QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイドルマスター シンデレラガールズ 第21話「方向性は異なれども互いに高め合える関係性!進む道は違えど根底にある思いは共通している」

imascg21_01.jpg
アイドルマスター シンデレラガールズ #21「Crown for each.」

仲間のことを理解し並び立つためにあえて別の道を往く。
進み方もそれぞれが秘めた可能性も一つとは限らない。
imascg21_02.jpg
imascg21_03.jpg
imascg21_04.jpg
imascg21_05.jpg

今まで一つの方向を向いて纏まってきたシンデレラプロジェクトに突如として入った亀裂。自分達とは異なる方向に歩み始める者が現れ動揺が広がる中、各メンバーを納得させるに当たって、渦中の中心であるニュージェネとラブライカが、それぞれのやり方で身を持って示していたのが印象的な回。

既に双方の理解の元で覚悟を持って動き出しているラブライカと、メンバー間で相手が何を考えているか分からず戸惑うニュージェネは実に対照的。しかし新たな可能性への挑戦、そこから生じるこれまで以上の輝きという点では共通していて、同じ方向に進むだけが全てではないことを他のメンバーに実感させた上で納得させていたかなと思う。

特に今回の話の中心であったニュージェネの間で起こった問題や、各メンバーが抱えた不安は他のプロジェクトメンバーも多かれ少なかれ感じていたことでもあると思う。未央のリーダーとしての責任や覚悟を描いた上で、ニュージェネの問題解決に至るまでのプロセスが、ひいてはプロジェクト全体に当て嵌まり浸透していくかのような構成が良い。

未央のソロ活動宣言の真意は、前回の感想で書いたように凛の意図を理解して答えを返したい思いからのものであったけど、それも全てはニュージェネを思っての行動。アイドルとして初めて自分の輝きを実感したユニット。だからこそ心の底から理解しあった上で足並みを揃えて先へ進みたい。未央の根源やユニットに賭ける思い入れの深さの絡め方が上手いなぁと。

その中でも未央が何故数ある分野の中から「舞台」を選んだのかを考えた時に、自分の得意分野であることの他に、役者として役の心情を推察し理解して自分の思いを声に出し相手に伝える。今の自分に欠けている力を養い凛と誠実に向き合うために、あえて舞台を選んだのではないかと思えたわけです。

凛にしてもニュージェネをないがしろにしているのではなく、むしろ本当に大切であるからこそ葛藤を感じて苦しんでいる。自分が感じた新しい「何か」を得たいけれど、それを上手く言葉に言い表せない。そんな凛に手を差し伸べて、今までにない「何か」を自らの行動で持って示す。言葉だけでなく行動でメンバーに寄り添おうと努める未央のリーダーっぷりに感動なのです。

また全員が本音で語り合うことの大切さと言いますか。みんなが多かれ少なかれ感じていたけど口には出さなかった不安。ここに来てそれを全員の前で包み隠さず出しきる。進む道が一本ではなくなったとしても、統一された意思の元に全体として動いていることの重要性。それをプロジェクトメンバー全体を通して描けていたかなと思う。

とりわけ普段は素直に喋らない蘭子や、自己主張をするタイプではない智恵理が不安を口に出したことに意義がある。特に蘭子は冒険することで得られる新たな輝きを経験として得て実感しているだけに、彼女の言葉が現状を打破する上で説得力を伴うものとして機能していたのは見事でした。

進むべき道は同じ一本のものとは限らず、各メンバーが一時的に異なるそれぞれの道を歩み出した。しかしニュージェネとラブライカが不参加の秋の定例ライブにしても、皆が大切にしているものや、当初に抱いた思い。そして最終的に目指すべき場所は一貫して変わっていないと思う。全ては冬に行われるシンデレラの舞踏会を成功させるためのもの。

新しいことに挑戦し今まで感じることの出来なかった可能性に触れて、新しいものを得る。そしてアイドルとして一回りも二回りも魅力を増した皆が再び同じステージに集結し、サマフェスを超えるようなライブを披露してくれたらいいな。その日が訪れるのが今から待ちきれない!


imascg21_06.jpg
imascg21_07.jpg
imascg21_08.jpg

今回も未央と凛の間に入って仲介役として機能していた卯月。舞台の台本稽古を通して三人で本音をぶつけ合うことで、ニュージェネ間の問題も解決かと思いきや卯月だけはそう簡単な問題ではない。凛に続いて未央が新たな分野で得意なことに打ち込み輝く姿を見たことで、逆に自分の拠り所とするものがないことを直視することになってしまったとも言える。

シンデレラプロジェクトの中で最後まで悩んでいた凛の背中を卯月が押しましたが、その時の双方の立ち位置。歩道橋の段差カットが現状の双方の絶対的な差を演出しているようにも映る。卯月だけは新たに進む道を未だに見いだせず、階段の途中で立ち止まったままであり、凛たちの背中を追いかけている状態のままなのだ。

プロデューサーとの会話でお馴染みの「笑顔」が引き合いに出されましたが、もうそれだけを拠り所とすることは出来ない。凛は歌唱、未央は演技。序盤の頃に他の皆にも言っていた笑顔が魅力な彼女達は、それ以外に拠り所とするものを見つけて、それぞれの道を歩み始めた。もう笑顔だけでは今の卯月に魔法は掛からない。要所で卯月の表情が意図的に映らないカットが多用されていたのもそれを表すためなのかなと。

そしてそれを突き付けられ実感したからこそのプロデューサーに対する再度の問いかけ。私の良いところって何なのかと。前回の感想でも触れたように卯月に欠けているのは何よりも自分自身に対する自信。それを確信を持って抱ける拠り所となるもの。これを見つけないことには他の二人に感じている距離は埋まらず、ニュージェネが真の意味で横並びになることもない。

プロデューサーの提案してきた新ユニットの活動を通して、他の二人と同様に今までにない「何か」を見つけられるのか。それとも卯月自身が自分の「笑顔」が魅力なのだと心の底から思うことが出来るのか。この卯月関連の話は物語の序盤から積み上げてきた集大成的な要素の一つなだけに、丁寧に描いて欲しいところですが果たしてどうなるか。

ここの描き方一つでここ数話を掛けてやってきたことが活きるか死ぬかになりかねないだけに楽しみ半分、不安も半分。いずれにしてもこの現状を乗り越えて凛と未央に胸を張って並び立ち、プロデューサーが確信している卯月の最高の笑顔を最高の舞台で見せてくれることを期待せずにはいられない。頑張れしまむー、負けるなしまむー!


imascg21_9.jpg
imascg21_10.jpg
imascg21_11.jpg

今回は空を見上げるカットが多数使用されていたのが一番印象に残ったのですが、この空を見上げるという行為も色々と解釈の余地があって面白いです。悩みや苦しみからの解放、まだ見ぬ可能性への期待に胸を膨らませて未来を見据えている心境を端的に表せているところなのかなと思いました。

しかし果たして全員がそうだったのかというと…になるところが悩ましい。いや、本当しまむー報われて欲しいのです。今回も天使なしまむーは健在でしたし試練は必要かもしれないけどそれでもね。みんなと同じ目線に立ち、先を見据えて歩み出してくれるって信じてるから!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アイドルマスター シンデレラガールズ ♯21「Crown for each.」
評価 ★★ 冒険でしょでしょ?           
アイドルマスター シンデレラガールズ 第21話「Crown for each.」
花園の外には何があるのだろう
[2015/09/06 18:29] 往く先は風に訊け
アニメ感想 15/09/04(金) #アイドルマスターシンデレラガールズ 第21話
アイドルマスター シンデレラガールズ 第20話『Crown for each.』今回は・・・未央がソロ活動を始めたんでしたね。てか、酷いな。どう見てもソロで活動してもいいレベルではありません ...
[2015/09/06 03:45] ニコパクブログ7号館
【アイドルマスター シンデレラガールズ】第21話『Crown for each』 感想 (キャプ付)
アイドルマスター シンデレラガールズ 第21話『Crown for each』 感想(画像付) 未央ちゃんもソロで、凛ちゃんもトライアドプリムスで活動。 卯月ちゃんも新ユニットと、それぞれ新しい活動が始まると言う展開。 それぞれの活動がプラスになっていきそうですね♪  
[2015/09/06 01:36] 空 と 夏 の 間 ...
アイドルマスターシンデレラガールズ 第21話「Crown for each.」感想
美城常務の企画 『Project:Krone』に心惹かれる凛。 その事を知った未央はリーダーとしての非力さを嘆くが、プロデューサーの言葉に凛が新しい物を見つける為にニュージェネレーションズを離れる必要性を諭され奮起。 自らも凛と同じように答えを探そうとソロ活動を開始する。 未央がソロ活動をすると決めた真意を図りかね、責任を感じて落ち込む凛。 卯...
[2015/09/06 01:03] アニメ色の株主優待
アイドルマスター シンデレラガールズ #21 「Crown for each.」
「アイドルマスター シンデレラガールズ」の第21話。 ソロ活動宣言し舞台のオーディションを受ける未央。 アーニャはプロジェクト・クローネに合流する。 さらに美波もソロに挑戦するという。 答えの出ていないニュージェネレーションズの事もあり構成や全体練習など 不安山積となるシンデレラプロジェクト。 未央の回想、自分の力不足を嘆く未央に問題はなかったと武P。 ただ凛が違う...
[2015/09/05 23:19] ゆる本 blog
アイドルマスター シンデレラガールズ 第21話 「Crown for each.」
「大丈夫です、大丈夫です!私達3人で頑張ってきたんですから!」 しまむら!!! 凛を励ます卯月が天使過ぎた(*´д`*) でも今回はしまむーが一番落ち込む話かと思っていたので何食わぬ顔で励ます側に回っていたのを見て卯月が慰めるんかいとも思ったw
[2015/09/05 20:56] ムメイサの隠れ家
アイドルマスターシンデレラガールズ 2nd BS11(9/04)#21
第21話 Crown for each 凛の他ユニットへの参加希望を聞いて走り去る未央。追いかけて話を聞くプロデューサと美嘉。ニュージェネレーションでは満足できない、足りないものがあるのか リーダー失格だと思う未央。自分も何かを見つけて答えを出したい。3人で解決するからと結論を出す。舞台、秘密の花園のオーディションに合格した未央。お互いにぎこちない卯月と凛。未央がやりたいことをやってみればと...
[2015/09/05 20:39] ぬる~くまったりと
いつかあのお城で相見える日のために―【アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ #21】
アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 第21話 Crown for each. -私だけの輝きを知るために- 今、わたしたちに必要な事……
アイドルマスター シンデレラガールズ 21話「Crown for each.」へのコメントです
卯月さん、引篭もると予想したがそんな事はなかった! むしろ天使はやはり天使。いや大天使。 初心に戻って「笑顔」が出てきたのはよかったなw 同い年の小日向美穂(キュート)とのユニットに期待です。
[2015/09/05 20:24] アサナノ!
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m