QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

のんのんびより りぴーと 第4話「幼いれんげの視点で見る世界の美しさと悲しさの表現が見事」

nonnonre04_01.jpg
のんのんびより りぴーと #04「てるてるぼうずを作った」

生きることは楽しいことと悲しいことの経験の積み重ねでもある。
それでもれんちょんの周りの世界は優しくて温かい。

nonnonre04_02.jpg
nonnonre04_03.jpg
nonnonre04_04.jpg
nonnonre04_05.jpg

大人にとっては当たり前のこと、嫌なことであっても子供の目線で見ると全く違って見えることがある。一つ一つの光景は日常の中にごく自然に存在する有り触れた事象かもしれないが、子供のれんちょん視点で見れば初めて経験することでもあり、その一つ一つの体験から得る純粋な喜び、衝撃を非常に上手く表現出来ていた回だったと思います。

農業に携わる人には恵の雨であっても、多くの大人からすれば鬱陶しい梅雨時の雨一つを取っても、子供の目線から見れば楽しい事柄の一つとして早変わりする。シャベルで小さな川を作ったり、自らてるてるぼうずの扮装に身を包み、街中を闊歩する。自転車の練習のために行ったはずの行為そのものが、楽しい事柄として転じている。これも子供ならではの目的と手段の入れ替わりと感じられる。

また子供にとっての自転車は、文字通り世界の広がりを体感出来るアイテムの象徴であると思う。基本的に徒歩以外の移動手段を持たない子供が、例え補助輪付の自転車であっても新たな移動手段を得る。それによって実現する行動範囲の広がりは、子供にとってまさに無限大とも言えるべきもの。駄菓子屋やコンビニに赴くエピソードもその一環で、今回の話の趣旨に上手く組み込んでいた。

そういったプラスの要素の後にしっかりとマイナスの要素を入れてくるのが非常に良かった。自ら率先して当番を務め、あれこれ世話を焼いただけに、思い入れも深い「ひらたいら」さんが迎えた結末。れんちょんにとっておそらく初めてとなるだろう身近な存在の「死」。生物である以上、絶対に避けて通ることは出来ない世界の残酷で悲しい一面。

これは人によって経験する時期、その対象はおのずと異なる部分でもあると思うけど、初めて触れた生き物の死に対し、衝撃を受けたというよりは放心してしまい、自身の気持ちの持っていき方、感情の発露の仕方が分からず、戸惑いすら感じさせるれんちょんの姿が非常に印象的でもありました。

なっつんのやったことは正確に言えば事の真相を伝えてはいないのかもしれない。しかし初めて身近な存在の生命の「死」に直面し、心の整理の付け方を知らず戸惑いを隠せないれんちょんに対して、優しい真実を持って前を向かせることが出来た。いずれ本当のことを知る時が必ず訪れるだろうが、今はそれでも良いと。

一つの事象が捉え方次第で如何様にも変わるというのは、今回の話の全体を通して描かれていたことでもあり、遅かれ早かれ子供がいずれは直面することになる生命の生き死にの在り方に対して、非常に綺麗かつ優しい真実で持って応えて見せたと感心するばかりなのです。その意味でれんちょんは得難い経験をしたと言えるのかもしれない。

優しい先輩や大人たちが子供を見守る優しい世界。成長の速度は人それぞれと言いますが、このゆっくりとした時間が流れる作品の世界観だからこそ、歳を重ねた時に理解出来る事柄に対する「真実の先送り」に、溢れんばかりの優しさと愛おしさを感じずにはいられない。

子供の時に自分が感じていた感覚を重ねつつ、大人になった今見るからこそ色々と感じられる要素にも溢れていた、非常にメッセージ性に富んだ回でもありました。本当に素晴らしい回だったと思います。


nonnonre04_06.jpg
nonnonre04_07.jpg

既にクレイジーサイコレズ、もといコマちゃん先輩ラブな後輩として完全に目覚めてしまったほたるんの図。コマちゃんを見る目が完全に「獲物」を狙う目となっており、言動の端々から感じ取れるヤバさにニヤニヤせずにはいられない。当のコマちゃんが全く気付く素振りが無いだけに余計に。

今回はれんちょんがてるてるぼうずに扮し、意図せず怖がるコマちゃんを追いかけ回す事態になっていましたが、あの役目をほたるんにしても結構面白かったんじゃないかと思ったり。大好きな先輩が自分の姿を見て逃げ出し、それを必死で追いかけ回すほたるん。想像しただけで怖くなってきました(((( ;゚д゚)))アワワワワ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

のんのんびより りぴーと 第4話 「てるてるぼうずを作った」 感想
カブトガニか…最近見ないですね オタマジャクシなら近所のたんぼに大量にいますけどねw
のんのんびより りぴーと 第04話 感想
 のんのんびより りぴーと  第04話 『てるてるぼうずを作った』 感想  次のページへ
[2015/07/30 14:34] 荒野の出来事
いっぱいなん!/のんのんびより りぴーと4話他2015/7/29感想
<記事内アンカー> のんのんびより りぴーと 第4話「てるてるぼうずを作った」 漫画感想(「化け猫システム」2,3巻)  ロッテリアでポテトチップスバーガーなるものが出ていたので食べてみる。ジャンクフードの極みみたいな組み合わせだな……「絶品チーズポテトチップスバーガー」と「サラダチキンポテトチップスバーガー」の2種類がありますが、個人的には前者の方が開き直ってる感じで好き...
[2015/07/29 23:57] Wisp-Blog
のんのんびより りぴーと 4話 てるてるぼうずを作った
( ;∀;) イイハナシダナー
[2015/07/29 16:08] ゴマーズ GOMARZ
のんのんびより りぴーと #04 「てるてるぼうずを作った」
なっつん、GJ! 「のんのんびより りぴーと」の第4話。 稲穂が根付き始めた頃、田んぼでカブトエビを捕まえて教室で飼うことに。 飼育と観察をするれんげ、さらに行動範囲を劇的に広げてくれるアイテム 自転車がちょっと遅めの入学祝いにと祖母から送られる。 季節柄、連日の雨のため自転車に乗る練習ができず れんげはてるてる坊主を作ることにする。 が、普通のてるてる坊主ではアピールが...
[2015/07/29 00:59] ゆる本 blog
のんのんびより りぴーと 第04話 『てるてるぼうずを作った』
 夏です! 田んぼにタニシ狩りだ! しかし、田んぼには蛭がいるゾ! 血を吸われないように!  雨が降っているので、合羽をテルテル坊主仕様にして 外で怪しい歌を歌う宮内れんげ。 何だか妖怪のよう。 靄っていたから、こまちゃんが 妖怪と勘違いしましたね。 キャスト  宮内れんげ・・・・・小岩井ことり ...
のんのんびより りぴーと 第4話「てるてるぼうずを作った」
田んぼにはいろんな生き物がいっぱい。 カブトエビを捕まえたれんちょん。 学校で飼うことにしました。 絵日記つけて熱心にお世話。 名前もつけました。”ひらたいらさん”^^; 相変わらずエキセントリックなネーミングセンスww カブトエビにも寿命あり。 生き物飼ってると避けては通れないお別れの時。 れんちょんしょんぼりでしたが… 次の世代へ命はつながっていた! 卵を...
[2015/07/28 21:53] のらりんすけっち
のんのんびより りぴーと 四話「てるてるぼうずを作った」
評価 ★★★★ のんのんは宗教なのん                
のんのんびより りぴーと 第4話 『てるてるぼうずを作った』 カブトエビというと学研を思い出す。
タニシ食えよ、タニシ!!駄菓子屋が言ってたけど本当に食べるんだろうか。 その昔「学研の科学」という月刊雑誌がありました。確か夏になると毎年カブトエビの飼育セットが付いてきた。最初私はこれをカブトガニだと思っていた。育てるとあの天然記念物に…なる訳ありませんね。 雨もイイデスヨ?蛍、小鞠と相合傘出来てご満悦。一方れんげは曇り顔。 おばあちゃんから自転車を贈られたけど、雨...
のんのんびより りぴーと テレ東(7/27)#04
第4話 てるてるぼうずを作った 田んぼや脇の用水路でタニシやカブトエビを獲る4人。蛍は全て初めて見るものばかり。れんちょんはカブトエビを教室の水槽で飼育する係、 観察日記も毎日つける。 急な雨に傘を持っていない小鞠をバス停まで相合傘で送る蛍。小鞠が大好きな蛍だった。翌日の日曜日も雨で祖母から送られた入学祝いの自転車に 乗って練習できない。てるてる坊主を作るれんちょん、小さいと発見してもらえな...
[2015/07/28 16:54] ぬる~くまったりと
【のんのんびより りぴーと】 第4話『てるてるぼうずを作った』 キャプ付感想
のんのんびより りぴーと 第4話『てるてるぼうずを作った』 感想(画像付) 今回はれんちょんの担当回2本、どっちも最高でした♪ Aパートのテルテル坊主になったれんげちゃんはホラーすぎます(笑) 小鞠でなくても泣くレベル。 Bパートのカブトガニ係の日記の話も良かったです。 れんちょんの泣いてからの笑顔が最高です!  
[2015/07/28 16:08] 空 と 夏 の 間 ...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m