QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第60話「ドロシーとレオナと雨宮くんの異色コンビが怪盗ジーニアスの正体に迫る!?」

pripara60_01.jpg
プリパラ #60「夏だ!プールでラブMAX!」

水着回だけど男性陣の方が目立っていた回ではなかろうか。
ラブちゃん&錦鯉コーチのビックリ破天荒な行動も際立つ!

pripara60_02.jpg
pripara60_03.jpg
pripara60_04.jpg
pripara60_05.jpg

本編ではおよそ一年ぶりとなる水着回でしたが、あくまで水着はおまけでサービス的な意味合いが強く、本筋とはあまり関係なかったかもしれない。怪盗ジーニアスの正体が誰なのかを探る話の都合上、ジーニアスの性別がどちらなのかに話を持っていく時に、レオナが水着姿で居ることで、より性別を意識させる意図があったのかなと思えた。

また学校から離れたプールが舞台になったことで、普段直接的な接点のないウェスト姉妹と雨宮くんの特異な組み合わせで行動しても然程違和感が生じなかった。その意味においてプールは効果的な舞台装置として機能していたのではないかと思う。鯉の滝登りがやりたかっただけかもしれないけど(笑)勿論目の保養効果としてもも抜群だったのは言うまでもない。

日常パートにおいてはレオナや雨宮くんを筆頭に、パッと見は格好良い男に見える愛やプリンスひびきがメインを張ることで、男性陣が話を主導していたのが新鮮であり、普段とは異なる特異性に溢れる回になっていたと思う。男勝りなドロシーの破天荒さが良い味付けをしていて、男性陣の中に入っても自然と溶け込めていたのも良かった。

怪盗ジーニアスの正体に迫る中で、彼の本当の性別はどちらなのか。そして嫌疑を掛けられた愛とまさかの再登場を果たした錦鯉コーチのやり取りで、改めて才能とは何かに付いて考えさせられる回でした。レオナが特例であることを作中で改めて言及したことにも、ちゃんとした意味があるように思える。ひいてはプリンスの真の性別に繋がることなのかなと。

愛が疑われる決定的な要因となった「かいとう」発言の勘違いについては、まだ予想の範疇でしたが、そこから錦鯉コーチへ回答するまでの過程がぶっ飛んでいて面白すぎた。その上で才能がないと自覚する者が上へと行くために足元を固めることの大切さをしっかり説こうとしているからプリパラって凄い。やってることは完全にギャグでも話の筋に沿っているから侮れぬ。

テニスコンビである愛とコーチのやり取りを通して、プリンスが理想とするプリパラに立つに相応しい才能を持つ者とはどういう人間なのか。その具体像も少しずつ見えてきた気がします。求められるのは才能の片鱗を窺わせて努力するようなタイプではなく、純粋に素質のみで高みへと上り詰めることが出来てしまう圧倒的な才能を有する人材。

頑張るという概念そのものがなく、その持てる素質のみで他を圧倒していた初期のそふぃや登場直後のファルルはまさにこれに該当する。仲間と共に頑張り互いに高め合うことの尊さを知った今のそふぃ様が、プリンスひびきの仕掛けにどのように応えていくのか。久しぶりにクールそふぃ様の姿も拝めそうですし次回も楽しみなのです。


pripara60_06.jpg
pripara60_07.jpg
pripara60_08.jpg

昨年の水着回はらぁら&みれぃの二人が盛り上げてくれましたが、今年の夏を盛り上げてくれたのはドレッシングパフェの面々!この時期特有のサマーコーデは布面積も少なく爽快感全開で良い良い。このレオナを見たらもう性別なんて些細な問題じゃないかとすら思える不思議。可愛いは正義です。

ドロシーが初めて考案した新メイキングドラマ『フォーチュンリゾート』は今回の騒動から閃いたものとは思えないくらい正統派のメイキングドラマに仕上がっていたように思う。ドレパの三人が本当に仲睦まじく夏とプールを堪能している姿が見られただけで嬉しい。


pripara60_09.jpg
pripara60_10.jpg

昨年の水着回の時点では今いる主要キャラの殆どはまだ未登場だっただけに、この一年で本当に様々な個性を持つ人と出会ってきたのだなぁと感慨深くなったりする。なおや親衛隊の面々は昨年もプールに来てましたが、昨年は叶わなかったのんや栄子の水着姿を拝めたことも地味に嬉しかったりする。

中でもらぁら達主要キャラ三人の水着には注目していて、それぞれの個性が感じられるところかなと。昨年と水着が変わったのはみれぃだけであり、そこからもキャラの性格と言うか個性が出ているなと感じる。小学生らぁらやそふぃ様は、あまりそういうことに頓着しないタイプですし。何よりらぁらは昨年スク水で行こうとした実績があるので余計に(笑)

昨年はらぁら達と親しくなる前で一日中一人でプールに浮いていたそふぃ様。今年も基本的には変わってないんだけど、要所では皆と行動を共にしてるし、何よりそふぃ様を探し回って右往左往していた親衛隊が、今年は各々やりたいことをやっていたのが印象的。そふぃの自主性を重んじて見守るスタイルは健在なのだなと。

この辺りのそふぃ関連の描写は次回以降の展開に少なからず関わってきそうな部分でもあると思うので、余計に気になったところでもある。もう周りに言われるがままのお人形だったそふぃ様は居ない。自分で考えて自分で動けるようになったことを、今一度実感させられたところでもありました。


pripara60_11.jpg
pripara60_12.jpg

雨宮くんは本当にどんな時でも揺らぎねえな!ストーカー気質を隠そうともせず敬愛する南委員長のために奔走する雨宮くんとレオドロのコンビは見てて凄い面白かった。流石のレオドロも雨宮君の常軌を逸した行動力に若干引いてましたし(笑)

また揺らがないのはレオナも同様なのかなぁと思えた。レオナが男性であるめが兄ぃに何でそんな反応をするの的なことを随分前にも書いた気がするんだけど、今回の雨宮くんに対するレオナの反応はあの時と同種のものを感じずにはいられない。もう雨宮くんもプリパラに入ってレオナとユニット組もう!


pripara60_13.jpg
pripara60_14.jpg
pripara60_15.jpg

今週は仲の良いドロシーとレオナの姉弟仲が窺える描写がいつも以上に多く、それだけでもう幸せ。おちゃめさんなドロシーが可愛くて好き。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/08/29 ] 放送中アニメ プリパラ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m