QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイドルマスター シンデレラガールズ 第20話「挑戦することで開ける新たな可能性!例え歩む道程は違っても目指すべき場所は変わらないと信じている」

imascg20_01.jpg
アイドルマスター シンデレラガールズ #20「Which way should I go to get to the castle?」

新しい何かに挑戦することで今以上の輝きを手にする可能性もある。
目的の場所へ到達するための道程も一つではなく人の数だけ存在する。

imascg20_02.jpg
imascg20_03.jpg
imascg20_04.jpg
imascg20_05.jpg

不和、不協和音。どうしてもシンデレラプロジェクト主体の目線で物語が進行している都合上、常務が選んだアイドルから見限られてシンデレラプロジェクト側に付かれているイメージが付いてしまっているが、今回のアーニャと凛の選択は、必ずしもそうではないということを示す意味合いもあったのかなと思う。

常務の思惑がどうだったのか真意は定かではない。言葉通り秋の定期イベントで結果を出せば以前の発言を撤回することもないのだろう。しかし常務の思惑がどうあれシンデレラプロジェクトのメンバーを引き抜くかのような行動は、当然メンバー間に不協和音を響かせる。事実上の切り崩しに等しい行為でもある。

今までは他の部署のアイドルが対象だったが今回は事情が違う。これまで苦楽を共にしてきた同じプロジェクトの仲間が対象となり、強制ではなく自らの意思で常務の方針に沿うことを表明する。常務派と反常務派のような対立構造を作り出し、今まで他の部署のアイドルを引き入れる形があっただけに、逆に離れていく者が出てくることへの衝撃は大きい。

実際に選ばれた凛とアーニャは、それぞれに思うところがあって決断をした。しかしそれは舞踏会を成功させてシンデレラプロジェクトを存続させるために必要だと判断してのものであり、当初の思いや目指すべき場所は一貫して変わっていないと思う。そこに至る途中の道程は他の皆と少し離れたかもしれないけど、最終的に見据える場所は同じなのだと。

勿論それは選択肢を与えられたからこそ出来たことでもある。会社の方針に選ばれた者と選ばれなかった者。今まで同じ立場に居た者と生じた差異は、どうしたって両者の間に溝を作り不和を生む。選ばれた側の言い分に理解を示せない者が出てくるのも必然。しかし逆に一定の理解を示す者も居る。今回は凛とアーニャが属する両ユニットとプロデューサーの行動を通し、その辺りを上手く描けていたのかなと感じた。

加蓮や奈緒が凛とユニットを結成したいと強く思う気持ちも分かるのです。何といってもCDデビューの直前で全てを白紙にされた二人。二人で駄目で意気消沈しかけた時に凛と組んで感じた新たな可能性。二人の時にはなかった今までの自分達と違う新しい姿。そうしなければ現状が大きく変わることはないと。他でもないこの二人だから感じていたはず。

それは凛にしても同じこと。他のユニットが進むべき新たな方向性を見出し、先へと進んでいく中で、ニュージェネは舞踏会までに何をすればいいのか。どこへ向かうのが正しいのか。その具体案が何もなかったところに降って湧いたのが今回の話で。未央には「何で」とか「分からない」と言われてたけど、その答えがここにあるんじゃないかなと。

おそらく凛だけではなく卯月も未央も漠然と感じていた不安。先行きの見えない現状で自分達がやるべきことを見つけられず流れていく日々。しかし確実に期限は迫っている。凛も決して流されたのではなく、そうすることが方向性の定まらない現状を打開するキッカケになると判断したからではないかと思う。

今までにない何か。それを掴むことが出来ればニュージェネの活動にも活きるし指針にもなり得る。舞踏会にもプラスに働くと。その何かが今の段階では具体的に言葉に出来なかったが故に、すれ違いが生じてしまったけど、凛にしても未央にしても「ニュージェネのために」という思いで動いていた点で、共通していたのではないかなぁと。

アーニャにしても凛と同じことが言えると思う。冒険することで今まで見たことのない景色が見える。パートナーである美波が言ってくれた言葉。新しいことに挑戦し自分自身の力でそれを見た時、アイドルとして今までより一回り成長し大きくなれるのではないかと。それが結果的にラブライカを更に輝かせてくれる。そう判断したからこその決断だったのではないかと。

ニュージェネと違うのは、美波が皆よりほんの少し年上で大人であったこと。そして何より凛やアーニャの言う「何か」という漠然とした形のないものを、アイドルになってから自ら実感した経験があるからではないかと。だからソロ活動を行い一時的に自分から離れていくパートナーに対しても理解を示すことが出来たのではないかと思ったわけです。

新たな可能性に触れ今までにない何かを得た時、これまでより一歩先の笑顔を見つける。今いる場所からでは直ぐに見えるものではないけど、夜空に輝く星と同じく進んだ先にそれがあると信じて今は進む。確証のない道のりを進むことは挑戦でもあり冒険でもあるが、その過程で得るドキドキやワクワクはきっと今の自分にない何かをもたらしてくれる。

進む道程は異なれども根底にある思いや見据えている目指すべき場所はきっと同じところにある。新しい何かをそれぞれが手に入れて再び道が交わる時。きっとこれまでとは比較にならない輝きを放つ彼女達の姿があるんじゃないかなと。ニュージェネとラブライカを上手く対比させ、物語としても新たな可能性を開いてみせた非常に濃い回でした。


imascg20_06.jpg

色々な思いを抱えた上で、アーニャの背中を押した美波と対照的に、あくまでニュージェネとしての活動にこだわる未央の気持ちも分かる。何といっても自分の行動が発端となりユニットを解散寸前の状態にした経緯があるだけに、ユニットに対する思い入れは人一倍強いものがあるんじゃないかな。本当に大好きで大切だからニューこだわろうとするし、解散に繋がりかねない提案への恐れも隠し切れない。

未央の突然のソロ活動宣言にはビックリしましたが、それもニュージェネを思っての行動なのかなと。唐突とも言える凛の話に対し、未央は「分からない」と言っていましたが、分からないからこそ今までと違う道を進もうとする凛の心情を理解するために、未央もまた同様に踏み出す決意をしたのではないかな。即断即決なのでどうしても暴走気味に映るのだけど。

しかし、今回はそれなりに思うところがあって色々と考えた上での行動なんじゃないかなと。プロデューサーと美嘉姉が何らかの助言をしたのではないかと取れる描写もありましたし。しかしこの辺りは自身で公言していた勢いある行動力が出たなぁと。今度ばかりは考えなしの暴走ではないと信じたい。


imascg20_07.jpg

そして他の二人が進む先を見つけていく中で置いて行かれるしまむー…。未央と違って卯月の場合は、ユニットがなくなるかもしれないという不安よりも、急激に変化していく環境に戸惑い何が起こっているのかを処理しきれず放心している状態にあると言った方が正しいだろうか。

2ndシーズンに入ってからアイデア出し等で凛や未央が案を出しているのに一人だけ何も思い浮かばずに居た描写もあった。今回だけでなく今までにも見られた傾向かもしれませんが、卯月は主体性に欠ける部分がある。それも全ては自分に自信が持てないことに起因している。その傾向がユニットを結成し引っ張ってくれる相手が出来たことで更に加速してしまった。

しかしもう今までと同じように自分自身で決断することを避けることは出来ない。選んだ道が正しいかどうかはともかく凛と未央は進むべき道を自分なりに考えて先へと進み出した。卯月も己に欠けているものと向き合う時がやってきたのだ。今まで傍に居て進むべき方向を指し示してくれた他の二人はもう居ない。自分自身で選択し決断しなければならない。

しまむー試練の時です。卯月同様、今まで自己主張することが殆どなく、控え目だったアーニャだって自分の考えを主張し、前へと進み始めた。しまむーにだってきっと出来る。今こそ主人公が主人公たる所以を見せるとき!頑張れしまむー!負けるなしまむー!きっと乗り越えてくれるって信じてる。


imascg20_08.jpg
imascg20_09.jpg

常務が投げ入れた小石が引き起こした波紋は、実に様々な形となって両ユニットに影響を与えてくれましたが、結果的に両ユニットで思いっきり真逆の反応を示す形となってしまったことは悲しい。目線を合わせずとも同じ方向を向いて通じ合っているラブライカとは逆に、向かい合ってるのに見ている先が異なるニュージェネの構図が実に対照的。

今は辛い時期だけど、この選択と決断が最終的に良かったと思えるように、それぞれが強い意思を持って信じた道を進んで行って欲しいと願うばかり。再びみんなの道が交わる時が本当に楽しみなのです!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アイドルマスター シンデレラガールズ 第20話 「Which way should I go to get to the castle?」
「私…私…分かりません…」 しまむー・・・・・ こんな卯月も可愛い!なんて思わされてしまうのがしまむーの可愛さ力なわけだけど流石に見ていて気が重いヘビーな展開(;^ω^) 物語の最後の着地点もニュージェネやシンデレラプロジェクトが続いていくのかそれとも解散して個別のアイドルとして輝いていくのかと、普通にずっと前者だと思ってきたけどここにきて読めない展開で目が離せなくなってきた。
[2015/09/01 19:20] ムメイサの隠れ家
アイドルマスター シンデレラガールズ ♯20
「Which way should I go to get to the castle?」 評価 ★★ だって可能性感じたんだ そうだ ススメ~♪           
新たな光に会いに行こう【アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ #20】
アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 第20話 Which way should I to to get to the castle? -行く果て見えぬその道の先 貴方は何を見る?- 暗く先の見えない道の先 垣間見た瞬き 見出したのは 新しい自分の可能性 一歩先の自分 もっと素敵な笑顔と出会える予感 だから―
アニメ感想 15/08/28(金) #アイドルマスターシンデレラガールズ 第20話
アイドルマスター シンデレラガールズ 第20話『Which way should I go to get to the castle?』今回は・・・ついに常務が動き始めました。いや、前から十分動いてたけど・・・シンデレラプロジェ ...
[2015/08/30 03:47] ニコパクブログ7号館
【アイドルマスター シンデレラガールズ】第20話『Which way should I go to get to the castle?』 感想 (キャプ付)
アイドルマスター シンデレラガールズ 第20話『Which way should I go to get to the castle?』 感想(画像付) 美城常務のプロジェクトに選ばれた凛とアナスタシア。 二人は新しいユニットの可能性に魅かれていく…。 常務の巻き返し来ましたね。 未央ちゃんまでソロをすると宣言するし、どうなっていくのか? それぞれ好きな道に動き出したシ...
[2015/08/30 02:59] 空 と 夏 の 間 ...
アイドルマスター シンデレラガールズ #20 「Which way should I go to get to the castle?」
*なら解散芸で済むのに・・・ 「アイドルマスター シンデレラガールズ」の第20話。 「プロジェクト・クローネ」、美城常務が全部署から引き抜いたアイドル達を イメージ戦略の中核として秋の定期ライブを目指して立ち上げた。 さらに定期ライブでは他部署の査定も兼ねるという文書が通知される。 武Pには追い打ちとなる影響がありアーニャと凛の半ば引き抜き提案もされる。 冬の舞踏会を目標に動い...
[2015/08/30 02:29] ゆる本 blog
アイドルマスターシンデレラガールズ 第20話「Which way should I go to get to the castle?」感想
美城常務から突然『Project Krone』への抜擢をされる凛とアナスタシア。 当初はシンデレラの舞踏会に向けて努力するプロジェクトメンバー達の事もあり断るつもりで居たが、徐々に新たな事へ挑戦する魅力に惹かれていく。 やがて、新しい自分の可能性に挑戦する事を決める二人。 美波は挑戦しようとするアナスタシアの意向を汲んで快く了承し、その背を押す。 ...
[2015/08/30 00:12] アニメ色の株主優待
アイドルマスターシンデレラガールズ 2nd BS11(8/28)#20
第20話 Which way should go to get to the castle ? 346プロの秋の定期ライブが開催される。そのプロジェクトのイメージユニット、クローネが発表される。 秋の定期ライブは各部署の成果発表の場でもある。武内プロデューサーのプロジェクトは存続をチェックされる。 渋谷凛は神谷奈緒、北条加蓮とユニット、トライアドプリムスを 結成して欲しい。アナスタシアにはソ...
[2015/08/29 23:46] ぬる~くまったりと
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m