QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第152話「出会いが人を成長させる!更なる飛躍を遂げるためルミナスが選ぶ新たな道!」

aikatsu152_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #152「出会いに続く道」

一つの終わりは新たな場所へ向かうためのスタートラインにもなる。
更なる高みを目指すあかり達のアイカツはまだまだ終わらない!
aikatsu152_02.jpg
aikatsu152_03.jpg
aikatsu152_04.jpg
aikatsu152_05.jpg

一つの決着は同時に新しい道へのスタートライン。大スターライト学園祭で大健闘を果たしたルミナスの面々ですが、それに満足したり驕ったりすることなく、大差を付けて圧勝した憧れのソレイユに迫るために今の自分たちに欠けているものを追求し、やるべきことに向き合う姿勢。留まることなく先を見据えて動き出すあかり達の姿が何とも頼もしく映る。

アイドルとして駆け出しだった彼女達が出会い、共に切磋琢磨して高め合ってきた今日までの日々。特に才能に恵まれず周りに比べて遅れていることに悩んでいたあかりが、当代のトップユニット同士が競い合う舞台に立てるほどまで成長を遂げられたのは何故か。改めてその要因を振り返り、今後の進む方向性へと繋げていくのが非常に巧みだなと感じる。

スミレと同室になり、ひなきや珠璃と出会いアイカツを行っていく中で自分らしさや進む方向性を模索した1年時。そして後輩である凛やまどかが加わったことで芽生えた先輩としての責任感。スターライトの外から来たみやびやここねとの交流を経て触れた新たな刺激と可能性。そして自分達を支え導いてくれる憧れの先輩たちと応援してくれるファンとの交流。

一つ一つの出会いが、あかり達にとってのキッカケとなり、その度に彼女達は強く逞しく成長していった。それらの「出会い」があったからこそ今のあかり達が居る。どれか一つでも欠けていれば今と同じ姿はなかったかもしれない。一つ一つの出会いに感謝をし、その大切さを噛みしめた上で、ルミナスジャパンツアーのメインテーマとして据えるからこそ、重みと説得力を伴う今後のテーマとして機能する。

またスターライト学園から離れ、学園長や教師陣の庇護下からも離れて行くからこそ、何事に対しても自分たちで向き合い自分たちで決めることにも意味が伴う。不測の事態が起ころうとも自分たちが責任を負わなければいけない立場に置かれることは、これまでの状況と一線を画するわけで、それだけでも彼女達を更に高い領域へと押し上げてくれることだろう。

故にツアーの企画を自分たちでやり遂げるよう促す学園マザーの台詞に優しさと愛のある厳しさを感じずにはいられない。スターライトから離れることで、新たな可能性に触れて飛躍を遂げた美月やいちごの姿を見ているからこそ、新しいことに挑戦しようと意気込むルミナスを後押ししようとしたのかなとも思える。あかり達のみならず出会いがもたらした変化は学園長にも言えることなのだと。

ルミナスジャパンツアーの準備に関しても、ルミナス三人だけの力だけでは実現まで漕ぎ着けることは到底叶わなかっただろう。バニラチリペッパーの三人が力を貸してくれたことで辿り付けた新たなスタートライン。出会うことでお互い高め合ってきた間柄。そんな主要キャラ全員の力が揃い実現したルミナスのツアー。誰か一人でも欠けていたら叶わなかっただろうことを準備においても示していたのが堪らない。

その中でも皆を率先して引っ張り、ライブに臨む際に楽しんでいこうと声を掛けたあかりの成長具合は光っていた。いちごに告げた通り、あかりの「スターライトクイーンになります宣言」は今も揺らぐことはない。今のあかりにとっての目標は更に先に在り、それをしっかりと見据えて行動している。故に立ち止まることはないし、以前のように揺らぐこともない。

数々の出会いを繰り返し、様々な経験を積む中で本当に世代を引っ張れるアイドルへと成長を遂げた。ダメダメだった頃の姿がしっかりと描かれていたからこそ、今のあかりの頼もしさがより一層際立ち輝いて見える。そしてかつてのいちごと同様に、トップへは届かなかったけど着実に歩みを進めて、スターライトの外へ出る決意を固めるに至った。

3rdシーズン全体を通してあかり達がやってきたこと。その成長の軌跡と要因。それらを総括しつつ、今後繰り広げられる4thシーズン以降への展開へと綺麗に繋げる。その橋渡しを見事に行っていた構成だったかなと思う。シーズンごとに区切って見た時に、その中で何をやりたいのか。その軸がしっかりとしているアイカツってやっぱり最高です。

新たな出会いがもたらす新たな可能性。その出会いを通してあかり達はまだ見ぬ可能性に触れ、彼女達を更なる領域へと導いていくのだろう。一つ一つの出会いの尊さを知った今だからこそ、その一つ一つを更に大事に出来るはず。スターライトの外に広がる無限の可能性と新たな出会い。それらがもたらしてくれる更なる成長に期待せずにはいられない。

スターライトクイーンになるという絶対の目標。そしてソレイユ、ひいてはアイドルになるキッカケを与えてくれた憧れの存在でもある星宮いちごに並び追い抜く。明確な目標と自信に基づく確かな強さ、そして自分を支えてくれる存在を得た今のあかりなら「外」に出ても大丈夫。新たな出会いを求めていざ全国へ!あかり達のアイカツはまだまだ続く!


aikatsu152_06.jpg
aikatsu152_07.jpg
aikatsu152_08.jpg

ここであかり世代の主要キャラ全員が同時にステージに上がるライブはやっぱりテンション上がりますな~!こんなの反則ですよう。先輩や他のアイドル達の出会いもあったけど、やっぱりこの6人が出会い、苦楽を共にしながらも互いに高め合い、ユニットを組んで切磋琢磨したから今の彼女達が存在する。誰か一人でも欠けたなら同じ状況にはなり得なかっただろう。

ステージにあかり達が現れる順番も、皆の出会いの順を踏襲している感じがあって非常に良かった。最初にあかりとスミレが出会ったところから始まり、そして同級生のひな珠璃と後輩の凛まどが加わる。して使用されたOP曲でもある「Lovely Party Collection」の歌詞をここに来て改めて噛みしめた次第です。出会いの大切さは歌詞にもしっかりと込められていたわけで。

このライブを通して何を伝えたいのか。何が大切なのか。それを出会うことが出来て共に成長してきたこの6人で表現しているという事実に感動してしまう。最後に凛が見せたバック宙などの新要素もあったりして、これからの新しい可能性を感じさせるライブでもありました。


aikatsu152_09.jpg
aikatsu152_10.jpg

アイカツワゴンに乗り込み新天地へ向けて出発したルミナスの面々。そこであかりの髪形が変わり4thシーズン仕様になっていたのは見逃せない。おそらくアイカツの作中で最も髪形のバリエーションが豊富なのがあかりだと思うし時期によって本当に変わる。

その彼女の髪形が変わる時は心境の変化だったり環境の変化が起こる時であり、今回もそれは健在。それは出会いがもたらす変化でもあり、あかりの成長を視覚的に端的に表現している要素でもあるのかなと感じる。そしてこれはどん底から徐々に這い上がってきたあかりだから可能な彼女の特徴でもあるのかなと。

憧れのいちごを真似た所から始まったあかりの髪形。そして自分らしさを求めて髪を短くし、成長していく過程に合わせるかのように徐々に伸びて今に至っていた。その中でも一貫して変わらずに身に付けているのがピンクのリボンであり、これがいちごに対して抱いている憧れ。アイドルになろうとしたキッカケを留めておくものなのかなと改めて思える。

髪形やリボン一つを取って見ても、そのシーズンでやろうとしていることやテーマに合致して見せているのは流石だなぁと感心します。憧れのままではいけないけど、だからと言って抱いた憧れが消えるわけではない。新たな髪形はあかりなりの決意と覚悟の表れ。世代を引っ張るアイドルとして強く逞しくなっていくあかりが頼もしく、今後が本当に楽しみなのです。


aikatsu152_11.jpg
aikatsu152_12.jpg

いつもと少し違う雰囲気の入りだと思ったけどまさかのアイカツ格言最終回!?
本当に予想外で驚いたし長らくアイカツを支えてきた一つのコーナーの終了がただただ悲しい。
格言担当の山口ひかるさんの可愛いキャラが見られなくなるのは寂しいけど本編はまだ終わらない!
ということで今週のアイカツ格言は『アイカツ!はつづく!!』。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/09/25 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(2) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アイカツ! 第152話 「出会いに続く道」
アイカツ! 第152話 「出会いに続く道」 感想
[2015/09/29 23:23] ムメイサの隠れ家
アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・がっこうぐらし・だんちがい)
アイカツ! 第152話 TV改編期&カードダス新展開に合わせてアニメも進行。 ルミナス全国ツアーは、カードダス新アイドルを登場させやすい良いアイデア。 カードダス一発目が北海道のアイドル、アニメは北から南へ日本縦断かな。 途中でみやびちゃんとここねちゃんの再登場ありそう。 3期レギュラー陣一致団結のツアー準備は見ていて爽やか。 ワゴン車の塗装テクがなにげにすごい。 壮行ライブで...
[2015/09/25 10:11] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m