QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

プリパラ 第62話「独特の感性を持つ者同士の斜め上のぶつかり合い!シオンとひびきの直接対決!」

pripara62_01.jpg
プリパラ #62「シオンVSひびき」

プリンスの仕掛けで思い出したプリパラに来た当初の理念。
今のシオンが選ぶ道は果たしてどちらになるだろうか。
pripara62_02.jpg
pripara62_03.jpg
pripara62_04.jpg
pripara62_05.jpg

そふぃに続いてシオンに目を付けたプリンス様の更なる仕掛け。天性の素質を持つ者故の性格なのか。常人には理解出来ない感性で動いているのはそふぃもシオンも同じであるが、その方向性が異なっているから違った楽しさを感じる。一般教養的なことを言えばまだシオンの方が説得しやすいかと思いきや、必ずしもそうではないから面白い。

シオンの性格を熟知したかのような仕掛けや言葉巧みな誘導によって、ひびきがシオンのどこに才能を見出したのか。そして元々シオンが何を求めてプリパラにやって来たのか。シオンの本質やプリパラで活動する大元の理由を振り返ることで、改めてシオンというキャラクターがどのような人物であるかを提示することに繋げていたのは見事だと思う。

元々学生囲碁で不動の頂点に立ち、新たな分野に刺激と挑戦を求め、そこで頂点に立つためにシオンはプリパラへやってきた。しかしデビュー直後にドレパを結成し、当時勢いに乗っていたソラミスマイルとの対立構造が自然に生まれたことで、一人で活動する必要性はなくなったのですよね。ソロでなくともドレパとして上回れば頂点に立つことは出来るので。

故に今回ひびきの介入でシオンが一人でステージに立ったことは、プリンスが理想とするプリパラに立つに相応しいアイドル像を提示しているのとは別に、シオン自身が喪失していた新たな可能性を感じさせることにもなっていた。今更だけど一人でも頂点を目指すことは出来るという事実。最初はそうするつもりだったけどいつの間にか消えていた思い。

これをシオンが感じ取り、ランクアップという目に見える形で成果となって表れたことが、後々効いてくるかどうか。同じく才能を持つそふぃがシオンのライブを見て何かを感じているカットを入れてきたことも実に意味深に見える。しかし現状では二人ともユニットを組む仲間と共に高みを目指すことを重要視しているのもまた事実。

ひびきが人形を並べて如何にも思い通りに事が運んでいる的な姿を見せてるけど実際はそうでもない。シオンが仲間をどれだけ大切に思っているのかを改めて語っていたし、ソロデビューを果たした直後にトモチケをパキって皆で神アイドルを目指すと宣言していた。前回のそふぃにしても他の二人と活動することへの思いを口にしていたし、ファルルに至ってはまだ会話すらしてない。

残りの候補者を含めて今後プリンスがどのように誘導していくのかは色んな意味で楽しみである。まさか一人で空回りして終わるなんてことは流石にないと思うし、どこかで転機は訪れると思う。今はそのための布石を打っている段階で。囲碁だけに。彼の理想についてはともかくプリンセス候補に対する接触の仕方は本当に面白いので、今後も破天荒な行動に期待したい。

ネタ的なことで言えばプリンスが才能がない者達と断じた所のらぁら達の行動も、かなり常軌を逸していて面白かった。プリパラはまともな人の方が圧倒的に少ないかもしれないけど。シオン宅の前で突如繰り広げられたサッカー対決とか普通なら狂気しか感じないもの。執事の安藤さんも本当ノリの良い人だなと。

ラブレターを果たし状と勘違いして武道対決に持ち込むシオンが居る一方で、他人の恋愛話で盛り上がる中学生組が居て、そこでも才能を持つ者とそうでない者との差別化が図られていたように映る。そのどちらとも言えない小学生らぁらが良いスパイスとして機能していたし、作中におけるらぁらの特異性も表れていたようにも思えた。

ギャグの流れの中にも話の本筋や作中における立ち位置を明確にする描写を入れて来るのは流石だなぁと。これがプリパラの良いところで凄いところでもあると思います。久しぶりにらぁらだけが年下なんだと意識させられるシーンがあって良かった。プリンスすら察知できないらぁらに秘められた魅力や可能性。主人公としての面目躍如にも期待したい!


pripara62_06.jpg
pripara62_07.jpg
pripara62_08.jpg
pripara62_09.jpg

シオン初となる単独のライブステージ!登場時期はかなり初期の方なのにプリパラに入って直ぐにドレッシングパフェを結成したが故に、実現するまでに結構長い時間が掛かりましたね~。プリパラでソロの新曲が投入されたのも、かなり珍しいことかもしれない。初期を除くとそふぃかファルルくらいしかソロステージをやってないので当然かもしれませんが。

ライブの演出面でも画面にひび割れのようなエフェクトを入れたり、メイキングドラマに入る前に剣のような装飾品を着用してパフォーマンスに取り入れたりしていて、色々と新しい試みをしているのかなと感じられる要素が多く、いつもより更に見ていて楽しいステージに仕上がっていた。

またソロのステージなのでユニット全体の特色を織り込んだコーデではなく、シオン独自の特色をふんだんに盛り込んだ『エターナルパンクコーデ』が際立っていた。囲碁をモチーフとした白と黒を基調としたコーデ。そして極めつけが網タイツですよ。これCG班の熱が凄い伝わってくる気合の入りようで堪らんかったです。


pripara62_10.jpg
pripara62_11.jpg
pripara62_12.jpg

他人の恋バナで誰よりも盛り上がり、シオンとひびきのデート風景をあれこれと妄想していたレオナきゅんマジ乙女。女性陣よりもデートとかラブレターに対する食いつきが凄かったし、何気に祭りの浴衣にしても女物を着て行くこと前提で妄想したりしていて、いつも以上に女の子らしいレオナの姿を堪能出来た回だったかなと。あれ、何かおかしいな。


pripara62_13.jpg
pripara62_14.jpg

懐かしのペアチアマスコット勢やマジカルみおん様のお面が陳列されていたり、何気に主要キャラの浴衣姿を拝めたりしたご褒美要素に溢れる貴重なお祭り回でもあった。しかしその中でも異彩を放っていたのは、敬愛する南委員長をしっかりとストーキングしている雨宮くんではなかろうかと。

本当雨宮くんはどんな時でもブレねえな!もうここまで来るといっそ清々しいし、逆に格好良くすら思えて来てしまう。派手さはないかもしれないんだけどプリパラの男性陣ってここぞというところで存在感を如何なく発揮してくるから侮れない。これも前シリーズから受け継いだ作品の魅力の一つということで。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/09/12 ] 放送中アニメ プリパラ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m