QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

ミス・モノクローム3、ハッカドール、影鰐 第3話簡易感想

monochrome3_03_01.jpg
ミス・モノクローム -The Animation- 3 #03「Mister」
ハッカドール THE・あにめ~しょん #03「そのためのハッカドールです」
影鰐 #03「帰還」
monochrome3_03_02.jpg
monochrome3_03_03.jpg
monochrome3_03_04.jpg

起き抜けに自らが使用する電池を気にするという冒頭の流れから、まさかの電池くん復活エピソードになるんじゃないかと淡い期待を抱いていたのだけど、そんな浅はかな予想の遥か斜め上を突きぬけて行く展開に脱帽せざるを得ない。駄目と言われたらやりたくなるのが人とアンドロイドの性。ということでまさかのミス・モノクローム性転換エピソード。

電池のプラスとマイナスを入れ替えたら容姿や性別はおろか性格まで反転し、引っ込み思案で後ろに下がりたい主義のアイドルと化し、引きこもることに幸せを感じるという、今までのスタイルを全力で逆走していく真逆っぷりな様が面白い。にも関わらず普段の活動以上に何故か知名度が向上してしまうところがミス・モノクロームクオリティ。

しかし守ってあげたくなる系アイドルとして爆発的な人気を博したとしても、それではツアーを行うことなど夢のまた夢。元に戻るのに理的な要因やそこに至るプロセス等は全て度外視して、特に理由はないけど電池を元に戻したから元通りという流れが実にらしい。久しぶりにモノクロームさんとマネオマネージャーだけで話が完結していて不思議な懐かしさすらあった。

最後に伝説となった銅像前で一人ミスター・モノクロームを守る決意を固めた眼鏡の女の子は気になると言えば気になるのだけど、今後ツアーに際して何か特別な役割を振られたりするのかしら。誰がどんな役割を演じることになってもおかしくない世界なだけに。何にしても世の中なにがヒットするかは分からないを地で行くエピソードだった。


hackadoll03_01.jpg
hackadoll03_02.jpg
hackadoll03_03.jpg

ハッカドールの皆さんに与えられた今回の任務は、某ネルフのような組織で開発されたAI搭載型の新システム「UNIシステム」バグフィックス。サブタイにある台詞をただ言いたいがために無駄にシリアスな雰囲気を醸し出し、ヤマさんを見た目だけで判断して露骨な迫りをしたりと2号ちゃんのポンコツっぷりが際立っていた。

2次元をこよなく愛し、好きだったアニメが終わったことでやる気を失っていたヤマさんでしたが、逆に直ぐに他のものに乗り換えない辺りに彼の愛が本物であることが窺えたり。UNIシステムがウサ耳、猫耳、犬耳から来ていた名称だったことはさておくとして、そこにクマ耳を追加したかったけど却下されてふてくされる気持ちも分からんでもない。

結果的に今回は3号が事態をややこしくしただけで1号にしても2号にしても殆ど何もしてないのはご愛嬌。実際に頑張ってたのヤマさんだけだし(笑)微妙に他の作品をパロったり仕様書が適当だったりと細かいネタも仕込みつつ力の入れ所が変なところに行っちゃうのが本作らしいなと。全てをなかったことに出来る爆発オチすら中途半端にぶった切るところが実にらしいと思えてしまう。

しかしやるなと言われたらやりたくなる。押すなと言われたら押したくなる。人間にしろアンドロイドにしろハッカドールにしろ、その性から逃れることは出来ないのか。奇しくもミス・モノクロームとネタが被ってしまっているのも運命的な何かを感じずにはいられない。やるなと言われたらやらない。不用意にスイッチを押さない。ダメ、ゼッタイ!


kagewani03_01.jpg
kagewani03_02.jpg
kagewani03_03.jpg

帰還というサブタイトルから救いのある話かと思いきや…。いや、最後に二人揃って帰ってきたのである意味救いはあると言えるのだろうか。目の前で仲間を殺され化け物に復讐を誓ったのに、よもやその化け物の正体が仲間であったとは。仲間の為に戦い果てて行ったケンタの目線で見ると救いはなかったのかもしれない。しかし最初に犠牲となった海女の子の目線で見たら救いがあったと言えるのかもしれない。

今回は化け物が大衆の目の前にも姿を現していた点で、過去二回とは大きく状況が異なっていた。しかし肝心要のシーンにおいてはやはり限定的な人物のみが絡み、一部を除いて真相は闇の中となるのはいつも通り。王道のホラー展開のように、救いがあると見せるために一度上げてから落とすのが効果的に作用していた回でもあった気がします。

珍しく事態が進行している最中に渦中に身を投じ、大事な忠告を果たす役割を担っていた番場先生でしたが、肝心なところではやっぱり不在なんだなぁと。なまじ知識がある専門家なだけに事前に危険を察知して回避しているからかもしれないですけど。ただ各事件に出てきた奇獣に共通する要素を見出したりして今後に向けての仕込みはバッチリ。先生が直接襲われる日は果たして来るのかしらん。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ULTRA SUPER ANIME TIME ♯16「そのためのハッカドールです」
・ハッカドール THE あにめ~しょん ♯03「そのためのハッカドールです」 評価 ★★★ サービスサービスぅ            
【ハッカドール THE・あにめ~しょん】 第3話『そのためのハッカドールです』キャプ付感想
ハッカドール THE・あにめ~しょん 第3話『そのためのハッカドールです』 感想(画像付) ご注文はなんでクマ~? 完成しないシステムの開発を助けることになったハッカドール。 なんという…ごちうさ&エヴァパロ(笑) まんますぎて、怒られそうですが(^^;  
[2015/10/18 00:54] 空 と 夏 の 間 ...
ミス・モノクローム -The Animation-3 第3話 『MISTER』 モノクローム男性化!...アイドルオーラが半端ない。
ほんの小さな出来心。電池を逆にセットしたらどうなるのか。止めろと言われるとやりたくなるのが人間の性。アンドロイドなのに、というツッコミ待ちですね。エイヤと逆にセットしたら…性別が反転しちゃいました。  もっと後ろに下がりたい。丁度性格も反転、超ネガティブなアンドロイドに。当然コンビニじゃ仕事にならない。しかしそのイケメン&控えめぶりが評判になってしまう皮肉。ミス・モノ...
ミス・モノクローム -The Animation- 3 第3話「MISTER」
乾電池を逆に入れてみたくなったモノクロームちゃん。 誘惑に勝てずの結果は… 男の子になりましたヽ(;´Д`)ノ その発想はなかったwww それでサブタイが「MISTER」なのね^^; ミスター・モノクロームのCVは櫻井さん! いやもうこれしかないキャスティングっす。 何から何までモノクロームちゃんと逆。 ”もっと後ろに下がりたい。”には笑ったww 内気キャラ...
[2015/10/17 15:07] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m