QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

わかば*ガール、うーさー夢幻編、ミス・モノクローム2 第11話簡易感想

wakabagirl11_01.jpg
わかば*ガール #11「堕落人間製造機械」
うーさーのその日暮らし 夢幻編 #11「名探偵うーさー、最後の事件」
ミス・モノクローム -The Animation- 2 #11「INNERSPACE」
wakabagirl11_02.jpg
wakabagirl11_03.jpg
wakabagirl11_04.jpg

出会ってから色々とあった今年の終わりが近づいた年の瀬エピソード。夏休みの時と違って学校がなくなり会えなくなることへの寂しさを口に出したり、自分で親を説得して萌子宅に向かう若葉の積極性が至る所で窺える。その点において萌子、真魚、直と出会い如何に変わったのかを端的に表している年内の総決算的な意味合いもあったのかなと。

若葉が萌子たちとの交流を通し、庶民的な彼女達に感化されている様を描いている一方で、およそ庶民の感覚とは異なる豪勢なおせち料理や、お約束の金にモノを言わせるネタを入れてくることで、まだまだ感覚がズレている若葉のお嬢様らしい部分も損なうことはなく、絶妙な塩梅に仕上げていたかなという印象。

堕落人間を量産するこたつを自ら体験し、その良さを伝えたはずなのに、どこか斜め上にぶっ飛んでいく母と姉のオチも秀逸。皆と居る時はボケ役の若葉が、身内を相手にした時は常識人の立場に入れ替わっているのが面白い。そういう意味では若葉は庶民派感覚を徐々に身につけつつあると言える…のかもしれない(笑)

一家に一台のおこたが一人一台となる小橋家。やっぱりお金持ちのやることってとんでもない!みんなと一緒に迎えた新年。萌子たちとならお出かけしても良いと家の許しも出たことで、若葉の世界はどんどん広がりを見せて行くのだろう。今年もみんなと一緒に楽しい思い出を一杯作れるといいね!


woosermugen11_01.jpg
woosermugen11_02.jpg
woosermugen11_03.jpg

あじぽんは犠牲になったのだ…。ということで名探偵うーさーのいい加減な推理は置いておくとして視聴者の観察眼が問われていた推理回。密室殺人にダイイングメッセージと言ったミステリーの王道ファクターを散りばめつつ、推理パートでの会話や仕草を見逃さなければ某古畑的なシーンまでに正解を導き出せる作りになっていたのは流石である。

視聴者目線で言えば銃を持ってて明らかに怪しいのにスルーされている名前を呼んではいけないあの動物や、適当なこじつけを行うことで捜査を攪乱しているとも取れる探偵役のうーさーが逆に怪しく映るところだし、どうしたって派手な密室やダイイングメッセージと言った要素に目を奪われがち。しかし大事な焦点はそこにはなかったというのがミソでした。

一応設定上はあじぽんの飼い主であり第一発見者でもあるみほは最有力の容疑者でもあった。しかし残されたダイイングメッセージの改変の意図を含め、ずっとポケットに手を入れていたみほの仕草を見逃さなかった新たな探偵役ゆうのマニアックな知識が如何なく発揮されていたのかなと。これだけ彼女が長々と喋ることの方が事件そのものより衝撃。みほの怪力もだけど(笑)

しかし本編では全く役に立たなかったうーさーがメイドバーのような場所で零した台詞は受け取り方を変えると結構意味深なものに聞こえてくる。真実を暴いたところで誰かが救われるわけでもなく、悲しみが増す場合もある。普通なら負け惜しみの捨て台詞だし実際そういう意味合いも含んでいると思うけどね。でもですね。

よくよく今回の事件を振り返ってみると刑事ごっこで使用していたはずの玩具の銃を、本物の銃に入れ替えたのはそもそも誰なのかと。決して喋らず終始無言を貫いている白いアイツ…おっとこれ以上は言わない。真実は視聴した人の中にその数だけ存在する。果たして本当の事件の全容と真相や如何に。


monochrome2_11_01.jpg
monochrome2_11_02.jpg
monochrome2_11_03.jpg

来たるべきファーストライブツアーに向けて順調にリハをこなす我らがミス・モノクローム。振り付けに関してもルーちゃんから踊りのデータをインストールすることで完璧に再現出来てしまう有能っぷり。ツアーに向けての諸問題ではなく、別の何かが問題となって一騒動は最早お約束の流れ。やよいが引き金を引くのも含めて。

プログラムのインストール中にケーブルを引っこ抜いて色々と挙動がおかしくなったモノクロームの体内にルーちゃんとやよいが乗り込んで対処に当たるのは、ロボットもの的には王道展開と言えるかもしれない。やよいが同じようにケーブルを口に差してルーちゃんと意思疎通したりモノクロームの体内に入れていたのは何気に重要なことだったりするのだろうか。

ともあれルーちゃんと共にモノクロームの危機を救ったことで、やよいたんも本当の意味でみんなと家族になれたようで何より。もうこれで完全に志を同じくする身内です。モノクロームさんの身の内に文字通り入り込んだだけにね。またも本編に登場しながら二度に渡って放り投げられていた黄色い物体に関しては何も言うまいて。

しかし意思を持つ壊れた機械を修理するために体内に入り込んで作業を行うのは、他のロボットアニメでも割とよく見る光景ではある。個人的にはドラえもんやナデシコを思い出したりしていたのです。しかし一度修理をして正常に戻ったのに、同じドジを踏んでまた壊す的な放り投げオチが、実にミス・モノクロームらしいところなのかなと。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ULTRA SUPER ANIME TIME ♯11「堕落人間製造機械」
・ミス・モノクローム2 ♯11「INNERSPACE」 評価 ★★☆ やったねルーちゃん! 家族がふえるよ!            
わかば*ガール 11葉 堕落人間製造機械
わかば*ガールの世界は冬休み・・・!
[2015/09/14 21:56] ゴマーズ GOMARZ
うーさーのその日暮らし 夢幻編 第11話 名探偵うーさー、最後の事件
殺人事件発生・・・!
[2015/09/14 21:49] ゴマーズ GOMARZ
ミス・モノクローム -The Animation- 2 #11 INNERSPACE
もっともっと前に出る!!
[2015/09/14 21:48] ゴマーズ GOMARZ
わかば*ガール 11話「堕落人間製造機械」へのコメントです
「こたつ」かあ、久しく利用していませんわ。 なんだろう、若葉たちのこたつ素敵な香りがしそう。 女子高生が誰かのお宅にいって、 こたつに入るシーンなんて結構レアじゃない?? 自分が見てるアニメでは、みなみけ以来かも。
[2015/09/13 12:05] アサナノ!
【わかば*ガール】 第11話『堕落人間製造機械」』 感想 (キャプ付)
わかば*ガール 第11話『堕落人間製造機械』 感想(画像付) 萌子ちゃんたちと初詣に行くことになった若葉ちゃん。 初のコタツの気持ちよさに小判と替えてと言い出す(笑) 何でもお金で解決しようとするんじゃないw  
[2015/09/12 22:02] 空 と 夏 の 間 ...
わかば*ガール #11 「堕落人間製造機械」
クリスマスはすっ飛ばし!! 「わかば*ガール」の第11話。 通知表が配られていよいよ冬休み。 萌子の体育の成績はちょっとだけ上がってご機嫌、一方で若葉は呆然・・・ 成績のせいかと思ったら冬休みで学校が休みになりみんなと会えなくなる事を憂いていた。 そんな若葉に休み中にも会おうと直、クリスマスは若葉の家ではパーティーがあるので 大晦日から初詣に行こうという話になる。 大晦日...
[2015/09/12 20:45] ゆる本 blog
わかば*ガール 第11話
  わかば*ガール第11話です。 あっという間に冬休みです。 成績が上がったっぽい? 真魚ちゃんはあまり変わらないっぽい。 そして若葉ちゃんはずいぶん落ち込んでいますw 見ているのは通信簿ではなく手帳です。 明日から冬休み。 みんなに会えないのがつらい…。 直ちゃんが休み中にみんなで集まろうかと提案しています。 キラッ☆ 若葉ちゃんは初詣に行ったことがないようです♪ そして大晦日。...
[2015/09/12 18:07] アニメグラフィティ
わかば*ガール 第11話「堕落人間製造機械」
今回も初体験いっぱいの若葉ちゃん。 みんなで年越し! 萌ちゃんちに集合です。 若葉ちゃんの手土産は超豪華おせち^^; なぜか小判もヽ(;´Д`)ノ まずはおこた初体験! ”堕落人間製造機械”の例えは言い得て妙ww でもすぐぬくぬくのとりこに。 続いて初詣にゴー! 若葉ちゃんのおさいせん。 札束は絶対やると思ったww 若葉ちゃん素なんだよなあヽ(;´Д`)...
[2015/09/12 16:06] のらりんすけっち
ミス・モノクローム -The Animation-2 第11話 『INNERSPACE』 あれはサイコフレームの光!!
インストール中にコードを抜いちゃった!オーパーツってどっちが?モノクロームさんかるーちゃんか、はたまた両方か。アンドロイドだけにドライバをインストールすればどんなダンスも完璧。しかしインストールが不慮の事故で中断すると大変なことに。…変だけどそんなに大変って感じじゃありませんね。  るーちゃんの中にコクピットが!ともかくモノクロームさんを元に戻すため、るーちゃんによる...
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m