QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第54話「プリパラミュージアムに仕込まれた多数のプリティーリズムネタで嬉しくなる」

pripara54_01.jpg
プリパラ #54「あくまのミュージアムクマ!」

遂に本格化してきた各ユニットによるふわり争奪戦!
メイキングドラマの意義についても改めて考えさせられた回。
pripara54_02.jpg
pripara54_03.jpg
pripara54_04.jpg
pripara54_05.jpg

迫るサマーアイドルグランプリに向けて、各ユニットが夢のドリームチーム結成のために、プリパラ最高のプリンセス候補であるふわりの獲得に動き出した回。ふわりの参入以降、本筋に絡む機会が減っていたアロマゲドンが久々に事態を主導する側に回り、一同を引っ掻き回した上に騒動に発展させる展開は、半ばお約束な流れなれどやっぱり面白い。

マイペースなみかんは相変わらずでしたが、普段は自らが仕掛けを考案し事態を動かす側のあろまが、ネコ姐さんの策謀の全容を知らされていなかったことで、途中から被害を被る側へと転じてしまうところが、これまでと違っていて楽しかったです。あろまやドロシーのように、普段は強気なキャラほどホラー的な要素に振り回されて、怖がっていたのが微笑ましくもあり、普段の姿とのギャップで更に可愛く映った。

かつてマスコットの墓場が存在した場所に建設されたプリパラミュージアムを舞台に、報われなかったマスコット達の呪いの伝承と、各陣営の思惑が上手いこと混ざり合い、途中から予期していなかった本当のホラー展開に巻き込まれてしまったことで、よりあろまの怖がりな一面が浮き彫りになっていたように思えます。アロマゲドン以外の陣営は、最後まで彼女達とマスコットのイタズラという認識だったので(笑)

当初の目論みは外れて、ふわりを仲間に引き入れることは叶いませんでしたが、今回の体験を通して、あろまが新しいメイキングドラマを考案したことが、今後へ向けての布石のように映りました。それが自分で考案したメイキングドラマではなく、プリンス様が考案したメイキングドラマを優先しようとするふわりの姿と対照的に見える。

メイキングドラマは使用者の伝えたい「何か」を目に見える形で表現したもの。使用者の本質を表すものと言い換えてもいいのかもしれない。緑風ふわりの本質、そして最大の魅力は大自然のパルプスで生まれ育ったことで培われた純粋で優しい心にあって、煌びやかで豪奢なイメージは、その対極にあるものと言っていい。

冒頭で動物たちと仲睦まじくご飯を食べていた姿。そして誰もがパランチュラの姿に怯える中、その本質をしっかりと見極め、救いの道へと導いた優しさ。これこそがふわりの本質で魅力的な部分ではないかと思えることが、今回だけでもしっかりと描写されているだけに、プリンス様が提示してきているメイキングドラマのイメージ像との乖離が、より顕著に浮かび上がっているように見える。

登場当初は自分の中に確固としたものがなく、他人のコピー技ばかりを使用していたファルルの時とは、別の意味で、ふわり「らしさ」を感じられないライブとメイキングドラマに、果たして意味はあるのか。次回以降の展開によっては全く的外れな考えになるかもしれないけど、ファルルの再登場はこれを見越してのものなのではないかとも思える。

次回はその辺りに踏み込みそうな感じもするので、どうなるのか楽しみに待ちたいと思います。また今回はプリパラミュージアム内に、プリティーリズムシリーズのネタが数多く仕込まれていて、歴代シリーズを見てきた視聴者にとっては、別の意味でも面白い回だったのではないかと思います。自分もそっちの方に気を取られていたクチ。プリパラミュージアムは同時にプリリズミュージアムでもあり、懐かしさをも感じられる良い回だったなと。


pripara54_06.jpg
pripara54_07.jpg
pripara54_08.jpg

転んでもただでは起き上がらない。それがアロマゲドンの、特にあろまの強さでもある。みれぃ曰く「抜け目ない」強かな一面は健在。自らの体験を経て感じたものを見ているファンへ届ける。それこそがメイキングドラマの本質でもある。

新メイキングドラマ『神秘のアメイジングミュージアム』は、目論み通りに事は進められなかったアロマゲドンが、失敗の中から学びヒントを得て新たに構築した自分たちなりの表現。だからこそ意味があるし、そこに価値が生まれると自分は思ったりするのです。

しかし抜け目なく強かに完成させたメイキングドラマだけど、怯えて逃げ回っていたあろまの姿をしっかりと取り入れて再現しているのが、本当に好感触であります。自分の弱さすらも曝け出せる。本当に強い者だからこそ出来ることではないのかなとね。


pripara54_09.jpg
pripara54_10.jpg

普段は自信満々で強気に振る舞っている者ほど、一度崩れると脆いということなのだろうか。あろまとドロシーの予想以上の狼狽えっぷりは、見ていて本当に微笑ましいものがありました。あろまは自分で召喚儀式を行っていたのに、本当に出てきたら驚いて皆と一緒になって逃げ回っていましたし。

いつもは弟の前に出て引っ張るドロシーが、今回はほぼレオナの後ろにくっ付いていたのも印象的でした。いざという時に頼りになるあたり、やっぱりレオナは頼もしい男の子なのだなぁと。


pripara54_11.jpg
pripara54_12.jpg
pripara54_13.jpg
pripara54_14.jpg

以前から気になっていて度々触れているそふぃ様とレオナの接触は今回も健在。レオナの面倒見が良いというのも勿論あると思いますが、やっぱり自分と近しい部分があると感じているから近づきやすいのかなと。「ふわりと自分は気が合う」と同じシーンで発言しているのも、その表れなのかなと感じる。

今回のそふぃ様は常時ファンシーモードでぷしゅっていた気もしますが、レオナがいてくれるなら何も心配することはない。ハニワ姿のレオナの腕にぶら下がってるところなんて相手に全幅の信頼を置いてないと出来ないと思う。しかし逃げ回っていたわけでもないのに、何気に面白可笑しいコスプレ姿の「呪い」から逃れているそふぃ様ってやっぱり凄い。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/07/18 ] 放送中アニメ プリパラ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m