QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第147話「ひなきがユニット名に込めた強く熱い思い!新ユニット『ルミナス』結成!」

aikatsu147_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #147「輝きのルミナス」

選ばれなかった側のひなきだから抱ける強い決意と羨望。
光り輝く自分の姿を信じて歩みを止めず前へと進んで欲しい。

aikatsu147_02.jpg
aikatsu147_03.jpg
aikatsu147_04.jpg
aikatsu147_05.jpg

大スターライト学園に向けて新ユニット『ルミナス』のお披露目と結成に至るまでの過程を描いた回。物語においてもユニット活動においても、今後中軸を担っていくだろう主人公のあかりではなく、選ばれなかった側のひなき目線で結成までの流れを追い、その思いの内を正直に明かした上で結成まで持っていく流れが見事。

アイカツ8において今まで共に歩んできた仲間と差が生じてしまった事実が目に見える形となって表れた。これは揺るがしようのない事実であり、ひなきにとって悔しさとショックを受けるものでもあったけど、それ以上に選ばれなかった自分が、選ばれた側のあかりやスミレとユニットを結成しても良いのかと思い悩んでいた姿が印象に残りました。

選ばれなかった側にスポットを当てること自体がアイカツにおいては珍しいことかなとも感じる。しかしひなきの内心や葛藤を包み隠さず明かすことで、ユニット結成後に生じ得たかもしれないメンバー間での変なわだかまりや気遣いをする必要がなくなる理由付けにもなるし、選ばれなかったからこそひなきがルミナスに掛ける思いの強さがより強烈になることの理由付けにもなる。

思い悩む姿や葛藤を描こうとするとどうしても重たい雰囲気になりがちだけど、必要以上に重くすることはなく、前向きな姿勢を後の展開に繋げていくところは流石だなぁと思います。

ひなきが悔しさをバネにして今まで以上に頑張る姿は、昨年のあおいや蘭に通じる部分であると思うし、例え今はスポットライトが違う人に当たっていたとしても、当たっていない他の人が居なくなるわけではないという、いちごが語っていたことを体現していたとも思う。ひなきのひたむきさが次にスポットライトが当たる先を自分に向けさせることに繋がっていく。

自分が選ばれなかったのは、あかりやスミレと比べて自らの輝きが足りないからなのではないかと思い、これまで以上の頑張りを見せる中で、周囲の人たちに自分が輝く姿を認められていると実感していく様が実に良かった。周囲から尊敬の眼差しで見られていると、認められていると実感出来るからこそ、アイドルは輝きを放つことが出来るのだ。

ファンの生の声は勿論のことですが、加えてひなきと繋がりの深い珠璃とKAYOKOさんにその役割を振ったのが心憎い演出。他の誰よりも付き合いが長く今はユニットを組む相方でもある珠璃が、ひなきの様子を察してさり気なく背中を押そうと気遣う姿。かつてひなきが認められたいと言っていたトップデザイナーから直々に認められ期待していることを告げられるシーン。

そして何よりもユニットを結成したいと思ったあかりやスミレから送られた賛辞。認められていることを実感出来る言葉の数々。ひなきがこれまで築き上げてきたもの全てが、彼女を輝かせるための一助として機能していたのが本当に素晴らしいと思う。

新ユニット名にしても、ひなきが思い悩み光明を見出す一番の要員となった「輝き」から取ったことが、ただただ嬉しく言葉もない。ユニット名に込められた思いは、揺るがぬ事実と向き合った上で今後を見据えたひなき達の強い決意の表れでもある。

先輩であるソレイユがそうしたように、今の悔しさを忘れることなく強い決意を持って頑張り続ければ、きっとスポットライトの光がひなきを照らす日がやってくる。そしてルミナスでの活動は、来年のアイカツ8へと繋がっていくだろう。

スポットライトが当たらなかった側のひなきだから持てた悔しさや葛藤。そして輝くことに対する強い渇望をユニット結成の流れに上手く組み込み、かつユニット名に強い決意を込めることにも繋げた見事な回だったと思います。ルミナスの放つ輝きはソレイユに届き得るのか。今後の彼女達の活躍が楽しみです。


aikatsu147_06.jpg
aikatsu147_07.jpg
aikatsu147_08.jpg
aikatsu147_09.jpg

ルミナスお披露目のデビューライブ!主要キャラ三人で同時にステージに上がるのはクリスマス回以来だったでしょうか。新たに投入された楽曲『リルビーリルウィン♪』は、個人的に2015年第6弾の楽曲の中で一番好きな楽曲なだけに、思い入れも深くて感動が更に増すのです。

ブレーメンの音楽隊をモチーフにしたステージ演出や振り付けも結構独特で、ユニットのパフォーマンスなのに各自の動きが統率されておらず、各々が想定している担当の楽器に合わせた動きが特徴的なのかなと。楽しい曲調に合わせて活き活きと行進するあかり達の姿とのマッチングが堪りませぬ。


aikatsu147_10.jpg
aikatsu147_11.jpg

ひな珠璃のやり取りも良かったんだけど、それ以上に良いなと思わせてくれたのが、ひなきとKAYOKOさんのやり取り。113話で語られた経緯を考えるとKAYOKOさんに認められることが、ひなきにとってどれだけ大きなことで自信に繋がるかが改めてよく分かるのではないかなと思うのです。

デザイナーの創作意欲を刺激するのが本当のミューズというのは、第23話で蘭ちゃんさんが紆余曲折を経て辿り着いた境地でもあるので、3rdシーズン序盤であれだけ自分のアイカツの在り方に迷っていたひなきが、その域に辿り着いたという事実だけでも色々と感慨深い。

一度は跳ね返された人に認められ大きな期待を掛けられていると知った時の嬉しさと言ったら何物にも替えられないものがあるのではないかと。自身の成長や輝きは自分ではよく分からないものでもあり、客観的な視点で見てこそ見えるものでもある。そういう意味で今回KAYOKOさんがひなきに与えた影響は計り知れないものがあったんじゃないかな。


aikatsu147_12.jpg
aikatsu147_13.jpg

プライベートの私服あかりちゃん可愛い。アイカツにおいても最も髪形が変わっているキャラと言えばあかりだと思うけど、お団子ヘアーも良いです最高です。先だって公開された4thシーズンのキービジュアルを考えると予行演習的な意味合いもあったのかなと思ったり思わなかったり。

あかりだけでなくスミレやひなきにも言えることなんだけど、オフでも基本隠れる気はない程度の服装なんだなぁと改めて思ったりもしました(笑)結構派手目の服装してるスミレも印象的だけど、同年代に一番受けそうな服装をしてるのは、やっぱりひなきなのかなと。何気にそれぞれの個性が最も色濃く反映されている部分なのかもしれない。


aikatsu147_14.jpg

遂に今週末から公開されるアイカツ!ミュージックアワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW!
アイカツを彩る数々のステージが映画館の大きなスクリーンで観られるでSHOW!
大スター宮いちごまつり程の回数は行かないまでも自分も観に行ってきますぞい!
ということで今週のアイカツ格言は『観に行っちゃいまSHOW!』。


aikatsu147_15.jpg

余談
過去にも劇場版の宣伝のために地上波で格言がなかった回や、テレビ東京系列のみに関する格言が使用されて、BSジャパンやAT-X、配信版と地上波の格言が異なる回がいくつか存在していますが、今回のアイカツ格言についてもそれは健在。

今回はテレ東系列局とBSジャパン、そして配信版で劇場版の宣伝に関する上記の格言が使用されましたが、ワンランク上のAT-X放送版では円盤に収録されるであろうバージョンの格言が使用されていたので一応触れておきたく追記した次第。

ということで今週のアイカツ格言もう一つは『輝きはそこにある!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/08/20 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(2) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・がっこうぐらし・だんちがい)
アイカツ! 第147話 ひなきちゃんテコ入れ回、新しいドレスもお披露目! アイカツ8落選をバネに、前向きにアイカツするひなきちゃんが素敵んぐ(^^) 周りもいつも温かいエール、修羅場らないのがアイカツテイスト。 トリオで参加する大スターライト学園祭、ソレイユに続けの中等部組。 あかり・スミレ・ひなきのユニット名はルミナスに決定! 高等部組はソレイユ、ぽわぷり、美月さんのユニットが...
[2015/08/21 21:10] のらりんすけっち
アイカツ! 第147話 「輝きのルミナス」
アイカツ! 第147話 「輝きのルミナス」 感想
[2015/08/21 00:45] ムメイサの隠れ家
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m