QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

のんのんびより りぴーと 第11話「母親に甘えて子供っぽさ全開になるほたるんを見て和む」

nonnonre11_01.jpg
のんのんびより りぴーと #11「甘えんぼうになった」

大人っぽさも子供っぽさもどちらもその人の中にある一面。
どちらが出るかは誰を相手次第で如何様にも変化するもの。
nonnonre11_02.jpg
nonnonre11_03.jpg
nonnonre11_04.jpg
nonnonre11_05.jpg

年上なのに子供っぽい小鞠や年下なのに大人っぽい蛍を筆頭に、年齢と中身が必ずしも一致しないキャラが多い本作において、改めて大人っぽさや子供っぽさって何だろうと考えさせられた回。若干哲学的な思想に迫る内容な気もするけど、実際はそんな難しいことではなくてですね。それは対人関係の中で流動的に形を変えるものなんじゃないかなと。

一定のコミュニティの中で駄目な子というか子供っぽい子がいると、相対的に周りはしっかりせざるを得ないし対応も変わる。役割的には小鞠がそこに割り振られているわけで、必然的に本来は子供の蛍が大人っぽく見えてしまう環境が既に構築されているが、では小鞠や実際に年下のれんげが居ないところで蛍はどうなのだろうかと。

その様子を描いたのが後半の一条家の自宅風景だったわけで。蛍にとっては日常の光景だけど視聴者目線で言えばイレギュラーな非日常の風景。周りには母親しかおらず、当然蛍の立ち居振る舞いは子供のそれへと変貌する。小鞠達への接し方が偽りとは言わないけど、おそらく自宅で母親に甘える蛍の方がより彼女の本質に近い姿と言える。

蛍に限らず相手によって態度を変えるってのは誰にでもあることで。れんちょんにしてもいつもの皆と一緒に居る時は時折大人びた言動を見せてもやっぱり年少ポジション。しかし自宅でぐーたらな姉たちを相手にするときは、より感情表現が豊かになりしっかり者な姿を見せる。駄菓子屋が相手の時はまた異なる。やっぱりその時々で誰を相手にしてるのかで変わるもの。

要はその時々の状況や相手次第で如何様にも変化するものだというお話。そこで我を通した振る舞いをするのか。逆に空気を読んで対応や接し方を柔軟に変化させられるのか。それが子供っぽいと言われる人と大人っぽいと評される人の差なのかもしれない。小鞠と蛍のやり取りや在り方はこれを象徴する関係になっていたのかなと思った。

多感なお年頃というにもまだ早いくらいの蛍たちですが、子供だからこそ子供と大人の境界で揺れ動き、色々と移ろいやすい時期でもある。小鞠のように背伸びして大人っぽく振る舞おうとする気持ちも分からなくはないのです。誰にだってそういう時期はある。だから流れに身を任せるのも有りなのかなと。それを繰り返して少しずつ大人になっていくものだ。

望むと望まざるとに関わらず、いつかは嫌でも大人にならなきゃいけない時が来る。だからこそ長い人生の中でも限られた子供でいられる時間を目一杯謳歌して欲しい。大人になって出来ることって割といつでも出来るけど、子供にのみ許されたことはそうはいかない。子供でいられることの特権。だから甘えられる時に甘えておくこともまた良しなのだ。

今回は年末年始のエピソードでしたが、色々な経験や対人関係を通して少しずつ子供から大人へと変わっていく。年賀状や餅つきと言った風物詩は変わらずとも、それを行う人間は毎年何らかの変化をしていく。年を越したれんちょん達はきっと去年より少しだけ大人になっているのだなと。

そんな年の節目と子供と大人の節目を重ね合わせた色々と考えさせられる回だったかなと。子供でいられることの尊さ。その時期が長い人生の中でも如何に貴重なものなのか。年を重ねて大人になった時に始めて痛感するのも世の常といいますか。世の中ままならないものだなぁと改めて(笑)子供の時はコマちゃん同様早く大人になりたかったけど今はね…。心底子供に戻りたい!


nonnonre11_06.jpg
nonnonre11_07.jpg

何かと無理して背伸びしようとするコマちゃん先輩は安定の可愛さ。1期でも蛍・小鞠・このみの三人で会話していて小鞠だけ話に付いて行けずに置いていかれる話がありましたけど、今回も知ったかぶりしたり背伸びしようとして蛍に色々と気遣わせてしまうコマちゃん先輩は健在でした。

ファッション関係の話で完全に小学生の蛍よりも物を知らないことが露呈したコマちゃんが、ファッション誌を読んでいたのもその影響あってのことなのかなと。無理に背伸びをするしないは置いておくとして、知らないことを知るための努力を欠かさない姿勢は素晴らしい。こうやって少しずつ積み重ねていくことで本当の大人の女性に近づいていく…はず?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

のんのんびより りぴーと 第11話「甘えんぼうになった」
今話の1つ目のエピソード、このみ好きぃ〜にとっても吹奏楽部出身者としても、いろいろとツッコミ言わざるをえません。 ・高校3年の受験生が冬休みに部活行くなんて、よほどの特殊なレアケースでもなければ普通はありえません。部活どころじゃないっしょ?なっつんならまだしも優等生キャラのこのみちゃんなら大学進学でしょ?受験勉強でしょ? ・吹奏楽コンクールは夏から秋にかけて予選→全国大会というスケジュールに...
のんのんびより りぴーと 11話 甘えんぼうになった
この回含めてあと2話で終わりとか・・・・・
[2015/09/17 21:39] ゴマーズ GOMARZ
のんのんびより りぴーと 第11話 「甘えんぼうになった」 感想
今時、電波の入らない田舎って実在するんですね。
起きれないのん/のんのんびより りぴーと11話感想
 起きたくないのん(ヽ´ω`) >拍手返信:雪光さん  感想、恐縮です。なんでれんげの顔をあまり映さないんだろう、なんで膝を執拗に映すんだろう、と考えてみたら10話の感想に至りました。自分に子供ができて初めて分かる親の気持ち、みたいなものを親側の心情描写に頼ることなく描いているのがすごいですよね。そういう年齢になっていなくとも伝わるようになっているのが、癒やしでありながら感動を最...
[2015/09/16 22:06] Wisp-Blog
のんのんびより りぴーと 第11話 『甘えんぼうになった』
一条蛍が引っ越してきてからの初めてのお正月です。 正月から部活に行っていた富士宮このみ。 フルートを持っていると言うことは 吹奏楽部に入っているのでしょうか。 美少女に楽器は、必須アイテムになるのでしょうか? 手を上にあげても圏外になってしまう 越谷小鞠は、可愛いですね。 富士宮このみの身長だと電波が届くのに 背が低いのは、...
のんのんびより りぴーと 十一話「甘えんぼうになった」
評価 ★★★☆ どっとこむしたい!            
のんのんびより りぴーと #11 「甘えんぼうになった」
クリスマスは飛ばして大晦日。 「のんのんびより りぴーと」の第11話。 年の瀬、散歩していた小鞠とほたるは部活帰りのこのみと出会う。 このみの鞄から顔を出す携帯電話に興味津々の小鞠だが このみとほたるの楽器の会話に無理に話を合わせる。 「興味あるのが携帯だって言えば見せてあげたのにねぇw」と実は察していた このみが言うと正直に「携帯見せて!」と小鞠。 「大人への登竜門」と...
[2015/09/15 20:13] ゆる本 blog
のんのんびより りぴーと 第11話 『甘えんぼうになった』 蛍が家ではほたる~ん。
駄菓子屋の店には電波が通っている。前回携帯で通話できた理由が分かりましたね。.comしたい、何処で.com出来るの!?このみの携帯に反応した小鞠、メールを.comと勘違い。 大人ぶるのと知ったかぶるのは小鞠の本能なのか。いや子供の性分かな。 意外と操作は早く覚えましたね。そしていざ送信!メールが行かない、送信ボタン押し忘れ?圏外…ここでも身長に祟られる。ぴょんぴょんジャンブして...
のんのんびより りぴーと テレ東(9/14)#11
第11話 甘えんぼうになった 冬休みに散歩する小鞠と蛍。部活で朝練帰りのこのみと出会う、吹奏楽部でフルート演奏。小鞠は携帯電話が気になっているが言い出せない。小鞠が言い出すまでは、見せずに意地悪するこのみ。携帯電話は大人への登竜門だよと小鞠。一穂と楓も持っているがここは圏外。このみの家の庭の真ん中で手を高く差し伸ばせば圏内。 試すとひかげからメールが届く、朝マックの自慢だった。此処では早朝に...
[2015/09/15 17:09] ぬる~くまったりと
のんのんびより りぴーと 第11話「甘えんぼうになった」
このみちゃん制服姿キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! 吹奏楽部でフルート吹いてるんだ。 結構通学大変なこのみちゃん。 小→中→高とだんだん家から遠くなるケースが多いですからね。 れんちょんたちの村では高校生になると携帯デビューできるみたい。 こまちゃんはこのみちゃんのケータイに興味津々! わかっててこまちゃんいじり倒すこのみちゃんドS発動^^; ケータイ貸してもら...
[2015/09/15 14:42] のらりんすけっち
【のんのんびより りぴーと】 第11話『甘えんぼうになった』 感想 (キャプ付)
のんのんびより りぴーと 第11話『甘えんぼうになった』 感想(画像付) 家出はと子供らしく甘えん坊になる蛍ちゃん! 外での大人ぽい蛍ちゃんとのギャップで可愛すぎます(笑) 小鞠ちゃんの身長では届かない携帯のアンテナ…田舎って厳しいね(^^;   冬休み、一条蛍と越谷小鞠が歩いていると朝練帰りの富士宮このみがやってきた。 このみが持っている携帯電話に興味津々の小鞠だっ...
[2015/09/15 14:11] 空 と 夏 の 間 ...
のんのんびより りぴーと 第11話 感想
 のんのんびより りぴーと  第11話 『甘えんぼうになった』 感想  悲報・もうすぐ終わり  次のページへ
[2015/09/15 13:03] 荒野の出来事
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m