QLOOKアクセス解析 為替変動要因

日刊アニログ

大好きな深夜アニメを中心に感想を書き綴りたい

アイカツ! 第159話「スターライト学園のアイドルほぼ総出演のスペースオペラ!衝撃の劇中劇再び!」

aikatsu159_01.jpg
アイカツ! -アイドルカツドウ!- #159「ギャラクシー☆スターライト」

やりたいことを全力でやりきった回って本当に面白い!
予想を軽々と上回ってしまう気合の入った本格的ロボ回!
aikatsu159_02.jpg
aikatsu159_03.jpg
aikatsu159_04.jpg
aikatsu159_05.jpg

色々な意味で衝撃を与えてくれた『ヴァンパイアミステリー回』以来となる作中ドラマ回。アイカツレストランは舞台なので除くとして、リアルタイムではなく既に収録されたドラマを今度はののリサの二人が鑑賞する形を取ることで、以前のドラマ回を踏襲した作りになっていただけに、その後の物語展開がぶっ飛んでいてもある程度受け入れられてしまう下地が自然と出来ていたと思う。

一年生コンビの凛やまどか、新人のののリサだけでなく、織姫学園長を筆頭に涼川先生やジョニー先生、果てはデザイナー陣から瀬名ツバが加わることで、以前よりも更に話に幅を持たせることが出来ていたかなと。いちご世代のアイドルも参加することでオールスター総出演の様相が更に増し、面白さに拍車をかけると共に長く見ている視聴者へのご褒美要素にもなっていて嬉しい。

話の筋としては広大な宇宙を舞台に繰り広げられたアイドル勢と悪の首領ジョニー・シュバルツとの戦いを描いた今回の劇中劇『アイドル宇宙戦記オオゾラッコーン』。舞台となっているギャラクシースターライトが普段の学園風景でありながら、あかり達の台詞に作品特有の普段は言わないような単語が自然と紛れ込むことで独特の面白さを生じさせている。

また悪役として君臨したジョニー先生の行動理念が、普段のキャラ付けから来ていたように、物語の中にそれぞれのキャラの個性を自然に落とし込んで展開していたのが上手かった。彼をリスペクトしている凛がスパイとして紛れ込んでいた設定はその筆頭であり、そこから生じる葛藤からの凛の動かし方も絶妙で王道ストーリーの進行に一役買っていたのではないかと思う。

果たしてアイドルである必要があったのかとすら思えたヴァンパイアミステリーとは異なり、今作では宇宙戦闘用着ぐるみのオオゾラッコーンを動かすのにアイドルエネルギーなるものが必要であるという設定を取り入れたことで、カオス展開なだけではなく創作物としてのロボものの中にアイドルという要素を上手く取り入れた上で一つの作品として成立させていた。

とは言えとっかかりこそはアイドル要素が見受けられたけど次第にロボ色が全面に押し出されていくところは実にアイカツらしい。ジャージによって洗脳されたスミレの奪還にしても歌の力とか友情の力とかではなくマシンで攻撃した結果正気に戻っていたわけだし。いや、あれもアイドルエネルギーで動いていると考えればアイドルの力で救ったと言えるんだけど。

ただ戦闘パートの動作等は凄いロボットものなんだけど特訓シーン等のオオゾラッコーンの表情を豊かにすることで本来の女児向け作品らしい可愛さも残そうとしていたところがポイント高い。その意味においてアイドルものとロボものを絶妙なバランスで組み合わせて一つに纏められいたのではないかと思ったわけです。

また各シーンに多くのパロディ要素も取り入れられていてロボ作品に詳しい人ほど楽しめる回として仕上がっていたと思います。普段見てないけどロボ作品は好きという人にもお勧めしたい!今回もヴァンパイアミステリー回と同じくほぼ全ての要素が強烈なネタなので全てに触れるのは難しい。この感想だけで全てを伝えきるのは私の文章力では到底不可能なので、是非とも一度見て欲しいなぁと思うわけです。

前回の次回予告を見た時点で凄いことになりそうだなぁと漠然と思っていたけど、その期待値をアッサリ超えてくれるアイカツが本当に大好き。今回のドラマ回も永久保存に相応しい満足度の高い回でありました。


aikatsu159_06.jpg
aikatsu159_07.jpg
aikatsu159_08.jpg

後半パートにかけて強くなったロボ色に華を添えるべく、オオゾラッコーンの出撃シーケンスや大空ビームの動き、トドメのハートビートビーム等々。ロボ作品の製作に携わりその方面で造詣の深い制作陣が本気を出しガチのロボものに劣らぬクオリティに仕上げている部分も多く見受けられ圧倒されてしまう。

作中作ではあるけど決して冗談半分でやっているわけではないという説得力を伴うものとして機能しているのが素晴らしい。これらの気合の入りまくった描写があかり達がドラマに掛ける本気度を示す要因にもなっていたと思います。サンライズ、BNP。そしてアイカツ制作陣の普段とは異なる本気を見た思いでいっぱい。


aikatsu159_09.jpg

今は物語本編で登場させることが難しい状況なので、こういう話でいちご世代のアイドルを登場させてくれるだけでもう嬉しい。前のドラマ回では敵対する存在として立ちはだかった訳だが、今回は味方が劣勢の状況で駆けつけてくれる頼もしい先輩として登場しており、ここも現実世界のキャラクター性が取り込まれている部分かなと思える。

何気なくユリカ様が蘭ちゃんさんに向けて放った台詞なんかは個人的にはご褒美でしかなく、いちあおの信頼関係は絶対だし、おとめとさくらは短い台詞にそのキャラクター性が集約されている。短い出番ながら久しぶりにいちご世代の個性が発揮されるシーンがあっただけでもドラマ回をやった甲斐があるんじゃないかな!


aikatsu159_10.jpg
aikatsu159_11.jpg

ヴァンパイアミステリーではユリカ様の襲撃を受け、序盤から中盤に暗躍する存在としてあかり達の前に立ちはだかったスミレですが、今回は妹分的な存在である凛の襲撃を受けまたしても相手陣営の先兵となってしまった我らのスミレちゃん。

何と言ったらいいのか迷うけど作中ドラマ内では立場上あかりと敵対するポジションに立つ運命を背負っていると言ったらいいのか。ある意味ではスミレがヒロイン的なポジションに収まるお決まりが暗黙の内に成立しているのかもしれない。仮に次のドラマ回があった時には、この部分にも密かに注目して見てみたいなと思いました。救出したのがあかりじゃなかったのが少し意外(笑)


aikatsu159_12.jpg
aikatsu159_13.jpg
aikatsu159_14.jpg

教師陣も巻き込んで実に多くのキャラクターが登場したオオゾラッコーン。その中で立場的に特に異彩を放っていたのがデザイナーである瀬名ツバであろう。基本的にスターライトに在籍する者しか出演資格はないと思うけど、あかりからのお願いを断りきれなかったとかそういう事情があったのだろうか。アイドルでも俳優でもない彼が出演に至った経緯が地味に気になる勢。

ともあれパイロットに抜擢されたあかりを立場上、最も近くでサポートする博士ポジに収まるのは流石としか言いようがない。例えゴーグル姿が面白かったとしてもあかりを支える役目はセナツバを置いて他には居ないと言わんばかりの役の配置にニヤニヤせずにはいられない。

そして極め付けはトドメのハートビートビームを出す為に瀬名博士が追加武器を送り届けたシーン。「大空受け取れ!」からのハートキャッチで頬染めあかりちゃんが「瀬名さん!」って嬉しそうに言うのはちょっと反則すぎるよ~。期待に違わぬ瀬名あか要素をありがとう!としか言えないです。本当に最高じゃないか…。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/11/13 ] 放送中アニメ アイカツ! | TB(1) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(アイカツ・ポケモン・ここたま・庶民サンプル)
アイカツ! 第159話 すっかり定番になったスターライトアイドル出演のドラマ回。 毎回カオスな内容で面白い、かくし芸大会の出し物みたいだったww ののりさコンビはうれしい初のドラマのお仕事♪ 放送日はしっかりテレビの前にスタンバイ。ふたりとも可愛い(^^) ジョニー先生はノリノリで悪役、ハマってたなあwww オンエア前のCMがユリカ様というのが心憎い。 がっつり盛り上がるシーン...
[2015/11/13 17:05] のらりんすけっち
プロフィール

雪光

Author:雪光
相変わらずアニメばかり見ております。最近は全日帯アニメに回帰しているような気も。

当ブログについて

相互リンクについて

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
1日1クリック応援して頂けると幸いですm(__)m