QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第148話「遂にぽわプリ3人が揃い踏み!しおん初のCG披露後のサプライズも嬉しい!」

aikatsu148_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #148「開幕、大スターライト学園祭☆」

仲間でありライバルでもある存在だからこそ妥協せずに並び立つ。
しおんの覚悟とぽわプリを大切に思う気持ちが伝わってくる良回!
aikatsu148_02.jpg
aikatsu148_03.jpg
aikatsu148_04.jpg
aikatsu148_05.jpg

大スターライト学園祭の栄えある開幕ステージを務めるのは、何気にアイカツに登場する全ユニットの中で最も活動の継続期間が長い我らのぽわプリ!待望のぽわプリ回であり、その中でも特にしおんに焦点を当てていた回でしたが、その中でもぽわプリの各メンバーのらしさを出すことで、ぽわプリというユニットの魅力や良さを存分に引き出せていた回でもあった。

しおんが話の中心となり、撮影のために厳しい役作りを行いスケジュールをこなす姿。何かに打ち込みひたすら頑張る姿は前回のひなきと共通する部分であり、内容的に密接に繋がりがあるのがまた良い。また様々な事情からユニットの他の二人から少し距離が生じているという点で、しおんとひなきは境遇的にも重なる。

そんな境遇の重なるしおんが頑張る姿を見てユニットの理想的な在り方をひなきが実感していくという話の流れが美しく堪らない。あかり世代の中で最もぽわプリと繋がりがあるのは、おとめと番組共演をしているひなきであると思いますが、故にユニットの理想的な在り方を伝える相手として、これ以上のユニットは他にいないだろうと思うわけです。

傍から見ていると理想的なユニットに見えるぽわプリですが、実はしおんが感じていた他の二人に置いて行かれてしまうのではないかという感覚は、ひなきよりも強いものがあると思うのです。何かと撮影スケジュールが重なりユニットの活動に参加出来なかったこれまでの経緯。

そして作中でしおんが言及していたように、おとめは前クイーンでありさくらは現クイーン。ユニットの他の二人がスターライトを象徴する称号を手にしたという事実。ユニットを結成してからの期間が長いからこそ感じる他の二人の成長具合と、そこから生じる焦り。それは確実にしおんの中にあったと思うのです。

しおんが無理を承知で全ての撮影をこなした上でステージに立つことにこだわったのも、他の二人の肩書を気にしていた面があったからだと。それくらい出来なければ二人と同じステージに上がる資格はないと。しおんの姿勢から、そういう強い決意を感じたの同時に、しおんがどれだけぽわプリというユニットを大切に思っているのかが凄く伝わってきた。

しおん自身が無理かもと口にした撮影を全てこなしてステージに立てたのも、自分を待っているおとめとさくらが居てくれたからこそ。仲間のためだから限界以上に頑張れるし、同じユニットのライバルに置いて行かれたくないという強い思いが、原動力となって背中を押してくれる。最高の笑顔で頑張れたと言う最後のしおんの尊さと言ったらもう…。

仲間でもありライバルでもある彼女達の理想的な在り方。ユニットを結成したばかりで色々と不安を感じていたひなきに対し、しおんが自らの姿勢でもって体現して見せた素敵な回だったなぁと。結成当初は難色を示していたぽわプリの決め口上を、自ら行おうとしおんが提案するところに、ぽわプリが真の意味で結束していることを実感させられる。

まだ結成してから間もないルミナスも、いつの日かメンバー間でお互いを高め合い信頼し合えるようなユニットとして成長してくれれば嬉しいなと思わずにいられない。色々なネタ要素やサプライズが目白押しの濃い内容の中にあって、良い意味でのぽわプリらしさが全開の回だったと思います。非常に満足度の高い回でした!ぽわプリ最高!


aikatsu148_06.jpg
aikatsu148_07.jpg
aikatsu148_08.jpg
aikatsu148_09.jpg

この時が来るのをどれだけ待ったことだろうか。ということで遂に遂にしおんちゃんがステージに上がってCG姿でライブを披露する姿を拝める日が来た!期待はしていたけど何だかんだでまた実現しないのではないかと思っていただけに、これは嬉しすぎる。

ユニットの結成時期はストーリー全体で見ても早い方。しかしユニットメンバー全員がステージの上で勢揃いするのにここまでかかるなんて。もうこの事実だけで感慨深すぎて色々とクルものがあります。ステージの上で楽しそうにしている姿を見られただけでお腹一杯。

使用楽曲が最初期の頃に使用された『Angel Snow』なのも感慨深さに拍車を掛ける。一大イベントのトップバッターに相応しいライブだったのではないかと思います。


aikatsu148_10.jpg
aikatsu148_11.jpg
aikatsu148_12.jpg

前回の予告や今回の話の流れ的に一番の見せ場はしおん初のCGとライブステージだと思い込んでいた。実際またしてもぽわプリの活動と撮影スケジュールが被った時点で、どちらに転ぶにしても見せどころはそこになると。実際見所でもあるし盛り上がった部分であることに疑いはない。

しかし、それすらもこのドリアカ登場の流れを察知されないように視聴者の目線を逸らすような使い方をするのだから、今回の内容が如何に濃いかということですよね。ドリアカメンバーの登場は本当に本当に予想外と言うか全く想定すらしていませんでした。これぞまさしくサプライズ!

久しぶりに本編にガッツリ絡んでステージで動き回るドリアカ勢を見たら涙が…。しかもハピクレ使うのはもうね。最高としか言えないじゃないかと。機会があるのならセイラ達が行っていたドリアカファンミーティングの詳しい様子を彼女達の視点で見てみたい。これだけで劇場版が出来そうな気すらしてくる。


aikatsu148_13.jpg
aikatsu148_14.jpg

今回はぽわプリ、特にしおん回と言ってもいい内容だったと思うけど、彼女がおとめやさくらに絶対の信頼を寄せているように、二人もまたしおんに対して無条件の信頼を寄せている姿が確認出来たことが嬉しい。

ドリアカがサプライズゲストとして登場するための段取りを組み、自分達の出番以上にイベントを盛り上げるために尽力していたおとめの姿は、ハッピィ☆アイドルフェスでスターライトクイーンであるにも関わらず、他の皆の為に奔走していたあの時と重なるし、さくらにしてもそれは同じことが言える。

クイーンになっても変わることのない彼女達のらしい一面を見ることが出来た。置いて行かれたくないと発言していたしおんの不安を払拭するかの如く、ユニット結成当初と変わらない姿を披露してくれた二人に安心してしまう。お互いに高め合い、絶対の信頼を置ける間柄。ぽわプリはユニットの理想的な在り方として後輩たちの目に映っただろうと。


aikatsu148_15.jpg

一大イベントである大スターライト学園祭のトップバッターを務めたぽわぷり。
ぽわプリのライブと盛り上げるためのサプライズが功を奏し最高のスタート!
後に続くユニットもこの勢いに乗りイベントを更に盛り上げていって欲しい!
ということで今週のアイカツ格言は『祭りではしゃごう!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/08/28 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・がっこうぐらし・だんちがい)
アイカツ! 第148話 大スターライト学園祭が開幕、ぽわプリも参戦! しおんちゃんメイン回というのが泣かせますね。 サブポジションの子たちにもスポットライトが当たるのがアイカツらしい。 役作りのためにしおんちゃん山ごもり、ひなきちゃん差し入れに。 この時点で100人が100人崖登ると思ったよねww 学園祭本番と映画撮影が重なっちゃったしおんちゃん。 ぽわプリはトップバッター、間...
[2015/08/28 22:47] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m