割合で思っていたことですが、やっぱり主要キャラよりも個性強い子が多いなぁと。いつの間にかそれが当たり前になってしまって、さして気にも留めなくなってしまっていたけど(笑)

その中でもやっぱり校長と栄子ちゃんは別格。初期の頃の雰囲気を醸し出し、らぁら達を追ってくる校長の姿を見た時は、不思議と嬉しくなってしまった自分がいました。やっぱ校長はこうでないと!的な。栄子ちゃんも元々はヤンデレ的な素養が感じられただけに、親衛隊服を身に纏って襲い掛かってくる姿が妙に似合いすぎていて面白かった。

他にもアイキャッチに入る直前でキュピコンをぶった切られるななみちゃんや、プリパラ内には入れないのにドッキリの時の撮影を請け負っていた雨宮くん等々。プリパラは主役勢だけでなく多くの個性溢れるサブキャラクター勢の皆様に支えられて成り立っていると再度実感。これからも時には主役を喰う勢いで作品を盛り上げる役割を担っていって欲しいと切に願う。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/07/11 ] 放送中アニメ プリパラ | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(プリパラ・ジュエペ7期・ワカコ酒・てーきゅう5期)
プリパラ 第53話 "み~んなプリパラ禁止命令" サブタイにだまちゃれた^^; らぁらちゃんプリパラデビュー1周年おめ! 登場キャラ総出でサプライズを仕掛けてくるとは。 テキトーだったドロシーはとばっちりを食らったww 一番のサプライズがファルル再登場! ふわり・あろま・みかんとの共演を期待せずにはいられない。 ジュエルペット マジカルチェンジ 第15話 おうちのおフロ...
[2015/07/15 16:34] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m