QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第56話「セレブリティ4と対面し己の在り方を決めたふわり!プリンスひびきとの決別!」

pripara56_01.jpg
プリパラ #56「走れ!サマドリグランプリ!」

中の人的にi☆Ris対ミルキィホームズな回でもありました。
そして遂にプリンスひびき様がその本性を露わにする!?
pripara56_02.jpg
pripara56_03.jpg
pripara56_04.jpg
pripara56_05.jpg

プリンスの望まぬ方向に進もうとするふわりに対して荒療治を施す為に、ひびきがヨーロッパラから呼び寄せたトップアイドル集団『セレブリティ4』。ふわりとは真逆で絢爛豪華なイメージを体現したかのような彼女達の接触が、結果的にふわりがプリンスと決別する決定打となってしまったことが、何とも皮肉である。

自身の在り方について揺れていたふわりにとって、プリンスの方針に従った先に自分が到達する未来の姿を見せつけられた形でもあり、「やっぱりこれは違う」とふわりに思わせるのには十分であった。

他人の気持ちを無視して自分たちの考えを押し通そうとするセレブリティ4のやり方や物言いは、終盤に本性を表したプリンスの思想そのものでもあり、ふわりが彼女達を通してプリンスの思想、ひいては憧れの存在でもあるひびき自身を否定する形に持っていったのが上手いなと思う。

恋は盲目と何度も言っている気がしますが、ひびきをフィルター越しに見ていた感じがあったふわりなので、仮に今回プリンスがセレブリティ4と同じ行動を取っていたら、前回までと同様にふわりは決断までには至れなかったと思う。その意味でやりたい放題に行動していた彼女達が果たした役割は存外大きなものだったのではないかと。

逃げ出したふわり達を執拗に追跡するセレブリティ4の破天荒で自由気ままなやりたい放題っぷりは、中の人がミルキィホームズの4人ということもあって、往年のミルキィホームズを思い出すノリでもありました。今回の絵コンテ担当が監督の森脇真琴さんでもあるので、必然的にそうなってしまうよねと。演じていた皆様も凄い楽しそうだった。

夢のドリームチームの組み合わせについては、前回の流れと話の下地があるので必然的にこうなるのは致し方ない。らぁらを引き抜かれることに関して、みれぃとそふぃがどんな反応をするのかは気になっていただけに、そこを流さずに描写してくれたことは本当に嬉しかった。ソラミスマイルの中心は、やっぱりらぁらだと改めて確認も出来ました。

らぁら達の影響を受け、本来の在るべき姿を取り戻したふわりですが、二人に共通しているのは、みんな仲良くみんな友達という考え方である。これはプリンスひびきが目指す理想のプリパラ像とは対極にあるもので、今のらぁら達とは相容れないものでもある。ここから如何にして両者が歩み寄りを見せていくのか。今後の展開も楽しみで興味は尽きない。


pripara56_06.jpg
pripara56_07.jpg
pripara56_08.jpg
pripara56_09.jpg

新しいドリームチーム『ドレッシングふらわー』結成!ふわり登場当初はこの組み合わせを正直予想していなかったけど、実際にチームとなってライブを行ってみると違和感なく嵌るから凄い。みれぃとそふぃは残念だったけど、そらマゲドン・みの時はドレパ側が涙を飲んだので、今回は華を持たせてあげても良いじゃないか。らぁらさんは主人公なので外せない(笑)

『そらマゲドン・み』のドリームシアターライブの時も思ったけど、やっぱり5人同時のライブは派手だし映像的に非常に映える。ステージが次々と切り替わる様は圧巻で見ていて気持ちいいし、そのステージが今回の無茶苦茶な逃走劇、もとい冒険を反映したものになっているのも良かった。エアリーチェンジからチャームベルまでの映像が本当に綺麗で美しく気分も高まります。


pripara56_10.jpg
pripara56_11.jpg
pripara56_12.jpg

プリンス様が良い人である可能性も、今回を見る前は僅かながらに残っていましたが、最後の最後でそれは見事に打ち砕かれた。良い悪いというよりは、己の目的のためなら手段を選ばず、容赦もしない一面が明るみになったという方が正しいのかな。

プリンスの掲げる真の天才のみがステージに上がる至上にして至高のプリパラ。それはかつてファルルとユニコンがやっていたことと重なる部分があるだけに、彼等の今後の動向からは目が離せない。既にファルルにも目を付けていることが分かっただけに余計にですね。

しかしプリリズシリーズの歴代男性キャラを見ても、まともじゃない人の方が多かったかもしれないけど、プリンスひびきも例に漏れずこの手のキャラだったのかと嬉しくなったりもした。今回のプリンス様は何か法月主宰を見ているかのようにも思えましたし。プリンセス候補の人形を部屋に置いて愛でてる辺りに、そこはかとないヤバさを感じずにはいられない。


pripara56_13.jpg
pripara56_14.jpg

結果的に本来の目的を果たせず、実力はあるはずなのにステージに立たせてもらうことすら出来ずに退場してしまったセレブリティ4の皆さん。ギャグ要員かつキチ要素が全面に押し出され、結果的に破天荒なイメージしか残らなかったかもしれないけど、ふわりをプリンスと決別させたという点において、非常に重大な役割を果たしたと自分は思います。

例えプリンス様の意に沿わないダメダメっぷりの役立たずであったとしてもですね。自分はセレブリティ4の活躍を多分忘れない。ここもミルキィネタを意識したところだと思うけど、「ダメダメ」なのはミルキィホームズの4人だけで十分なのです(笑)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/08/01 ] 放送中アニメ プリパラ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m